WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

送別会の挨拶はなんていう?送る側・送られる側の例文をご紹介!幹事の挨拶も。

年度末にやってくる送別会の挨拶。

何を話していいのかさっぱりな方も多いのでは?

上司もいる手前、緊張してしまいます。

お酒の場なので、意外と砕けた話をしても大丈夫

送別会の流れや、挨拶の例文をご紹介します。

送別会の挨拶とは?

年度末になると増える「送別会」

退職や転職をする上司や部下・同僚に向けて送る激励の言葉が挨拶です。

送別会の挨拶を頼まれた経験がある方もいるのでは?

大きな部署になると、それなりに人も多く緊張するものです。

挨拶の内容は、感謝・人物像の紹介・思い出・激励の言葉を述べるといいです。

あまり、長くならないように注意しましょう。

1分間話す気持ちでOKです。

かしこまった挨拶は、みんな聞き飽きています。

堅苦しい挨拶よりは、送られる人の人物像や思い出がリアルに感じられるような挨拶が好印象。

また、送別会の幹事は進行も雰囲気づくりに大切な役割です。

流れや進行のコツもご紹介します。

送別会の幹事の挨拶

送別会の司会を行うのは幹事の役割。

送別会は、幹事の挨拶からはじまります。

どんなことを言えばいいのでしょう?

何よりその場を和ませ、盛り上げるのが幹事の仕事

幹事の挨拶は短くてOK

時間を気にして、進行に努めましょう。

幹事の挨拶の例をご紹介します。

幹事の挨拶「転職の例」

主役が転職する場合、転職先については本人に詳しく話してもらってOKです。

主役を応援するような簡単な紹介を入れましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①開会の宣言】

【②自分の自己紹介】

【③主役の簡単な紹介】

【④乾杯の挨拶のフリ】

 

例:「今日は皆さんお集まり頂いて、ありがとうございます。

これから◯◯さんの送別会を始めます。

本日、この会の幹事を務めさせていただきます◯◯です。

どうぞ宜しくお願い致します。

〇〇さんから次の職場のことは詳しく話されると思いますが、今の職場同様に活躍されることと思います。

健康には気を付けていただき、新しい職場で活躍されることをお祈りします。

それでは、乾杯の挨拶を〇〇部長よろしくお願いします。」

 

幹事の挨拶「寿退社の例」

主役が結婚をすることを紹介します。

会社での貢献と結婚後の激励を交えた簡単な紹介をしましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①開会の宣言】

【②自分の自己紹介】

【③主役の簡単な紹介】

【④乾杯の挨拶のフリ】

 

例:「今日は皆さんお集まり頂いて、ありがとうございます。

これから◯◯さんの送別会を始めます。

本日、この会の幹事を務めさせていただきます◯◯です。

どうぞ宜しくお願い致します。

〇〇さんは勤続〇年間、会社に貢献してくれました。

会社への功績も素晴らしく、皆が慕う存在でした。

ご結婚されても、家庭のために献身に尽くされることと思います。

幸せな家庭を築かれることをお祈りしています。

それでは、乾杯の挨拶を〇〇部長よろしくお願いします。」

 

幹事の挨拶「定年退職の例」

主役の勤続年数を紹介してあげましょう。

定年退職をお祝いする言葉と、会社への貢献を交えた簡単な紹介をしましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①開会の宣言】

【②自分の自己紹介】

【③主役の簡単な紹介】

【④乾杯の挨拶のフリ】

 

例:「今日は皆さんお集まり頂いて、ありがとうございます。

これから◯◯さんの送別会を始めます。

本日、この会の幹事を務めさせていただきます◯◯です。

どうぞ宜しくお願い致します。

〇〇さんは、勤続〇〇年間、会社に貢献されてきました。

このたびは、めでたく定年退職を迎えられました。

部下からも信頼が厚かった〇〇さんです。

本当にお疲れ様でした。

それでは、乾杯の挨拶を〇〇部長よろしくお願いします。」

送別会の流れ・司会進行

送別会の流れはどうしたらいいのでしょうか?

基本的な流れをご紹介します。

開会の挨拶 幹事が行う挨拶。
乾杯の挨拶 職場の一番地位の高い上司による乾杯。
歓談 しばしの歓談タイム。
送る側の挨拶 送る側からの挨拶。

※地位の高い順、年齢順に行います。

贈呈 花束やプレゼントの贈呈。
送られる人の挨拶 退職・転職する人の挨拶。
閉会の挨拶 二番目に地位の高い上司による挨拶。
締めの挨拶 幹事によるお開きの合図。

一本締めなど。

幹事の役割は、「仕切り」が重要です。

時間配分・タイミングを見て、その場を仕切りましょう。

締めの挨拶は、店退出時間の10分前までには終わらせます。

また、挨拶を頼む場合は必ず事前に連絡をしておきましょう。

その際、挨拶のおおまかな時間配分も伝えましょう。

一般的には一人3分に収めるのがベストです。

送別会の挨拶の順番は?

