WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

早寝早起きのメリットとは?習慣を変えるためのコツや方法のまとめ!

「起きるのがツラい」
と毎朝思いながら、布団の中で何分もモゾモゾ。

朝が苦手な方にとっては、目覚まし時計で起きるのも面倒なものです。

しかし、仕事や学校があれば起きないわけにもいきません。

朝起きるのが苦手な方のために早寝早起きをするコツをまとめました。




早寝早起きのメリット

早寝早起きには人生を有意義にしてくれるメリットがたくさんあります。

意識ひとつでも明日からすぐに実践できるのが早寝早起きです。

まずは早寝早起きのメリットを理解して、実践することによってどんな効果が得られるのかをみてみましょう。


1日の時間が長く感じる


引用:https://www.gizmodo.jp/
・8時に起きて0時に寝る
・5時に起きて21時に寝る
どちらも睡眠時間は同じ8時間ですが、実際に感じる1日の長さは後者の方が長くなります。

理由は単純で「朝日を浴びる時間が長くなるから」と言われています。

人間は本能として無意識に、太陽の光を浴びることによって体内の時計を調整しています。
この機能により、太陽の日を浴びることが出来る日中の時間が多くなるほど、1日の時間が長く感じられるようになります。

実際に長くなるわけではありませんが、それだけ1日を有意義に過ごせるようになり「充実感の高い生活」が可能になります。


心の底からスッキリする

朝日を浴びることで「幸福ホルモン」とも呼ばれるセロトニンの分泌が促されます。
セトロニンは体を活動モードに切り替えてくれるので、スッキリ起きることが可能です。

目覚めが悪い方でも、思い切ってカーテンを開けて朝日を浴びると、勝手に目覚めも良くなるはずです。


規則正しい生活になる

早寝早起きをすることで、体内時計が太陽の時間を同じ活動時間に近くなります。

さらに、なるべく毎日、同じ時間に寝起きすることによって、生活リズムが一定に保たれます。

規則正しい生活が必然的にできるようになり、1日の時間も長く感じるようになり良いことづくめです。


早起き朝ごはんで健康になる


引用:http://portal.nifty.com/
早起きすることにより、朝ごはんを食べる時間を確保することが可能です。

忙しい現代人の生活では、朝ごはんは抜いている方も多いようですが、朝ごはんは満腹にする意外にもメリットがたくさんあります。

早起きして朝ごはんを食べることによるメリットをまとめました。

脳が活性化する

早起きをすると、学校や仕事に行くまでに時間をたっぷり確保することができます。

時間に余裕があると、朝食をゆっくり食べることが可能になります。

バランスの良い朝食を食べると、脳にとって唯一の栄養であるブドウ糖が脳まで届き、活性化します。
また、時間があるので、しっかりと噛みながら食べることもできます。

しっかり噛むことも消化吸収を助けたり、脳の機能を発達させたり良いことに繋がっています。
朝食を抜くと仕事の効率や学力にも悪影響が出るというデータもあるので、早起きをして朝食を食べることは大切なことです。

血糖値や血圧の安定


引用:http://sozai.kingyomon.com/

毎日同じ時間に早寝早起きを行うことによって、生活のリズムができます。

リズムができることによって、血圧の変動が減って血糖値の安定や血圧を調整することにつながります。

また、ご自身の血圧を意識した朝食を食べると低血圧であれ高血圧であれ、食事による改善を見込むことも可能になります。
薬ではなく食事で少しでも改善するというのは、体にとってとても嬉しいことになります。

お腹がスッキリする


引用:https://www.bibeaute.com/

朝起きた時は、胃の中は空になっています。

その空の胃の中に朝食を入れてあげると、腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)を始めます。
腸が動き始めることで、直腸も刺激されて便意を起こします。

でも、早起きしていれば時間もあるのでトイレにいくこともできます。

スッキリしたお腹で1日を送ることができるうえに、毎朝同じサイクルで便をすることは便秘対策にも繋がります。




早寝早起きのコツと方法


引用:http://news.livedoor.com/
早寝早起きをするためには「いくつかのコツ」があります。

わかっていてもなかなか出来ないのが早寝早起きですが、どれも簡単なコツばかりです。

目覚めを良くするために寝る時にすべきことと、目覚めた後にするべきことを分けてまとめました。

意識ひとつで簡単に実践できる方法なので、簡単なものから実践してみてはいかがでしょうか?


