WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

八戸三社大祭2018各日程ごとの山車の見どころと駐車場情報

青森県八戸市で毎年行われる八戸三社大祭

毎年100万人以上が集まり昨年の2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録され昨年2017年は約150万人もの人が集まりました。

そんな日本一の山車祭りである八戸三社大祭を紹介します。

三社大祭とは?

引用:https://hachinohe-kanko.com

青森県八戸市で行われる夏祭りで青森のねぶた祭りとほぼ同時期に行われる神への感謝を伝える祭りです。

亨保5年、凶作に悩む有力者たちが法霊大明神に天候の回復と豊作を祈願したところ、無事に秋の収穫を迎えることが出来たことがきっかけで行われるようになりました。

その300年の歴史と伝統が評価され国の重要無形民俗文化財としてユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」への登録が決定が2016年12月1日に決定しました。

 

日時 2018年7月31日〜8月4日
会場 青森県八戸市 八戸市中心街
住所 〒031-0032 青森県八戸市三日町13 周辺
電話番号 0178-27-4243
アクセス 本八戸駅徒歩10分
地図

山車が日本一の理由

引用:http://www.aomori-akenohoshi.ac.jp

現代の祭りで山車が運行する場合電線や歩道橋などをくぐるなど一般の道路を走行するため

幅4.5m・高さ4.5m・奥行き1mで一般的な規格になっています。

八戸三社大祭で出てくる山車はそれの倍の大きさで

幅9m・高さ10m・奥行き11mというとてつもなく大きく迫力のある山車です。

青森ねぶたのサイズが幅約9m・高さ約5m・奥行き7mなので、ねぶたをゆうに超えるサイズです。

ねぶた(上)と八戸三社大祭の山車(下)を見ると一目瞭然だと思います。

引用:https://travel-noted.jp

写真を見てもらうとわかるように4階建てのビルと同じくらいの高さまでありもので例えるなら4tトラックが横に4台、縦に4台、前後に2台並んだ状態にほぼ近い大きさです。

引用:http://realaomori.toonippo.co.jp

三社大祭日程

毎年7月31日〜8月4日と決まった日に行われる三社大祭。

前夜祭と後夜祭は山車の展示とライトアップ

お通りとお還りは日中の路上運行

中日は夜間の路上運行と日中は加賀美流騎馬打毬が行われます。

イベント 日程 開催時間
前夜祭 7月31日 18時〜21時
お通り 8月1日 15時〜19時
中日 8月2日 11時〜21時
お還り 8月3日 15時〜19時
後夜祭 8月4日 18時〜21時

各日程の見どころ詳細

各日程ごとの見どころやおすすめスポットを紹介します。

【7月31日】前夜祭

18:00~21:00 山車の展示とお囃子実演 八戸市中心街

総勢27台の豪華絢爛の山車がライトアップされ、八戸市中心街に展示されます。山車がライトアップされながら一同に並ぶのは前夜祭と後夜祭のみなので夜空の下でライトアップされた華やかな山車を同時に見たい方にはオススメです。

引用:https://hachinohe-kanko.com

【8月1日】お通り

15:00~ 神輿と山車の合同運行とお囃子実演 八戸市中心街

道路の幅や高さに合わせて2倍に大きくなったり、部分的に飛び出したり変幻自在に動く山車に注目です。

巫女行列や武者行列、虎舞などの芸能も行われ見どころとしては審査員席付近が一番気合い入れる場所です。

一番迫力があるので是非審査員席近くをオススメしますが非常に混雑が毎年予想されるので絶対に見たい方は有料観覧席を予約するとバッチリ見えます。

引用:https://senbeiziru.exblog.jp

 

【8月2日】中日

11:00~ 長者新羅神社例祭(ちょうじゃさんしんらじんじゃれいさい)

