WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

2018年のお彼岸の日程は?お供え物や墓参り、おはぎとぼた餅の違いも紹介

昔から日本ではお墓参りや仏壇、仏具の手入れをすることが恒例行事となっているお彼岸
しかしお彼岸という言葉を知っていても、具体的に何をすればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そんな今回は2018年のお彼岸の日程や歴史はもちろん、お彼岸にすべきこと、お彼岸に食べるおはぎとぼた餅の違いを紹介します。




お彼岸とは?


引用:石長
そもそも「お彼岸」という言葉は古代インド・アーリア語に属する言語のサンスクリット語の「パーラミター(意味は仏教において迷いの世界から悟りの世界へ至る)」の漢訳「到彼岸」の略だそうです。

しかし現代の日本で私たちが使っている「お彼岸」という言葉は、原語「パーラミター」と意味合いとは異なり、お彼岸の期間にお寺や神社で行われる法要や先祖を敬い、供養する意味で用いられることが多いようです。

またお彼岸にお墓参りをする文化があるのは世界的に見ても日本だけなので、仏教徒が多い国と比べて、とても独特の文化といえます。

それはお彼岸の期間中の日本の春の祝日である春分の日が「自然を称え、生物を慈しむ」という意味合いを持ち、秋の祝日である秋分の日が「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」という意味合いを持っていることで、昔から日本が自然や先祖を感謝してきた日本らしい文化が影響しているのではないかという説もあります。

2018年のお彼岸はいつ?


先ほどもお伝えしたように日本では春のお彼岸(春彼岸)と秋のお彼岸(秋彼岸)の2回のお彼岸があります。

春のお彼岸は春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間になります。
今年の春分の日は3月21日(水)なので、その前後3日間の3月18日(日)から24日(土)までが春彼岸となります。

同じように秋のお彼岸も秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間になります。
今年の秋分の日は9月23日(日)なので、その前後3日間の9月20日(木)から26日(水)までが秋彼岸となります。

またお彼岸の知識として、お彼岸の開始日を彼岸入り、最終日を彼岸明けといいます。
そのため以下にまとめておきました。

春彼岸

彼岸入り 2018年3月18日(日)
春分の日 2018年3月21日(水)
彼岸明け 2018年3月24日(土)

秋彼岸

彼岸入り 2018年9月20日(木)
秋分の日 2018年9月23日(日)
彼岸明け 2018年9月26日(水)

おすすめのお供え物


引用:OMIYA!
春のお彼岸(春彼岸)にはお寺にお供えやお布施(僧侶へ読経や戒名を頂いた謝礼として金品を渡すこと)としてお菓子・お茶菓子を持参したり、知人や親戚の家にお供え物を持って訪問したりする場合があります。

またお供えは「亡くなった故人がお腹を空かせて飢えてしまわないために行う」と思っている方も多いと思いますが、仏様に対して感謝の想いや敬意を表して、お供えを行う意味もあります。

そこで今回はシチュエーションごとにおすすめのお供え物を紹介します。

お寺にお布施をする場合


引用:東光寺
お寺に謝礼としてお布施を行う場合は、お菓子お茶菓子を渡すのが基本です。
お寺や地域によって違いはありますが、日持ちするお菓子がお供え物としてベストなので、おせんべいやお饅頭、粟おこし、どら焼き、羊羹、クッキーなどがいいでしょう。

知り合いの家に訪問する場合


引用:果物職人 フルーツ・ソムリエ – eしずおか
知り合いの家に訪問する場合は、季節のフルーツお線香、お菓子、お茶菓子、ろうそく、花束、訪問先の故人の好きだった食べ物が理想的です。

遠方から訪問する場合はその地元の特産物を選んでみてもいいですね。
また他には絵柄の入ったろうそくが最近人気のお供え物になっており、贈答用として選ぶ人も増えており、お花は花束ではなく、フラワーアレンジメントを渡すことも多いようです。

お彼岸にお供えを頂いたお返しの場合


引用:株式会社 阪急阪神百貨店
お供えを頂いたお返しの場合は、お菓子お茶ミニタオルなどの回忌法要のお返しと同じような品物を選ぶことが一般的です。
回忌法要とは故人の一周忌や三周忌などの日本の仏教において定められた年に故人に対して営まれる法要のことです。

お返しに関しても遠方まで訪問する場合は、地元の特産品を選ぶのもいいですね。

掛け紙(のし)は何を選ぶべき?


