WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

ブラックペアン5話のあらすじとゲスト。スナイプの次はダーウィン!?

TBS日曜劇場「ブラックペアン」第5話は、2018年5月20日(日)21:00から放送されました。

東城大と帝華大の争いに、佐伯教授と渡海先生の争い・・・。
5話ではどうなるのでしょうか。

「ブラックペアン」5話のゲストやあらすじを紹介していきます。

「ブラックペアン」5話のネタバレあらすじ

ブラックペアン5話のあらすじを紹介していきます。

すぐに把握できる簡単あらすじ

  • 島野小春ちゃんのスナイプ手術は成功したように思えた。
  • しかし心臓の中隔に感染が発覚。
  • 小春ちゃんは開胸手術が行えないため、ダーウィンを借りての手術を行なう。
  • スームズに進んでいた手術だが、ダーウィンを使用している執刀医の準備不足で出血してしまう。
  • 輸血できない小春ちゃんに為す術のない執刀医。
  • そこに渡海、猫田、高階が登場し開胸手術で小春ちゃんを救う。


5話はこんなあらすじでした。
詳しいあらすじは下記から確認してください。


※ネタバレ前に見逃したドラマを確認したい方は、こちらから無料視聴方法を確認してください。
ネタバレを含みますので、まだ見たくない方はこちらからあらすじを飛ばしてください。

理事長選は西崎教授がリード!

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

5話は拍手から始めまります。

高階(小泉孝太郎)がスナイプの論文を書き上げたことで、西崎教授(市川猿之助)が佐伯教授(内野聖陽)よりもインパクトファクターを獲得できたためです。

「佐伯教授はさぞ悔しがっていることだろう」そう高階に言います。
高階は小春ちゃんの手術を行なうために佐伯教授を利用し、結局論文の最後には西崎教授の名前を書いたのです。

今回の論文でインパクトファクターは佐伯教授が77、西崎教授が78と逆転し、理事長選の勝者は西崎教授でほぼ決まりとなりました。

高階の東城大での立場

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

東城大に戻った高階(小泉孝太郎)を迎えるのは、医局員の冷めた目です。

「よほど帝華大学でいいポストが用意されているんじゃないか」という皮肉にも高階は動じません。
「名残惜しですが、島野小春ちゃんの退院を見届けたらすぐに出ていきますので」と皮肉を言う余裕すらあります。

しかしその反面、渡海(二宮和也)は小春ちゃんのデータをタブレットで眺めながら、食事をしているシーンに切り替わります。

これはこのままでは終わらないとい言っているように感じますね。

小春ちゃんとの新たな約束

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

リハビリ室では小春ちゃんがリハビリを頑張る姿が。

そこで高階は小春ちゃんにサッカーに誘われます。
以前、世良(竹内涼真)と元気になったらやろうと約束していたことを覚えていたのです。

「だめ?」と聞く小春ちゃんに母親は「先生達は忙しいから」と諭します。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

がっかりした顔をする小春ちゃんに耐えきれなかったのか、高階は「今度サッカーをしよう」と約束するのです。

そして「じゃぁ私頑張るね」とリハビリに励む小春ちゃん。
その様子を微笑ましく見守る高階。

論文のためだけに、彼女を救ったようには見えないですね。

高階はいい先生なのか…?

疑問
看護師の花房(葵わかな)は、「高階は東城大を辞めてしまうのか」と世良に疑問を投げかけます。
それに対し、「あんなことがあったし」と世良は言葉を濁します。

「小春ちゃんは治って嬉しそうなのに」という花房に「高階先生は患者にはいい先生なんだけど」と医者目線で意見をいう世良。

そんな世良に「それじゃぁだめなんですか」と花房は確信をつき質問をします。
「私は研究や論文のことは分からないけど、あんなに苦しそうだった小春ちゃんが元気になった。それでいいんじゃないか」と。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

その言葉を聞いて世良は高階に疑問を投げかけます。
「どうして佐伯教授の名前を書かなかったのか」と。

「佐伯教授にとってスナイプは理事長選の道具にしかすぎない」
「私はスナイプで1人でも多くの患者を救うために西崎教授を選んだだけだ」

「それに…綺麗事だけでは1人の命も救えない」
そう言い残し、立ち去るのでした。

しかしその言葉の裏には渡海の言った「佐伯清剛を信じるな」という言葉があるのでしょう。

スナイプの新たな問題

これでスナイプを巡る争いに終止符がうたれたように思えました。
だが、その裏ではとんでもないことが起こっていたのです。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

「ということで詳しい血液検査を実施してください」
そう佐伯教授に伝える渡海。
佐伯教授の手には、小春ちゃんのデータが映されたタブレットが。

小春ちゃんの身に一体何が起きているのでしょうか。

佐伯教授が直談判!

