WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

目のクマの原因は睡眠不足以外にある!病気の可能性や対策方法を紹介

目のクマに悩まされたことのある方は多いのではないでしょうか。

睡眠不足でできるイメージですが、しっかり寝ているのにクマができる経験をしたことある方もいると思います。
実はクマには種類があり、それぞれできる原因が違うのです。

ここでは目の下にできるクマの原因に改善方法、病気の可能性について紹介していきます。

目のクマの色は違う?種類は?

目の隈
目のクマの種類は1種類だけかと思いきや、人によって様々な色があることを知っていますか?

人の肌の色・肌の厚さ・色素の濃淡などで色の違いが生まれるのです。
またその日の体調によって見え方が変わったり、さまざまな色がミックスしたクマが見られたりすることもあります。

目のクマの基本の色は、大まかに以下の4種類に大別されます。

青クマ 血行不良で循環が悪い時にできるクマ
黒クマ 筋肉の衰えなどで目の下の皮膚がたるんでできるクマ
茶クマ 紫外線によってメラニン色素が沈着してできるクマ
赤クマ 血管のうっ血によって赤みを増したクマ

目のクマの原因を子供・女性・男性別に紹介

クマ
これらクマの原因は色別に異なり、症状の程度によっては病気などの疾患が関連している可能性もあります。
ここでは、子供・女性、男性別に生じやすいクマの種類と原因について説明します。

目の下のクマの原因【子供】

子供
子供の場合、良く寝かせているのに目の下のクマが気になる時がありますよね。
それは以下のような体質が影響していることが考えられます。

  • 貧血の体質で鉄分が不足している
  • アレルギー体質で目をひっかいている可能性がある
  • 目の周りの血行が悪くてクマができている
  • 映像を注視しすぎて目の渇きが目立っている

基本の4つのクマで考えると、種類はこちらの2つが多いと考えられます。

  • 貧血によって体の隅々まで血液が行き届かない時に起こる「青クマ」
  • 目をかいてしまうことでできる「赤クマ」

近年、子供もテレビやゲームなどの映像を注視することが増えました。
そのため、目の疲労で青クマができることも多いのです。

また子供は無意識に目をかいてしまっていることがあります。
眠い時などがそうですね。

その回数が多くなると赤クマができてしまうのです。

目の下のクマの原因【女性】

クマの原因
女性がなりやすい目の下のクマは、3種類あります。

女性の場合は月経の際に多くの血液を失うため、一時的に貧血状態となることも多いです。
出血量によっては鉄分不足のために、皮膚が青白くなり目の下にも青クマができることがあります。

また紫外線によるメラニン色素の沈着によって起こる「茶クマ」も、よくなるクマの1つです。

女性はいつまでも若々しくいたいという気持ちが、男性よりも強いです。
しかし人間ですから、年月には逆らえません。

加齢に伴い、目の下の筋肉が衰えると「黒クマ」ができやすくなります。

目の下のクマの原因【男性】

男性
男性は多くの人が外に出て働いています。
そのため、目の疲労によって「赤クマ」や「青クマ」ができる可能性が高い傾向にあります。

近年はどんな業種であっても電子化などで、パソコンの使用は不可欠になっています。
また、街にはさまざまな映像が流れており、スマホも幅広い年齢に普及してきています。

昔以上に目を駆使する作業が増えたことが、広義の原因として挙げられるでしょう。

また、美容に関心を持つ男性が昔以上に増えています。
なので、若い時に浴びた紫外線によって現れる「茶クマ」は、女性同様に気にする方が多いかもしれません。

目のクマが病気の可能性!?

病気になる
目の下にできたクマは、今までに説明してきた症状の場合は、自身のケアによっても改善できることが多いです。

しかしクマができることで、思わぬ病気のサインである可能性も考えられるのです。
次はクマの種類別に、どんな病気の危険性があるのかを解説していきます。

青クマは肝臓・腎臓の疾患のサイン

青クマは血行不良で起こるため、貧血・低血圧といった症状と関連性が高いです。
貧血は一時的なものも多いですが、日常的に貧血状態が続いている場合には特に注意する必要があります。

さらに、肝臓や腎臓の疾患を患い通常通りの機能を果たさない場合に、負担がかかって全身への血の流れが悪くなることもあります。

普段からアルコールを飲む習慣がある、尿に異状が見られる方は、長期間青クマができていないか気にしてみましょう。
もしできていたら、病院の受診を検討することをおすすめします。

黒クマはバセドウ病の可能性

筋肉の衰えなどで目の下がたるんでできるのが黒クマですが、眼球が突出する特徴のある「バセドウ病」の可能性も考えられます。

甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、甲状腺の腫れ・多汗・倦怠感・手指の震えなどの症状も見られます。
他に該当症状がないか確認しましょう。

