WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

初午とは?2018年おすすめ初午祭は伏見稲荷。お供え物3点も紹介

初午という言葉を知っていますか?
地域や家庭によっては毎年お祝いしていることもいるでしょうが、初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。

そんな初午の意味や初午祭の開催地をご紹介します。





初午とは?

初午の午というのは、和暦表によって示されています
和暦表とは数字を使わずに、日にちを「甲乙丙の10個の年回り」と「子牛寅という干支の12個」の組み合わせで作られている暦のことです。

そして初午とは、2月の最初の午の日のことを指しています。
正確には旧暦で1年の最初、つまり1月の午の日も初午なのですが、通常稲荷社の祭の日である2月の初午のことをいいます。

2月に稲荷社で祭が行われるようになった由来は、稲荷社によって違いがあります。
伏見稲荷大社ではご祭神である宇迦御霊神が711年(和銅4年)の2月11日に、稲荷山の3箇峰に降りたという故事からきていると言われます。

稲荷社ってキツネを祀っているわけではないのですね。
勘違いしてました。
キツネ

そんな初午ですが、2018年は2月7日(水)です。
旧暦だと、2018年の初午は3月27日(火)になります。

旧暦の場合、つまり昔は3月末頃でちょうど農作業が始まる時期なので、午の日は豊作祈願がされていました。
その結果、初午の日には全国の稲荷神社で家内安全や商売繁盛の願いを込めて食べ物を奉納する日となったのです。

現在の初午は、その豊作祈願がもととなり稲荷信仰が結びつく形になり、初午祭が開催されるようになりました。

2018年初午祭の開催地

初午祭が行われるのは、日本各地に存在している大小合わせると3万社にもなる稲荷社です。
そんな稲荷社には、「日本三大稲荷」や「日本五大稲荷」と呼ばれる有名所があります。

ただこの日本三大稲荷や五大稲荷がどこなのかということですが、それぞれの稲荷社によって主張があり、日本三大稲荷と言われる稲荷社だけでも10社、五大稲荷も含めるとさらに数が増えます。

どこのお稲荷さんも由緒あるお稲荷さんなので、決めきれないところがあるようです。
そこで初午の由来とされている、伏見稲荷大社と日本三大稲荷候補・日本五大稲荷候補からいくつかの稲荷社をご紹介します。

伏見稲荷大社(京都)

伏見稲荷引用:Instagram

日程 2018年2月7日(水)8:00〜
住所 〒612-0882
京都市伏見区深草薮之内町68番地
アクセス・電車 JR奈良線「稲荷駅」よりすぐ
JR奈良線「京都駅」より徒歩5分
京阪本線「伏見稲荷駅」より徒歩5分
アクセス・バス 南5系統「稲荷大社前」より徒歩7分
アクセス・車 名神高速道路「京都南インター」より約20分
阪神高速道路「上鳥羽出口」より約10分
電話 TEL:075-641-7331
地図

誰もが認める「日本三大稲荷」は伏見稲荷大社でしょう。

伏見稲荷大社ではご祭神が降りてきたとされる初午の日は、とても大切な日になっています。
初午の日には「初午大祭」が開催され、ご祭神のとても大きいご神威を祀る行事として多くの参詣者が訪れます。

2日前の辰の日、2018年は2月5日(月)から稲荷山の杉と椎の枝で作った青山飾りを本殿以下摂末社に飾り、初牛の日を迎える習わしがあるほどです。

また参詣者に授与されている「しるしの杉」は、商売繁盛・家内安全のしるしとして受け取ることが習慣となっています。




豊川稲荷東京別院(東京)

豊川稲荷東京別院引用:http://www.toyokawainari-tokyo.jp

日程 2018年2月7日(水)
住所 〒107-0051
東京都港区元赤坂1丁目4
アクセス・電車 丸ノ内線「赤坂見附駅」より徒歩5分、有楽町線・半蔵門線・南北線「永田駅」より徒歩5分
電話 TEL:03-3408-3414
地図

