WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「卵を食べるとコレステロールが上がる」はウソ!1日何個まで食べていい?

コレステロールの摂りすぎは健康に悪い

これは過去の迷信です。

厚生労働省は、食事とコレステロール値の関係性はほぼないと改めました。

コレステロールが高い卵は食べ過すぎてはダメ?

と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

卵に含まれているコレステロール量や1日の摂取量をご紹介します。

厚生労働省が定めるコレステロール摂取量

食事摂取基準」というものを厚生労働省が5年ごとに発表しています。

これは、日本人が健康を維持・増進するために摂取するべき各栄養素やエネルギーの基準量です。

2010年までのコレステロール摂取量は、成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満とされていました。

しかし、「2015年にはコレステロール摂取量基準はなくなりました」

摂取量を取り決める科学的根拠がなかったのです。

今までは、コレステロールは摂りすぎてはいけないと言われていました。

動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を引き起こし、死亡のリスクが高まるとされていたのです。

しかし最近になり、コレステロールが健康に及ぼす影響はほとんどないという研究が明らかになりました。

コレステロールとは?

そもそもコレステロールとは、何なのでしょうか?

コレステロールはギリシャ語の「chole(胆汁)」と「sterol(個体)」の複合語。

18世紀後半に発見されました。

細胞膜や胆汁酸、ホルモン、ビタミンDをつくる材料になる脂質です。

人間が生きていく上で必要不可欠な成分なのです。

決して悪い成分ではありません。

あまり知られていませんが、食事以外にも体内で毎日生成されています

コレステロールのほとんどは、肝臓で作られます。

体重50kgの人で1日当たり600~650mg生成されるのです。

コレステロール摂取量は関係ない?

「食事でのコレステロールが与える影響は少ない」と言われています。

食事でコレステロール摂取量が多いと、その分体内の生成量は減ります。

多く摂ろうが摂らなかろうが、体内で上手いこと調整されるのです。

 

また、食事で摂取したコレステロールは、体内で作られたコレステロールの3分の1から7分の1しか吸収されません

8割が体内で作られたものです。

食事でのコレステロールの摂取量の大小は関係がないことが分かります。

しかし、高コレステロール血症の人や親が高コレステロール血症の人は、摂りすぎに注意しましょう。

卵のコレステロール値

高コレステロール食材で一番知られているのが「

Mサイズの卵(50g)に含まれるコレステロールは、約210㎎です。

Lサイズの卵(60g)は、約255㎎です。

 

以前は、「卵を食べるとコレステロールが上がる」と言われていました。

しかし、それはウソでした。

最近の研究では、むしろ「卵はコレステロールを下げる働きがある」ことが分かっています。

  • 卵白に含まれるアミノ酸シスチン
  • 卵黄に含まれる脂肪酸レシチン

これらがコレステロールを下げる働きをしています。

迷信の元は「うさぎの実験」

かつては、「卵を食べるとコレステロール値が上がる」と言われていました。

これも今ではただの迷信

なぜ、そう言われていたのでしょうか?

1913年ロシアで行われた病理学者ニコライ・アニチコワによる実験が元になっています。

栄養価が高い卵をウサギに食べさせ続けたところ、血中のコレステロール値はどんどん増加。

その後ウサギは動脈硬化を起こしてしまいました。

この実験によって「卵はコレステロール値を上昇させ、食べ過ぎると動脈硬化を起こす」と言われるようになったのです。

しかし、この実験にはそもそも大きな間違いがありました。

うさぎは草食動物のため、卵を食べたことがありません。

そのため、動物性脂質を分解することができず、コレステロール値が急上昇したのです。

雑食である人間には、この研究結果は当てはまりません。

人間には、コレステロールを調節する機能があるからです。

卵のコレステロールは黄身と白身どっちが高い?

卵のコレステロールは、「黄身100g当たり1400㎎」、「白身100g当たり1㎎」と言われています。

圧倒的に黄身が多いです。

卵のコレステロールは、黄身に含まれていると言っていいでしょう。

コレステロールを控えている方は、卵の黄身の摂取量に気を付けてください。

卵は1日何個食べていい?

卵は1日に何個まで食べていいのでしょうか?

結論は、1日の摂取制限はありません

一般的には、「1日2~3個」くらいは食べても問題ないとされています。

卵1個当たり約80kcalなので、食べすぎはカロリーオーバーになる恐れがあるからです。

卵はパーフェクトな食べ物

卵には、タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

  • たんぱく質
  • ビタミンD
  • ビタミンB12
  • ビタミンB2
  • ビタミンA
  • カルシウム
  • リン
  • 亜鉛

ビタミンCは含まれていませんが、その他はパーフェクトな栄養素と言われています。

健康のためにも、1日1個は必ず食べるようにしましょう。

鶏卵以外の卵のコレステロール値は?

コレステロールは鶏の卵が有名です。

しかし、もっと含有量が多い食べ物があります

引用:https://style.nikkei.com

濃厚でおいしい高級食材フォアグラ

一切れには約390㎎ものコレステロールが含まれます。

レバーは焼き鳥2本、ウナギは一串で卵1個分のコレステロールがあります。

スルメイカやタコ、エビなどの甲殻類にもコレステロールは多いです。

高コレステロール血症を診断されている方は、摂取量を控えましょう。

まとめ

体内のコレステロール値は、食事によって左右されるものではありません。

卵はコレステロールを上げるのではなく、むしろ下げる効果があります。

栄養価が高い卵は1日2~3個食べてもいいのです。

病院でコレステロールを控えるように診断されている方は、食事を気を付けましょう。

 

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!