WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

洗い残しなしで小さなものを素早く発見!もう困らない食洗機の使い方

とっても便利な食洗機!
でもプラスチックのお弁当箱を入れて洗うと、洗い終わってみたら水圧で裏返しになって水がたまっていたり、フタはどこかな?水筒の中詮はどこ?なんて探すのがちょっと面倒だったりなんて事ないですか?

私は毎朝娘のお弁当を作っていますが、忙しい朝に食洗機の中からお弁当箱たちを探し出すのがいつも一苦労。

お弁当箱が裏返るのを防ごうと上に他のお皿を載せているので余計に見えづらいのです(*ノωノ)

そんな時に使える便利なアイデアのご紹介です(*^^*)

この記事でわかること

材料

・熱に強いカゴ(100円ショップの物でOK)


手順



この小さなカゴが大活躍します!

1.いつもはこんな感じ( ˘•ω•˘ )



たくさん食器を入れて、水筒も入れて、お弁当箱は下の方へ。
重ねた食器のせいで下の方が見えづらい(*ノωノ)

ですので、この中からお弁当箱を探し出すのは一苦労です。

2.カゴに入れましょう



軽いもの、こまごました物、あとで一緒に使いたいものを用意したカゴに入れます。
フォークも一緒に入れちゃいます。

汚れた面を下に向けた方が良いと思います。

これはたまたま家にあった、100円ショップのカゴ。
フックがついていますが、これは気にしないでください(*´ω`*)

熱に強くて粗いメッシュなら何でもいいって事ですね♪

3.食洗機に入れます



他の食器を入れた後、その上にメッシュのカゴごと載せます。このまま食洗機にかければ取り出す際に一緒に出てきて簡単!

上部に隙間がないので水圧で裏返って洗い残し、なんてこともありません。

あれこれと小さな物を探さなくて済むのがホントに嬉しい!!


目が粗いメッシュのカゴを選ばないと洗い上がりに影響が出てしまいます。底が平らなカゴの方が使いやすいかと思います。

お弁当箱だけでなく、お刺身皿など小さな食器を洗う時もこのようなカゴを使うと、隙間から食洗機の底に落ちたりすることもなく安心ですよ(^^♪



mi-yuka さん

育ち盛りの娘を持つ専業主婦です。
日々の生活をより楽に、より楽しくをモットーに過ごしております♪

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!