WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「八十八夜」2018年はいつ?意外な意味とお茶との繋がりを解説

日本には古くから、季節の移り変わりを示す雑節があります。
八十八夜はその中の1つです。

毎年日にちが変わることもある雑節ですが、2018年の八十八夜はいつなのでしょうか?
八十八夜の意味や関わり深いお茶について紹介していきます。

「八十八夜」2018年はいつ?

月の満ち欠け
八十八夜とは、立春から88回目の夜のことです。
そのためその年によって日にちが変わります。

2018年の立春は2月4日でした。
そこから88日後なので、2018年の八十八夜は5月2日(水)です。

八十八夜は春から夏へ移る節目の日で、霜もなく安定した気候の時期です。
そのため農業に関わる人が多かった昔の日本では、欠かせない大事な日でした。

ちょうどこの頃が種まきや田植えの準備や茶摘みなど、春の農作業を行なう時期にあたります。
八十八夜を夏の準備を始める日の目安として考えていたので、大事な日だったのです。



立春についてはこちらから。

八十八夜の意味

八十八夜
八十八夜は雑節の1つです。
雑節とは、季節の移り変わりを把握するために設けられた特定の日を表しています。

節分や春彼岸なども雑節ですね。

昔は中国で生まれた「二十四節気」が季節を知る手がかりとして使われていました。
しかし、これだけでは季節の移り変わりを的確に判断することができませんでした。

そこで日本独自に考えられた暦が「雑節」です。
八十八夜は、二十四節気の立春から88日目の日のことを表しています。

八十八夜が88日目の”夜”の理由

夜
なぜ88日目の「夜」なのでしょうか。

それは、1872年に改暦が行われる前に利用していた暦が影響しています。

1872年に改暦が行われるまでは、太陰暦を利用していました。
「太陰暦」は月の満ち欠けを基準に考える暦です。

その時は、雑節の1つに「立春から88日目の夜」を入れようと考えられていました。
そのため、八十八”夜”となったのです。

「八十八」の字の意味

八十八という字を組み合わせると、「米」という字になります。
そのため、農業に関わる人にとっては特別重要な日とされてきました。

また末広がりの字ということもあり、八は発展・繁栄・幸運の数とされています。
その字が2つ重なった八十八夜は、縁起の良い日だと考えられいるのです。

八十八夜にまつわる伝承

八十八夜には、様々な伝承があります。
霜
その1つが「八十八夜の別れ霜」に「八十八夜の泣き霜」です。
これは農家の人の感情を元に作られた言葉なのです。

農作物は霜がおりると大変な被害を受けてしまいます。

八十八夜を迎える頃になると、天気が安定します。
この時期を過ぎると、霜がおりるほど冷え込むことはないとされてきました。

その年、最後におりる霜のことを「別れ霜」といいます。
別れ霜が終わった頃を見計らって、農作業を開始していました。
泣き霜
ただ、昔の暦は月の満ち欠けに基づいたものだったので、実際の季節とずれることがあったのです。
そのため暦だけに頼り農作業の予定を立てると、思わぬ霜の被害を受けることもありました。

霜の被害に泣くことから、そのことを「泣き霜」と言っていたのです。

この泣き霜を減らすために、八十八夜が利用されるようになりました。
このように八十八夜は農業を深い繋がりがあるのです。

八十八夜とお茶の繋がり

八十八夜とお茶は深い繋がりがあります。
繋がりが深くなった理由がいくつかあるので紹介していきます。

「茶摘み」の歌

茶摘み
八十八夜とお茶の繋がりを強めたのは、「茶摘み」の歌ではないでしょうか。

茶摘みの歌は2番まであり、八十八夜が出て来るのは1番です。
歌詞はこのようになっています。

1、夏も近づく八十八夜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘ぢやないか
あかねだすきに菅(すげ)の笠

2、日和つづきの今日此の頃を、
心のどかに摘みつつ歌ふ
摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ
摘まにや日本の茶にならぬ

この歌によって、「茶摘み=八十八夜」という考えが浸透していきました。
実際には茶産地の温暖差によって茶摘みの時期は異なってくるようです。

どんな歌か思い出せない人は、こちらの動画を見てみてください。

八十八夜のお茶は縁起物

新茶
八十八夜に摘み取られるお茶は、昔から不老長寿の縁起物の新茶とされてきました。
八十八が縁起のいい文字なのでその縁起を担ぐという意味合いと、八十八夜は気候条件も良く、この時期はお茶自体が極上なのです。

お茶は冬の寒い時期にゆっくり養分を蓄えています。
そのため1番始めに芽吹いた茶葉である一番茶は、その後に摘まれる茶葉よりも栄養価やうまみ成分が多く含まれているのです。

