WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

弘前ねぷた祭り2018の開催日はいつ?掛け声や歴史も紹介!

青森の夏祭りといえば「ねぶた」と真っ先に出てきますが、有名なお祭りは「ねぶた」だけではありません。

ねぶたとは違う「ねぷた」というものもあり、ねぷた祭りの中でも規模が大きいものが「弘前ねぷた祭り」です。

今回は弘前ねぷた祭りの開催日や歴史、掛け声やねぶたとの違い、交通規制などについて紹介していきます。




弘前ねぷた祭りとは?

弘前ねぷた祭りとは、毎年8月1日から7日まで青森県弘前市で開催される夏のお祭りのひとつです。

弘前市は桜で有名な町ですが、夏もにぎやかでねぷた祭りの時期になると170万人もの人がねぷたのために訪れます。

青森ねぶたと形もお囃子も掛け声も違う弘前ねぷた祭りは、同じ趣旨の夏祭りでも全く違うものを見ることができます。
そのため、ねぷた・ねぶた好きの方は、2日間かけてどちらも見るという方も居るようです。

弘前ねぷた祭りで運行されるねぷたの数は青森ねぶた祭りよりも多く、大小合わせて80のねぷたが運行されます。
ねぷた絵はそれぞれ毎年新しく作られるものかつ、同じものはありません。

また、青森ねぶた祭りが「凱旋ねぶた」と呼ばれるのに対して、弘前ねぷた祭りは「出陣ねぷた」と呼ばれています。
隊列を組んで「ヤーヤドー」と声をあげて歩く様は、まさに武士が合戦に出陣するかの様な雰囲気で迫力があります。

弘前ねぷた祭りは弘前藩の城下町の祭りとして栄えてきたものです。
80のねぷたには弘前藩から引き継がれている伝統などもあり、その歴史や青森ねぶたとの違いを見ながら楽しむことができるのが弘前ねぷた祭りです。



弘前ねぷた祭りとは違う楽しみがある「青森ねぶた祭り」の記事はコチラ



ねぶた祭りの時期のホテル攻略方法はコチラ

弘前ねぷた祭り2018の日程はいつ?アクセス方法も解説

日時 2018年8月1日〜7日
会場 弘前市 市街地
住所 青森県弘前市(運行ルートは下記で解説)
アクセス JR奥羽本線:弘前駅
弘南鉄道:中央弘前駅
地図

弘前ねぷた祭りの歴史と意味、由来

画像 名前
引用:https://kyodokan.exblog.jp/

弘前ねぷた祭りの歴史や由来は「ねぶた祭り」と同じもので、原型は奈良時代(710年~794年)に中国から渡来した「七夕祭」の灯籠流しが変化したものだと言われています。

それに加え、もともと古くから津軽に伝えられていた習俗である精霊送りや人形、虫送りなどの行事が一体化しました。
一体化したお祭りの灯籠は時代が進むにつれて、紙や竹、ローソクが普及されると灯籠が変化して人形、扇ねぶたになったと考えられています。

青森ねぶた祭りが禁止されていたのと同様に、弘前ねぷた祭りも過去には禁止令が出されていました。
理由も同じで、参加者たちがねぷたの華やかさを競っているうちに、相手のねぷたに石を投げたり木刀や竹刀で穴を開けるためです。

時には日本刀を持ち出してくる人もいたらしいので、それだけ激しい喧嘩が勃発していたことが想像できます。

ただ、弘前ねぷた祭りには他のねぶたとは違う歴史が少しだけあります。
それは、扇形の所以と弘前藩の藩祖である「津軽為信」との関わりです。

弘前藩の藩祖である津軽為信の幼名が「扇丸」とだったということと、末広がりを意味した「開き」を応用して、扇ねぷたが弘前では作られるようになりました。

新しく誕生した扇ねぷたは、当時はユニークで斬新かつ新鮮さを感じさせました。
さらに、明治維新で混乱期だった弘前にはお金も手間もかかる組ねぷた(人形型)よりも扇ねぷたの方が都合が良かったため、扇ねぷたが普及してねぷた祭りの主役へと変わっていきました。




