WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

だんじり祭2018年の日程は?意味や有名なだんじり祭も紹介!

夏の楽しみといえばお祭りという人も多いのではないでしょうか?
日本各地には特徴的なお祭りが数多くあります。
例えば、西日本のお祭りといえば「だんじり祭」が有名です。

西日本の各地では「だんじり祭」が盛んに催されます。
威勢がよく、活気と迫力に満ちているのが特徴です。

だんじり祭の中でも最も規模が大きいのが、岸和田のだんじり祭でしょう。
一方で、他の各地のだんじり祭もさまざまなバリエーションがあり実に興味深いです。




だんじり祭りとは?

引用:http://www.city.kishiwada.osaka.jp//

「だんじり祭」は、西日本において開催されるお祭りの一種です。
だんじりとは山車や太鼓台などの総称を指します。

だんじり祭として最も有名なお祭りが「岸和田だんじり祭」です。
「岸和田だんじり祭」は大阪府岸和田市で行われます。

地車を用いたお祭りといえば「岸和田だんじり祭」が代表的です。
この地車は山車の一種であり、これを「だんじり」と読みます。

岸和田以外にも有名なものとしては、「泉大津だんじり祭」や「淡路だんじり祭」があります。

これら以外にも、西日本各地域において多数の「だんじり祭」が行われています。
他には、瀬戸内海沿岸地域一帯から九州でも地車を用いるお祭りが存在します。

迫力のあるお祭りが多く、その豪快さは他のお祭りにはない魅力です。

だんじり祭の意味

引用:http://www.city.kishiwada.osaka.jp//

「だんじり祭」は正式には地車祭りと書きます。
山車の一種である地車を引き、それぞれに味のある地車囃子が披露されます。
これは神様(あるいは神社)への奉納の行事の一つとされます。

「だんじり祭」は地車囃子の演奏を奉納する祭礼を指します。
例えば、伝染病の防止を祈願したり、五穀豊穣や農業・漁業の豊作・豊漁を願います。

地域の祭礼であることから、地域に密着したお祭りとしての側面を持ちます。
そのため、主に神社と氏子や自治会が主体となり運営されてきました。

ただし、近年では「だんじり祭」は地元住民の季節のイベントとしての傾向が強くなっています。




だんじり祭り2018の日程は?

2018年の「だんじり祭」の日程などを紹介します。
開催される地域やお祭りによって期間が異なっています。

ただし、やはり五穀豊穣や豊漁を祈願するお祭りです。
夏から秋にかけてのイベントであることは間違いありません。

「だんじり祭」は西日本中心に各地で行われているため、日程は多種多様です。
例えば、最大規模の「岸和田だんじり祭」は9月15日・16日と10月6日・7日です。

多くの「だんじり祭」が7月から10月の間に行われます。
「だんじり祭」の総数は大小をあわせて20を超えます。
そのため、特に大阪地域を中心に同時期開催が多い印象です。

数が多いため、地元のお祭りか大きめなお祭りから見るのも良いでしょう。
それぞれに特徴的なので、興味をひくお祭り優先でも問題ありません。

だんじり祭の開催場所は?

だんじり祭の開催場所を紹介します。
西日本各地で行われるため、特徴的なお祭りをピックアップします。

ここでは「岸和田だんじり祭」と「泉大津だんじり祭」、「淡路だんじり祭」を取り上げます。

岸和田だんじり祭

「岸和田だんじり祭」について紹介します。
大阪府の岸和田市のお祭りです。

岸和田だんじり祭の基本データ

開催日時 2018年
9月祭礼(浜手地区)
9月15日(土)午前6時~午後10時
9月16日(日)午前9時~午後10時

10月祭礼(山手地区)
10月6日(土)午前6時~午後10時
10月7日(日)午前7時~午後10時

開催場所 大阪府岸和田市全域
地図
アクセス 南海電鉄「岸和田」駅から徒歩
交通規制があるため鉄道推奨
ホームページ http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/danjiri/

 

最も有名なだんじり祭が「岸和田だんじり祭」です。
規模が大きいため、ホームページも用意してあります。

「岸和田だんじり祭」は9月と10月に祭礼があります。
よくテレビなどに特集されるのは9月に行われる方でしょう。
しかし、10月祭礼も9月祭礼に負けない魅力があります。

