WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

その洗濯方法合ってる?おしゃれ着の洗い方は手洗いorドライコース

洗濯機で普通にじゃぶじゃぶ洗えない『おしゃれ着』

ウールのセーターやシルクのブラウス、素材がシルクのものなど・・1着は持っているのでは?

「自己流で洗って型くずれしたから、それ以降はクリーニングで…」

なんて方もいるかもしれないですね。

面倒だと思っているから自己流で行う方もいるのだと思いますが、意外とそうでもないんですよ〜!

基本をマスターしてお気に入りの服を長く着ちゃいましょう♪


洗ってOKのマークはどれ!?

まずは洗濯する前に、洗えるかどうかをチェックしましょう。

ほぼ全ての洋服には、内側に『洗濯表示マーク』を呼ばれる取り扱い絵表示がついています。

こちらを見て、洗えるかの判断をしていきますよ。

洗濯表示マーク

1度は見たことあるのでは?
このマークは大きく分けて、このようになっています。

  • 洗濯の仕方
  • 塩素漂白の可否
  • しぼり方
  • 乾燥方法
  • 干し方
  • ドライクリーニングの仕方

おしゃれ着は、手洗いマークやドライクリーニングのことが多いですね。

・手洗いマーク
手洗いマーク

・ドライクリーニング
ドライクリーニング
『P』はパークロロエチレンなどの溶剤、『F』は石油系溶剤を使用できます。

・ウェットクリーニング
ウェットクリーニング

こちらは家で洗うと色落ちなどがしやすい服に表示されています。

お家で洗うのは止めておくのが無難です!

ちなみに・・
おしゃれ着を洗うのでしたら、『おしゃれ着用の中性洗剤』を使いましょう。
中性洗剤

専用洗剤が出ているのには、意味があります。

「わざわざ買うのもなぁ」なんて思わずに、洋服のためを思ってきちんと使ってくださいね。

おしゃれ着と言ったら、『手洗い』!

手洗い
では、実際の洗い方について見ていきます。

手洗い方法はいくつかやり方があるのを知ってました?

素材に合わせて変えてみてくださいね^^

まずは場所の確保

場所の確保
手洗いができる場所・空間を確保しましょう。

そして道具の準備です。
洗い桶やバケツを用意してください。

ぬるま湯か水を張っておくのも忘れずに。

できたら、お洗濯スタート!

汚れがひどい時は部分洗を

汚れがひどい
袖口や襟は、汚れがひどいことが多いですよね。

その部分は先に汚れを落としてしまいましょう。

洗濯液を入れた洗い桶の中で、汚れている部分だけをもむようにして洗います。

部分洗い用に洗濯ブラシがあってもいいですね。

また、こんなシミの落とし方も◎
超音波洗浄機代わりに電動歯ブラシ使用で簡単シミ抜き!
普段使っているアレでシミがびっくりするくらいキレイになりますよ。

洋服の形を整える

洗いやすいように形を整えるもの重要です。

ファスナーやボタンは全部閉じて、リボンなど外せるものは外すことも忘れずに!

ここまでできたら・・
いざ、手洗い!!

1,基本の『押し洗い』

手洗いの基本テクニックは、押し洗いです。

洋服を優しく手で押しながら汚れを落としていきます。

セーターやパンツなど、かさばる洋服向けですね。

  1. 洗い桶に洗濯液を入れ、汚れた部分が外側になるように洋服をたたんで入れます。
  2. 20〜30回ぐらい洋服を手のひらで押したり、持ち上げたりして優しく洗います。
  3. たたんだまま、洗濯機で30秒ほど脱水します。
  4. 今度は桶に水を張り、2と同じ要領ですすぎます。
  5. 水を変えてもう1度すすぎを。
  6. 最後に脱水を洗濯機で30秒ほどして、完了です。


2,薄手の洋服向けの『振り洗い』

ブラウスやスカーフなどの薄手アイテムは、しわになりやすいです。

そのためたたんで洗う『押し洗い』は向いてません。

そんな時には、振り洗いです!