引用:www.sogo-seibu.jp
掛け紙とは贈答品の上面あるいは前面に掛けられている紙のことで、贈答品の場合、贈る名目、贈り主を書き入れる為の奉書になります。
現在一般的にはのしが掛け紙に直接印刷されるようになったため、のし紙=掛け紙と認識している方も多いです。

掛け紙は上段の表書きが目的によって書き方が異なるため、困ってしまう人も多いようです。
そこで今回も先ほどと同じシチュエーションごとに掛け紙の書き方をご紹介します。

お寺にお布施として渡す場合

お寺にお布施としてお礼の品を渡すときは、無地の白い紙か*水引が紅白の蝶結び紙が基本になります。

表書きは「粗品」または「上」と書くのがいいですね。
住職にお布施として現金と一緒に渡すのであれば、掛紙は必要ありません。
(*水引:祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐のこと。)

知り合いの家に訪問する場合

知り合いの家に法要のお供え物を持って訪問する場合は、水引が黒白または双銀のものが基本です。

表書きは「御供」、*忌明け前であれば「御霊前」、忌明け後であれば「御仏前」の掛紙をつけてお供えするといいですね。
(*忌明け:忌服(故人の冥福を祈り、喪に服す)期間を終える日、または、その日を迎えたこと。)

お彼岸にお供えを頂いたお返しの場合

お彼岸にお供えを頂いたお返しの場合は、先ほどの知り合いの家に訪問する場合と同様に掛紙の水引が黒白または双銀が基本ですが、地域によっては黄白の*結び切りを選ぶようです。

掛け紙は「彼岸供養」「粗供養」「志」「粗品」などををつけるといいでしょう。
(*結び切り:水引きの結び方の種類。結び切り以外には蝶結びがある。)

おはぎとぼた餅の違いとは?


春彼岸、秋彼岸共にお彼岸の当日にはおはぎを食べることが習慣になっています。
この習慣は江戸時代にお彼岸や四十九日の忌明けに食べる風習が定着して現在に至っています。

しかし現代の日本ではおはぎとぼた餅の違いを分かっていない人が増えているようで、お彼岸におはぎを食べるのか、ぼた餅を食べるのか悩んでしまう人も多いようです。

そこで今回は意外と知られていないおはぎとぼた餅の違いを詳しく説明していきます。

違いは呼ばれ方だけ?

まーねーさん(@mane3447)がシェアした投稿


多くの方はおはぎとぼた餅は食べ物自体が異なると考えているそうですが、実はおはぎとぼた餅は基本的に同じで、違いは食べる時期だけで時期によって呼ばれ方が異なるだけなのです。

まずおはぎは漢字で書いた場合、「お萩」で萩の季節なので、秋のお彼岸の時期に食べるものです。
あずきの粒をその季節に咲く萩に見立てたもののようです。

一方ぼた餅は漢字で書いた場合、「牡丹餅」で牡丹の季節なので、春のお彼岸に時期に食べるものです。
あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたもののようです。

よって、春に食べるのがぼたもち、秋の食べるのがおはぎと呼ばれます。
しかし現在は年中おはぎで通すお店が圧倒的に多いようなので、そこまで神経質に考える必要はないですね。

おはぎとぼた餅を食べる理由

Makikoさん(@jolly1202)がシェアした投稿


先ほど江戸時代からおはぎとぼた餅を食べる習慣ができたことをお伝えしましたが、その理由はどんなものなのでしょうか。

それはあずきの赤色には、災難が身に降りかからないようにするおまじないの効果があると言われており、古くから邪気を払う食べ物としての信仰が、先祖の供養と結びついたからのようです。

また仏教では、お彼岸は彼の岸として悟りの境地を言い、苦しみに満ちている此岸と対になる言葉として使われています。
そのためお彼岸中は仏道修行に励むのが一般的だったようですが、日本では祖霊崇拝の慣習を合わさり、ぼたもちやおはぎを捧げて先祖を慰め、自分自身の功徳を積む習慣があったので、美味しく味わうことはなかったようです。

終わりに

いかがだったでしょうか?

お彼岸という言葉と時期は知っていた方が多いとは思いますが、お供え物や掛け紙は詳しく知らなかった方が多いのではないでしょうか。

冒頭でもお伝えした通り、お彼岸は先祖を敬い、供養する日です。
皆さんも家族でお墓参りや親戚の家に訪問してはいかがでしょうか。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?