WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

五山送り火2018の日程や穴場スポットまとめ。灯籠流しの場所も紹介

夏の京都の風物詩と言えば、祇園祭と並んで有名なのが山に点火される「大文字」。

五山送り火と呼ばれています。
「大文字」が有名ですが、他にも「左大文字」「妙法」「船形」「鳥居形」の全部で5つの送り火が見られます。

五山送り火2018の日程や穴場スポットをご紹介します。

五山送り火の意味とは?

引用:http://www.okeihan.net

8月16日夜、京都の夏の夜空にくっきりと浮かび上がる「大の字」

「五山の送り火」と呼ばれています。

祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として全国的にも有名です。

「五山の送り火」は東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られています。
実は、「大文字」の他に4つの文字が存在し、全部で5つの文字が見られるのです。

松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の5つがあります。

以前には他の文字も点火されていましたが、早く途絶えたといわれています。

五山送り火の歴史

五山送り火
一般的に送り火そのものは、盆の翌日に行われる伝統行事として行われてきました。

その後、死後の世界に帰る精霊を送るという意味をもつ盆行事の一形態で、一般に広く行われるようになりました。
開始時期は、仏教が庶民の間に深く浸透した中世-室町時代以降であるといわれています。

五山のそれぞれの山にそれぞれの歴史が伝えられていますが、その起源には平安初期、室町中期、江戸初期などの俗説があります。
これだけ有名な行事ですが、起源の確かな説はまだ明らかになっていません

謎が多いことも五山の送り火の魅力の一つかもしれませんね。


「五山送り火」が宗教的行事でありますが、地元の人々によって始められ、受け継がれてきたため、記録にとどめられなかったのではないかとも考えられています。

そして現在も「送り火」は地元の人々や、ボランティアの皆さんによって支えられ、数百年という歴史が民間で受け継がれている行事なのです。

護摩木とは?

引用:https://www.kyokanko.or.jp

参拝者は送り火用に願いなどを書いた護摩木を奉納することができます。
地元民以外も観光客の方でも奉納できるので、ぜひ参加してみてください。

5つの送り火の護摩木は、それぞれ違う場所で受け付けが行われます。
妙法だけは、護摩木がないので注意が必要です。

身体に不調がある方は、自分の名前と持病を記した護摩木を火床で焚くと、その病気が治るといわれています。

銀閣寺や金閣寺で受け付けをしているので、点火前に奉納してみてください。

五山送り火2018の日程と場所

送り火が見れる時間はわずか1時間程度のようです。
見過ごさないためにも、時間と場所を知っておきましょう。

五山送り火の日程と場所をご紹介します。

日時 2018年8月16日(木)
点灯時間 20時~
住所 京都府京都市左京区松ケ崎東山
問い合わせ 075-213-1717

京都市観光協会

地図

五山送り火のそれぞれの点灯時間・アクセス方法

大文字」「左の大文字」「妙法」「船形」「鳥居形」は、それぞれ違う場所で点火されます。

それぞれの点火時間や、おすすめの観賞場所をご紹介します。

「大文字」について

引用:http://www.kyoto-np.co.jp

一番有名な「大文字」です。
人気が高いため、大文字が見えるスポットは一番の混雑が予想されます

点灯時間と鑑賞スポット

点火場所 東山如意ヶ嶽
点火時間 20時
よく見える場所 賀茂川(鴨川)堤防
アクセス方法【バス】 JR長岡京駅東口・竹田駅西口行バス→久我の杜から徒歩10分
アクセス方法【車】 京都駅から8.6km (約22分)
住所 京都府京都市伏見区羽束師鴨川町
地図

護摩木の受付

日時 15日 12:00~19:00

16日 6:00~14:00

場所 銀閣寺門前
アクセス方法【バス】 今出川駅徒歩3分→烏丸今出川・錦林車庫前行バス→【銀閣寺道】下車徒歩8分
アクセス方法【車】 京都駅から7.9km(約22分)
住所 京都府京都市左京区銀閣寺町2
料金 護摩木 300円
地図