14:00~ 加賀美流騎馬打毬(かがみりゅうきばたきゅう) 長者新羅神社

18:00~ 山車合同運行 八戸市中心街

長者新羅神社例祭

長者新羅神社で礼拝を行う。

引用:https://www.aptinet.jp

引用:http://www.jfn.co.jp

加賀美流騎馬打毬(かがみりゅうきばたきゅう)

引用:https://phoenixyz.com

全国に3か所しか残っていない伝統武芸「騎馬打毬」。紅白2組で4騎ずつの武士が、馬上で先端に網のついた毬杖を持ち、毬を味方の毬門に投げこみ点数を競います。

4つの見所

  • 迫力ある武芸!
    騎馬と騎馬とがぶつかりあい荒々しいですが、武芸ですので礼に始まり、礼に終わることを最も大事にしています。
  • 人と馬との一体感!
    日々の乗馬の練習によりに熟練された馬術。馬の気持ちもわかる騎士でなければできないのが打毬です。人馬一体のパフォーマンスが魅力です。
  • 毬童子など騎士以外も見どころあり!
    毬を置く毬童子や、鐘や太鼓を叩く合図方など、多くの人によって成り立っています。それぞれの衣装も見どころの1つです。
  • 何度も見る価値あり!
    相手とのかけひき、馬と人との一体感などもはやスポーツです。見れば見るほど面白くなり癖になります。

引用:https://blog.goo.ne.jp

夜間山車合同運行

夜間の山車の運行はこの日しか見ることが出来ません。ライトアップされた山車は日本夜景遺産にも登録されています。

引用:http://rarupi.com

【8月3日】お還り

15:00~ 神輿と山車の合同運行 鍛冶町出発~八戸市中心街

山車には飾られた神話歌舞伎などをテーマにした人形には数々の仕掛けがあり、多彩な舞いを見せます。お通りでうまく仕掛けがいかなかった場合修正してくるので最高のパフォーマンスを見ることが出来ます。

引用:https://mainichi.jp

【8月4日】後夜祭

18:00~ 山車の展示とお囃子実演 八戸市中心街

前夜祭と同様に祭りを終えた山車のライトアップが見ることが出来ます。最終日ということもあり多少壊れかけたりしている山車もあるのでそれが逆にひと仕事を終えた感じがあっていい味が出ていて輝いて見えます。

引用:https://blog.goo.ne.jp

おすすめの場所&穴場スポット

おすすめの場所は有料席が置かれる有料席近辺です。有料席は予約可能で1席2,200円になります。

有料席が置かれるということは見せ場がある場所になります。

審査員席や広いスペースなど仕掛けをアピールするのに最適な場所です。

ねぶたもそうですが山車の醍醐味は変幻自在の仕掛けです。

  • ポータルミュージアムはっち前
  • 三春屋前
  • CINO前
  • 廿三日町(にじゅうさんにちまち)
  • 秋田銀行、みちのく銀行八戸支店
  • ほまれ商事駐車場前
  • 十三日町交差点付近
  • 十八日町交差点付近

屋台の場所と交通規制

屋台

屋台はおまつり広場という広場に沢山出店しています。

本八戸駅から山車運行ルートにむかう間にあります。上の地図にわかりやすく載ってます。

引用:http://mtev.mtev.info

交通規制

会場周辺は山車運行時間の2時間ほど前くらいから通行止めになります。

交通規制は日程によって変化しますが規制がかからずとも周辺道路は間違いなく混雑しますので時間に余裕を持って行くことをオススメします。

近くて安い大型駐車場(無料もあり)

長根総合運動公園(臨時駐車場) 

住所 青森県八戸市大字売市輿遊下3
料金 700円
収容台数 1000台
入出庫可能時間 9時〜21時30分
地図

グーグルマップはこちら

 

まとめ

5日間で100万人が超える大きなイベントですが日本一の山車日本で3箇所でしか見れない加賀美流騎馬打毬の両方を見ることができるのは八戸三社大祭だけですのでねぶた祭りにいく予定の方も少し長目の休暇をとって青森を満喫してみてください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!