洗濯液の中で、洋服の中心部分を軽くつかんで、上下左右に振るように洗います。

  1. 洗い桶に洗濯液を入れ、ひたした衣類の両端をつまんで、素早く洗濯液の中で振るように洗います。
  2. すすぎは、1と同じ要領ですすぎ水を変えて2回行ないます。
  3. 最後に脱水を洗濯機で30秒ほどして、完了です。


3,デリケートな洋服は『つけこみ洗い』

手洗いの中で1番型が崩れず、デリケートな洗い方です。

型が崩れないようにたたんで、洗濯液につけこむのがつけこみ洗い。

途中で動かしたりしないで、ゆっくり汚れを浮かす方法です。

他の手洗いよりも時間はかかりますが、型崩れしやすい洋服や型を崩したくない時におすすめ!

  1. 洗い桶に洗濯液を入れ、汚れた部分が外側になるよう型が崩れないようにたたんで入れます。
  2. 15分ぐらい置きます。
  3. たたんだまま、洗濯機で15〜30秒ぐらい軽く脱水します。
  4. 洗い桶にきれいな水をいれ、静かに沈めて1分ぐらい置きます。
  5. 洗濯機で軽く脱水し、もう1度水に沈めます。
  6. 最後に脱水を洗濯機で30秒ほどして、完了です。

手洗いのプラスのワンポイント

ちょっとしたポイントをおさえるだけで、仕上がりが変わります。

面倒くさがらずに行なっていきましょう^^

おしゃれ着はいつまでもキレイに着たいですしね♪
ポイント

  1. 洗い始める前に少し水や洗剤を付けてみて、色落ちしないかをチェック
  2. 洗濯液を作る時の洗剤は、きちんと量を計ること。
  3. 粉末洗剤を使う時は、まずお湯に溶かしてから作業していくとダマにならずにキレイに洗えます。

  4. 型崩れが気になる時は、洗濯ネットを使うこと。
  5. 洗濯機で脱水するときに、洗濯ネットを活用すると傷みを防止できますよ。

  6. デリケートなものは、タオル脱水を。
  7. 脱水は基本、洗濯機で15〜30秒です。
    しかし、デリケートな洋服の場合は、バスタオルの上に洋服を置き、くるくると巻いて上から優しく押して水分を取り除くようにしましょう。

最初は面倒かもしれませんが、慣れてしまえばそんなこともないですよ。

クリーニング代の節約にもなるので、おすすめです!

まずは挑戦してみてくださいね〜♪

洗濯機の『ドライコース』でおしゃれ着洗い

洗濯機
手洗いはやっぱりいつもはできない…

そんな方は、文明の機器『洗濯機』を頼りましょう。

最近は、いろいろな機能がついているんですよ。

おしゃれ着に適しているのは、ドライコース・手洗い・おうちクリーニング・ソフトコース・おしゃれ着洗いコース、など。

こちらは機能が違うというよりも、メーカーによって名前が違うので、自分の洗濯機では何というのかはメーカーのサイトで確認してみてくださいね。

洗濯機に入れる前にチェック!

洗濯機が洗う場合は、洋服を入れてスイッチオン!です。

なので、きちんと汚れを落とすために洗濯機に入れる前にチェックするべきポイントがあります。
ポイント

  1. シミや汚れがないか。
  2. 洋服にシミや汚れがある場合は、前もって洗剤をつけて指で優しくなじませるようにしておくと、きれいに落ちやすいです。

  3. 型崩れはしやすい洋服か
  4. おしゃれ着の中にも型崩れしやすい洋服としにくい洋服がありますよね。型崩れを防ぎたい時は、洗濯ネットの出番です!

    繊維の傷みや縮みを防いでくれるんですよ。
    *洗濯ネットを使う時は、ファスナーやボタンは全部閉じ、汚れは外側にしておくと汚れが落ちやすいです。

ちなみに・・
洗濯ネットを使った干す&畳む時間の短縮方法もあるので気になる人はチェック。
少しの手間で干す畳む時に時短を

洗濯するときはお湯を使う?

