WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

郡上おどり2018の日程は?駐車場に代表曲「かわさき」も紹介

7月から9月にかけて市街地をぐるっと一周するのが特徴の郡上おどり

郡上おどりに参加するために必要な駐車場情報をはじめ、日程やスケジュールなど、事前に抑えておきたい情報をご紹介します。

郡上おどりとは?

引用:chitora.co.jp

郡上おどりは400年にわたって城下町郡上八幡で歌い踊り続けられてきたものです。

江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために、藩内の村々の盆踊りを城下に集めて「盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」と奨励したのがきっかけで盛んになりました。

そんな郡上おどりは、誰もがひとつ輪になって踊るという楽しさが魅力です。

郡上おどり2018の日程

郡上おどりについてや、日程、スケジュールをご紹介していきます。
市街地を一周するように会場が毎回異なりますのでご注意下さい。

7月

日程 7月14日土曜日
時間 19時30分から
会場 旧庁舎記念館前(おどり発祥祭)
詳細 神事:18時30分から郡上八幡旧庁舎記念館前広場
おどり流し:19時30分に今町の十六銀行前をスタート

会場でのおどり開始は20時ごろの予定です。

地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月16日月曜日
時間 20時から22時半まで
会場 上殿町 八坂神社(天王祭)
詳細 会場の上殿町から天王洞川にそって300メートルのところにある八坂神社の祭礼で川に沿って涼しげな飾り物が彩りを添えます。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月21日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 旧庁舎記念館前(下柳町神農薬師祭)
詳細 神農薬師祭は城山の崖の洞窟に祀られた神農薬師の祭礼で、無病息災を祈る人々でにぎわいます。
会場は橋を渡った旧庁舎前広場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月22日日曜日
時間 20時から22時半まで
会場 旧庁舎記念館前(常盤電気地蔵祭)
詳細 常磐電気地蔵祭は明治初め、全国で4番めに発電事業がおこなわれた郡上八幡乙姫川発電所(のちに常盤町発電所)に祀られている電気地蔵というちょっと変った名前のお地蔵様の祭礼です。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月27日金曜日
時間 20時から22時半まで
会場 毛付市 積翠園前(赤髭作兵衛慰霊祭)
詳細 城山の中腹にあるホテルの駐車場が会場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月28日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 城山公園(毛付市岸剱神社川祭凌霜隊慰霊祭)
詳細 郡上八幡城の本丸跡広場が会場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月29日日曜日
時間 20時から22時半まで
会場 旧庁舎記念館前(犬啼水神祭)
詳細 町の上水道の水源のひとつ犬啼湧水に安置されていた二対の水神像を祀る祭事です。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 7月30日月曜日
時間 20時から22時半まで
会場 川原町 慈恩禅寺(弁天祭)
詳細 慈恩寺弁天祭と天然湧水が滝となって流れ落ちる乙姫滝の水神祭です。
会場は寺の門前の川原町の通りになります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら

8月

日程 8月1日水曜日
時間 19時から22時半まで
会場 本町 大乗寺(三十番神祭)
詳細 大乗寺三十番神祭は江戸時代の郡上おどり7大縁日のひとつだったという古い歴史が。
会場となる本町通りの頭上には日展書家の野田白都によって「踊」と書かれた大提灯が吊るされます。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月2日木曜日
時間 20時から22時半まで
会場 城山公園(山内一豊夫人の夕べ)
詳細 郡上八幡城の本丸跡広場が会場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月3日金曜日
時間 20時から22時半まで
会場 下殿町(およし祭)
詳細 郡上市八幡町殿町の「下殿町」が会場となります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月4日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 大手町(城山地蔵祭)
詳細 城下の平穏を見守る城山地蔵尊の例祭。
会場は八幡町大手町になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月5日日曜日
時間 20時から22時半まで
会場 積翠園前(宝暦義民祭)
詳細 城山の中腹にあるホテルの駐車場が会場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月7日火曜日
時間 20時から22時半まで
会場 本町 洞泉寺(弁天七夕祭)
詳細 <洞泉寺弁天七夕祭は江戸時代の郡上おどり7大縁日のひとつだったという古い歴史をもちます。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月8日水曜日
時間 20時から22時半まで
会場 郡上八幡駅前(越美南線開通記念祭)
詳細 会場は郡上八幡駅の広場になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月9日木曜日
時間 20時から22時半まで
会場 今町(秋葉祭)
詳細 会場は八幡町新町の今町通りになります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月10日金曜日
時間 20時から22時半まで
会場 新栄町(恵比須祭)※個人おどりコンクール
詳細 新栄町の広い通りを会場にして、毎年この夜には中日新聞社共催の郡上おどりコンクールが開催されます。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月11日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 下日吉町 秋葉祭
詳細 郡上八幡の町のあちこちには火防の神様である「秋葉さま」が祀られています。
下日吉町通りの秋葉祭の例祭で、町内安全を願う祭礼とおどりが城下町特有の狭い通りで繰り広げられます。
地図
交通機関を利用する方は会場まで距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月12日日曜日
時間 19時半から21時半頃まで
会場 城下町プラザ(納涼祭)※ まちNET主催
詳細 バスターミナルの役割をはたしている広々とした広場が会場となります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月13日月曜日:20時から翌朝4時頃まで
8月14日火曜日:20時から翌朝5時頃まで
8月15日水曜日:20時から翌朝5時頃まで
会場 新町~橋本町(盂蘭盆会)※徹夜おどり
詳細 盂蘭盆会の徹夜おどりは新町と橋本町の四つ辻の真ん中にお囃子の屋形をすえて、四方に延びるようにおどりの輪がひろがります。 
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら

徹夜踊り期間中の交通規制図はこちら


日程 8月16日木曜日
時間 20時から翌朝4時頃まで
会場 本町 盂蘭盆会(徹夜おどり)
詳細 盂蘭盆会の徹夜おどりは本町の通りにお囃子の屋形をすえて、細長く延びるようにおどりの輪がひろがります。 
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら

徹夜踊り期間中の交通規制図はこちら


日程 8月18日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 下愛宕町(十八観音祭)
詳細 お囃子の屋形をすえてのおどりは期間中の会場で最も狭い道幅わずか4メートル。
両側の家々は昔ながらの町並みでポスターや雑誌の写真などで紹介されるところです。 
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月19日日曜日
時間 19時半から22時半まで(開始から30分はコンクール参加者のみのおどりです)
会場 立町(日吉神社祖霊祭)※団体おどりコンクール
詳細 岐阜新聞共催の団体おどりコンクールが開催されます。
遠来のグループも交えての若い女性の参加が最も多い町の通りでのおどりです。 
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月20日月曜日
時間 20時から22時半まで
会場 本町(宗祇水神祭)
詳細 名水百選の宗祇水を奉賛する一夜です。
涼風茶会や連句の会、小駄良川では情緒ある水中花火がおこなわれ、宗祇水へとつづく石畳の坂道には行灯が飾られて俳句や川柳が奉納され情緒あふれる一夜となります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月24日金曜日
時間 20時から22時半まで
会場 上桝形町(桝形地蔵祭)
詳細 枡形地蔵祭は江戸時代の郡上おどり7大縁日のひとつだったという古い歴史をもちます。
会場は町の通りになります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 8月25日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 八幡神社(小野天神祭)
詳細 会場は八幡神社の境内になります。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら

9月

日程 9月1日土曜日
時間 20時から23時まで
会場 新町(商工祭)※郡上おどり変装コンクール
詳細 繁華街新町を会場に変装コスチュームを競う楽しい一夜です。
盂蘭盆会や枡形地蔵祭でしばしば行われていたものを新町がコンテストとして整え発展させたものです。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 9月2日日曜日
時間 20時から22時半まで
会場 新町(女性の夕べ)
詳細 繁華街新町を会場とする一夜です。
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら


日程 9月8日土曜日
時間 20時からおどり開始、屋形送り:23時から
会場 新町から今町(おどり納め)
詳細 シーズンの締めくくりとなる名残りの一夜は町の中心にあたる新町から今町で開催です。
ほおづき提灯を手に屋形の見送りは観光客のみなさんにもご参加いただけます。
※午後6時までに観光協会にお申し込みください
地図
交通機関を利用する方は会場まで少し距離がありますので、タクシーの利用をおすすめします。

駐車場情報はこちら

郡上踊りの駐車場情報

7月から9月までの日程毎の駐車場情報をご紹介します。

位置情報や駐車場情報が公開されている駐車場を掲載しています。

7月14日から8月11日までの駐車場情報

博覧館駐車場
料金:1回(3時間以内)310円
台数:20台

【各会場への移動時間】
7/14、7/21、7/22、7/29⇒会場:旧庁舎記念館へは徒歩8分
7/27、8/5⇒会場:積翠園前へは徒歩9分
7/28、8/2⇒会場:城山公園へは徒歩7分
7/30⇒会場:慈恩禅寺へは徒歩13分
8/1⇒会場:大乗寺へは徒歩3分
8/3⇒会場:下殿町へは徒歩5分
8/4⇒会場:大手町へは徒歩5分
8/8⇒会場;郡上八幡駅前へは徒歩28分
8/9⇒会場:今町へは徒歩10分
8/10、11⇒会場:新栄町へは徒歩11分

市営日吉駐車場
料金:最初の30分まで100円
   以降、30分毎に50円
   夜間(22時から翌8時)1時間毎に50円
台数:25台

【各会場への移動時間】
7/14、7/21、7/22、7/29⇒会場:旧庁舎記念館へは徒歩8分
7/27、8/5⇒会場:積翠園前へは徒歩19分
7/28、8/2⇒会場:城山公園へは徒歩14分
7/30⇒会場:慈恩禅寺へは徒歩8分
8/1⇒会場:大乗寺へは徒歩14分
8/3⇒会場:下殿町へは徒歩9分
8/4⇒会場:大手町へは徒歩10分
8/8⇒会場;郡上八幡駅前へは徒歩18分
8/9⇒会場:今町へは徒歩4分
8/10、11⇒会場:新栄町へは徒歩6分

市営愛宕駐車場
料金:最初の30分まで100円
   以降30分毎に50円
   夜間(22時から翌8時)1時間毎に50円 
台数:約200台

【各会場への移動時間】
7/14、7/21、7/22、7/29⇒会場:旧庁舎記念館へは徒歩8分
7/27、8/5⇒会場:積翠園前へは徒歩20分
7/28、8/2⇒会場:城山公園へは徒歩14分
7/30⇒会場:慈恩禅寺へは徒歩4分
8/1⇒会場:大乗寺へは徒歩16分
8/3⇒会場:下殿町へは徒歩13分
8/4⇒会場:大手町へは徒歩13分
8/8⇒会場;郡上八幡駅前へは徒歩26分
8/9⇒会場:今町へは徒歩11分
8/10、11⇒会場:新栄町へは徒歩8分

8月12日から8月16日までの駐車場情報

博覧館駐車場
9時から翌朝4時(5時)
料金:1回(3時間以内)310円(※徹夜踊り期間は変更になる可能性があります)
台数:50台

【各会場への移動時間】
8/12⇒会場:城下町プラザへは徒歩4分
8/13、8/14、8/15⇒会場:新町から橋本町へは徒歩12分
8/16⇒会場:本町へは徒歩6分

郡上市総合スポーツセンター
時間:18時から翌朝4時(5時)
台数:80台

【各会場への移動時間】
8/12⇒会場:城下町プラザへは徒歩14分
8/13、8/14、8/15⇒会場:新町から橋本町へは徒歩15分
8/16⇒会場:本町へは徒歩14分

城山公園駐車場
時間:午後0時から翌朝4時(5時)
台数:60台

【各会場への移動時間】
8/12⇒会場:城下町プラザへは徒歩6分
8/13、8/14、8/15⇒会場:新町から橋本町へは徒歩12分
8/16⇒会場:本町へは徒歩9分