実際に香りもいいですし、新茶にはテアニンという成分が豊富に含まれています。
うまみ成分なのでよりお茶を美味しく飲めます。

またそれだけでなく、リラックス効果や集中力アップの効果も期待できる成分なのです。

昔の人はそれを経験的に知っていたので、不老長寿の縁起物と言われてきました。

美味しいお茶の淹れ方

お茶の淹れ方
美味しくお茶を飲むためのポイントはお湯の温度です。
少しぬるめのお湯で淹れることで、うまみを効果的に引き出すことができます。

  1. 沸騰させたお湯を1度湯のみに注ぐ。
  2. そのお湯を急須に戻す。
  3. 湯のみに注ぐ。

このようにすると簡単に美味しいお茶を淹れることが出来ます。

美味しい新茶をさらに美味しく飲むために行なってみてください。

2018年の新茶イベント

八十八夜の頃には、新茶にちなんだイベントがいくつかあります。
新茶を実際に飲めたり、体験できるイベントもあるので楽しめるでしょう。

埼玉・八十八夜新茶まつり

八十八夜新茶まつり引用:http://iruma-kanko.jp

日程 2018年5月2日(水)
時間 9:00〜11:30
場所 入間市役所正面玄関前および市役所茶畑
埼玉県入間市豊岡1-16-1
アクセス方法 西武池袋線「入間市駅」から徒歩10分
問い合わせ 入間市役所農業振興課
04−2964−1111
地図
  • 八十八夜新茶摘み
  • 手摘み狭山茶実演
  • 新茶の無料湯茶サービス
  • 美味しいお茶の淹れ方教室
  • 新芽の天ぷら試食

など時間は短いですが、新茶をいろいろ楽しめる体験やイベントがたくさんあります。

先着順の配布で無くなり次第終了ですが、新茶一煎パックに茶苗木の無料配布も行われます。
気になる人は少し早めに会場に行くようにしてみてください。

また新茶販売は予約することができます。
後日入間市役所に取りに行かないと行けませんが、このイベントで教わった美味しい淹れ方で味わってみてはいかがでしょうか。

京都・八十八夜茶摘みの集い

八十八夜茶摘みの集い引用:http://ochanokyoto.jp

日程 2018年5月2日(水)
時間 10:00〜15:00
場所 【第1会場】宇治茶会館・茶業センター茶園
【第2会場】茶業研究所
アクセス方法 京阪宇治駅・JR宇治駅より無料シャトルバスが往復運行しています(9:30〜15:30 約30分毎)
車でお越しの場合は、太陽が丘の有料駐車場をご利用ください。
問い合わせ 京都府茶業会議所 0774-23-7713
茶業研究所 0774-22-5577
地図・第1会場
地図・第2会場

入場無料、事前申込不要で、宇治茶づくしの1日を楽しめるイベントがたくさんあります。
第一会場の宇治茶会館では、

  • 茶摘み体験
  • 抹茶の碾き臼体験
  • 美味しいお茶の淹れ方教室
  • 抹茶アート体験

など、他では体験できないイベントがいろいろあります。

今年リニューアルオープンした茶業研究所を第二会場では、

  • 宇治茶の手もみ体験
  • 試験茶園・新製茶工場の見学・説明

などが受けられます。

またシャトルバスの運行、先着3000名様へ来場者プレゼントや宇治新茶の振る舞いもあるのです。
ぜひ足を運んでみてください。

吉祥寺のレストラン「八十八夜」

八十八夜引用:Instagram

雑節の八十八夜と直接関係はありませんが、吉祥寺には「八十八夜」という名前のお店があります。
こだわりがたくさんある、「からだに優しいご飯と飲み物」がコンセプトのレストランです。

季節によってメニューが変わるので、いつ行っても新しい気付きがあるのではないでしょうか。

吉祥寺駅から徒歩3分ほどの場所にある、やわらかすぎないリラックスのできる空間です。
お酒の種類も豊富なので、夜に行っても楽しめるでしょう。

営業時間 11:00〜23:00
お休み 年中無休
※年末年始を除く
電話 0422-24-9490
住所 180-0005
武蔵野市御殿山1-2-1 御殿山デュープレックスR’S 2階
地図

2018年の八十八夜は新茶を楽しもう

八十八夜は農業を密接に関係している、昔の人が大事にしていた日でした。

2018年の八十八夜はGW真っ只中の5月2日です。

新茶イベントもありますし、参加してみてはいかがでしょうか。
茶畑をのんびり眺めてまったりする時間もいいものかもしれませんね。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!