WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

秋分の日は2018年はいつ?意味や由来は?食べ物やお墓参りの方法も紹介

秋分の日は秋にくるものです。
そのため、秋分の日に収穫への感謝や豊作の願いを行う地域もあるといいます。

そんな秋分の日は、2018年は何日なのでしょうか。
またどんな意味や由来があるのでしょう

秋分の日のことについて紹介していきます。

「秋分の日」2018年はいつ?

秋分の日
秋分の日は、今では国民の祝日になっています。
休みになると楽しみにしている方も多いでしょう。

毎年9月23日頃になりますが、毎年同じ日なわけではないのです。
それは閏年などで、1年が毎年365日ではないことが関係しています。

同じ日にちが続くこともありますが、違う日にちがあるのです。

そんな秋分の日、2018年は9月23日(日)です。



ちなみに今年の秋分の日は日曜日なので、振替休日はしっかりあります。
9月24日(月)は休日になるようですね。

秋分の日はなぜ祝日になる?

祝日
どうして秋分の日が祝日になるのか疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。
その理由は、戦前の祝日に繋がっています。

戦前、現在の秋分の日に当たる日は「秋季皇霊祭」という祝日だったのです。

しかし戦後の制度改革で、秋季皇霊祭がなくなり秋分の日となりました。
元々祝日だったので、そのまま引き継がれたのでした。

結果、1948年に秋分の日は祝日となりました。



秋季皇霊祭は宮中の儀式で、今までの皇族の霊を祀るものです。
それが秋分の日も一部となっている、秋彼岸にも繋がっているのかもしれませんね。

秋分の日とは?意味や由来

秋分の日
秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった方をしのぶ日」です。

秋分の日は、昼と夜が同じ長さの日だと言われています。
つまり、真東から太陽がのぼり、真西に太陽が沈むことになります。

正確には昼のほうが平均して、14分ほど長いことが多いようですが。



仏教では西方浄土といい、西には極楽があると言われています。
そのため真西に太陽が沈む秋分の日は、祈りを捧げるのに最適な日とされているのです。

秋彼岸に秋分の日が入っているのは、このような理由もあるようですね。
秋彼岸についてはこちらから

意味や由来は?

山の彼岸
昔は様々な自然信仰がありました。
その1つが秋分の頃に豊作を祈ることです。

その儀式として、山の神様である先祖の霊を春分より前に里に迎え、秋分の後に山へ送っていました。
それが、先祖を敬う日になった由来の1つともなっています。

それが明治時代には「秋季皇霊祭」となり、一般にも広がっていきました。
そして先祖を敬い、亡くなった方を忍ぶ日として1948年に国民の祝日として秋分の日が設定されたのです。

英語で「秋分の日」は何という?

