WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

香典に包むのは旧札!新札がダメな理由と折り方をご紹介

お葬式やお通夜で渡す「香典

書き方や金額にルールがあるのをご存知ですか?

一般的に、香典に新札は使用できません

新札が使用できない理由」や香典の「書き方」「相場」「渡し方」をご紹介します。

香典とは?

香典とはお通夜・お葬式・告別式や法事に出席する際に持参するお金のことです。

故人の霊前に供える金品、お香や花の代わりとしたものです。

遺族は急な不幸で出費がかさむため、助け合いの意味も込められています。

 

香典袋という専用の袋にお金を包みます。

香典袋には、墨で御霊前などの「表書き

内袋」には金額・住所・名前を書きます。

地域や宗教によって書き方が異なるので、確認をしなければなりません。

 

包む金額は、家族・会社関係・友人・隣人など故人との関係性によって変わります。

一般的に、偶数は割り切れることからタブーとされています。

切れる=故人とこの世の関係が切れる”と連想されるからです。

3000円、5000円、10000円、30000円といった金額を包みます。

また、新札を包むのもタブーです。

香典のルールやマナーをご紹介します。

香典に包むお札は新札?旧札?

香典に包むお金は「旧札」です。

新札のまま包むことは避けましょう。

不謹慎・常識知らず・無礼者と思われてしまう可能性があります。

社会人として当たり前の常識なので知っておきましょう。

 

ただし、いくら旧札といっても破れたお札・ボロボロのお札は失礼に当たります。

あまりにも汚れた古いお札は控えましょう。

また、新札でも折り目をつけると使用することができるので急な対応にもOKです。

折り目の付け方も後程ご紹介します。

法事の場合は?

法事の香典は新札でも構いません

葬儀の香典は旧札を使用します。

法事は事前に予定が分かっています。

ですので、新札でも問題ないとされています。

一方で、「弔事の行事は旧札だけ」と思っている方もいます。

新札を一回程度折ってから包むのが無難な方法といえます。

香典に新札を使ってはダメな理由

香典に新札を包むのはマナー違反です。

理由は2つ。

  • 新たな死を招かないように
  • 死を予想して準備してたと思われないように

「急な葬儀のために新札を用意してたのか?」と遺族が思わないための配慮と言われます。

香典には旧札を使用しましょう。

一方で、結婚式の祝儀は新札を包むのがマナーなので覚えておきましょう。

香典のお札が新札しかないとき【折り方・折り目】

通常は、香典には旧札を使用します。

どうしても新札しかない場合。

お札を一度半分に折って使用しましょう

折り方は、縦・横どちらに折っても構いません

香典の書き方・相場・渡し方は?

香典の書き方や渡し方など決まりがあります。

それぞれ宗教や宗派によって異なります

知らずに準備した場合、恥をかくことになります。

しっかりと押さえておきましょう。

香典の書き方

引用:http://watashino.yamazakura.jp

香典袋には、「表書き」と「内袋(中袋)」の2カ所に記入をします。

毛筆や筆ペンを使用します

ボールペンや鉛筆は避けましょう。

故人の宗教が分からない場合は、自分が新興している宗教で構いません。

お札を裏にし、顔を下向きにし入れます。

表書きの書き方

香典袋の表に書く内容です。

こちらの2項目を記入します。

①水引きの中の言葉(例:御霊前)

水引きとは、香典袋を結ぶ紐のことです。

水引きの中に書きます。

内容は、宗教によって変わります。

②自分のフルネーム

自分の名前は、①よりも少し小さい字で記入します。

肩書がある場合は、名前の右肩にさらに小さめに書きます。

 

葬儀で一番多く使用されるのが、「御霊前(ごれいぜん)」です。

ほとんどの宗教に使用できます。

ただし、浄土真宗では使用できません。

故人の宗教が分からない場合など迷ったら「御香典」で問題ありません。

水引きの中に記入してください。

 

こちらの表書きの使用例を参考にしてみてください。

表書き 使用場所 宗教
御霊前(ごれいぜん) 通夜/葬儀/告別式 ほとんどの仏教宗派で使用可

※浄土真宗では「御仏前」を使う

御香典(ごこうでん)

御香料(ごこうりょう

通夜/葬儀/告別式/法要 すべての仏教宗派で使用可
御仏前(ごぶつぜん) 通夜/葬儀/告別式/法要 すべての仏教宗派で使用可
御玉串料(おんたまぐしりょう)

御榊料(おんさかきりょう)

御神饌料(ごしんせんりょう)

御神前料(ごしんせんりょう)

御霊前(ごれいぜん)

通夜/葬儀/法要などすべて共通 神式
お花料(おはなりょう) 通夜/葬儀/法要などすべて共通 キリスト教/無宗教

内袋(中袋)の書き方

引用:http://www.hanakou-saiten.jp

香典袋の中に入れる「内袋」(中袋、中包みともいう)というものです。

直接お金を包む袋です。

少額の場合、内袋がない場合もあります。

自分の住所・名前・金額を書きます。

内袋には、以下の項目を記入してください。

①表:金額

数字は漢字で書きます

壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)と記入しても可。

内袋の裏に記入する欄がある場合は、裏に書きましょう。

5000円の場合は、「金五千円」または「金五阡円」と書きます。

②裏:住所、名前

裏には、左下に自分の住所と名前をフルネームで記入します。

名前は大きめに書きます。

香典の相場・金額

故人との関係性によって金額は変わります

「死」「苦しむ」を連想させる4と9は避けます

また、香典の金額は奇数の額を入れます。

理由は、偶数は割り切れることから故人と縁が切れると連想されるからです。

 

故人との関係と金額の相場はこちらを参考にしてください。

故人との関係 金額
祖父母 1~5万円
両親 3~10万円
兄弟 3~10万円
叔父・叔母 1~3万円
親戚 3千~3万円
友人・知人 5千~1万円
上司・社員 5千~2万円
恩師 3千~1万円
隣近所 3千~1万円

自分の年齢が20代なのか50代なのか年齢によっても相場は変わってきます

年齢が上がるにつれて、香典の金額も上がると言われています。

法事の場合は、1~5万円が相場です。

香典の渡し方

香典の渡し方にもルールがあります。

マナー違反にならないように気を付けましょう。

ふくさに包む

引用:http://www.funeral.co.jp

弔事用の包み布・袋です。

香典は裸では持ち歩きません

黒、緑、灰色、紫など、地味な色のものを用意します。

お悔やみの言葉をそえる

香典を渡すときは、お悔やみの言葉を添えます

こちらの例を参考にしてください。

 

例:

このたびは、ご愁傷なことでございました。どうぞご霊前にお供え下さい。」

このたびは、誠にご愁傷様でございました。」

このたびは、お気の毒様でございました。」

 

最近は、会釈のみで無言で香典を渡し方もいます。

しかし、お悔やみの気持ちを言葉で表すことが大事です。

まとめ

香典のマナーはマスターしましたか?

香典は旧札を使い、相場にあった奇数の金額を包みましょう。

書き方・渡し方も参考にしてみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?