WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

ふとした時に「ふぁ〜」と出てくるあくび。
眠くなったり、ふとした時に出てきます。

でも、普通に眠い時にあくびをするのは良いものの、仕事の途中や商談の途中に勝手にあくびが出てきてしまうと困りますよね。

そこで、今回はあくびそのものの原因やあくびが原因でなってしまう病気について紹介をします。




あくびの原因の良し悪し

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

あくびには「心配すべきあくび」と「心配しなくてよいあくび」があります。

心配しなくて良いあくびは眠いときなどに出るあくびで、これは人間としてと生理現象なので気にする必要はありません。
逆に、眠くもない時などに出る「生あくび」は要注意です。

普通のあくびと生あくびの違いはどのようなものでしょうか。

通常のあくび

通常のあくびは日常のふとした時に出るあくびと同じです。

朝の目覚めのときや夜に眠くなったとき。
退屈な時間や疲れているときにでるあくびは通常のあくびです。
部屋の空気が悪くなったときにもでることもあるそうです。

このあくびは人としての生理現象で無意識に出てくるあくびです。
脳の活動が鈍くなったときに出てくるあくびと言われています。
あくびは口を大きく上げて息を吸い込むことによって、筋肉を思いっきり動かしたり酸素を取り込もうと働きます。

口を大きくあげることによって筋肉が刺激し、酸素を取り込むことで血液中に新しい酸素を取り込んで脳を活性化しようと働きかけているのではないかと言われています。

生あくび

「生あくび」とは退屈でも暇でもなく、眠くもない時に出てくるあくびのことです。

生あくびは脳の病気や低血圧、低血糖など病気のサインになると言われています。

生あくびに関する危険性やサインについては下記で詳しく解説しています。
気になる方はそちらもご覧ください。

そのため、日常生活で生あくびが出るときは体に異常があるかもしれないと思うようにしましょう。

生あくびは危険サイン?

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

生あくびは危険なサインと言われていますが、実際にどのような病気になってしまうのかを説明します。

あくまでも生あくびは「その傾向があるかもしれない」というものですので、それだけで病状を断言することは出来ません。
しかし、生あくびとの因果関係がある以上、無視することができるもののではありません。

不安であれば、必ず病院などに行くようにしましょう。

睡眠不足症候群

睡眠不足にもかかわらず、自分自身で睡眠不足だと自覚していないことを「睡眠不足症候群」といいます。

この状態になってしまうと眠気を感じにくくなり、あくびばかりが出やすくなります。
慢性的な睡眠不足に気づけずにいるので、知らずのうちに体に色々な不調が発生するようになってしまいます。

生あくびの他に

  • 普段の睡眠時間が短め
  • 感情のコントロールが難しい
  • ミスを繰り返す

という人は、睡眠不足症候群の可能性があります。

可能であれば10~20分の昼寝をしたり、夜の睡眠時間を少し長くするなど生活を見直してみましょう。

低血糖

血液中の糖分が減少すると、栄養不足の状態になります。
これが原因で慢性疲労や集中力がなくなるという症状とともに、あくびが出てるようになります。

そのため、「脳はブドウ糖以外のエネルギーを作ることができない」ということからも、低血糖になっていることが考えられます。

集中力や疲れが出ているときには「甘いものを食べると良い」と言われているのもコレが所以です。

偏頭痛

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

偏頭痛は脳の血管が急激に拡張して起きるものです。
仕組みとしては、あくびが発生することによって脳の血管に酸素が取り込まれ、血管が拡張するため偏頭痛が発生するようになります。

寝過ぎや寝不足、空腹などからも偏頭痛は起きやすくなるそうです。

脳梗塞

脳梗塞は脳の血管が詰まることによって血流が低下し、脳が酸素不足や栄養不足になって脳組織が壊死して起きます。
脳内の血流が滞ると脳に酸素が運ばれにくくなるので、あくびが出ます。

脳梗塞は死んでしまうことも考えられるので、他にも病状を感じる方は病院へいくべきです。

貧血

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

貧血は血液中のヘモグロビンの濃度が低下し、鉄分が不足すると起きます。

ヘモグロビンは体内に酸素を運ぶ働きがありますが、ヘモグロビンが減ってしまうと脳に運ばれる酸素も少なくなります。
それによって、あくびが出るようになります。

生あくびが貧血の前兆と言えるのは、眠くもないのにあくびをして脳に酸素を運ぼうとするためです。




あくびの対処法

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

あくびは危険なサインかも知れないですが、過度に神経質になるひつようはありません。

危険なのは眠くない時や疲れがない時の生あくびです。
通常のあくびであれば全く気にする必要はありません。

でも、通常のあくびであれ、大事な会議中などにあくびが連発するようでは困ると思います。

そこで、あくびを和らげる方法を紹介します。

昼寝をする

睡眠不足によるあくびであれば、10〜20分ほどの昼寝で改善することが出来ます。

仕事や学校でも昼休憩中であれば10分ほどであれば昼寝も可能です。
また、適度な昼寝は脳をすっきりさせてくれるため、昼の活動を効率化してくれる働きもあります。

ただし、長すぎる昼寝は熟睡してしまい逆効果なので注意が必要です。

睡眠を見直す

普段の夜の睡眠が浅くなっている可能性もあります。
睡眠が浅いと眠気も疲れも取れず、あくびの原因になってしまいます。

日々の睡眠の質を見直し、良質な睡眠を取れるように生活を見直してみましょう。

睡眠の質を上げる方法はコチラの記事にて紹介してます。

食生活の改善

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!

血圧低下や糖分不足が原因であくびが出る場合は、食事を見直してみましょう。

塩分を取りすぎてはいないか、糖分を作れるものを食べているかが大切です。

ダイエット中で炭水化物を抜いていたり、好きなものばかり食べている方は、食生活が原因であくびが出ていることも考えられるので注意が必要です。

糖分を摂取する

あくびの原因はストレス、糖分不足のどちらにも効果があるものが甘いものを食べることです。

手軽に入手しやすいものであればチョコなどが良いでしょう。

チョコであればストレス解消にも働きかけてくれますし、糖分も同時に摂取することが可能です。

あくびが気になるときは「チョコ」がおすすめです。

ツボの刺激

あくびが出てしまう原因は?病気の原因と改善方法も解説!
引用:http://www.kyushin.co.jp/

血流を良くするツボを刺激することで脳へ酸素を運ぶように働きかけ、あくびを改善することが出来ます。

血流を良くするツボはふたつあります。
ひとつは両耳のちょうど延長線上で頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)というツボ。
もうひとつはうなじの髪の生え際にある風池(ふうち)というツボです。

このツボのどちらかで良いので、気がついた時に刺激をしてあげると血流が良くなり、あくびを抑えられるようになるかもしれません。

健康のための「ツボ」の刺激はコチラでも紹介したいます。




まとめ

今回はあくびに関するお話をしました。

普通に生活していてもあくびは出てくるものですが、眠くもなくストレスも無い時にでる「生あくび」には要注意です。
もし、生あくびが何度も無意識にしてしまうようであれば、一度病院で検査をしてみましょう。

あくびが原因で病気になることはなくても、あくびのお陰で大きな病気を未然に防げるかもしれないですよ。

あわせて読みたい健康のためのお話はコチラ


青竹踏みの正しいやり方や効果とは?やりすぎはダメな理由も解説!

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?