「岸和田だんじり祭」は勇壮な佇まいと威勢の良いお祭りが楽しめます。
なかでも、「やりまわし」と呼ばれる地車が高速で曲がる様は必見です。

泉大津だんじり祭

「泉大津だんじり祭」を紹介します。
こちらも大阪のお祭りです。

泉大津だんじり祭の基本データ

開催日時 2018年
10月6日(土)午前6時~午後22時
10月7日(日)午前8時~午後22時
開催場所 大阪府泉大津市全域
地図
アクセス 南海本線「泉大津」駅から徒歩
交通規制があるため鉄道推奨

 

「泉大津だんじり祭」は大阪府泉大津市の市内各地で行われるだんじり祭の総称です。
特に、地車に別の地車をぶつける「かちあい」の迫力で知られています。

大阪市内のだんじり祭は同時期に催されるものが多いため、他のお祭りと重なりやすいのが難点です。
他にも、堺市「深井だんじり祭」や天満宮「天神祭陸渡御のだんじり祭」などがあります。

淡路だんじり祭

「淡路だんじり祭」を紹介します。
兵庫県の淡路で行われます。
開催時期が早いことが特徴です。

淡路だんじり祭の基本データ

開催日時 2018年4月29日(終了)
午前8時~午後4時(雨天中止)
例年、ゴールデンウィーク付近
開催場所 兵庫県南あわじ市 三原健康広場
地図
アクセス 各地の主要な空港→関西国際空港→淡路島
主要な高速道→明石海峡大橋→淡路島
(ゴールデンウィーク期間のため混雑が予想される)

 

2018年の開催はすでに終わっています。
イチオシのお祭りではあるため、2019年以降狙うのも良いでしょう。

若葉色に染まる野山に、威勢の良い若者が集います。
淡路島にはだんじり祭が複数存在しますが、このお祭りが最大級です。

各地区から合わせて20台の地車が集います。
地区毎のバリエーション豊かなだんじり唄や獅子舞が魅力的です。

だんじり祭の歴史

引用:http://www.city.kishiwada.osaka.jp//

地車を引き回すだんじり祭の発祥は諸説あり定まっていません。
「岸和田だんじり祭」をはじめ、300年以上の歴史を持つとされるものも多いです。

山車を引き回すこと自体は京都の八坂神社に原型があるとされます。
これが地車へと発展していったと考えられるでしょう。
また、江戸時代には山車や地車を引き回す行事はあったようです。

発祥や発展の経緯などはわかりませんが、西日本中心に誕生したことは間違いありません。

地車はもともとはお祭りの添え物であったと考えられます。
それが、いつしか地車などを主役とする「だんじり祭」へ変化したのでしょう。

神事として出発しているため、健康や豊作を祝う意味があります。
最近では地域住民が一丸となるイベントとしての側面が強くなってきています。




だんじり祭の事故動画、死亡事故について

だんじり祭はスピーディーで迫力のあるお祭りです。
そのため、事故に発展したりトラブルになったりするケースがあります。

 

また、これまでに何度か死亡事故も起きています。

 

 

対策がなされたためか、最近では事故の発生も一時期より減少してきてはいます。
安全を求めるならば、巻き込まれにくい場所から観覧しましょう。
地車がスピードに乗っているときや、カーブするときに近づかないなども対策となります。

「やりまわし」や「かちあい」などをはじめ、スピードに乗った派手なお祭りです。
確かに事故も起きており、時に批判の的になっています。
しかし、大勢の参加者が迫力ある地車に魅せられていることは間違いありません。

リスクが発生するほどの一体感と勇壮さは一度は見ておきたいものです。




まとめ

だんじり祭について紹介しました。
地域の行事として歴史と伝統のあるお祭りです。
また、迫力のある地車の引きはその勇壮さもあり、他のお祭りにはない魅力を持っています。

本文中では各地の「だんじり祭」の意味や歴史、開催時期などをまとめています。
各地ともにバリエーションが豊かであり、地域ごとの情熱を感じることができます

その迫力故に事故も起きていますが、それでもなお参加する人はあとを絶ちません。
安全に気をつけていれば、できる限りのリスクは排除できます。
一度は参加してみるのも良いでしょう。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?