「妙法」について

引用:http://kyoto-sampo.jp

妙法の「妙」は、鎌倉時代末、「法」は江戸時代末にできたと言われています。
15・16日はふもとの涌泉寺で、日本最古の盆踊り(松ヶ崎題目踊)も楽しめます。

点灯時間と鑑賞スポット

点火場所 妙は松ヶ崎西山 ― 万灯籠山
法は松ヶ崎東山 ― 大黒天山
点火時間 20時5分
よく見える場所 【妙】北山通(ノートルダム女学院附近)
【法】高野川堤防(高野橋北)
アクセス方法【バス】 【妙】
京都駅・岩倉操車場前行バス→【東天王町】下車徒歩9分

【法】
京都駅徒歩6分→塩小路高倉・九条車庫前行バス→【新葵橋】下車徒歩8分

アクセス方法【車】 【妙】京都駅から6.9km(約24分)

【法】京都駅から6.7km(約20分)

住所 【妙】 京都府京都市左京区鹿ケ谷桜谷町110

【法】京都府京都市左京区下鴨泉川町

地図【妙】
地図【法】

護摩木の受付

妙法では、護摩木の奉納を行っていません。

「船形」について

引用:http://kyoto-sampo.jp

別名「精霊船」とも呼ばれ、西方寺の鐘を合図に点火されます。
その後、ふもとの西方寺にて珍しい六斎念仏が繰り広げられるのも見どころの1つです。

点灯時間と鑑賞スポット

点火場所 西賀茂船山
点火時間 20時10分
よく見える場所 北山通(北山大橋から北西)
アクセス方法【電車】 京都駅鳥丸線・国際会館行各停→北大路駅徒歩8分
アクセス方法【車】 京都駅から7.7km(約22分)
住所 京都府京都市北区小山東元町
地図

護摩木の受付

日時 3日~15日 8:00~16:00(4、8日は受付していません)

16日 8:00~10:00

場所 西方寺門前
アクセス方法【バス】 京都駅・西賀茂車庫前行 バス→【大宮総門口町】下車徒歩6分
アクセス方法【車】 京都駅から9.7km(約26分)
住所 京都府京都市北区西賀茂鎮守菴町50
料金 護摩木 300円
地図

「左大文字」について

引用:http://kyoto-sampo.jp

金閣寺の近くの大北山で点火されます。

左側にあるので左大文字と呼ばれていますが、送り火の文字は「大」です。
大文字よりも太い文字なので、「男形」と呼ばれるほど迫力があります。

他の文字は一斉にぼわっと点火するのに対し、左文字は文字を書くように順番に点火されます


点火の動画はこちらこらご覧ください。

点灯時間と鑑賞スポット

点火場所 大北山
点火時間 20時15分
よく見える場所 西大路通(西院~金閣寺)
アクセス方法【バス】 京都駅・山越中町行 バス→【西大路三条】下車徒歩2分
アクセス方法【車】 京都駅から4.8km(約15分)
住所 京都府京都市右京区 西大路通
地図

護摩木の受付

日時 6日 9:00~14:30

15日 9:00~15:00

16日 7:00~14:00

場所 金閣寺門前
アクセス方法【バス】 北大路駅・北大路バスターミナル行バス→【金閣寺道】下車徒歩5分
アクセス方法【車】 京都駅から9.1 km(約25分)
住所 京都府京都市北区金閣寺町1
料金 護摩木300円
地図

「鳥居形」について

引用:http://kyoto-sampo.jp

他の山に比べて、少し遠い場所で点火されます。
京都市内の中心部からも見えにくい送り火です。

そのため、人込みを避けた観賞ができそうです。

点灯時間と鑑賞スポット

点火場所 嵯峨鳥居本曼荼羅山
点火時間 20時20分
よく見える場所 松尾橋
アクセス方法【バス】 京都駅・大覚寺行 バス→【松尾橋】下車徒歩2分
アクセス方法【車】 京都駅から7.9km(約22分)
住所 京都府京都市右京区梅津大縄場町 四条通
地図