稲荷と呼ばれる場合、狐を祀った神社を想像する人が多いと思います。
しかし豊川稲荷東京別院は違い、豊川ダ枳尼眞天を祀っています

稲荷と呼ばれる由来は豊川ダ枳尼眞天が稲穂を担い、白い狐に跨っていることから「豊川稲荷」と呼ばれるようになったのです。

ご利益は金運・仕事運アップに、悪縁切りに縁結びと対人運のアップもあるようです。

稲荷と呼ばれる由来が他の稲荷神社と違うからか、初午祭もそこまで盛大に行われるわけではないようですね。

豊川稲荷東京別院引用:http://kazu1950.blog.fc2.com

笠間稲荷神社(茨城)

笠間稲荷神社引用:http://www.kasama.or.jp

日程 2018年2月7日(水)7:30〜
3月27日(火)7:30〜
住所 〒309-1611
茨城県笠間市笠間1番地
アクセス・車 北関東自動車道「友部IC」より15分
北関東自動車道「笠間西IC」より15分
常磐自動車道「水戸IC」より20分
アクセス・電車 JR水戸線「笠間駅」より徒歩20分
駐車場 境内駐車場・無料25台
電話 TEL:0296-73-0001
地図

笠間稲荷神社の初午大祭は新暦・旧暦の2日行われ、「事始め」「仕事始め」の日として大切にされています。

初午祭では作物が良く実ることを願う神事ですが、笠間稲荷神社では稲荷の大神様は「いのち」を司る神と言われています。
そのため農業だけでなく商業、工業、殖産興業、交通安全、厄除、火防の神として崇敬されています。

そのことを受け、初午大祭では農業・商業をはじめ全ての物事が順調に進み、発展することを祈願し国の安泰を祈るのです。

鹿児島神宮(鹿児島)

鹿児島神宮引用:http://kagoshima-jingu.jp

日程 2018年2月11日(日)9:30〜16:00
住所 〒899-5116
鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
アクセス・車 九州自動車道「溝辺鹿児島空港IC」より25分
東九州自動車道「隼人西IC」より5分
鹿児島空港より15分
アクセス・電車 JR日豊本線「隼人駅」より徒歩15約5分
JR肥薩線「日当山駅」より徒歩15分
駐車場 無料駐車場350台
電話 TEL:0995-45-5111
初午祭実行委員会(霧島市観光課内)
地図

鹿児島神宮の初午祭は毎年10万人もの人出のある、鹿児島を代表するお祭りです。

由来は室町時代に遡り、鹿児島神宮の改装工事中に3人が同じ、馬頭観音が枕元に現れお堂を建ててくれと言われたそうです。

それ以降、たくさんの馬をお堂にお参りに引いていくようになり、きれいに飾り立てた鈴かけ馬を踊らせたのが始まりでした。

現在では、鈴かけ馬と呼ばれる馬の背中に飾りをつけ首には鈴をつけ、踊り連を引き連れて太鼓や三味線に合わせて踊ります。

最上稲荷(岡山)

最上稲荷引用:https://ja.wikipedia.org

日程 2018年2月7日(水)
住所 〒701-1331
岡山県岡山市北区高松稲荷712
アクセス・車 岡山自動車道「岡山総社IC」より10分
アクセス・電車 JR「岡山駅」よりタクシー20分
JR桃太郎線「備中高松駅」よりタクシー5分
アクセス・バス JR「岡山駅」より中鉄バス「稲荷山」バス停よりすぐ
駐車場 周辺民間駐車場5000台
電話 TEL:086-287-3700
地図

最上稲荷では初午の日に最上尊が降りたと言われており、その時の姿が左手に稲束、右手に鎌という姿だったそうです。
そのため農業・労働を守護し、世の悪や厄をなぎ払い幸福な人生を与える神であると言われています。

最上稲荷引用:http://www.inari.ne.jp

初午祭では、全てのものが活き活きと発育しようとする春にふさわしいよう、開運・発育健全祈願の式典が本殿で終日行われています。
またこの日だけ、盗難よけのお守りと招福簪が授与されます。

初午祭だけの特別なものになるので、手に入れたいですね。

祐徳稲荷神社(佐賀)