英語
秋分の日は、読み方はそのまま「しゅうぶんのひ」です。

では、英語ではどのように言うのでしょうか。
実は英語では、秋分の日も春分の日も同じ単語が使われます。

それが、昼夜平分時という意味の「equinox」(イクイノックス)です。
秋分の日も春分の日も、昼と夜が同じ長さなのでこちらの単語が使われているようですね。

秋という意味の「Autumnal」(オータムナル)を最初に付けて、秋分の日は「Autumnal equinox day」となります。

ちなみに春分の日は、「Spring equinox day」です。

秋分の日は二十四節気の1つ

二十四節気
秋分の日は、二十四節気の1つに当たります。
二十四節気は、中国で考えられたものです。

若干誤差はありますが、1年を24等分していると考えてください。
そのため、毎年同じ時期に同じ節気が巡ってきます

節気が巡ってくるのも、半月という一定の間隔なので天気に左右される農業の目安として昔から使用されていました。

季節を知るためのものだったので、天気や生き物の様子が分かるような名前になっています。

秋分の日は秋分に入る日を表しているのです。

秋分の初侯・次侯・末侯

二十四節気をもっと細かく分けると、七十二候と言われます。

二十四節気の1つをさらに3つに分けて、それぞれ名前を付けられているのです。
秋分は「初侯→次侯→末侯」と、移り変わっていきます


初候は「雷乃収声」(かみなりすなわちこえをおさむ)
雷が鳴らなくなる頃という意味です。

時期は、9月22日〜9月27日頃。


次候は「蟄虫坏戸」(むしかくれてとをふさぐ)
虫が活動を止め、土の中にこもってしまうという意味です。

時期は、9月28日〜10月2日頃。


末候は「水始涸」(みずはじめてかる)
田んぼの水を抜いて、稲刈りの準備を始める頃という意味と、井戸の水が枯れ始める頃という2つの説があります。

時期は、10月3日〜10月7日頃。


それぞれの呼び方が、その時期の生活や生き物の様子を表しています。
昔の方は感受性豊かだったのですね。

どんな季節かが分かりやすいので、昔の人は生活の目安にしていたと言われています。

秋分の日の決め方は?

決め方
毎年日程が変わる秋分の日は、どのように日にちを決めているのでしょうか。

実は秋分の日は、前の年の2月1日に決められています
なので2018年の秋分の日は、2017年に決められていたのです。

決め方は、国立天文台が作っている「暦象年表」というものがあります。

それを元にとても難しい計算を行い、日程を出します
そして閣議決定されて、公式発表されるのです。

エクセルで使える簡易計算式

計算式
本来、難しい計算を行わないと秋分の日がいつなのかは分かりません。
ただエクセルで使える簡単な計算式があるので紹介します。

再来年の秋分の日も知りたい。
そんな時に使用してみてください。

ただし、紹介する簡易計算式が使えるのは1980年〜2099年の間だけです。

計算式はこちらです。
秋分の日(9月XX日)=int(23.2488+0.242194*(年-1980)-int((年-1980)/4))

来年以降の秋分の日の日にち

計算してみると。2019年以降の秋分の日はこのようになります。

2019年 9月23日(月)
2020年 9月22日(火)
2021年 9月23日(木)
2022年 9月23日(金)
2023年 9月23日(土)
2024年 9月22日(日)

こちらは予測になりますので、誤差がある可能性があります。
参考としてご覧ください。



また、秋分の日は計算式で出しているものですが、もう1つ目安として使えるものがあります。
それがうるう年です。

2044年までは、うるう年かどうかで秋分の日の日にちが分かります

  • うるう年の場合は、9月22日
  • うるう年でない場合は、9月23日

秋分の日はこのようになる可能性が高いそうです。

目安として覚えとくと便利ですよ。

秋分の日とお彼岸の関係


彼岸花
お彼岸というと、8月を思い浮かべる方が多いでしょう。
しかし秋にもお彼岸があるのを知っていましたか。

それが「秋彼岸」です。
秋分の日を真ん中にし、前後3日間の合計7日間のことをいいます。

2018年は、9月20日(木)〜9月26日(水)になりますね。

最初と真ん中、最終日は呼び方があります。
2018年の場合はこのようになります。

9月20日 彼岸の入り
9月21日
9月22日
9月23日 彼岸の中日
9月24日
9月25日
9月26日 彼岸の明け

秋彼岸では、お墓参りや法会を行うのです。
法会(ほうえ)とは、供養を行うための僧侶や壇信徒の集まりのことです。

そのため、秋彼岸も先祖を供養するための日と言われています。


お彼岸について詳しく知りたい方はこちらから。

秋分の日は何をする日?過ごし方は?

お墓参り
秋分の日は一体、何をして過ごしたらいいのでしょうか。

秋彼岸と呼ばれていますし、実はお彼岸の過ごし方と同じなのです。
なので、お彼岸の過ごし方を知れば秋分の日に何をすればいいのかが分かります。

行うこととしては、

  • お仏壇やお墓を掃除
  • お墓参り
  • お供え物

これらのことを行い、先祖を供養するのです。

また秋分の日は、バランスのとれた特別な日とも言われます。
そのため上手くすると開運や運気アップが見込めますよ。
開運のために行うことについてはこちらから。

お供え物と食べ物は?

