WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

羽子板市2018の開催日程やアクセス方法は?値段の相場や買い方も紹介!

その年最後の市」という意味を持つ「歳の市」は、江戸時代には多くの寺社で催されてきました。

中でも浅草寺で行われる「歳の市」は江戸随一と言われた規模を誇り、浅草橋から上野まで並んだ店によって、大変賑わったと言われています。

今回は2018年の「羽子板市」の開催日程や開催場所、羽子板の選び方や買い方などの情報について、ご紹介します。

羽子板市とは

画像 名前(そのままでOK)
引用:https://www.gotokyo.org/jp/

 

 

「羽子板市」の始まりは江戸時代とも明治中期とも言われています

当初は「歳の市」という名前で毎年歳末に浅草寺で行われ、主にお正月用品を中心に売るものでした。

昭和25年頃より、羽根つき用の羽子板が主役として売られるようになってから、「羽子板市」として浅草の歳末の風物詩に定着したと言われています。

ちなみに、同じく縁起物の「熊手」で有名な「酉の市(とりのいち)」は、歳の市が枝分かれしたものという説があります。

羽子板には江戸情緒ある歌舞伎の絵柄だけでなく、話題の社会風刺、時事、人気タレントなどがあり、その年ならではの変わり羽子板も多く販売されます。

羽子板市の意味は?

羽子板は「羽根をつくことで邪気を跳ね返す」という由来から「魔除け」や「厄除けの」縁起物として知られています。

また、羽根つきの羽根が害虫などを食べるトンボに似ていることから「悪い虫(病気や災厄)を食べてくれる」という意味も込められています。

ちなみに「悪い虫」には「悪い男」という意味もあり、「娘に悪い虫(男)がつかないように」という願いから、女児の出産には羽子板を贈る風習があったのだとか。

新年を迎えるにあたり、邪気を払ってくれる羽子板が主役となったことで、「歳の市」よりも「羽子板市」の名前が前面に押し出される形になったということですね。

羽子板市2018の開催日程や時間は?

2018年の「羽子板市」は下記の日程で開催されます。

日程 2018年12月17日(月)~19日(水)
時間 9:00~21:00
場所 東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺境内
地図
お問い合わせ 浅草観光連盟 (電話:03-3844-1221)

 

羽子板市2018へのアクセス方法

「羽子板市」へのアクセスは下記のとおりです。

電車の場合

東京メトロ銀座線・東武伊勢崎線・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン 浅草駅から徒歩約7分

つくばエクスプレス線 浅草駅から徒歩約6分

お車の場合

首都高速6号向島線 駒形I.C.から約6分

首都高速1号線 上野I.C.から約11分

首都高速1号線 入谷I.C.から約10分

「羽子板市」が行われる周辺の道路は都心部の隣接していることもあり、イベントの有無に関わらず慢性的に渋滞が発生しやすいエリアです。

また、浅草寺には駐車場もなく、特設駐車場や臨時駐車場も用意されないため、基本的には公共交通機関によるアクセスをオススメします。

どうしてもお車をご利用の場合は、お早めにお出かけの上、下記の有料駐車場をご利用すると便利です。

リパーク浅草2丁目第5

場所 台東区浅草2-35-13
駐車台数 39台
料金 平日 8:00〜22:00 20分/200円
22:00〜8:00 60分/100円土日祝 8:00〜22:00 20分/300円
22:00〜8:00 60分/100円

 

 

PARK INN浅草駐車場

 

場所 台東区浅草2-33-7
駐車台数 27台
料金 平日  30分/200円 12時間最大/1.500円
土日祝 30分/250円 12時間最大/2.000円

 

 

サンライズパーキング浅草観音裏店

 

場所 台東区浅草2-29-15
駐車台数 33台
料金 平日  20分/300円 10時間最大/2.000円
土日祝 20分/400円

 

 

 

台東区雷門地下駐車場

 

 

場所 台東区雷門2-18先並木通り地下
駐車台数 197台
料金  最初の30分/200円 以降15分毎/100円
平日のみ最大12時間/2.400円

 

 

浅草柳通り駐車場

 

 

場所 台東区浅草3-22-6
駐車台数 22台
料金 平日  30分/200円 最大/1.700円

土日祝 30分/250円 最大/2.700円

 

 

 

羽子板市の値段の相場は?