弘前ねぷた祭りの掛け声

画像 名前
引用:https://matsurip.org/

弘前ねぷた祭りにも運行時の掛け声があります。

青森ねぶた祭りでは「ラッセラー」という掛け声のみが使用されますが、弘前ねぷた祭りでは3つの掛け声が使われます。

弘前ねぷたでは「進行・休止・戻り」の3種類の掛け声があり

  • 進行が「ヤーヤドー」
  • 戻りは「ねーぷたーのもどりこ」、「ヤーレヤレヤーレヤー」

となります。

ねぶた、ねぷたには喧嘩祭りとしての一面も過去にはあったため

  • ヤーヤドーは、喧嘩の時の掛け声の「ヤァ!ヤァ!」という怒声が変化したもの
  • ヤーレヤレヤーレヤーも似たようなもので「やっちまえ」から変化したもの

と言われています。

弘前ねぷた祭り2018の交通規制と駐車場

弘前ねぷた祭りの開催期間中はねぷたの運行ルート上で交通規制が実施されます。
また、車で多くの方が現地へ向かうため、駐車場の確保が非常に難しくなります。

弘前ねぷた祭りの交通規制と大きめの駐車場について解説します。

交通規制

運行日によってルートが異なるため、交通規制も日によって変わります。

弘前ねぷた祭りでの交通規制の詳細は下記の通りです。

日程 時間 運行ルート
8月1日〜4日 17:30〜 桜大通り〜一番町〜下土手町〜中土手町〜土手町十文字
8月5日〜6日 17:30〜 中央通り〜弘前駅前〜大町〜上土手町
8月7日 9:30〜 上土手町〜中土手町〜下土手町〜一番町

毎年、だいたい同じ時間から同じルートを運行しますが、公式の発表がまだされておらず未定です。

交通規制や運行ルートは公式発表があり次第、更新いたします。

駐車場

会場周辺の有料駐車場を紹介します。

弘前市立観光館地下駐車場

住所 青森県弘前市下白銀町2-1
料金 30分/100円(1時間無料)
1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の入出庫不可
収容台数 88台
入出庫可能時間 8:00~22:00

弘前市役所駐車場

住所 青森県弘前市上白銀町3-1
料金 30分/100円(1時間無料)
1泊540円(午後10時から翌朝7時まで)※車の入出庫不可
収容台数 243台
入出庫可能時間 7:00~21:30
備考 来庁者が優先になります。

文化センター駐車場

住所 青森県弘前市下白銀町19-4
料金 30分/100円(1時間無料)
1泊540円(午後10時から翌朝8時まで)※車の入出庫不可
収容台数 110台
入出庫可能時間 8:00~22:00

弘前城公園駐車場(津軽藩ねぷた村)