おはぎ引用:YouTube埋め込み動画

秋彼岸のお供え物の食べ物は、おはぎが代表的です。
あんこの材料となる小豆の旬が秋ということもあり、粒あんで作られることが多いです

小豆は邪気を払う食物と言われているので、お彼岸にぴったりでしょう。

ぜひ、美味しいおはぎを作ってお供えにしてみてください。


[材料]

  • 小豆
  • 砂糖
  • もち米


[作り方]

  1. 粒あんを作る。
    小豆を煮て、砂糖と塩で甘みを付ける。
  2. もち米を炊く。
    炊けたら、すりこぎで潰しまとめる。
  3. 餅を手で丸めて、まわりにあんこをつけて完成。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。



おはぎとぼたもちは同じものです。
名前が違うだけで、秋彼岸には萩にちなんで「おはぎ」
春の彼岸は牡丹にちなんで「ぼたもち」なのです。

秋彼岸のお墓参りの方法

菊
秋分の日も含まれる秋彼岸にはお墓参りを行います
そのお墓参りにもマナーがあるのを知っていますか。

お墓参りに行く先の宗派やその家の習慣によって、細かいやり方は変わってきます。
ただ基本的な流れは変わらないので、一般的な作法は知ってくといいですよ。

お供えは五供

線香
仏教の場合、五供(ごく)をお供えして合唱するのが基本です。

五供とは「香・花・灯燭・浄水・飮食」となっています。
宗派によって違いがありますし、気持ちがこもっていれば、5つを揃えなくても問題ないようです。

基本の流れ

お墓参り
基本的なお墓参りの流れはこちらです。

  1. 寺院墓地の場合は、まず本堂にお参りした後にお墓に向かいます。
  2. お墓の掃除を行います。
  3. 手桶に綺麗な水をくみ、墓石に打ち水をして清めます。
  4. 花立にお花をいれ、水鉢に水を入れてお供え物を置きます。
  5. お線香をあげて合唱します。
  6. お参りが終わったら、お供え物は持ち帰ります。
    そして自宅でいただくのです。

霊園などによっては、その場所ならではのルールがあることもあります。
その場合は、ルールに従い行いましょう。

他のお墓やお墓参りに来ている方に迷惑にならないよう、TPOを守って行動し、お墓参りを行えば基本的には問題ありません。

亡くなった方や先祖を敬うためにお墓参りを行なっている方に、不快な思いをさせないよう行動しましょう。

秋分の日のおすすめ献立

栗
お墓参りの後は、お供え物をいただきます。
その他に、秋分の日に食べるべき献立はあるのでしょうか。

おはぎはお供え物として用意しますが、他に決まった献立はないようです。
なので、秋の味覚を食べるのがおすすめです。

たけのこや栗、ナスにサンマ、きのこなど秋は美味しい食材がたくさんありますね。

秋分の日は開運・運気アップができる!


秋分の日と春分の日は、昼と夜がほぼ同じ長さになりますよね。
そのことから、年に2回しかないバランスのとれた日と言われています。

そんな秋分の日に行うと開運・運気アップができることを紹介します。
秋彼岸に行うことと合わせてやってみてください。

神社で瞑想や深呼吸

神社
瞑想や深呼吸を行うことで、特別な気をたくさん取り込むことができると言われています。

また行う場所もこ重要で、自分が普段からお参りしている近くの神社で行いましょう。

普段お参りしている神社に感謝や報告に行くと神様との絆が強まると言われています。
その結果、よりいいご利益が得られるようになるのです。

そんな自分にとっていい場所で行えば、より特別な気を得られるでしょう。

日の出・朝日を拝む

日の出
秋分の日に真東から昇る朝日は、とてもパワーがあるのです。

その朝日を浴びながら深呼吸をしてみましょう。
秋分の日の特別な気をいっぱい取り込むことができますよ。

お水を飲んで浄化

水
満月や新月の夜の月のパワーを浴びた水は、浄化作用があると言われています。

バランスのとれた日である「秋分の日」の波動を浴びた水も、パワー溢れる水になるそうですよ。
太陽や月の光を浴びなくても、秋分の日の気を受けた水は、それだけで特別な波動の水になっているのです。

これは水道水でも問題ありません。
ただ湧き水や井戸水のほうが効果は高いので、できれば水道水よりいいですね。

まとめ

いかがでしたか。

秋分の日の日が、昔は違う日だったとは驚きですね。
秋分の日自体に意味・由来があるのは当たり前ですが、それだけでなく秋彼岸の1日としての意味もありました。

2018年の秋分の日は、ぜひご先祖のことを思い過ごしてみてはいかがでしょうか。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!