護摩木の受付

日時 13日~15日 10:00~16:00

16日 9:00~15:00

場所 右京区嵯峨鳥居本小坂町府道50号線 八体地蔵付近
アクセス方法【バス】 京都駅・大覚寺行 バス→【嵯峨釈迦堂前】下車徒歩14分
アクセス方法【車】 京都駅から12km(約32分)
住所 京都府京都市右京区 嵯峨鳥居本
料金 護摩木300円
地図

五山送り火2018の穴場スポット

五山送り火の穴場スポットは、数々あります。
それぞれのおすすめの穴場スポットをご紹介します。


クリックすると見たい穴場スポットに飛ぶことがきます。
1.1度に複数の送り火が見れるスポット
2.「大文字」の穴場スポット
3.「妙法」の穴場スポット
4.「船形」の穴場スポット
5.「左大文字」の穴場スポット
6.「鳥居形」の穴場スポット

1度に複数の送り火が見たいとき

引用:https://www.watazen.com/info/event/1623.html

一度に複数の送り火が見れるスポットがあります。
それぞれの点火地からは離れた場所になるので、送り火は小さく見えます

また、送り火のパチパチと燃える音も聞こえなくなってしまいます。
それでも、一度に送り火を見たい方は足を運んでみてください。

鴨川デルタ

引用:http://bigkarasu.com

賀茂川と高野川の合流する地点で、Yの字になっている場所です。

出町三角州とも呼ばれています。
大変人気がある場所なので、当日は人が集中すると考えられます。
しかし、開放感のある場所なので、混雑していてもゆっくり見れます。

ここからは、「大文字」と「妙法」が綺麗に見えます。

見れる文字 「大文字」「妙法」
住所 京都府京都市上京区今出川通
アクセス【電車】 京都駅→出町柳(約25分)

料金410円

アクセス【車】 京都駅から5.9km(約23分)
地図

船岡山公園

引用:http://kyoto-tabiya.com

標高112メートルも船岡山がある公園です。
観賞は、船岡山に登ってください。

特に「左の大文字」は、とても近くに見えるので迫力満載です。
その他の「妙法」「船形」も見られます。



なかには、5つの送り火が見れるスポットもあるようです。
一部の狭く限られた場所になると思うので、探してみてください。

公園内の建勲神社の拝殿前からはまっすぐ先に右の「大文字」が見えます。

人気スポットなので、人の数は多いです。

見える送り火 「左の大文字」「大文字」「妙法」「船形」
住所 京都府京都市北区紫野北舟岡町 42他
アクセス【バス】 北大路駅から徒歩2分→北大路バスターミナル→【船岡山バス停】から徒歩4分
アクセス【車】 京都駅から7.7km(約22分)
地図

嵐山渡月橋

引用:http://www.kyoto-np.co.jp

嵐山の渡月橋や嵐山公園の中之島からは「大文字」と「鳥居形」の送り火を見ることができます。
たくさんの人が集まるので、にぎやかな場所となります。

また、「嵐山・灯篭流し」が行われるのも見どころの一つです。
嵐山渡月橋から約7000~8000もの灯籠が流されます。

送り火と灯篭流しが両方楽しめる風情のある場所ですね。

見える送り火 「大文字」「鳥居形」
住所 京都府京都市右京区嵯峨中之島町
アクセス【バス・電車】 ・市営バス
嵯峨嵐山駅→【嵯峨嵐山駅前】下車(240円)

・電車
京福線・嵐電嵯峨駅→嵐山駅(220円)

アクセス【車】 京都駅から10km(約29分)
地図

「大文字」の穴場スポット

引用:https://tori-dori.com

「大文字」が見れる穴場スポットは「銀閣寺前町公園」です。

銀閣寺前町公園は、住宅地の一角にあります。
大文字」がはっきりと見えるスポットなのです。

点灯時間には、近所の方が多く集まります。
しかし、早く退散されるのであとでゆっくりと静かに観賞できます。

落ち着いてみたい方は、訪れてみてください。

場所 銀閣寺前町公園
住所 京都府京都市左京区銀閣寺前町41−8
アクセス【バス】 京都駅前→【銀閣寺道】下車(230円)
アクセス【車】 京都駅から8km(約26分)
地図

