WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

健康・ダイエットに効果的なチャイの5つの効能。作り方と注意点も紹介

ミルクティーといったらチャイを思い浮かべる方も多いでしょう。
独特の味に甘みが広がり、1度飲むと癖になります。

そんなチャイにはさまざまな効能があるのです。
ダイエットや健康に効果的なチャイの効能・効果をご紹介します。


チャイとは

チャイ
ヒンディー語でお茶を意味する「チャイ」
インドなどでは日本茶も紅茶も全て「チャイ」と言われてます。

日本でいうチャイはインドでは「マサラチャイ」と呼ばれるものになります。

チャイは、インド北部を中心に飲まれている飲み物で、生活に欠かせないものなのです。
家ごとに工夫した複数のスパイスと紅茶を煮出して、砂糖と牛乳を加えて更に煮出します。

味はかなり甘めでスパイスと紅茶の独特の香りが楽しめるものになっています。

チャイの効能

チャイ
インドを始めとしたアジア地域で好まれるチャイは甘い飲み物で、インドではおやつの役割も担っているほどです。

しかし実はチャイは侮れない飲み物で、様々な嬉しい効果があるのです。
チャイに含まれるスパイスには体に良い効果がたくさんあります

ダイエット効果

ダイエット
甘めな飲み物であるチャイですが、ダイエットと相性が悪いわけではありません。
むしろ、ダイエットで助かる効能がいろいろあります

チャイに含まれるスパイスの「シナモン」「ジンジャー」には、ダイエット効果が期待できる働きがあると言われています。

またスパイスだけでなく、紅茶自体もダイエット効果があるようです。
紅茶に含まれる「カテキン」には、脂肪の吸収を抑える効果、糖分を分解する効果が備わっていると言われます。

つまりチャイは、シナモンにジンジャー、紅茶と複数のダイエット効果のある材料が組み合わさっているのです。

新陳代謝を高める効果

新陳代謝
新陳代謝を高めたい方はチャイを飲みましょう。

チャイの材料である4つのスパイス、「シナモン」「ジンジャー」「クローブ」「カルダモン」はそれぞれに血行を良くする効果が備わっていると言われています。
老化防止や血行不良の改善、発汗作用、毒素の排出などそれぞれのスパイスが力を発揮し、新陳代謝が高まるようです。

新陳代謝は、美容や健康に関連してきます。
美肌や美髪につながり、肌のシミや抜け毛予防にも効果を発揮すると言われています。
また冷え性の改善にも一役買ってくれるでしょう。

ストレス解消に効果的

ストレス解消
疲れがたまってきたら、チャイを1杯飲と心が落ち着きます。

ストレスには、「シナモン」「クローブ」が効果を発揮します。
リフレッシュ効果があり、ストレス解消や気分転換にいいとされているのです。

またスパイスだけでなく、牛乳に含まれているトリプトファンもストレス解消にいいとされています。

忙しく毎日を過ごしていると、知らぬ間にイライラ、ストレスを抱えているものです。
一息休憩のために、のんびりティータイムを楽しむのもいいかもしれません。

抗酸化作用で健康美肌を手に入れる

美肌
紅茶自体にも、「シナモン」「クローブ」にも、抗酸化作用が備わっていると言われており、効果を発揮するようです。

抗酸化作用は、体に悪影響を及ぼす「活性酸素」を除去する働きをしてくれます。
活性酸素は、肌のシミやたるみなどの老化現象を生み出したり、生活習慣の原因になる要因とされます。
これらを除去する抗酸化作用のおかげで、健康や美肌効果が期待できるのです。

お腹が不調な時に効果的

お腹が不調
お腹の調子が悪い時には、コーヒーなどは飲みにくいです。
そんな時には、チャイを飲みましょう。

ジンジャーやクローブには、胃腸の働きを促進したり消化不良を改善してくれたりします。


さまざまな効果を期待できるチャイ。
朝食や休憩に1杯を習慣つけてもいいかもしれません。

スパイス別・効果まとめ

チャイでよく使われるスパイス別で効果をまとめてみました。
摂取のしすぎは良くないですが、この効果に期待したいというときは、少し分量を多めにしてみてはいかがでしょうか。

シナモン

シナモン
シナモンが持っている主な効能・効果は下記の5つです。
1日の摂取量は0.6~3gが適量だと言われているので、とりすぎには注意です。

  • 血管を健康に保つ。
  • 体内の塩分濃度調整。
  • 血糖値を安定させ、高い場合は下がりやすくする。
  • 高い抗酸化作用。
  • 殺菌・抗菌作用。

これらの効能が、冷え性の改善や基礎代謝の向上、むくみ予防などになりダイエットに繋がります。
また体を健康的に保ったり、腸内環境が整うことで免疫力を上げることができると言われています。

クローブ

クローブ
クローブは摂取し過ぎでの、副作用らしい副作用はないようです。
ただし摂取しすぎで、効果がですぎて逆効果になることはあります。

摂取目安は、1日の目安は大さじ2杯と言われています。
また妊娠中・授乳中の方には良くないので、摂取しないよう気をつけてください。

  • 鎮痛効果や抗菌効果。
  • 抗酸化作用。
  • 消化促進。
  • 血行不良の改善。

これらの効能があるので、老化防止・美肌効果に繋がると言われています。
また血行がよくなると、発汗作用に繋がりダイエット効果が期待できます。
胃腸が整うことで、吐き気を抑えたり体を温めたりと健康的になれるかもしれません。