送別会で挨拶を行うのは、「送られる側」と「送る側」があります。

乾杯や閉会の挨拶を上司に頼むことも多いです。

送る側の挨拶は、上司や部下・同僚の誰でも構いません

2人程度に頼みましょう。

挨拶の順番は、地位の高い人からです。

同僚の場合は年齢順です。

最も親しかった人やチームが同じだった人など距離が近かった人に頼むのがベストでしょう。

送別会の挨拶【送る側】

基本的に、感謝の気持ちと今後のエールを贈る言葉になります。

お酒も入る席なので、あまり固すぎる言葉はNG

送られる人の人柄がよくわかるストーリーを混ぜるといいです。

思い出なども語ってOK

3分くらいでまとめましょう。

寿退社の例文

結婚をお祝いする言葉を述べます。

会社への貢献や、結婚後のエールも添えましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①祝福の言葉】

【②主役の人柄】

【③主役との思い出】

【④感謝・激励の言葉】

 

例:「〇〇さん、〇〇年間お疲れ様でした。

そして、ご結婚おめでとうございます。

女性が少ない部署にもかかわらず、男性よりもメンタルが強い〇〇さんには毎回驚かされていました。

毎朝のように、寝癖を叱られていたのは懐かしい思い出です。

仕事の細やかさと、取引先への気配りは、〇〇さんしかできないことです。

退職されるのは、社員一同名残惜しいです。

料理上手な〇〇さんは、きっと幸せな家庭を築くことと思います。

本当にありがとうございました。

お元気でいてください。」

定年退職の例文

勤続年数が長いので、過去の話をすると喜んでもらえます。

会社への貢献を多めに話してあげましょう

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①祝福の言葉】

【②主役との思い出】

【③主役の人柄】

【④感謝・激励の言葉】

 

例:「〇〇さん、定年退職おめでとうございます。

〇〇さんには、私が新入社員のころから社会人のいろはをとても厳しく教えていただきました。

入社当時は、実は名前を呼ばれるたびにびくびくしていました。

本当はお酒が入ると嬉しそうに娘さんの話をされる優しい方だと私は知っています。

私にとっては、恐れ多いほどに尊敬している上司です。

有言実行という言葉がここまで似合う方は今まで見たことがありません。

まだまだ教わりたいことがあるので〇〇さんとの別れは名残惜しいです。

定年されても、〇〇さんのバイタリティで趣味の山登りに挑戦されるとお聞きしました。

どうか、お元気でいらしてください。

本当に〇〇年間お世話になりました。ありがとうございました。」

転職の例文

転職する側は、多少なりとも気まずい気持ちがあるものです。

気持ちよく送り出してあげる言葉を述べましょう

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①祝福の言葉】

【②主役の人柄】

【③主役との思い出】

【④感謝・激励の言葉】

 

例:「〇〇さん、〇〇年間お疲れ様です。

〇〇さんとは、同期で入社しました。

性格は真逆で、スタートダッシュが遅い私は置いて行かれてばかりでした。

営業成績はいつもトップ、顔はイケメン、話はうまい。

非の打ちどころがない〇〇さんにジェラシーばかり抱いていました。

私がA社の契約を流してしまったとき、朝まで親身に話を聞いてくれたのは〇〇さんでした。

本当に情に熱い男です。

一番のライバルである〇〇さんが転職されるのは、寂しいです。

次の職場でも、トップの地位を勝ち取るでしょう。

活躍を楽しみにしています。

〇〇さん、お疲れ様です。本当にありがとうございました。」

送別会の挨拶【送られる側】

主役である、送られる側の挨拶です。

少し長めの5分程度話してOKです。

感謝の気持ちと、会社でのエピソードを交えながら話しましょう

寿退社の例文

プライベートな話は会社ではあまりしないと思うので、結婚生活の話も簡単にしましょう

会社での思い出と感謝の気持ちを言葉にしましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①会社での思い出】

【②退職後について】

【③感謝の言葉】

 

例:「この会社では、〇〇年間務めさせていただきました。

男性社員が多く、入社当時はこの先やっていけるか不安ばかりでした。

しかし、部長や同僚にいつも助けられ、営業統括を任せていただけるまでになりました。

しっかり者と思われていますが、入社当時はよく隠れてトイレで泣いていたものです。

関東部門1位の成績を出せたのは、周りの環境に恵まれたからです。

結婚をして、北海道に住むことになりました。

営業で培ったトークで新しい土地でもやっていけそうです。

大変名残惜しいです。〇〇年間大変お世話になりました。

ありがとうございました。」

定年退職の例文

定年後の計画を話してあげましょう

心細くなる社員に向けて激励の言葉を添えましょう。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①退職後について】

【②会社での思い出】

【③感謝の言葉】

 

例:「本日は、このような会を開いていただきありがとうございます。

〇〇日をもちまして、定年退職することになりました。

退職後は、趣味の登山に挑戦していく予定です。

この会社で〇〇年間みんなと一緒に汗水をたらし、働けたことを誇りに思います。

私は、顔が怖いこともあって、新入社員にはよく怖がられていました。

けれど、半年たったころからようやく私の親父ギャグにも笑ってくれるようになります。

部下は、優秀な人材ばかりでした。

〇〇君や〇〇さんの頼もしいリーダーと共に、今後も会社の利益に貢献していってください。

ますますの発展を心よりお祈りしています。

ありがとうございました。」

転職の例文

転職先についても話しましょう。

会社で何を学んだかも述べると残される社員も嬉しくなります。

抑えておきたい流れ

こちらを文章に入れましょう。

【①転職先について】

【②会社での思い出】

【③感謝の言葉】

 

例:「〇月から、〇〇会社に転職することになりました。

この会社では〇〇年間大変お世話になりました。

情熱の溢れる同僚に恵まれ、営業の全てを叩き込ませてもらいました。

昨年のチームで勝ち取った〇〇商事の契約は、僕の自信となっています。

冗談好きが多く、いつも笑いが絶えない職場が大好きでした。

ここを離れるのが名残惜しいです。

ますますの活躍をかげながら応援しています。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。」

まとめ

送別会で挨拶を任せれている方、いかがでしたか?

人前で話すのは緊張するものです。

事前に考えておきましょう。

慣れない方は、何度か練習しておくことをおすすめします

送別会の成功を祈っています。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?