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

渡海の報告を受けて佐伯教授は、日本外科ジャーナルの編集部にスナイプの論文の撤回を申し立てに行きます。
結局、小春ちゃんの血液検査を待って撤回するかどうかを決めることとなりました。

帰り際に佐伯教授は、編集長である池永(加藤浩次)に「随分この論文がお気に召したようだ」と伝えます。
池谷は「素晴らしい論文だと思いました」と。

それに対し佐伯教授は「西崎教授の論文だからでは?」と挑発するような発言をするのです。
そのまま「では、改めて」とその場を後にする佐伯教授。

池谷は煮え切らない顔でそれを見送るのでした。

検査結果に問題が発生

その夜、高階は西崎教授から論文の撤回の危機を伝えられます。

そして小春ちゃんの血液検査の結果を確認していく高階
最初は「問題ない。退院できる」と呟いた高階でしたが、次の瞬間に顔を歪めます。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

実は小春ちゃん、心臓の中隔に感染が起きてしまっていたのです。
すぐに処置を行わないと危険な状態です。

そのことを電話で西崎教授に伝える高階。
しかし西崎教授が下した決断は非道なものでした。

「気づかなかったことにして、一旦退院させるんだ」と。

「スナイプによって感染が起きたと知れれば、論文撤退のいい口実だ」
「退院てしまえば原因はどうにでもなる」

異を唱えようとする高階に「これは命令だ。研究者として大成したければもっと先を見るんだ」と電話を切ってしまいます。


スナイプを論文の道具としてしか見ていないのは、西崎教授も変わらなかったのかもしれませんね。

高階の決断

決断
悩む高階の前に何も知らない世良と花房が話しかけます。

「小春ちゃんの退院もうすぐですね」
「サッカーできる日も近いんじゃないですか」

何も知らない2人の何気ない会話でも、きっと高階には責められているように感じたのではないでしょうか。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

そんな高階に渡海がダメ押しをします。
仮眠室から出てきて、高階の隣に座る渡海。

高階に小春ちゃんの退院許可証を渡します
そして、現実を突きつけるのです。

「これであのガキと一緒にとっとと出て行け」
「そうすればスナイプは全国的に普及する。多くの命を救える」

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

「でも」
そう小春ちゃんの小春ちゃんのカルテを見て呟く渡海。
そしてそのカルテをぐしゃぐしゃに丸めて、後ろに放り投げてしまいます

「いい研究ができてよかったな」
そう皮肉たっぷりに言い捨てて、出ていくのでした。



その時、高階の頭の中では小春ちゃんとした約束が巡ります。
その後西崎教授の言葉が巡り、決意したように言い放つのです。
「馬鹿だなぁ、私は」

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

そして小春ちゃんの退院許可証を破り捨ててしまいます

「私は、医者なんだ」
そう呟き、教授室に向かいます。

居場所を無くす高階

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

そして小春ちゃんのことを伝えようとする高階ですが、すでに佐伯教授はその事実を知っていました。

そんな佐伯教授に「緊急にカンファレンスを開いてもらえないか」と頼み込む高階。
「それはまた随分と都合がいいな。もう君は東城大には用はなかったのではないか」と突き放す佐伯教授。

「なんで感染が起きたんだ」という質問に高階は、「前回のオペで中隔の穴を塞ぎました。しかしそこに栓の緩みが生じ、感染が広がったと思われます」と伝えました。



その回答に対し佐伯教授は「そのような危険性がある以上、今後東城大ではスナイプの使用を控えなければならない」

「スナイプ自体の失敗ではない」という高階に、佐伯教授は「カンファレンスで聞かせてもらう」と上手くかわすのでした。



そのやり取りのことを西崎教授に伝えると、「インパクトファクターが獲得できなければ失敗だ」
そして「お前の戻る場所はない。二度と私の前に顔を見せるな」と言われてしまいます。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

