WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

アイスの賞味期限はない!?アイスをおいしく食べられる期限や正しい保存方法をご紹介

数年前のアイスが冷凍庫の奥に入りっぱなしになっていた!

ということはありませんか?

1年以上前のアイスは食べても大丈夫なのでしょうか。

実は、アイスには賞味期限がありません。

でも数年前のアイスを食べるのはちょっと抵抗が・・・・

今回は、アイスの賞味期限についてや数年前のアイスについて詳しくお話します。

アイスの賞味期限がない理由

アイスには賞味期限がありません。

また、市販のアイスには賞味期限が記載されていないのです。

賞味期限は長そうですが、表示もされていなかったとは驚きですね。

アイスには、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス・氷菓の4種類があります。

コンビニやスーパーで購入できるアイスは、4種類に分かれています。

この4種類のアイスとも賞味期限はないのです。

アイスの有名メーカーのロッテ・グリコ・森永乳業のホームページにも賞味期限はないと書いてあります。

原材料には、賞味期限1週間の牛乳を使用しているのにもかかわらず賞味期限がないことは不思議ですね。

なぜ、アイスには賞味期限がないのでしょうか?

アイスの賞味期限は農林水産省が決めている

アイスの賞味期限は、農林水産省で表示の義務がないとされています。

法律で省略できることになっているのです。

購入したアイスの裏を見ても、どの商品も表示がされていませんでした。

アイスは-18度以下で保存されているため、著しい商品劣化や細菌の繁殖が考えにくいとされているからです。

また、アイスの原料は安定性が高く、製造工程で過熱殺菌をするなど厳しく管理されて製造されているのです。

 

保存状態がよく微生物の増殖がない食品は、賞味期限の表示の必要はないと考えられています。

蒸留酒のウイスキーやブランデーもまた、賞味期限の表示の義務はありません。

 

賞味期限を表示しないことは、-18度以下で保存をすることが前提で考えられています。

アイスの表示には、「-18度以下で冷凍」と必ず表記されています。

なので、何度も常温に戻していたり、きちんと冷凍ができていなかった場合は食べないことをおすすめします。

1年前、10年前のアイスも食べられる?

賞味期限がないからといって、「1年前ましては10年前のアイスは食べられるのでしょうか?」

結論は、食べられます。

しかし、風味が落ちていたり色が変色していることがあります。

「食べられるが、おいしくは食べられない」というのが正解でしょう。

引用:https://www.haagen-dazs.co.jp

冷凍庫の奥に閉まってあった3年前のハーゲンダッツを食べたことがことがあります。

ハーゲンダッツ特有のまろやかさはなくなり、表面はシャリシャリ。

お腹を壊すことはありませんでしたが、決しておいしくはありませんでした

3年前のハーゲンダッツを食べるくらいなら、安物のアイスを買って食べた方がマシ。

と思ったほどです。

ずっと冷凍庫に閉まってあったので保存はしっかりとできていたはずですが、やはり風味は落ちていたようです。

 

夏場や冷凍庫を何度も開け閉めしている場合は、温度が-18度以下に保たれていない可能性があります。

正しい保存ができていないと、表面や中が溶けてしまって再冷凍されている可能性が高いです。

温度が-18度以下に保たれていないアイスは、腐ってはいなくとも風味は落ちていると考えた方がよさそうです。

1年前のアイスは味も風味も変わらずおいしく食べられるようです。

10年前のアイスを食べた人は見たことがないですが、開封した時の匂いや色などを見て判断した方がよいでしょう。

なぜ、数年前のアイスは風味が落ちてしまう?

1年以上前のアイスは、シャリシャリしていたり、冷凍焼けしていたりとおいしくなくなります。

なぜ、冷凍しているのに風味が落ちてしまうのでしょうか?

 

お肉や匂いの強い食品と一緒に保存されている場合はアイスに匂いが移ってしまいます

またシャリシャリする原因は、一度溶けたアイスが再び固まるときに氷の結晶が大きくなるからです。

何度も冷凍庫を開け閉めしているうちに、アイスの表面が溶けシャリシャリした食感が生まれてしまいます。

 

さらに冷凍焼けが起こる原因は、水分子が蒸発して脂肪分が乾燥してしまうからです。

長時間冷凍されたアイスは、乾燥してパサパサとした滑らかさがない食感になってしまうのです。

 

家庭の冷凍庫での保存は、-18度以下を一定に保つことはなかなか難しいです。

そのため長期間保存されたアイスは、体に害はないとしてもおいしさはどうしても損なわれてしまうようです。

食べかけや霜のあるアイスは食べられる?

蓋つきアイスを半分食べてあとで食べようと思ったら数か月が経っていた!

ということは皆さんも経験があるかもしれません。

食べかけのアイスは食べても大丈夫なのでしょうか?

また、氷菓などでよくみる霜のあるも食べられるのでしょうか?