画像 名前(そのままでOK)
引用:https://fukusuke.tokyo/

「羽子板市」で販売されている羽子板の値段はピンからキリまであり、安いもので500円くらいから、高いものではなんと数十万円となっています。

下記のように、サイズによって大体の値段が決まっていますが、職人さんの手作業で作られたものなど制作手間によっても変わりますので、

気になるものを見つけたらお店の人に聞いてみましょう。

 

ミニサイズ 500〜1.000円
小サイズ 1.000〜5.000円
標準サイズ 10.000〜50.000円
大サイズ  数万〜数十万円

羽子板市の出店や屋台は?

画像 名前(そのままでOK)
引用:https://japan-web-magazine.com/

「羽子板市」では、その名前のとおり約30のお店で5万本もの羽子板が売り出されますが、実はそれだけではありません。

おでん、モツ煮、焼きとうもろこし、蒸かし芋など、寒い季節に嬉しい屋台が約50店並ぶことも「羽子板市」の特徴です。

年末の寒い時期に催されるイベントですので、こういった屋台があることで身体を冷やすことなく、ゆっくり羽子板を選んで回ることができます。

羽子板市の読み方

「羽子板市」の読み方は「はごいたいち」と、そのまま読みます。

お正月の遊びで使われる「羽子板(はごいた)」を中心に展開する「市(いち)」という意味になっています。

羽子板市の粋のある過ごし方

下町として有名な「浅草」で催される「羽子板市」、どうせなら下町らしく粋な過ごし方をしてみたいと思いませんか?

以下では、「粋な」羽子板の選び方、買い方、ご祝儀の渡し方をご紹介します。

選び方

画像 名前(そのままでOK)
引用:http://e-asakusa.jp/

羽子板は製作方法による違いがあり、大きく分けて「プリント羽子板」「プレス羽子板」「木目込羽子板」「教え羽子板」の4種類があります。

一般的に初正月のお祝いに選ばれることが多いのは、作りが細かく見た目も綺麗な「押絵羽子板」と言われていますが、好みでどれを選んでも良いそうです。

特に初めて購入する人は、一度会場を一周し、自分が欲しいものをしっかり見定めることが大切です。

最初のお店で見たものを勢いで買う、というのも江戸っ子っぽいですが、やはり縁起物ですので色々なお店を見比べてみましょう。

買い方

画像 名前(そのままでOK)
引用:http://e-asakusa.jp/

欲しい羽子板が決まったら、せっかくなので「粋な買い方」をしてみましょう。

特に、高価なものや値札がついていないものは、お店の人に値切り交渉をするのが定番で、お店の人もお客さんも、このやり取り自体を楽しんでいます。

現代では普段の生活で「値切り交渉」をする機会などほとんど無いので、初めてで怖いという人は他のお客さんの交渉を見てみると雰囲気が分かります。

ちなみに、どれだけ値切り交渉をしても支払うのは最初に聞いた値段ですので、少しやり取りを楽しんだら頃合いを見て支払いましょう。

結局支払うのに、なぜ値切り交渉をするのかというと、値引きしてもらった差額分は「ご祝儀」としてお店に渡すところまでが「粋な買い方」なのです。

特に高価な羽子板ほど、作る際に大きな労力が必要となり、実際の購入価格より価値が高い場合もあるため、職人さんへのリスペクトの意味でご祝儀を渡します。

ご祝儀を渡すと、受け取ったお店側は景気良く「手締め」で応えるのが慣例となっていて、江戸の下町の雰囲気を楽しむことができます。

御朱印

画像 名前(そのままでOK)
引用:https://kurashi-idea.net/

「羽子板市」が行われる浅草寺では、多くの寺社と同じように御朱印を頂くことができます。

年始では時間が変更となる場合もありますが、受付は午前8時から午後5時となっています。

御朱印は、ご本尊である聖観世音菩薩(坂東三十三観音 第13番札所・江戸三十三観音 第1番札所)と、浅草名所七福神大黒天の2種があり、どちらにするか選びます。

ご志納金は各300円、もちろん両方戴くことも可能で、その際は600円になります。

まとめ

その年の最後を飾り、新たな年の準備や厄払いの意味もある「羽子板市」は、古き良き江戸の下町文化を象徴するイベントです。

比較的安価な「プリント羽子板」から、一点物と言われる「押絵羽子板」まで、様々な羽子板を見て回るだけでも楽しめます。

2018年の年末は、ぜひ浅草寺の「羽子板市」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!