祐徳稲荷神社引用:https://ja.wikipedia.org

日程 2018年2月7日(水)0:00〜
住所 〒849-1321
佐賀県鹿島市古枝
アクセス・車 嵯峨崎自動車道「武雄北方IC」より30分
アクセス・電車 JR長崎本線「肥前鹿島駅」よりタクシー10分
アクセス・バス 祐徳バス「祐徳稲荷神社」よりすぐ
駐車場 無料駐車場3000台
電話 TEL:0954-62-2151
地図

祐徳稲荷神社は、1687年に稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社です。
衣食住の守護神として信仰されています。

年間300万人もの参拝者が訪れている祐徳稲荷神社の初午祭では、普段より賑わいをみせ商売繁昌を祈願する人が多く訪れています。
境内では、平戸神楽や面浮立、一声浮立、他民謡などの奉納が行われます。

祐徳稲荷引用:https://www.yutokusan.jp

高橋稲荷神社・熊本

高橋稲荷神社引用:http://www.kumamiru.com

日時 2018年2月7日(水)0:00〜24:00
住所 〒860-0068
熊本県熊本市西区上代9-6-20
アクセス 【バス】産交バス「上高橋バス停」下車5分
【車】熊本駅より10分
駐車場 無料50台
電話 TEL096-329-8004
地図

高橋稲荷神社初午大祭の始まりは、明応5年に伏見稲荷大社の御分霊を祀ったことだと言われています。

この初午祭は商売繁盛を願う参詣者が集まり、「福かき」「破魔矢」などを買い求めます。
また7回行われる「福餅まき」は、石垣の上の祈祷殿より下の広場にいる人々に紅白の餅がまかれ祭りが盛り上げます。

高橋稲荷神社の初午祭引用:https://www.walkerplus.com



また前日の初巳の日から参詣者で埋まるほどの賑わいをみせる高橋稲荷神社初午大祭は、肥後初春一の祭事と言われているのです。

それぞれで由来も行うことにも違いのある初午祭。
今年はどこかの稲荷社に出かけてみてはいかがでしょうか。




初午のお供え物の3点

初午祭が多くの稲荷社で行われる初午の日には、家でお供え物をする家庭もあります。
その際にお供えするものは決まっていて、一般的にいなり寿司・しもつかれ・初午団子の3点です。

いなり寿司

いなり寿司
稲荷神社の大神様の使いがキツネだったことから、キツネの好物とされる油揚げで作られたいなり寿司を奉納します。

だからなのか、稲荷神社にはキツネの神様が祀ってあると思っている人も多いようですね。
また野生のキツネだと思われている人もいますが、人の目には見えない白いか東名なキツネ「びゃっこさん」として崇められています。

しもつかれ

しもつかれ引用:http://kyoudo-ryouri.com

北関東で有名なしもつかれ。
初めて聞いた人もいるかもしれないですね。

しもつかれとは、鮭の頭、野菜の切りくず、酒麹を煮込んだ郷土料理のことです。
特別なレシピなどがあるわけではなく、家庭で材料や味に違いがあり、その家庭ならではのものになっています。

このしもつかれはご近所同士で交換し、「多くの家のしもつかれを食べると無病息災になる」と言われる縁起物です。

実際に初午祭が開催される頃に、振る舞う神社もあるといいます。
好みが別れるしもつかれ、1度は味わってみてください。

初午団子

初午団子引用:http://kyoudo-ryouri.com

初午団子は、まゆ団子とも呼ばれます。
その由来は、蚕を育てている人がたくさんの繭が取れることを祈願して、繭に見立てた団子を奉納したことからきているようです。

初午は蚕の神様の祭りでもあるので、養蚕が盛んな地域では初午団子をお供え物としています。

今年の初午ではお供え物もしてみてください。
稲荷社の御神体がきっと喜ぶと思います。

2018年の初午はどう過ごす?

初午という言葉は知っていても、意味を知らない人も多いかと思います。

しっかり意味を理解し、今年2018年は初午祭やお供え物もして初午の日に家内安全や商売繁盛を祈願してみてはどうでしょう。

それぞれの独自の初午祭を行なっている稲荷社もあるので、違いを体験できたら楽しそうですね。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?