WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

浅草ほおずき市2018の日程や由来について!御朱印や屋台情報も解説!

夏といえば「ほおずき市」です。
夏になると全国にほおずき市が立ちます。
鮮やかな色あいのほおずきは夏の景色にぴったりです。

今回は有名なほおずき市である「浅草ほおずき市」を紹介します。
「浅草ほおずき市」は7月に開かれます。

ほおずき市のほおずきは縁起物でもあります。
興味がある方は本文を続けて読んでみてください。





 

浅草ほおずき市とは?

引用:http://www.senso-ji.jp//

毎年7月になると浅草ほおずき市が開催されます。
浅草寺境内に並ぶほおずき屋台は、浅草における夏の風物詩です。

浅草ほおずき市は2日開催されます。
この2日間は四万六千日の縁日もあります。
この縁日に伴い、ほおずき市が行われる形です。

浅草ほおずき市は7月9日・10日の開催です。
9日・10日は「いなせ」な恰好をした売り子が声をあげてほおずきを売ります。

浅草寺の境内は朝から晩まで参拝者で埋まるでしょう。
この2日間は特別なご利益がある日です。
訪れたなら、ぜひ浅草時の菩薩様に参拝することをおすすめします。
そして、ほおずき市を散策して江戸の情緒を堪能しましょう。

 

浅草ほおずき市の風鈴(風鈴の話)

夏といえば風鈴の涼しげな音色は外せません。
浅草ほおずき市では風鈴とセットで売られているほおずきをよく見ます。

ほおずきと同様に風鈴には縁起物としての意味もあるようです。
浅草ほおずき市の風鈴は厄よけとしての意味があります。
風鈴の音が悪いものを寄せ付けないと考えられてきました。

風鈴単体でも売られています。
気に入ったものがあれば購入してみるのも良いですよ。

 

浅草ほおずき市の由来

引用:http://www.senso-ji.jp//

浅草寺において7月9日・10日は特別なご利益があるとされる日です。
縁日に参加することで、46,000日分の功徳があるとされます。
そのため両日を指して、「四万六千日」と呼ばれます。

四万六千日は一生分の功徳を得られる縁日となります。
四万六千日の縁日にあわせてほおずき市が行われます。

もともとは、明和年間に浅草とは別の四万六千日の縁日においてほおずき市が立ちました。
そのことがきっかけで浅草寺においてもほおずき市が立つようになったそうです。

ほおずきには病などに効くという民間信仰があります。
そのため、ほおずき市は大いに賑わったそうです。

現代においては飾りとして楽しむ目的が多いでしょう。
お盆の季節でもあるので盆棚飾りに用いる人も多いようです。





 

浅草ほおずき市2018の開催時間と日程、アクセス

引用:http://www.senso-ji.jp//

浅草ほおずき市の開催時間と日程について表でまとめます。

開催日時 2018年7月9日・10日
ほおずき市:8:00〜21:00
浅草時本堂:6:00〜20:00
開催場所 浅草時
地図
URL http://www.senso-ji.jp/
アクセス
鉄道
東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分
アクセス
バス
都営バス
京成タウンバス
台東区循環バスめぐりん
駐車場 浅草寺に駐車場はありません
台東区雷門地下駐車場など、
周辺の駐車場が利用可能です

 

浅草ほおずき市2018の御朱印

御朱印(ごしゅいん)とは、お寺や神社の参拝者が押印してもらえる印章や印影の事です。
押印の他にも、参拝した日付や寺社名、祭神や本尊の名前などを記すのが一般的でしょう。

浅草ほおずき市においては、限定御朱印が用意されます。
正確にはほおずき市ではなく、浅草寺四万六千日限定の御朱印です。

大変な混雑となることが例年の人出から予測することができます。
正確な受付時間や場所を知っておいたほうが良いでしょう。

御朱印の授与場所は影向堂(ようごうどう)、つまりは本堂の横になります。
授与の時間は朝9時から夕方5時までとなっています。

年に二日、大変ご利益のある日に参拝した証として手に入れてもよいかもしれません。





 

浅草ほおずき市2018でのほおずきの値段は?

浅草ほおずき市の目玉は、当然ですがほおずきです。
情緒ある夏のお供にぴったりなほおずきはお手ごろな価格で売っています。

鉢植えと(江戸)風鈴のセットが2,500円のほか、枝ほおずき1,000円、ほおずきの実500円くらいです。

値段は前後しますが、大きく外れないでしょう。
さらに、浅草ほおずき市では値段の交渉も行われます。
売り手との交流と思ってトライしてみるのも良いでしょう。

 

浅草ほおずき市2018の屋台や出店は?

引用:http://www.senso-ji.jp//

浅草ほおずき市では、かき氷や焼きそばなどを販売する屋台があります。
ほおずきの市だけでなく、2日間は縁日も行われているためです。

ほかにも風鈴や子供のおもちゃなどの屋台が見受けられます。
大人から子供まで楽しむことができるでしょう。

ほおずきの屋台と合わせると300ほどの屋台が出ます。
大変混雑するため、注意を払って見て回りましょう。





 

まとめ

浅草ほおずき市についてまとめました。
本文中では浅草ほおずき市の2018年の開催日時や催し物についてまとめています。
縁日もほおずき市もご利益が多いです。

浅草ほおずき市は2日間行われます。
例年、浅草寺への参拝客とあわせて大勢の人で賑わいます。

一方で駐車場は用意されていません。
出来る限り、公共交通機関を利用すると良いでしょう。
開催地は浅草であるため、電車やバスにも困らないはずです。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!