どこにも場所がなくなってしまった高階
今後どのように動くのでしょうか。

ダーウィンは使用できるのか

結局、スナイプの論文は白紙となり、理事長選は佐伯教授が有利な立場に戻りました。
そして手術を受け入れてもらえず荒れる高階ですが、あることを思いつくのです。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

そして小春ちゃんのカンファレンス。
感染のため、いつ心不全が発生するか分からない状態なのです。

小春ちゃんは開胸手術が行えないため、ひとまず薬物治療に切り替える方向になります。

そこで高階は小春ちゃんを治すことができる唯一の方法は「ダーウィン」だといいます。
ダーウィンは手術のための穴を最小限にできるため、出血がほぼない状態で手術をすることができるのです。

東城大にはダーウィンがないため、帝華大学への転院を勧める高階。
しかし「そんな無様な真似はできない」と大ブーイングです。

それを受け佐伯教授は、高階ではなく渡海を小春ちゃんの主治医にするのでした。

造血剤の意味とは…

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

どちらの病院でも立場を無くす高階。
主治医になった渡海は、小春ちゃんに治験薬である造血剤を投与していきます。



そんな渡海に高階は小春ちゃんの引き継ぎ資料を渡します。

造血剤は血液を増やす効果はありますが、小春ちゃんの病気を治す根本的な改善にはなりません。
いつまでその治療を続けるのか。
このままでは小春ちゃんの病状がよくあることはない。

そう告げる高階に、渡海は「知るか」の一言です。



このまま小春ちゃんが亡くなってしまえば、スナイプが原因での死亡。
そして、それはスナイプを広めた西崎教授の責任になります

「佐伯教授の命令で今の治療を続けているのか」と問う高階に渡海は「だったらなんだ」と。
さらに「だったらお前がやれよ」と2度告げて、立ち去っていきます。

小春ちゃんは一体この後、どうなるのでしょうか。

手術成功させる高階

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

治験薬である造血剤は、どうやら木下(加藤綾子)からの勧めだったようですね。



薬物治療のおかげで小春ちゃんは今は安定しています。
しかしこのままでは、元気になることはないでしょう。



そんな中、ある患者の容態が急変します。
様々な要因が重なり、オペが不可能な状態だというのです。

しかし日本では前例がない方法で、高階が執刀医でオペを行なうと言い出します。
そして渡海には「助手をお願いします」と。

渡海に変わり執刀医として、手術を成功させる高階。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

「完了」と疲れ切って言う高階に渡海が「お前が死にそうじゃんかよ」と一言
さすが渡海先生という感じですね。

ある決断を決意

今回の手術で高階は、ある決心をしました。
帝華大学に乗り込み、ダーウィンを借りれないかと西崎教授に頼み込んだのです。

転院させるわけではないので、何かあった時には佐伯外科の高階の責任だと。
それに対し「いいだろう」と了承するが、執刀医は帝華大学の松岡と条件を出されます
それを佐伯教授は了承します。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

とうとうダーウィンが東城大にやってきました。
実際に米粒にも文字が書けるほど、細かい作業を可能にするダーウィン。

そのダーウィンの裏には、帝華大学と厚労省との繋がりがあったのです。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

医務技監の富沢は「最新器具を使い、外科医の技術格差をなくしたい」
「しかしそれに反対する人たちもいる」と。

今回の手術は、そんな人達へのいい見せしめになると思ったのかもしれませんね。

ダーウィンでの手術開始

ダーウィンを使用した小春ちゃんの手術のシュミレーションは、スムーズに行われました。

術士である松岡は、「成功間違いなし」だと告げます
ダーウィンの凄さに自分の実力をおごっているような感じですね。

そして帝華大学からきた先生方は、東城大は心配性だと馬鹿にしたように笑うのでした。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

手術当日は、西崎教授や池永、木下なども一緒に見学するようです。

手術はスムースに進んでいき、あとは感染源の除去だけとなりました。
しかし、あと少しというところで鉗子が動かなくなってしまうのです。

子供の体は小さいために、アーム同士がぶつかってしまい無理に動かせば大出血してしまいます。

一旦撤退するべきという高階に対し、松岡は引きません。
そのままオペ室を出た高階は渡海を探します。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBS

そして渡海と猫田が歩いてくるところを見つけます。
「力をかして貸してください」と頭を下げる高階の隣を通り過ぎ、「行くぞ」と一言。

そして3人で並んでオペ室へと向かうのでした。

東城大だからできる手術

一方オペ室では、出血量が増え危険な状態に。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

そこに渡海と高階が登場します。
「小さな子供の体を想定せずに、アームの調節をしなかったお前が悪い」
「ダーウィンのプロなのに」
そういい捨てます。

そして「お前の退職金1000万で助けてやる」と。
さらに高階は松岡に向かって「邪魔だ」と言い放ちます。

渡海はモニターに向かって「邪魔」とお決まりのセリフを。



そして渡海と高階が協力しアームが動くようにしていきます
そこから開胸手術を行なうと言い出す渡海。

輸血できない小春ちゃんですが、自分の血を使って行なうと言うのです。
そのために渡海は造血剤で血を増やしていたのでした。

血を持ってきた猫田は、「30分持つ」と言います。
「30分じゃ無理だ」という松岡に対して、「できちゃうんだよ」と告げる渡海。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

「東城大はできるんだ」と言い放ちます。

そして手術を成功させる渡海。
去ろうとする渡海に「ありがとうございます」と頭を下げる高階。

「これくらい当然だ。医者だからな」
と言い捨てオペ室を後にします。

高階は西崎の下のまま…

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド

その後、小春ちゃんは順調に回復しもうすぐ退院です。

サッカーを楽しみにしている小春ちゃんのために、高階はサッカーの練習中でした。
その際に頭を過るのは、西崎教授との会話でした。

国産ダーウィンのプロジェクトを進めていくつもりの西崎教授は、その責任者を高階に任せたいと言うのです。
「国産ダーウィンの症例を東城大で集めて論文を書くように」
「これが最後のチャンスだ」と。

結局、高階はその立場から逃げることはできないのでした。



最後に佐伯教授に届け物が届きます。
その中身は渡海が眺めている、ペアンが入っている写真でした。

ブラックペアン5話引用:ブラックペアン|TBSオンデマンド


一体、ペアンの写っている写真と佐伯教授、渡海との関係は一体何なのでしょうか。

6話では渡海の母親が患者として病院に来るようです。
そこでどんな過去があるのかが判明するのでしょうか。

次回を楽しみにしたいですね。


「ブラックペアン」5話のゲスト


ブラックペアン5話のゲストはこちらの2人です。

福澤朗(富沢雅之役)

引用:ブラックペアン|youtube埋め込み動画

厚生労働省の医務技監役。
帝華大付属病院の西崎教授(市川猿之助)が推奨する最先端の手術支援ロボット・ダーウィンを支援しています。

旧態依然とした日本の医療界を変えるために最新医療を積極的に取り入れ、外科医の技術格差を撲滅したいと考えている役どころです。

バラエティーや報道番組で大活躍のフリーアナウンサーです。
フリー転向後、民放の連続ドラマ初出演です。

お堅い役がとてもお似合いですね。
正義感あふれる演技に注目です。

音尾琢真(松岡仁役)

引用:ブラックペアン|youtube埋め込み動画

帝華大付属病院の外科医役。
音尾さんは、大泉洋所属の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」に所属しています。

「陸王」で竹内涼真演じる茂木裕人が所属するダイワ食品陸上競技部の熱血監督を演じました。

ドラマに引っ張りだこの音尾さん。
竹内さんとの陸王コンビに注目ですね

ブラックペアン5話の視聴率は?