どっちがいいの?
よく洗濯する時の水の温度は温かい方がいい。

そんなことを聞いたことがある人もいるのでは?

しかし・・・
これ実は逆効果なんです!!

汚れが落ちないわけではないですが、水温が高いと衣服は縮みやすくなってしまうんですよ。

なのでおしゃれ着洗いにはNGです!必ず30℃以下の水を使ってくださいね。

ここまで確認ができたら、洋服を入れて、洗剤をいれて、スイッチオン!ですよ^^

通常コースとはここが違う!

なんでおしゃれ着洗いには、違う洗濯モードがいいかというと・・

洗い方もすすぎも脱水も全てが違うんです。

通常コースは、洗濯槽が強く動いて洗い、たっぷりの水ですすいで、しっかり脱水するもの。

痛みや縮みの原因は、洗う力や水流、脱水などです。

なので、ドライコースなどのおしゃれ着用のモードは、それらの原因となる力が弱くなるよう自動で設定されています。

洗濯する時は、洗剤を泡立て洋服を泡で包み込むように洗います。

すすぎは、遠心力を使い優しい水量ですすぎ、脱水は洋服が絡み合わないようにほぐしながら行うのです。

普通の洗濯では、洗剤だけでなく水の力や遠心力で汚れを落としています。

しかし、おしゃれ着モードは洗剤を泡状にすることで汚れを落としやすくして洗っています。

なので、優しく洗濯させるので痛みにくいようですね。

汗や水溶性のシミは落ちやすいので、何か極端な汚れでなければクリーニングではなく、お家での洗濯で十分です。

おしゃれ着は、洗濯コースの変更を忘れずに行なって洗いましょう!

おしゃれ着の干し方

干し方
風通しのいい、日陰を選んで干すのがポイントです!

フリルやタックの部分は、指で軽く引っ張り形をピンと整えてから干してくださいね。

また洗濯機で洗う場合、普通の洗濯よりもおしゃれ着モードは脱水時間が短く設定されています。

なので、洗濯が終わったらなるべく早く取り出して干しましょう。

乾く前に形を整えないと、型崩れやシワの原因になっちゃいます。

型を崩さない、早く干すのを心がけましょう。

ドライクリーニングとの違い

ドライクリーニンとの違い。これは気になる人も多いのでは??

1番の違いは、汚れを落とすために使っているものです。

ドライクリーニングでは、有機溶剤を使っています。

なので、皮脂や調味料、メイクなどの油汚れに強いので、そういう汚れにはおすすめ。

繊維の型崩れも防げるものですが、実は!汗などの水溶性の汚れには不向きって知っていましたか?
びっくり

そのため、汗を落とすためにクリーニングに出すとプラスで料金が発生することも…。

水溶性の汚れだったら、手洗いやドライコースなどのおしゃれ着洗いのほうがいいですね〜!

しかし、どうしてもお家で洗えない洋服があるのも事実。

  • 水につけるだけで色が落ちてしまう。
  • レザーのアイテム
  • 特殊なプリーツ加工 などなど・・


これらはどんなに丁寧に洗っても、洗う前の状態を維持するのが難しいです。

こういう洋服は、クリーニングに出してプロに頼りましょう!

お気に入りの服は自分で洗ってみよう

やってみよう
いかがでしたか?

お気に入りの洋服ほど、自分で洗っていなかった人も多いと思います。

しかしポイントをおさえれば、そこまで難しくなくお家でも洗えちゃうものなのです。

クリーニング屋さんはプロなので、そのポイントをしっかりおさえて洗濯してくれるってわけですね。

高い洋服やキレイに洗える自信がないものは無理に自分で洗う必要はないので、そこはプロを頼りましょう。

持っている服を何で洗うか、分類分けしておくと悩まずできるのでいいですよ。

お気に入りの服をできるだけ長く楽しみましょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!