住所 青森県弘前市亀甲町61
料金 1回/1000円(時間制限なし)
収容台数 200台
入出庫可能時間 5:00-23:00




弘前ねぷた祭りと青森ねぶた祭りの違い

画像 名前
引用:https://www.aptinet.jp/

弘前ねぷた祭りを青森ねぶた祭りの違いについて、意外とわからないという方は多いです。

青森県民のほとんどは違いがわかるものの、他県の方々からするとわからないことが多いようです。

そこで、弘前ねぷた祭りを青森ねぶた祭りの違いについて解説します。

山車となる「ねぶた・ねぷた」そのものの形が違います。
青森ねぶたは人形型のものが多いのに対して、弘前ねぷたは扇形のものが多いです。

ただし、あくまでも青森ねぶたと弘前ねぷたでの違いであり、「ねぶた=人形型」で「ねぷた=扇形」というわけではありません。

掛け声

青森ねぶたは「ラッセラー」という掛け声ですが、弘前ねぷたでは上述したように掛け声が違います。

弘前ねぷたでは「進行・休止・戻り」の3種類の掛け声があり

  • 進行が「ヤーヤドー」
  • 戻りは「ねーぷたーのもどりこ」、「ヤーレヤレヤーレヤー」

となります。

引き手

青森ねぶたでは引手がおらず、代わりにハネトがねぶたを引くように前を跳ねています。

それに対して弘前ねぷたは、ねぷたの両端に綱がつながっており、その綱を引きながらの運行になります。

ハネトという概念もないので演出面での迫力は少ないものの、ずっしりとした「出陣」を楽しむものが弘前ねぷた祭りです。

お囃子のテンポ

青森ねぶたに比べると、弘前ねぷたはお囃子のテンポが遅めです。

でも、そのテンポの遅さが逆にねぷたの躍動感を演出してくれます。

青森ねぶたと比べたときに「耳」で違いを感じることができるポイントにもなります。

「ねぶた」と「ねぷた」は同じ趣旨の祭りですが、そもそもの表記が違います。

NEBUTAとNEPUTAと異なりますが、これは訛りの変化の違いであってどちらも一緒のものです。

人形型だから「ねぶた」で扇形だから「ねぷた」ということになるわけでもありません。




弘前ねぷた祭り2018のホテル

弘前ねぷた祭りでのホテルを紹介します。

ねぷた祭り期間はホテルの予約が非常に取りにくいですが、せっかく弘前へ行くのであれば是非宿泊してほしいホテルを紹介します。

また、JRと弘南鉄道(私鉄)で弘前からのアクセスが良い大鰐町のホテルも一緒に紹介します。

弘前市内のホテル

まずは弘前市内のオススメのホテルを紹介します。

天然温泉岩木桜の湯 ドーミーイン弘前

天然温泉岩木桜の湯 ドーミーイン弘前
引用:https://www.jalan.net/

屋上の大浴場では青森県最高峰の岩木山を望むことができます。

弘前の景色を見ながら、旅の疲れを取るには最高です。

青森県ならではのりんご風呂をタイミング次第では楽しめるかもしれません。

住所 青森県弘前市本町71-1
電話番号 0172-37-5489
地図

石場旅館

画像 名前
引用:http://eclipse.star.gs

創業明治12年で国の有形文化財にも指定されている旅館です。

料理は地元の食材をふんだんに使った郷土料理がメインになっています。

歴史ある作りの旅館で、心の息抜きにも最適です。

住所 青森県弘前市元寺町55
電話番号 0172-32-9118
地図

小堀旅館

小堀旅館 弘前
引用:http://gipsypapa.exblog.jp

当時の弘前の洋と和が融合された、歴史ある旅館です。

館内では土蔵の入り口も見ることができ、最高のおもてなしと共に時代を忘れさせてくれます。

住所 青森県弘前市本町89
電話番号 0172-32-5111
地図


大鰐町のホテル

JR、弘南鉄道でのアクセスもよく、深夜のタクシーでも4000円程度で行ける大鰐町のホテルを紹介します。

ヤマニ仙遊館

画像 名前
引用:https://travel.rakuten.co.jp/

大鰐の地で明治から140年以上続く旅館で国の登録有形文化財へも登録されています。

太宰治や伊藤博文など、数々の著名人が宿泊した部屋は当時のままの残されており、その部屋に宿泊する事が出来ます。

宿の裏側には津軽平野を抜ける大きな河川である「平川」が流れを一望することができます。

大鰐ではねぷた祭りが開催されているので、規模は小さいですが「ねぶた」との違いを見比べるのも楽しみかもしれません。

住所 青森県南津軽郡大鰐町大字蔵館字村岡47-1
電話番号 0172-48-3171
地図

青森ワイナリーホテル

画像 名前
引用:https://ameblo.jp/

大鰐駅から車で15分ほど山を登った、阿闍羅山の山頂にあるホテルです。
気候次第では雲の上になるホテルで、夜は津軽平野の夜景を一望できます。

青森県産のぶどうとりんごを使ったワインの工場見学や試飲もでき、ゴルフ場もあるのでゴルフ好きにもおすすめです。

客室数はかなり多いので、予約も比較的取りやすいです。

住所 青森県南津軽郡大鰐町島田滝ノ沢100-9
電話番号  
地図




まとめ

今回は「弘前ねぷた祭り」について紹介しました。

青森ねぶた祭りに次いで、青森県内では2番目に大きい夏祭りの弘前ねぷた祭り。

夏でも涼しい弘前が暑くなる1週間のお祭りへ、是非足を運んでみてください。

見ているだけで暑くなるはずですよ。



弘前ねぷた祭りとは違う楽しみがある「青森ねぶた祭り」の記事はコチラ



ねぶた祭りの時期のホテル攻略方法はコチラ

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!