城下町プラザ
1回 520円(税込)
時間:17時以降翌朝8時半までは別料金

【各会場への移動時間】
8/12⇒会場:城下町プラザへはすぐ
8/13、8/14、8/15⇒会場:新町から橋本町へは徒歩6分
8/16⇒会場:本町へは徒歩3分

8月18日から9月8日までの駐車場情報

博覧館駐車場
料金:1回(3時間以内)310円
台数:20台

【各会場への移動時間】
8/18、8/19、8/20、8/24⇒会場:下愛宕町へは徒歩8分
8/25⇒会場:八幡神社へは徒歩9分
9/1、9/2、9/8⇒会場:新町へは徒歩7分

市営日吉駐車場
料金:最初の30分まで100円
   以降、30分毎に50円
   夜間(22時から翌8時)1時間毎に50円
台数:25台

【各会場への移動時間】
8/18、8/19、8/20、8/24⇒会場:下愛宕町へは徒歩6分
8/25⇒会場:八幡神社へは徒歩14分
9/1、9/2、9/8⇒会場:新町へは徒歩4分

市営愛宕駐車場
料金:最初の30分まで100円
   以降30分毎に50円
   夜間(22時から翌8時)1時間毎に50円 
台数:約200台

【各会場への移動時間】
8/18、8/19、8/20、8/24⇒会場:下愛宕町へは徒歩7分
8/25⇒会場:八幡神社へは徒歩6分
9/1、9/2、9/8⇒会場:新町へは徒歩11分

徹夜踊り期間中の交通規制について


徹夜おどりが行なわれる期間中、郡上八幡市街地は全域にわたり駐車禁止となり交通規制が敷かれます。

例年市街地の駐車場は踊りがはじまる20時前後には既に満車になることが多いようです。
また断続的に渋滞する箇所も。

八幡中学校駐車場が比較的ゆとりがあり、会場付近までは無料シャトルバスが運行されます。

※この情報は郡上八幡観光協会がfacebook上で公表している最終情報(2014年)を基にご紹介しています。

引用:facebook.com

クリックすると地図を拡大できます

郡上おどりの代表曲「かわさき」とは?

引用:icotto.jp

郡上おどりの代表曲とされているのがこの「かわさき」という曲。
落ち着いた歌詞や優雅な踊りで広く親しまれています。

郡上おどり「かわさき」の動画

群上おどりでは10種類の踊りがあります。
その中でも「かわさき」が郡上おどりの代表曲。

事前にどんな踊りか確認しておきたい方はこちらよりどうぞ↓


郡上おどり「かわさき」(動画)

郡上おどり「かわさき」が誕生した背景とは?

「かわさき」は、大正3年(1914)に郡上おどりを全国に普及させるため、共進会(今でいう博覧会)で上演されていました。

郡上之曲「花のみよしの」をもとに、古調かわさきの動きを取り入れて新しくととのえられたものになります。

服装は浴衣に下駄で!

引用:gujohachiman.com

「浴衣に下駄」をおすすめする理由は、日本の夏風情たっぷりで浴衣(ゆかた)姿が最も馴染む町だからです。
初めての郡上おどりでぎこちない動きも浴衣だとそれなりにサマになるから不思議。

また、下駄もぜひご用意を!
下駄を鳴らす音が踊りの調子を高めるのが郡上おどりの特徴です。

手持ちの浴衣や下駄が無い方は、おしゃれなデザインの浴衣をレンタルする呉服店もありますので活用してみては如何でしょう。

町の下駄屋さんに飛び込めば、足にぴったりの台にお好きな鼻緒を据えたオリジナルの下駄をその場で作ってくれますし、旅の良いおみやげにもなります。

郡上おどりで日本の夏を味わおう

引用:vpoint.jp

お囃子と下駄の音、川のせせらぎが重なってこだまする郡上おどりの夜。
日本の夏風情たっぷりの町を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!