カルダモン

カルダモン
過剰摂取での副作用はあまり確認されていないようです。
しかしスパイス感も強いので、大量に口に含むのは辛いです。
無理のない量にしておくのが1番です。

また妊娠中の方には良くないので、摂取しないように気をつけてください。

  • 消化を向上させる。
  • 口臭防止効果。
  • 利尿作用。
  • 血行を良くする。
  • リラックス効果

口臭は悩みのタネになっている方もいるでしょうから、強い味方になるでしょう。
むくみの解消や発汗作用に繋がるので、ダイエットにいいと言われています。
脳を活性化させ、集中力を高められるそうです。

生姜

生姜
健康維持のための摂取量は、1日10gが目安だと言われています。
食べ過ぎると逆に体に悪影響を及ぼす場合があります。

  • 血行不良の改善
  • 吐き気の緩和
  • 老化防止・免疫作用の向上

肩こりや頭痛、冷え性などを改善し、健康な体への手助けをしてくれます。
発汗作用や美肌効果もあり、ダイエット効果も期待できるでしょう。
風邪や食欲不振にも効果があるそうで、さらに抗がん作用も強いという報告もあるといいます。

またつわりの吐き気も緩和されるようなので、妊婦さんも適量の摂取ならいいのかもしれないですね。

チャイは高カロリー?

太る
砂糖と牛乳を加えて仕上げているチャイは、紅茶やコーヒーよりは高カロリーです。

カップ1杯分180ccのカロリーや栄養価のデータは、このようになっています。

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
67kcal 3.4g 3.5g 5.4g 0.1g


ちなみに、コーヒーは180ccで7kcal
ミルクを入れても18kcal、ミルクと砂糖を入れて29Kcalほどです。

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
ブラック 7kcal 0.4g 0g 1.3g 0g
ミルク 18kcal 0.6g 0.9g 1.5g 0g
ミルク+砂糖 29kcal 0.6g 0.9g 4.5g 0g


紅茶はもっとカロリーは低く、ストレートでは180ccで2kcalしかありません。
ミルクを入れて13kcal、砂糖を入れて24kcalほどです。

エネルギー

タンパク質 脂質 炭水化物 塩分
ストレート 2kcal 0.2g 0g 0.2g 0g
ミルク 13kcal 0.4g 0.9g 0.4g 0g
ミルク+砂糖 24kcal 0.4g 0.9g 3.4g 0g


このようにみると、いかにチャイのカロリーが高いかが分かります。
タリーズのチャイ引用:https://www.tullys.co.jp
タリーズのチャイミルクティーのカロリーは、このようになっています。

short ホット:150kcal
アイス:98kcal
Tall ホット:205kcal
アイス:120kcal
Grande ホット:272kcal
アイス:172kcal

甘くてほっと一息つけるチャイですが、飲み過ぎには注意が必要です。

本格的チャイの作り方

チャイの作り方
本格的な美味しいチャイは少し作り方が面倒です。
しかしやはり本格的なもののほうが、香りも美味しさも違います。
ぜひ材料も揃えて作ってみてください。

材料

3杯分で紹介します。

紅茶(アッサム) 6g(またはティーバック2個)
200cc
牛乳 300cc
●シナモン 小さじ1/2(またはスティック1本)
●クローブ 小さじ1/2
●カルダモン 小さじ1/2
●生姜すりおろし 小さじ1/2
砂糖 1~2(ハチミツでも可)

スパイスは、パウダーでしたらスーパーで手に入るかと思います。
よりこだわって美味しいものを作るのでしたら、パウダーではなく、ホール(そのまま)を使用するのがおすすめです。

作り方

  1. 全スパイス(●がついている材料)と紅茶を水と一緒に小鍋に入れて、弱火で煮出します。
  2. 牛乳と砂糖を入れ、ふつふつするまで弱火で加熱します。
  3. 粉っぽさをとるために茶こしを使い、カップに注ぎ入れます。

茶こしを使うのは少し面倒かもしれませんが、飲んだときの印象やのどごしが変わってきます
できれば使うのをおすすめします。

ちなみにアイスチャイは紅茶を8gで作り、茶こしで氷入りのカップに注ぎ入れます。


またチャイはスパイスや水の分量を少し変えることで、自分好みの味に仕上げることができます。

  • さっぱりさせたい時は水を増やす。
  • 特に寒い日だったら少し生姜を多めにする。
  • 特定のスパイスの香りを強くしたいときはそのスパイスを多めにしてみる。

などと好みにアレンジできるのも楽しみの1つです。

ぜひ1番美味しい1杯をみつけてみてください。

チャイを飲む時の注意点

チャイは甘くて美味しく、体にも良い飲み物です。
カロリーは高めですが適切に飲めば、ダイエット効果や健康、美容に効果的ですが、1つ注意点があります。

飲みやすいので、ついつい飲みすぎてしまう方が多いのです。
しかし飲みすぎてしまうと糖分を取りすぎてしまいますし、チャイの材料であるスパイスも摂取しすぎてしまいます。

肥満や生活習慣病になりやすくなったりしてしまいます。

1日に飲む杯数はしっかり決めておくといいでしょう。

チャイを飲んで健康的な体に

いかがでしたでしょうか。
あんなに甘いチャイがまさかダイエット効果も高く、健康にもいいとは思ってもなかったです。

さまざまなスパイスが入っているので、スパイスが苦手な方は苦手意識があるかもしれません。
しかし牛乳と砂糖でまろやかで甘さがプラスされているので、飲みやすくなっています。
1回飲んでみたら、意外に美味しいと思う方も多いようです。

毎日1杯を習慣にして、健康的な体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?