WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

【全仏オープン2018】ラファエル・ナダル選手の日程・速報・結果

ついに2018年5月27日から全仏オープンがはじまります。

全仏オープンは4大大会・グランドスラムと呼ばれ世界中のテニスファンが注目する大会の1つです。

世界ランキング1位、クレーキングと呼ばれるラファエル・ナダル選手の全仏オープンの試合日程や、試合速報、結果などを特集します。

全仏オープン2018・ラファエル・ナダル選手の試合日程

全仏オープン 2018 ラファエル・ナダル引用:sportiva

名前 ラファエル・ナダル
世界ランキング 1位(最高1位)


ナダル選手の1試合目の相手はアレクサンドル・ドルゴポロフ選手に決定しました。
2回戦の相手はジョアン・ソウザ選手とギド・ページャ選手の試合の勝者になります。

アレクサンドル・ドルゴポロフ選手はウクライナのテニス選手で現在のランキングは54位です。
ウクライナのテニス選手としてはトップクラスの実力・実績で、自己最高ランキングはシングルス13位を記録しています。

ただ今季は試合数自体少なく、ランキングも落ちていることから順当に進めば間違いなくナダル選手が勝つでしょう。
どれだけナダル選手相手に食らいつけるか、試合が楽しみですね。

ラファエル・ナダル選手が出場する男子シングルスのスケジュールは以下の通りです。

大会スケジュール(時間は日本時間)

5月
27日 男子シングルス1回戦 18:00〜
28日
29日
30日 男子シングルス2回戦 18:00〜
31日
6月
1日 男子シングルス3回戦 18:00〜
2日
3日 男子シングルス4回戦 18:00〜
4日
5日 男子シングルス準々決勝 21:00〜
6日
8日 男子シングルス準決勝 20:00〜
10日 男子シングルス決勝 19:00〜

ラファエル・ナダル選手が出場する日程は5月25日以降に随時更新します。

全仏オープン2018・ラファエル・ナダル選手の試合速報・試合結果

全仏オープン 2018 ラファエル・ナダル引用:reuters

全仏オープンの本戦は2018年5月27日から始まります。
ナダル選手の試合が始まり次第、速報や試合結果を更新していきます。

試合によってはリアルタイムの更新になるため、下の更新ボタンを押して最新の情報をご覧ください。

試合結果・試合速報



男子シングルス1回戦
ナダル 6 6 0
ドルゴポロフ 4 3 3
男子シングルス2回戦
ナダル
未定



1回戦 2回戦
ラファエル・ナダル
アレクサンドル・ドルゴポロフ 未定
ジョアン・ソウザ 未定
ギド・ページャ

※2018/05/24最新
ナダル選手が全仏オープン会場のスタッド・ローラン・ギャロス入りし、事前練習を行なったことを公式Twitterが報じました。
前回チャンピオン、過去10回の優勝経験を誇るナダル選手の練習とあった注目度も高いようです。