 

食べかけのアイス

食べかけのアイスは一度常温に戻されているので、通常よりも劣化は早くなります。

再びアイスを冷凍すると細菌が増えることもなく減ることもありません。

結論、食べかけのアイスは食べられるのです。

しかし、一度空気に触れているのでおいしさが損なわれる速度は早いと考えられます。

おいしい状態で食べる場合は、1週間以内に食べることをおすすめします。

霜のあるアイス

引用:http://kuumin0412.jugem.jp

アイスの表面に霜がついている場合は、一度溶けて再凍結している可能性が高いです。

霜は、温度が-18度よりも高くなって再凍結するときにできます。

ですので、格段に風味は落ちていると考えていいでしょう。

霜がついている場合は、シャリシャリとした食感になっていることが多いです。

霜がついたアイスクリームは、まずいと感じることが多いでしょう。

氷菓でかき氷のように元々シャリシャリとした食感のアイスは、おいしく食べられるかもしれません。

食べてみておいしくない場合は、やめておいた方がよさそうです。

賞味期限があるアイスもある!

賞味期限がないアイスがほとんどですが、賞味期限があるアイスもあります。

アイスクリームの王道ハーゲンダッツは賞味期限がないのです。

期限を気にせずに食べることができます。

 

手作りで販売しているアイスクリーム屋さんは、賞味期限があることが多いです。

手作り」や「自家製」「無添加」と表示されているアイスは賞味期限をチェックしてみてください。

スーパーやコンビニでは見ることはないと思いますが、アイスクリーム専門店などでは賞味期限がある可能性は高いです。

一体どんなアイスが賞味期限も設けているのでしょうか?

賞味期限のあるアイス」を紹介します。

シャトレーゼのアイス

引用:https://www.chateraise.co.jp

シャトレーゼは山梨県甲府市に本社があるお菓子メーカーです。

アイスの他にも、ケーキや焼き菓子、和菓子などスイーツを中心とした商品を販売しています。

中には、糖質カットされてたスイーツや乳・卵・小麦不使用のケーキを販売していたりと多岐にわたります。

 

シャトレーゼの特徴は、無添加にこだわった商品が多いことです。

無添加のアイスには賞味期限があります

製造日から12日と言ったアイスまであります。

 

アイスには、乳化剤・安定剤と言った口当たりをよくするための添加物が使用されています。

シャトレーゼの無添加アイスにはこの添加物が使用されていないので、繊細で溶けやすく商品の劣化も早いのです。

そのため、賞味期限を設けておいしい状態で食べてもらうことを推奨しています。

 

賞味期限付きの無添加アイスを食べてみたいですね。

賞味期限10分のアイス!?

引用:https://tabelog.com

東京都杉並区西荻窪駅から徒歩2分のアイスクリーム屋さん。

アイスクリーム工房BOBOLI(ボボリ)という名前のお店です。

こちらでは、新鮮な牛乳を使用した手作りのアイスクリームを販売しています。

お店のこだわりは、鮮度を保つために当日販売する量だけしか製造をしません

また、アイスクリームを製造する際の卵やバター、水あめは一切使用しないこともこだわりの一つです。

実際に食べたことがあるのですが、ミルク感が強く、牧場で食べているような新鮮さを感じるお味でした。

溶けるのも早いので、確かに10分以上経つとおいしさは奪われてしまいます。

賞味期限10分のアイスを食べてみてください。

 

アイスクリーム工房BOBOLI(ボボリ)

住所 東京都杉並区西荻南2-23-8
営業時間 OPEN 11:00 CROSED 22:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
アクセス【電車】 JR中央線西荻窪駅(徒歩2分)
問い合わせ 03-3333-9910
地図

 

おいしく食べれるアイスの賞味期限はいつまで?

アイスには賞味期限はないものの、おいしく食べられる期限はあります。

一体おいしさの賞味期限はいつまでなのでしょうか?

 

一番おいしい状態で食べることができる期限は、購入してから1週間です。

1週間以上経つと、冷凍庫の開け閉めから温度を下げてしまう可能性も高くなります。

箱入りのアイスの場合は1週間で食べきるのは難しいです。

 

購入後1年以内の場合は、品質に特別な変化はなくおいしく食べられます。

1年以上たった場合は、霜ができる可能性があるので1年以内に食べるようにしましょう

正しいアイスの保存の仕方

おいしい状態を長く保つためには、正しい保存をすることが大切です。

アイスをおいしく保存する方法をご紹介します。

  1. 温度が保たれやすい冷凍庫の下の方で保存する
  2. 匂いが移らないように、他の食材の近くに保存しない
  3. ジップロックなどに入れて乾燥から守る
  4. 温度を一定に保つため、冷凍庫の開け閉めはスムーズに
  5. 一度開封したアイスはラップをして空気に触れないようにする

 

以上を守っておいしくアイスを食べてください。

まとめ

アイスの賞味期限を気にしたことはありましたか?

おいしく食べるためには、正しい保存方法と早めに食べることは必須ですね。

数年前のアイスを食べるときには色や状態を確認してくれぐれも注意をしてください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!