WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

止まらないゲップは呑気症かも!?原因はストレス!症状や治療法をご紹介します

「ゲップやおならが止まらない・・・」

そんな恥ずかしくて苦しい思いをしていませんか?

それは、”呑気症(どんきしょう)”かもしれません。

無意識に空気を飲み込んでしまう病気です。

主な原因はストレス。

認知度が低い症状ですが、8人に1人が発症していると言われています。

呑気症の原因や症状、改善策をご紹介します。

呑気症とは?

「呑気症(どんきしょう)」とは、ゲップやおならが増え、腹部に膨満感や吐き気がする症状です。

これは、無意識的に空気を飲み込んでしまい、食道や胃腸に空気が貯まることで起こります

別名「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」と呼ばれています。

嚥下とは、飲み込むという意味です。

残念ながら明確な原因は明らかになっていません。

そのため、医療機関では特有の治療方法がないのです。

多くの原因はストレスと言われています。

特に20~50代の働く女性に多いと言われています。

日本人の8人に1人が呑気症を患っています。

病気や疾患ではないので、治療の必要がないケースも多いのです。

呑気症の症状

呑気症の症状をご案内します。

特に食後ではないのにゲップが出そうになることがあります。

食道から胃腸までに不快感が現れている場合は、呑気症かもしれません。

  • ゲップがよくでる
  • おならがよく出る
  • お腹が張る
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 腹痛

呑気症の原因①「ストレス」

一番の原因はストレスだと言われています。

実際に以前一緒に働いていた20代の女性が呑気症になっていたことがあります。

ある頃から接客中にも抑えられないくらいにゲップが止まらなくなりました。

ちょうどその頃、彼女は仕事上の人間関係のトラブルでストレスを抱えていたのです。

仕事を変えてからは症状が落ち着いたようです。

このように、ストレスからくる呑気症の事例は多いのです。

 

なぜストレスから空気を飲み込んでしまうのでしょう?

不安や緊張から知らずと唾を飲み込む回数が増えるからだと考えられています。

無意識に唾と一緒に空気まで飲み込んでしまうのです。

ストレスから解放することが一番の治療になります。

仕事が多忙な女性は要注意!

爆笑問題の太田光さんの奥さんである太田光代さんも呑気症であると公表しています。

女性社長でもある彼女は仕事上のストレスが大きかったのでしょうか!?

仕事でストレスを抱えている女性は呑気症にご注意ください。

呑気症の原因②「噛み締め」

呑気症と類似したもので「噛み締め呑気症」というものがあります。

これは、無意識に歯と歯を噛み締めていることから起きる呑気症です。

噛み締めてしまう原因は以下のことが考えられます。

  • ストレスがある
  • スポーツをしている
  • 重い荷物をよく運ぶ
  • デスクワークが多い
  • スマホをよく使う
  • 猫背
  • 歯の噛み合せが悪い

噛み締め呑気症は、肩こり・頭痛・目や顎の痛みなども発症します

歯の治療をすると治るケースもあるので、医師に相談しましょう。

呑気症の治療方法

明確な原因がわかっていないため、特有の治療方法はありません

病院で診察しても約40%の人が異常なしと診断されるのです。

まずは、ストレスを溜めないことが大事です。

自分にあった改善方法を見つけてみてください。

ストレスが原因の場合

リラックスをして、ストレスから解放しなければなりません。

家に引きこもるのではなくなるべく外出をしましょう

友人に会ったり、趣味を楽しむのもOK。

仕事で悩んでいる方は、転職も考えてみてください

【ストレスの発散方法】

  • 散歩をする
  • 外出する
  • 友達と会う
  • ショッピングする
  • 美味しいものを食べる
  • 趣味を楽しむ
  • 半身浴をする
  • マッサージを受ける
  • 職場を変える
  • 恋愛をする

噛み締めが原因の場合

歯科医院を診療しましょう。

噛み締め呑気症の治療を得意としている歯科医院は多くあります。

マウスピースを作成し治療を行っていきます

病院は何科に行けばいい?

症状がひどい場合は、病院で診察をしましょう。

ゲップやおなら・お腹の張りの症状は、内科消化器内科

うつ状態など明らかなる精神的疾患がある場合は心療内科をおすすめします。

腹部X線、バリウム検査、内視鏡、腹部エコー、腹部CTなどの検査をしてもらえます。

噛み締めの癖がある場合は歯科を訪れましょう。

呑気症の対策・予防法3選

呑気症の特有の治療法はありません

ストレスを溜め込まないことが第一です。

その他の予防策をご紹介します。

①ストレスを溜めない

呑気症の原因の多くがストレスです。

まずは、ストレスを溜めないことを心がけましょう。

自分に合った発散方法を知っておくことも大事です。

また、睡眠は脳の老廃物を除去すると言われています。

快適な睡眠は脳のリフレッシュに繋がるのです。

睡眠時間は6~7時間を確保しましょう。

②食事と飲酒の改善

飲酒や炭酸飲料は、控えましょう。

お腹にガスが溜まりやすくなります。

辛い食べ物やジャンクフードもNG

これらは胃に負担をかけます。

なるべく胃に優しい和食中心の食事を心がけてください。

③早食いをしない

早食いは呑気症の原因になります。

勢いよく食事をすると同時に空気を多く吸い込んでしまいます。

胃にも負担がかかるので、ゆっくりよく噛んで食事をしましょう

まとめ

呑気症は周りに理解がないと辛いものです

まずは、ストレスをなくすことを目標にしましょう。

ストレスから解放されると自然と呑気症が改善していきます

症状がよくならない場合は、病院の診察を行ってください。

 

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!