上昇
1話〜4話は高視聴率をキープしているブラックペアン。
5話の視聴率はどうだったのでしょうか。

5話は平均視聴率13.4%でした。

今までの視聴率は、このような感じでした。

1話 13.7%
2話 12.4%
3話 12.1%
4話 13.1%

 
2話、3話は12%台でしたが、他は全て13%台と好調ですね。
4月期ドラマの視聴率では、ベスト5に入っているようです。

話も後半に入り、今後さらなる高視聴率も期待できますね。

ブラックペアン5話の感想

感想
ブラックペアン5話では、スナイプの次なる最新医療機器「ダーウィン」が登場しましたね。
医療ってすごい発展しているんだなと違うところで感心してしまいました。

今回の渡海先生はあんまり毒はなかったなと思いました。
手術中は結構怒鳴っていましたが。

さすがの渡海先生も子供には優しいのかもしれませんね。



ストーリーとしては、きっとダーウィンで失敗して渡海先生が助けるんだろうなと分かっちゃいましたが。
小春ちゃんを唯一助けられるダーウィンだったのに、結局開胸手術で助けていましたし。

役者さんの演技力も高くて面白いんですが、だからこそストーリー展開が少し残念だなと感じてしまいます。



また渡海先生は、ただ文句を言い、偉そうにして寝てばかりという認識が覆りましたね。
様々な症例の資料とか論文などをチェックしてなければ、高階が執刀医tしてやると言った手術が「日本では前例がない」とすぐに言うことはできないですよね。

またダーウィンの資料もいろいろ書き込んでいましたし、全てのことに関してしっかり準備を行なっているのでしょう。
きっと慢心して、手術を舐めているような医者は許せないんじゃないかなと思えました。

だからこそ、自分は絶対に慢心せずどんな些細なことでも調べて追求しているんじゃないかなと。
そうでなければ、主治医もなかった小春ちゃんに感染の危険性があるなんて気がつけないですよね。

腕があるからだけでなく、今の自分に満足しないて勉強し続けているのはすごいことだなと。




ダーウィンのすごさを見せつけるためでしょうが、お米に文字を書いているシーンがありました。
それを見ての渡海先生の「米は食うもんだろうが」
これを聞いて、前クールドラマの深山先生の「トマトに失礼でしょうが」を思い出し、ニヤニヤしちゃいました。

これもTBSの遊び心ですかね。




5話の見どころは、渡海、猫田、高階の3ショットではないでしょうか。
これにはドラマを見ながらにやけた人も多いと思います。

今回の話では高階先生も日本で前例のない手術を成功させ、実力を見せつけてましたし。
今までは渡海先生に助けられることが多かったですが、その実力は確かなものだと再認識させるシーンでしたね。

また個人的には、渡海先生が猫田さんの呼び方が「ネコちゃん」から「ネコ」になっていたのにぐさっときました。
2人の信頼関係に感動しちゃいます。



また5話でも、二宮和也のアドリブが光っていました。
ダーウィンで出血し、開胸手術に切り替えた時に松岡に言い放った「できちゃうんだよ。東城大はできるんだ」

これは台本では「俺ならできる」だったそうです。

帝華大学に東城大一団となって挑んでいる感じがします。
東城大のプライドを見せつけましたね。
かっこよさ増倍です。

「できちゃうんだよ」もドラマの渡海先生らしさが出ているように感じます。




ブラックペアンや渡海先生、猫田さんのファンが増えているようです。




ドラマの主役は渡海先生ですし、手術の実力だけでなく日々鍛錬を怠らない様子が描かれていた話だったと思います。
最新機器が嫌いなんじゃなくて、それを自分の実力だと勘違いして、努力をしない医者が嫌いなんでしょうね。

5話では、渡海先生の医者らしさと高階先生の腕前が見れて個人的には満足でした。
6話以降では、ストーリー展開も予想外になることを期待したいです。


見逃した「ブラックペアン」5話は無料動画で見よう


大人気の「ブラックペアン」を見逃してしまったという方は多いのではないですか?

「ブラックペアン」はいくつかの方法で、無料で視聴することができます。

しかし視聴できるのは1週間です。
見逃した方は、ぜひ期間中に視聴してみてください。



4話では渡海先生の「佐伯教授は信じるな」というセリフがありました。
2人の関係性が少しずつ露わになってきましたね。

5話ではどんな展開をするのでしょうか?
5月20日が楽しみですね。


「ブラックペアン」4話の確認はこちらから


無料動画
ブラックペアン4話の無料動画はこちら。【見逃し・再放送】



1話〜3話を視聴したい方はこちらから
視聴方法
ブラックペアンの無料動画まとめ。【見逃し・再放送】

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!