WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!

福岡県のみならず、九州地方では大規模の花火大会である筑後川花火大会。

今回は筑後川花火大会について紹介をしていきます。




筑後川花火大会とは?

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:https://www.yakei-kabegami.com/

筑後川花火大会は毎年8月の上旬に福岡県久留米市で開催される花火大会です。

筑後川花火大会は6つの会場で同時に花火が打ち上げられ

  • 篠山城(久留米城)会場
  • 京町(水天宮)会場
  • 長門石会場
  • 鳥栖会場
  • みやき会場
  • 小森野会場

で花火を見ることができます。

6つの会場から一斉に花火が打ち上げられるため、見る場所によっては色々な方向から花火の打ち上げを楽しむことができます。

筑後川花火大会では毎年、18,000発の花火を見るために45万人前後のたくさんの方々が訪れます。
会場はかなり混雑しますが、吸収は福岡を代表する花火大会ですので見ておきたいところです。

また、筑後川花火大会では400近くの出店が出店されます。
久留米のB級グルメもたくさん出店され、ご当地グルメを食べることができるのも筑後川花火大会の良さです。




筑後川花火大会2018の日程と開催場所、会場へのアクセス方法

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:http://www.hanabi2018.info/

筑後川花火大会の日程と6つの開催場所、会場までのアクセス方法について解説します。

日時 2018年8月5日 19:40~21:10
会場 A:長門石会場
B:みやき会場
C:京町会場(打ち上げ場所)
D:鳥栖会場
E:篠山会場(打ち上げ場所)
F:小森野会場
アクセス JR鹿児島本線:久留米駅から徒歩約10分前後
地図

筑後川花火大会2018の混雑状況は?

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:http://www.asahi-net.or.jp/

筑後川花火大会は45万人訪れる花火大会です。

東京や大阪よりも人口の少ない福岡での45万人はかなりの人数になります。
ですので花火会場が混雑するのはもちろん、会場の最寄り駅である久留米駅は開催終了後に入場規制が行われるほど混雑します。

また、花火大会終了後は道路も混雑するため、車の場合でも混雑を覚悟しておく必要があります。

スムーズに帰りたい方は

  • 花火が終了するちょっと前に会場を出る
  • 電車の場合は帰りの切符をあらかじめ準備しておく
  • 会場で余韻に浸って、あえて帰宅を遅らせる

などの対策をすると良いですよ。




筑後川花火大会2018の駐車場

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!

筑後川花火大会では専用の臨時駐車場などは準備されていません。

花火の打ち上げ会場付近ではコインパーキング等もないため、車で行く場合は会場から見て駅の反対側に車を停める必要があります。
また、駅周辺駐車場の母数は少ないため、車を停められないことも考えられます。

今回は久留米駅付近の比較的大きめの駐車場を紹介します。

リパークスシロー久留米通町店駐車場

住所 福岡県久留米市通町1-1
料金 30分/500円
収容台数 74台
入出庫可能時間 24時間
地図

リパーク久留米日吉町

住所 福岡県久留米市日吉町2-1
料金 08:00〜19:00 30分/100円
19:00〜08:00 20分/100円
収容台数 36台
入出庫可能時間 24時間
地図

パークアテンド中央町第1

住所 福岡県久留米市中央町15
料金 0:00〜24:00 200円/60分
【最大料金】 (平日)8:00-20:00 ¥500 (土日祝)8:00-20:00 ¥400 (全日)20:00-8:00 ¥200
収容台数 20台
入出庫可能時間 24時間
地図




筑後川花火大会2018の交通規制

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:http://kurume-matsuri.info/

筑後川花火大会では毎年、交通規制が実施されます。

車が通れなくなる道路だけではなく、人も通れなく道路があるので確認しておきましょう。

【 全面通行止め(車・人) 】

  • 小森野橋
  • 京町会場対岸
  • 久留米高専川沿い



【 歩行者通行止め 】

  • 長門石橋



【 歩行者用道路 】

  • 旭町交差点〜小森野橋手前
  • 水天宮入り口交差点〜水天宮前
  • 久留米駅両口前道路



【 車両通行禁止 】

  • 久留米駅西口の長門石橋〜豆津橋周辺(久留米市京町周辺)
  • 久留米駅東口の左側周辺(久留米市旭町周辺)

詳細は公式サイトにも記載されているので、詳細はコチラから公式サイトにてご確認ください。

筑後川花火大会の歴史

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:https://oshaberi-techo.jp/

筑後川花火大会の始まりは1650年までさかのぼります。
久留米藩の藩主である有馬忠頼が水天宮社地に社殿を寄贈した際に、その完成をお祝いするために花火を奉納したことが起源になっています。
その後「水天宮奉納花火大会」という名称で開催され、戦争などによる中止を経ながら1965年に現在の名称である「筑後川花火大会」になりました。

また、久留米市街地の例大祭をまとめた「久留米水の祭典」が筑後川花火大会に合わせて1972年より開始されました。
これによって、お祭りのフィナーレを飾る意味も加えられるようになりました。

元々、筑後川花火大会は水天宮前の河川敷でのみ行われていました。
ところが、2001年に発生した明石花火大会歩道橋事故を教訓に混雑を避けるため、2004年からは久留米城河川敷にある篠山会場との分散打ち上げとなりました。
それに伴って、従来の会場は「京町会場」と呼ばれるようになりました。
さらに、2005年には鳥栖市が共催に加わり、鳥栖会場として久留米市との境にあたる下野町の運動広場に観覧場所を設置しました。

歴史ある花火大会が毎年ただただ同じように開催されるだけではなく、色々な教訓から来場者のために進化している良き花火大会です。




筑後川花火大会の穴場スポット

筑後川花火大会2018の会場の場所は?混雑状況や駐車場、穴場スポットも紹介!
引用:https://fromfukuoka.com/

筑後川花火大会では準備されている会場が、場所取りのために開場と同時に埋まってしまいます。

そこで、会場でなくとも落ち着いて花火を見れるスポットを紹介します。


ゆめタウン屋上

会場からは遠いですが、駐車場もあるので車で行く方向けです。

ゆめタウンの屋上から花火を見ることができるため、花火の全映をひと目で見ることが可能です。

トイレや飲み物、食べ物もお店の中に行けば揃っているため、花火を見るための環境は完璧です。

住所:福岡県久留米市 新合川一丁目2番1号


長門石町付近

会場の裏側に当たる場所です。
畑だらけで視界が開けているため遮るものがなく、静かにゆっくりと花火を見ることができます。

畑と畑の間の道路なので道は広くないですが、花火を見るのには十分です。
地元の方々が多いようですが、小さな椅子が1つあれば落ち着いて花火を見れる場所です。

住所:福岡県久留米市長門石町


豆津橋付近

人が少なめで2つの会場の花火を見ることができるスポットです。

河川敷になっている佐賀県川の方がスペースが広いです。
交通規制の範囲外のエリアですが人が比較的少ないため、ゆっくりと花火を見ることができます。




まとめ

今回は筑後川花火大会について紹介しました。

筑後川花火大会は福岡を代表する大きな花火大会です。
出店もたくさん出店され、お祭り気分を存分に味わうことができます。

この機会に18,000発の花火を是非、見に行ってみてはいかがでしょうか。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?