寝るときにすること


引用:https://fuminners.jp/
スッキリ、きっぱりと早起きをするためには、まずは寝る前から始まります。

「起きる」と「寝る」は常にセットです。

しっかりとした睡眠を確保できなければスッキリと起きることも難しいので、まずは「寝る」ということから意識してみましょう。


お風呂の温度


引用:https://hapila.jp/
多くの方はお風呂は夜に入浴する方が多いと思います。

日課であるお風呂の入浴の仕方を少し変えるだけで、寝付きと睡眠の質が良くなります。

寝付きが良くなる入浴方法は
・就寝の1~2時間前
・お湯の温度はの40℃前後(熱すぎない方が良い)
・入浴時間20~30分
が体の疲れを取りつつ心地よく眠れる入浴方法といわれています。


体を冷やす


引用:https://allabout.co.jp/
睡眠と体温には密接な関係があり、眠りが深くなるに連れて人の体温は低くなります。

この時、体の体温が高いと深い眠りにつきにくくなってしまい、睡眠の質に影響します。

質の悪い睡眠は寝起きの悪さや、起きれない原因になります。

ですので、就寝前に体を適度にクールダウンしたり、室温を下げると深い眠りに入りやすくすることができます。


適度な運動を就寝2時間前までにする

夜間の運動は寝つきを楽にし、熟睡感を高めて翌日のスッキリ感を高めてくれます。

ただし、運動をすると体温が上がってしまうため、就寝の2時間前までに終えているとベストです。


部屋の照明


引用:http://j-town.net/
部屋の照明は真っ暗な方が眠りやすいとうい方は多いです。

でも、人間の本能的には薄暗い明かりがある方が眠りにつきやすいと言われています。
理由は、数千年以上前の人間は夜に火をつけて外敵から身を守って寝ていたためです。

ですので、炎の色に近く薄暗い明るさである「豆電球」や「間接照明」を付けると睡眠の質や寝付きが良くなります。


スマホやテレビは直前に見ない

スマホやテレビの明かりはメラトニンを減少させるので、寝付きが悪くなったり睡眠の質を下げてしまう原因になります。

布団の中でテレビを見たりスマホをいじる方は多いですが、できるだけ就寝の1時間前には使用を止めましょう。

どうしてもテレビやスマホが気になる方は、画面の明るさを暗くするなどの対策をするのも良いでしょう。


目覚めを良くするコツ


引用:https://www.glambeautique.net/
就寝時に上述したコツを実践していれば、必然的に今までよりも目覚めが良くなるはずです。

しかし、さらに目覚めを良くして、二度寝や寝坊を防止するための方法も紹介します。

カーテンを少し開けたまま寝る

カーテンを少し開けたままにして寝ることで、窓から入ってくる朝日を徐々に浴びて自然に目覚められます。

遮光性の高いカーテンを使用している方が「二度寝や寝坊をカーテンを変えたら治った」という声もあるほど、目覚めのタイミングに朝日を感じるということは大切です。

光が入らない部屋の場合は光目覚まし時計を使うのも効果的です。
目覚めのタイミングに明かりを浴びるということが重要です。

アラームを遠くに置く


引用:https://my-best.com/
二度寝や寝坊が癖になってしまっている方の多くが、無意識で目覚まし時計を止めていたり「あと少しだけ…」と意識的に止めてそのまま寝てしまうというパターンが多いです。

この問題は力技にも思えますが、目覚まし時計を遠くに置くことで解決できます。

布団から出なければ止められない場所に目覚まし時計を置くことによって、鳴り続ける目覚ましを止めるために布団から出ざるを得なくなってしまうというわけです。

意識では出来ないことでも、物理的な解決方法であれば誰でも簡単に出来るというのもポイントです。


寝具を見直す

睡眠の質が寝起きと直結しているのと同じで、寝具も寝起きの問題に関わりがあります。

肌に合わない掛け布団や形の着いてしまった敷き布団やマットレス、高さの合わない枕は寝付きも悪くなってしまいます。

寝付きが悪ければ睡眠の質も低下し目覚めが悪くなります。

また、寝相が悪くなったりいびきや歯ぎしりの原因にもなってしまう恐れもあります。

寝具は適切なものを使用し、枕や敷き布団は定期的にひっくり返したりして型崩れを防ぐと良いでしょう。


朝日を浴びる


引用:https://www.pinterest.jp/
朝日を浴びることでセロトニンの分泌が促され、体が活動モードに切り替わります。

体内時計のリセットにもなるので、起きたら一番初めにすべきこととも言えます。

体を動かす

体を動かすことによって眠気を飛ばすことが出来ます。

起床したらまず、朝日を浴びながらストレッチをしてみると効果がさらに良いでしょう。


早寝早起きは意識の問題


引用:https://inouehiroyuki.com/
早寝早起きを出来るようになるかは、結局は自分の意志の問題です。

今までのように「もう少し寝たいから寝る」と思えば結局は同じことの繰り返しになってしまいます。

「自分の生活スタイルを変えてやるぞ」
「二度寝や寝坊とはもう決別するんだ」

という強い意志を持ち、今までの怠惰な自分をいかに律することが出来るかが一番のカギです。

自分自身が一番わかっていると思ってしまうかもしれませんが、結局はコツも大切ですが最も大切なものは自分の意識です。




まとめ

早寝早起きのコツや方法、メリットについてまとめました。

どれも今日からすぐに実践できるものばかりです。

今までの自分と決別するためにも、この機会に早寝早起きの生活を挑戦してみてはいかがでしょうか?

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?