WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!

福島県で毎年開催される福島花火大会。

今回は今年で40回目を向かえる福島花火大会の日程や見どころについて紹介します。




福島花火大会とは?

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!
引用:https://phoenixyz.com/

福島花火大会とは毎年、信夫ヶ丘緑地で開催されている福島県を代表する花火大会のひとつです。

スターマインという花火が次々に打ち上がるのが名物で、厄払いや願い事を叶えてくれる縁起物の花火が打ち上がるということでも人気です。

他の花火大会では有料席は数千円以上する中、数は少ないですが1席800円で有料席に座れることも人気のひとつです。

福島花火大会2018の日程とバスのスケジュール

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!

福島花火大会の日程やアクセス方法、会場へのシャトルバスについて解説します。

日程

日時 2018年7月28日 19:20~20:40
会場 阿武隈川・松川合流地点(信夫ヶ丘緑地)
住所
アクセス
地図

アクセス

車、電車を利用した会場へのアクセス方法について紹介します。

東北自動車道:福島飯坂ICより車で15分

電車の場合

東北新幹線、山形新幹線:福島駅より徒歩70分
JR奥羽本線、東北本線:福島駅より徒歩70分
阿武隈急行線:卸町or福島学院大前より徒歩30分

電車で福島駅まで行く場合は、福島駅発のシャトルバスを使うと便利です。

シャトルバス

福島花火大会では開催日限定で有料のバスが運行します。
電車で福島駅まで行く方はバスを使うと便利です。
・往路:JR福島駅東口1番乗り場北側→信夫ヶ丘球場(16:00~19:00随時運行)
・復路:信夫ヶ丘球場→JR福島駅東口(20:20~随時運行)




福島花火大会2018の駐車場

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!

福島花火大会では開催日当日に専用駐車場が開放されます。

専用駐車場は17:30~21:30の間で開放され、駐車料金は無料です。

駐車台数も合計で1,600台以上ありますが、確実に車を停めたい方は早めに行っておくと良いでしょう。

福島競馬場(第1、2、5、6、馬運車駐車場)

住所 福島県福島市松浪町9-23
収容台数 1,300台
地図

あぶくま親水公園

住所 福島県福島市岡部字上川原
収容台数 300台
地図

北信支所

住所 福島県福島市鎌田字中江1
収容台数 50台
地図

福島花火大会2018の穴場

福島花火大会の穴場スポットについて紹介します。

新山霊園


会場から少し離れたところにある霊園です。

小高い丘の上にあるため、花火を開けた場所で見ることができます。

たあし、霊園ですので怖がりな人と罰当たりなことをする方はNGです。

メイン会場の反対側

メイン会場を道路で挟んで反対側の川沿いです。

整備されている場所ではありませんが、人が座って見るスペースは充分にあります。
人は少ないのでかなりゆっくりと花火を見ることが可能です。

下釜運動公園


会場からはそこそこ離れてしまいますが花火を見ることができます。

広い公園なので人はかなりまばらで静かです。
広い芝生の上で伸び伸びと花火を見たい方にオススメです。

福島花火大会2018のみどころ

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!
引用:http://toshi-ch.com/

福島花火大会のみどころについて紹介します。

屋台

福島花火大会2018の日程は?シャトルバス情報や穴場スポットも紹介!
引用:http://nexstagesolution.com/

福島花火大会でも他の花火大会と同様に屋台が出店されます。

定番のものから、福島だからこそ食べられるものまでたくさんあります。

花火とビールのおつまみに屋台の食べ物は必須です。

縁起花火を打ち上げできる

福島花火大会では「縁起花火」というものがあり、届けたい誰かのための花火を打ち上げることができます。

具体的にはメッセージを読み上げた後に打ち上げてくれるというサービスです。

縁起花火の打ち上げは有料ですが先着20名で限定です。

記念にオリジナルの花火を打ち上げたい方や思い出にしたいという方は申し込みしてみてはいかがでしょうか?
申し込みは7月4日までに「ふくしま花火大会実行委員会」へ電話で申し込んでください。

電話番号:024-525-3720




まとめ

今回は福島花火大会について紹介しました。

福島花火大会は普通に花火を見て楽しむこともできますが、何よりも縁起花火があるのが魅力です。
普通の花火大会としての思い出だけではなく、福島花火大会でしか得ることができない「記念」を作るために行ってみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!