「妙法」の穴場スポット

引用:http://waka77.fc2web.com

「妙法」の穴場スポットは「宝ケ池公園球技場」です。

「妙法」から近く、肉眼で大きく見えます。
当日は送り火観賞として開場します。

球技場内は20時前~20時半頃まで消灯されます。

木魚の音が聞こえるほどの近さで、さほど混雑はしないので静かに観覧することができます。
晴れていれば、大文字・船形も見られるようですよ。

場所 宝ケ池公園球技場
住所 京都府京都市左京区松ケ崎西池ノ内町2
アクセス【電車】 鳥丸線・京都駅→松ヶ崎駅から徒歩8分(290円)
アクセス【車】 京都駅から9km (約26分)
地図

「船形」の穴場スポット

引用:http://www.adachi-group.co.jp

「船形」の穴場スポットは「京都ゴルフ倶楽部舟山コース」です。

クラブコースのレストランでは、送り火ディナーが開かれています。
当日は舟山コースが17時から無料開放されます。

広いコース上では、「船形」が大きく見えます。

飲食物の持ち込みは自由です。
点灯前に行き、ビニールシートをひいてビールを飲みながら楽しむのもよさそうですね。

近所の方が多く、さほどの混雑は見られないようです。

場所 京都ゴルフ倶楽部舟山コース
住所 京都府京都市北区西賀茂船山 西賀茂船山11−2
アクセス【バス】 京都駅・西賀茂車庫前行バス→【西賀茂車庫前】下車(230円)
アクセス【車】 京都駅から10km(約31分)

駐車料金500円

地図

「左大文字」の穴場スポット

引用:https://blog.goo.ne.jp

「左大文字」の穴場スポットは「カトリック衣笠教会」です。

こちらからは正面の左大文字が見れます。
山にとても近いので、大迫力の炎が見られます。

船岡山公園で離れた送り火を見てから、歩いてきてもよさそうです。

場所 カトリック衣笠教会
住所 京都府京都市北区衣笠御所ノ内町4
アクセス【バス】 北大路駅・九条車庫前行 バス→【金閣寺道前】下車徒歩2分(230円)
アクセス【車】 京都駅から8.9km(約26分)
地図

「鳥居形」の穴場スポット

引用:https://goo.gl

引用:http://www.kyoto-np.co.jp

「鳥居形」の穴場スポットは「広沢の池」です。

広沢の池では、広沢の池灯篭流しが当日の7時からスタートします。

鳥居形の送り火と一緒に楽しめるスポットなので、人の集まりは多いです。
写真をベストスポットで撮りたい場合は、早めの場所取りをおすすめします。

嵐山の灯篭流しと違いがあります。
広沢の池は、赤青緑白黄5色の灯篭を使っているので、カラフルで見ごたえがあります。

色鮮やかに池がきらめいているので、インスタ映えの写真が撮れることまちがいなしです。

場所 広沢の池
住所 京都府京都市右京区嵯峨広沢町
アクセス【バス】 京都駅・山越中町行バス→【山越中町】下車徒歩6分
アクセス【車】 京都駅から10km(約30分)
地図

五山送り火2018の交通規制は?

当日の来客人数は10万人と予想されています。
京阪出町柳駅の周辺は特に混雑が見られる模様です。

加茂街道(葵橋以北)や灯籠流しが行われる渡月橋周辺などは、午後7~9時に歩行者専用道路になります。

詳しい交通規制はこちらの画像を参考にしてみてください。

引用:http://www.kyoto-np.co.jp

クリックすると地図を拡大できます

五山送り火で夏を感じよう

いかがだったでしょうか?

五山送り火は、点灯の山が5か所もあるので観賞場所に悩みますね。
ゆっくり静かに見たいのか、灯籠流しもみたいのかなど自分に合ったスポットで観賞するといいですね。

伝統的な送り火をベストショットから撮影してみてくださいね。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!