WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

ベッドを処分する方法!買取・引き取り・捨て方など解説!

引っ越しの時や家具を買い替えた時に困るのが「ベッドの処分方法」です。

  • 買取
  • 引き取り
  • 粗大ごみとして捨てる

など、いくつか方法がありそうですが果たしてどれが良いのでしょうか?
それぞれにメリットやデメリットがあり、ベッドの大きさや居住環境によって正解は様々です。

あなたに合ったベッドの処分方法を探していきましょう。

ベッドの処分方法1・おすすめは買取!

ベッド 処分 買取
まず結論から述べると、ベッドの処分方法として最もオススメなのは「買取」です。

  • 自分の手で運ぶ必要が無い
  • 他の処分方法と違いお金がかからない
  • むしろベッドのブランドや状態によっては高く売れる

など、通常ベッドを処分する時に比べ多くのメリットがあります。

ブランド家具の場合は0円から購入金額の約40%、ノーブランド家具の場合は0円から購入金額の20%が相場のようです。



もちろん古すぎるものや状態の悪いものなどは値がつかないこともありますが、通常は処分にお金がかかるのが当たり前なので引き取ってもらえるだけましかもしれません。

ただし、ベッドは運搬や廃棄に手間がかかるため買取業者の人からも断られることがあります。
場合によっては引き取ることは出来ますが、費用がかかる場合もあります。
まずは買取業者に査定を申し込んで、実際に買取できるのかなどを確かめてみましょう。

ベッドの処分方法2・引き取り業者を利用する

ベッド 処分 引き取り
不用品回収や引き取りを行っている業者は多いですが、引き取りの対象となる物が大きければ大きいほど運搬にかかるコストが高く、引き取り費用が高くなります。
ベッドの場合はベッドだけでも5000円以上の費用がかかることもあります。

地域や業者、ベッドの大きさによっても違うので、まずは無料の比較サイトなどを利用して地域毎の相場を調べてみましょう。

⇒不用品の引き取り費用の一括査定サイト

ベッドの処分方法3・粗大ごみに出す

ベッド 処分 粗大ごみ
ベッドは粗大ごみとして処分することも可能です。
粗大ごみの回収にかかる費用は地域によって違うため、まずは市・区のホームページを見て確認してみましょう。

ただし、粗大ごみとして出す場合には自分で回収場所に持っていく必要があります。
ベッドはかなり重く、運び出すのに解体が必要だったりと面倒なことは多いです。
もしも運び出すのが困難な場合は上記した引き取りなどを利用しましょう。

ベッドを粗大ごみとして回収してもらう場合の手順
  1. 市・区の粗大ごみの回収に問い合わせる(電話・WEBサイトなど)
  2. 回収予定日を決める
  3. コンビニ等で粗大ごみ用のシールを買う
  4. 買ったシールをベッドに貼る
  5. ベッドを運び出す準備をしておく(解体など)
  6. 回収日の当日に回収場所に運び出す

できるだけお金をかけず処分するには

ベッド 処分
ここまでベッドの処分方法を解説してきましたが、ベッドの処分にはかなりの費用がかかります。
それぞれの処分方法などを理解した上で、出来るだけお金をかけずにベッドを処分する方法をご紹介します。

ジモティーやメルカリなどのサービスに出品

ベッド 処分
同じ地域の人に物をあげたり売ったりできる「ジモティー」や、ネット上で物の売買が出来るフリマアプリ「メルカリ」などを利用することでお金をかけず処分することができます。
うまく行けば売ってお金に変えることも可能です。

ただし、商品がベッドとなると配送料金が非常に高額です。

  • ジモティーで商品を取りに来てもらえる方限定で募集する
  • メルカリで配送料を上乗せして出品する

などで対処はできますが、購入してもらえる確率はかなり低いでしょう。

そもそも、ベッド自体他人の使った中古品は使いたくないという人が多いため買い手は少ないです。
それでも絶対にお金を使いたくない方のみ、試してみてください。

その他の品を買い取ってもらい引き取り費用と相殺する

ベッド 処分
ベッドを買取してもらう場合、

  • ブランド家具である
  • 使用状態が良い

など、一部の条件を満たさないとそもそも買取すらしてもらえない事が多いです。

そのため、どうしても引き取りまたは粗大ごみ回収を利用することになりますが、こちらは費用がかかってしまいます。

もし、引っ越しや大掃除に伴うベッドの処分の場合は、他の品の買取をしてもらってベッドの処分にかかる費用と相殺することで、出来るだけお金をかけずにベッドを処分することができます。

棚の中に眠っているものや、保管に場所を取る鞄や家電など、一度買取業者の方に見てもらってお金に変わるかどうかを確認してもらいましょう。

買取を利用して引き取り費用と相殺する方法
  1. 家の中で不要なものなどをリストアップする
  2. 買取の査定サービスを利用して不要なものを売る
  3. 不用品引き取り費用の査定サービスでベッドの引き取り費用を調べる
  4. 引き取り費用の安い業者に依頼し、ベッドの引き取りをしてもらう

ぜひ、この方法を利用して費用をかけずにベッドを処分しましょう。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?