WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

十六団子の読み方や数字の意味、歴史と作り方のまとめ

3月といえば春が近づくこともあり、色々な伝統行事が存在します。
例えば、春のお彼岸や桃の節句などはよく知られているでしょう。さて、3月の田植えに関係する行事に十六団子があります。
3月16日に16個のお団子をお供えする行事です。

日本では昔から稲作が盛んに行われているため、豊作を祈る行事が現代までいくつも残っています。
3月16日の十六団子もその行事の一つです。

ややマイナーと思う人もいるでしょうが、他の伝統行事と同じくらいに歴史を積み重ねてきています。
この記事では十六夜団子について基本的な情報をまとめ、作り方についても触れます。




十六団子とは?

十六団子とは3月16日に16個のお団子をお供えする行事です。米粉あるいは上新粉に砂糖を加えたお団子を作り、お供えした後は家族で食すのが一般的な流れになります。

詳しくは本文中でも触れますが、山から里にやってくる神様をお迎えするための行事です。
稲作の豊作を祈願する行事として古くから行われてきました。

十六団子の読み方

十六団子の読み方は「じゅうろうだんご」と「じゅうろくだんご」の両方があります。
「じゅうろうだんご」歴史的に古く、由緒正しいと言えるでしょう。

しかし、言葉や読み方の変遷とともに「ジュウロクダンゴ」も問題なく使えます。
あまりこだわらずに、読みやすい方を用いると良いでしょう。

十六団子を食べる地域

十六団子の行事を行う主な地域は東北地方や北陸地方となります。
このエリアにおける米作り、稲作の豊作を祈願する行事です。

この行事の作法は地域差があることが知られています。
共通点はお団子をお供えする行事であることと、そのお団子を食べることでしょう。

16の理由とは?

十六団子が16であることには、あまり深い理由は付けられていません。

田の神をお迎えする日が3月16日であることから、16個としたのではないかと考えられます。
もともと「16」という数字は縁起が良いと考えられていることも理由でしょう。

3月は田植えの時期であり、つまりは米作りに取り掛かり始める時期です。
田植え、ひいては稲作の成功を祈って田の神をお迎えします。

十六団子の由来と歴史

3月16日は十六団子の日であり、これは毎年行われる行事です。
お祭りなどはありませんが、山から里へと神様をお迎えする日です。

山から下りてきた山の神様が、里では田の神様となり稲作を見守ってくれるのです。

これまでの本文中でも触れてきましたが、改めて十六団子の由来や歴史についてまとめます。

十六団子の由来

3月16日に山から里へと神様がやってきます。
この神様は農業・農事の神様です。この神様は里に来てくれているときは、田の神様として田植えや稲作を見守ってくれます。
一方で、山へと帰ると山の神様に戻ります。

昔はお団子を作る時に臼と杵を使います。3月16日に臼と杵でお団子を作る音を聞いて、神様が里に降りて来てくれます。お団子を作る過程で音を鳴らすことで、神様に3月16日、田植え時期の訪れを知らせます。
そして完成したお団子を神様にお供えし、おもてなしをするのです。

もっとも、さすがに現代では臼と杵でお団子を作っている家庭はほとんどないようです。

厳密には神様を迎えるのは女性になるようで、3月16日には「早乙女」と呼ばれる田植えをする女性たちがいました。

ちなみに、11月16日にもお団子をお供えする風習があります。
この日は田の神様が山へと帰り山の神様になる日です。

十六団子の歴史

歴史的に山岳は信仰の対象になってきました。
神秘的な場所であり、神様が住むと考えられてきました。

稲作を行う農民たちは山に住まう山の神様を里にお迎えすることで、その年の豊作を祈願しました。
結果として、山の神様は山と里を行き来する田の神様にもなり、農業の神様として扱われたのです。

田植えの時期に神様をお迎えし、田植えや稲作を見守ってもらうために十六団子とその行事が作られました。

昔から長く続いた行事のため、お迎えの方法は細分化しています。
お団子の作り方だけでなく、その日の過ごし方まで地域によって差異があります。

しかし、今後も十六団子の日は、米が主食の日本の伝統行事の一つとして受け継がれていくと考えられます。




十六団子の作り方

十六団子の作り方はいくつかあります。
ここでは家庭でも手軽に作れるレシピを紹介しましょう。

伝統行事といえども、今では十六団子を作るのに臼と杵は使う必要は流石にありません。
現代なら上新粉もすぐ用意できるため、簡単に作ることが出来るでしょう。

材料を準備する

十六団子なので、もちろん16個ぶんの材料を用意します。上新粉で作ることが一般的でしょう。

・上新粉200ḡ
・熱湯150ccから200cc
・砂糖

生地作り

まずはボールに上新粉を入れます。
このとき好みで砂糖を加えても良いでしょう。
用意していた熱湯を注いで箸でかき混ぜます。
熱湯には十分に注意しましょう。

手で触れるくらいの温度になるまでまちます。
熱が引いてきたら、手でよくこねます。
粘りが出てくるまで続けましょう。

団子作り

できあがった生地を千切り、16等分にして手で簡単に丸めます。
その後に蒸し器に濡れ布巾を敷きましょう。
団子を等間隔に並べるようにして、その後は蒸し器に蓋をします。
約10分強火で蒸して十六団子の完成となります。




まとめ

3月16日には十六団子を作り、日本の伝統行事に思いを馳せませんか。
十六団子の行事には、昔からお米を主食する日本における田植えや稲作に対する思いが込められています。

本文中では十六団子について基本的な情報をまとめました。
レシピも載せましたが、簡単に作れることも伝えられたと思います。

東北・北陸地方の行事ですが、農家さんだけが豊作を祈らなければならないわけではありません。
美味しいお米が食べられるように、十六団子で豊作を祈願してはどうでしょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!