茶クマはアレルギーや花粉症

アレルギー症状を引き起こす原因となる、花粉・ダニ・ほこりなどの物質が目の周りに付着することによって、炎症を起こして茶クマになることがあります。

具体的な病名で言えば、アレルギー性皮膚炎・花粉症などの症状を指します。
眼の周りの皮膚はとても敏感で、痒くてこするだけでもクマになってしまうことがあるので、優しく触るようにしましょう。

赤クマは血栓症の危険性

赤クマは血管のうっ血によって起こるため、うっ血したまま血栓ができてしまうことにより、血栓症となる可能性があります。

赤クマは他のクマとは異なり、初期症状で軽度のものがほとんどです。
しかしそのままの状態を続けていると、青クマ・黒クマでご紹介した疾患を発症することがあります

早めに対策を練る必要があるでしょう。

目のクマの対策方法

対策
目のクマができた場合に、自分で対策することはできるのでしょうか。
ここでは、自宅でもできる目のクマの対策・改善方法について説明します。

①新陳代謝を良くする生活習慣を心がける。

生活習慣
目のクマができる多くの場合では、体の血行が悪くなり体の隅々まで栄養を送れていないことが多いです。

以下のような、血行を良くする生活習慣を心がけると良いでしょう。

  • 適度な運動を習慣づける
  • 生姜のような体を温める食材を取り入れる
  • シャワーだけでなく湯船に浸かるようにする
  • ツボ押しやマッサージをして筋肉をほぐす

血行が悪くなることによってリンパが詰まり、老廃物の体外への排出でさえも影響が及ぶこともあります。
普段から運動量が少ない方、冷え症の方などは特に注意しましょう。

②化粧水による保湿・日焼け止めなどで肌を守る

スキンケア
メイクは普段からしっかりと洗顔によって落とし、化粧水・美容液などで保湿するように心がけましょう。
夏場に限らず、外出する際には日焼け止めを塗り、帽子や日傘を差すのも効果的です。

また大人になると、皮膚を再生する周期である「ターンオーバー」の周期が長くなる傾向にあります。

このため、子供の頃は怪我をしてもすぐに治ったはずなのに、大人になってからの肌荒れは酷くなったように感じがちなのです。
ターンオーバーの周期を早めることで、一度茶クマができてしまっても再生されて、一般的には綺麗な肌に戻ります。

ターンオーバーの周期を早めるためには、新陳代謝を良い状態に保つことが大切です。
新陳代謝を良くする生活習慣がいかに大切だということに、改めて気づかされますよね。

③目を休ませる時間を作る

目を休ませる
近年、スマホが普及することで、外出先やちょっとした調べものにも使用するようになりました。
その結果、液晶画面を注視する機会が増えています。

子供の遊びにもテレビゲームがあり、大人もパソコンの使用が多くの作業で必要な時代となりました。

そのため昔より長い時間、液晶を見るのが習慣となっている傾向にあります。

仕事などはしなければならないことなので仕方ありません。
しかしなるべくこまめに休憩を取って、マッサージやまばたきなどで目の緊張がほぐれるように工夫しましょう。

夜に十分の睡眠時間を確保することも大切です。

④むくみが起こりにくい食生活を心がける

食生活
むくみは適度な運動の他に、以下のような栄養素に工夫することで改善することができます。

  • 塩分の摂り過ぎに注意する
  • 冷たい水分を一気に大量に摂取することを避ける
  • アルコールの飲み過ぎに気を付ける
  • 塩分濃度を調節するカリウムを含む食材を取り入れる

カリウムは、ほうれん草・納豆・大豆・にんにく・モロヘイヤ・アボカドなどに豊富に含まれています。

むくみは脚に起こることが多いですが、顔がむくむこともあってクマに発展する可能性があります。
いつもより少しだけでも、食生活に気を遣うと効果的です。

目のクマをすぐに消すには?

メイク
目のクマができた原因にもよりますが、即効性のある方法だと、ファンデーションを塗って対策している方が多いようです。
しかし、根本的な問題解決にはならないため、まずは何が原因となっているのかの原因究明をすることが大切です。

そのほかに短時間で解決する可能性が高い方法には、以下のようなものがあります。

  • 目の周りをマッサージする
  • 20~30分の仮眠をとって目を休ませる
  • 体が温まる飲み物を飲む

こちらも根本的な解決ではありませんが、応急処置的に考えてもらえばと思います。

まとめ

「目にクマができた。寝不足かな」
私は以前、自分の目にクマができた時にはそう考えていました。

しかし、クマにもさまざまな種類・原因があることを知ってから、重篤な病気になる前に改善しておきたいと考えるようになりました。

無理をしてしまって一時的にできたものなら仕方ありませんが、長期的にクマが消えないということだったら早めの対処が大切です。

なぜなら、寝不足だけが原因ではなく、別の疾患の隠れたサインとして、目にクマが出ている可能性もあるからです。

この記事を読むことで、目のクマの種類について知り、自らの生活習慣を見直すきっかけとなれば幸いです。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!