ラファエル・ナダル選手・過去全仏オープンの成績

ラファエル・ナダル選手は過去にも全仏オープンに参加し、最多優勝を記録しています。
初出場の2005年以降の全仏オープンの成績は以下の通りです。

結果 備考
2005 優勝 1回戦:L・ブルクスミュラーにストレート勝ち
2回戦:X・マリス選手にストレート勝ち
3回戦:R・ガスケ選手にストレート勝ち
4回戦:S・グロジャン選手に2セット目を奪われるも勝利
準々決勝:ダビド・フェレール選手にストレート勝ち
準決勝:ロジャー・フェデラー選手に2セット目を奪われるも勝利
決勝:マリアノ・プエルタ選手に勝利
(全仏オープン初出場にして初優勝。19歳2日での達成)
2006 優勝 1回戦:R・セーデリング選手にストレート勝ち
2回戦:K・キム選手にストレート勝ち
3回戦:P-H・マチュー選手に1セット目を奪われるも勝利
4回戦:L・ヒューイット選手に勝利
準々決勝:ノバク・ジョコビッチ選手に試合途中の棄権により勝利
準決勝:イワン・リュビチッチ選手にストレート勝ち
決勝:ロジャー・フェデラー選手に1セット目を奪われるも勝利
(この大会でナダル選手が優勝し2連覇、フェデラー選手の4大会連続優勝を阻止した)
2007 優勝 1回戦:JM・デル・ポトロ選手にストレート勝ち
2回戦:F・チポーラ選手にストレート勝ち
3回戦:A・モンタニェス選手にストレート勝ち
4回戦:L・ヒューイット選手にストレート勝ち
準々決勝:トミー・ロブレド選手に2セット目を奪われるも勝利
準決勝:ニコライ・ダビデンコ選手にストレート勝ち
決勝:ロジャー・フェデラー選手に勝利
(2年連続のフェデラー選手との決勝、3連覇達成)
2008 優勝 1回戦:T・ベルッチ選手にストレート勝ち
2回戦:N・ドビルデ選手にストレート勝ち
3回戦:J・ニエミネン選手にストレート勝ち
4回戦:F・ベルダスコ選手にストレート勝ち
準々決勝:ニコラス・アルマグロ選手にストレート勝ち
準決勝:ノバク・ジョコビッチ選手にストレート勝ち
決勝:ロジャー・フェデラー選手にストレート勝ち
(全仏4連覇。3年連続フェデラー選手との決勝。1セットも落とさずストレートで全仏オープン優勝)
2009 4回戦敗退 1回戦:M・ダニエル選手にストレート勝ち
2回戦:T・ガバシュビリ選手にストレート勝ち
3回戦:L・ヒューイット選手にストレート勝ち
4回戦:R・セーデリング選手に敗退
(ナダル選手の全仏オープン初の敗北。両膝を痛めていた。この年にフェデラー選手が優勝)
2010 優勝 1回戦:G・ミナ選手にストレート勝ち
2回戦:H・ゼバロス選手にストレート勝ち
3回戦:L・ヒューイット選手にストレート勝ち
4回戦:T・ベルッチ選手にストレート勝ち
準々決勝:ニコラス・アルマグロ選手にストレート勝ち
準決勝:ユルゲン・メルツァー選手にストレート勝ち
決勝:ロビン・セーデリング選手にストレート勝ち
(2年ぶり5度目の優勝。また、2度目の全試合ストレート勝ち)
2011 優勝 1回戦:J・イスナー選手にフルセットまで持ち込まれるも勝利
2回戦:P・アンドゥハル選手にストレート勝ち
3回戦:A・ベイッチ選手にストレート勝ち
4回戦:I・リュビチッチ選手にストレート勝ち
準々決勝:ロビン・セーデリング選手にストレート勝ち
準決勝:アンディ・マレー選手にストレート勝ち
決勝:ロジャー・フェデラー選手に勝利
(フェデラー選手と全仏の決勝4度目の対決。結果はナダル選手の6度目の優勝)
2012 優勝 1回戦:S・ボレッリ選手にストレート勝ち
2回戦:D・イストミン選手にストレート勝ち
3回戦:E・シュワンク選手にストレート勝ち
4回戦:J・モナコ選手にストレート勝ち
準々決勝:ニコラス・アルマグロ選手にストレート勝ち
準決勝:ダビド・フェレール選手にストレート勝ち
決勝:ノバク・ジョコビッチ選手に勝利
(全仏オープン7度目の優勝。ジョコビッチ選手のグランドスラム4大会連続優勝を阻止する)
2013 優勝 1回戦:D・ブランズ選手に勝利
2回戦:M・クリザン選手に1セット目を奪われるも勝利
3回戦:F・フォニーニ選手にストレート勝ち
4回戦:錦織圭選手にストレート勝ち
準々決勝:スタン・ワウリンカ選手にストレート勝ち
準決勝:ノバク・ジョコビッチ選手に勝利
決勝:ダビド・フェレール選手にストレート勝ち
(ダビド・フェレール選手とのスペイン人同士の決勝。8度目の全仏オープン優勝。グランドスラム1大会を8度優勝は史上初。)
2014 優勝 1回戦:R・ジネプリ選手にストレート勝ち
2回戦:D・ティーム選手にストレート勝ち
3回戦:L・マイエル選手にストレート勝ち
4回戦:D・ラヨビッチ選手にストレート勝ち
準々決勝:ダビド・フェレール選手に勝利
準決勝:アンディ・マレー選手にストレート勝ち
決勝:ノバク・ジョコビッチ選手に勝利
(全仏オープン9度目の優勝。大会5連覇の最多記録)
2015 ベスト8 1回戦:Q・アリス選手にストレート勝ち
2回戦:N・アルマグロ選手にストレート勝ち
3回戦:A・クズネツォフ選手にストレート勝ち
4回戦:J・ソック選手に勝利
準々決勝:ノバク・ジョコビッチ選手に敗退
(全仏5連覇中も準々決勝で敗北。2009年以来、全仏オープンで2度目の敗退)
2016 3回戦敗退 1回戦:S・グロス選手にストレート勝ち
2回戦:F・バグニスにストレート勝ち
3回戦:M・グラノリェルスとの試合は左手首の怪我のため棄権
(全仏オープンで2年連続で優勝しなかったのは史上初。怪我により芝シーズンも離脱)
2017 優勝 1回戦:B・ペール選手にストレート勝ち
2回戦:R・ハーセ選手にストレート勝ち
3回戦:N・バシラシビリ選手にストレート勝ち
4回戦:R・バウティスタ・アグート選手にストレート勝ち
準々決勝:パブロ・カレーニョ・ブスタ選手の棄権で勝利
準決勝:ドミニク・ティエム選手にストレート勝ち
決勝:スタン・ワウリンカ選手にストレート勝ち
(全仏オープン10度目の優勝。過去2年敗退したものの復活を果たす)

ラファエル・ナダル選手は過去に13回全仏オープンに出場し、10回優勝しています。
まさに「クレーキング」に相応しい実績ですね。

初優勝の2005年から10年以上経った今でも依然としてNo.1の優勝候補です。
一時は落ち込んでいた世界ランキングも2018年全仏オープンを前にして1位に復帰しました。

ナダル選手が全仏前のイタリア国際で優勝!

全仏オープン前に開催されたイタリア国際でラファエル・ナダル選手が優勝しました。
全仏オープンと同じクレーコートの大会とあって、イタリア国際でも8度目となる優勝でした。

「将来の世界ランキング1位」と期待される若手、アレクサンダー・ズベレフ選手との決勝を制し、全仏オープンに向けて調子を上げています。

しかし、ナダル選手はインタビューで
「パリ(全仏オープン)のコンディションは全く別物。この大会の結果がパリでの結果に大きな影響は及ぼさない」
と語っています。

2018年の今大会も優勝が期待されるナダル選手に注目です。

全仏オープン2018・ラファエル・ナダル選手の日程・速報・結果まとめ

いかがでしたか?
ナダル選手の試合日程や速報を見ながら応援し、全仏オープンを楽しみましょう。

全仏オープンについて詳しく解説した記事はコチラです。

ナダル選手を含む出場選手のプロフィールや速報を解説した記事はコチラです。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!