WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

【新潟】蒲原祭り2018の場所は?駐車場やお化け屋敷、開催時間も紹介!

新潟三大三大高市(たかまち=縁日)といわれている蒲原(かんばら)祭り。

日本一屋台の数が多い、新潟を代表するお祭りです。

昔なつかしいお化け屋敷に、新潟名物ぽっぽ焼きや、1年の農作物の豊凶を占う「御託宣」など魅力いっぱい。

新潟が誇る祭りの魅力や日程、アクセスや駐車場情報をまとめました。

蒲原祭りとは?


引用:新潟お出かけマップ

 

蒲原祭りとは、新潟市中央区にて開催される歴史あるお祭りです。

お祭りに欠かせないものといえば、縁日ですよね。

蒲原祭りは出店される縁日の数がとても多く、新潟三大三大高市(たかまち=縁日)と称されるほどの規模です。

長さ約1キロ、450店もの縁日が並び、日本一お祭り屋台の多い祭りとしても有名です。

また、新潟でしか見かけない「ぽっぽ焼き」もあります。

屋台の数と同じくらい有名なのが830年の歴史を持つ蒲原神社で行われる「御託宣(おたくせん)

こちらも魅力の1つです。

 

蒲原祭り2018の日程と開催場所

蒲原祭りは毎年6月30日から7月2日までの3日間で開催されます。

2018年もこの日時での開催となります。

 

開催日 6月30日(土)~7月2日(月) 3日間
屋台の出店時間 ・6月30日(土)13時~23時
・7月01日(日)10時~23時
・7月02日(月)10時~23時
場所 新潟市中央区長嶺町3-18/蒲原神社とその周辺
アクセス ・JR新潟駅万代口より徒歩で15分
・北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で20分(R7新潟バイパス紫竹山IC経由)
お問い合わせ 長嶺地域コミュニティ協議会

025-246-8602

マップ
公共駐車場 無し

 


引用:蒲原祭り

新潟駅の万代口を出て最初の大通りを右折。4つ目の交差する大通りがメイン会場となります。

こちらでたくさんの屋台や、お化け屋敷、射的や輪投げなど昔懐かしい催し物も楽しめます。

なお、お祭り当日は公共の駐車場はすべて利用できなくなってしまうので、注意が必要です。

駐車場はどこ?

お祭り期間中は公共施設の駐車場は利用不可で、民間の駐車場を利用する必要があります。

電車やバスなど公共の交通機関のご使用または、駅近のコインパーキングなどを利用されるのをお薦め致します。

車で来場される方は、新潟駅周辺がコインパーキングの数も多いので、空いている駐車場を探し、会場まで徒歩で行かれるのが良さそうです。(祭りのメイン通り近くは駐車場はほとんどありません)

 

新潟駅周辺のおすすめの駐車場をいくつかご紹介致します。

 

・JR新潟駅西駐車場(駅から近く収容台数も多く、料金も安め)

所在地 新潟県新潟市中央区花園1丁目1
収容台数 245台
利用料金 1,700円/暦日・170円/30分
マップ

 

・CoCoLo駐車場(少し料金は高めだが、収容台数が多く停めやすい)

所在地 新潟県新潟市中央区花園1丁目1−21 CoCoLo新潟
収容台数 826台
利用料金 2,400円/暦日・200円/30分
マップ

 

・タイムパーク 新潟駅南口駐車場

所在地 新潟県新潟市中央区笹口1−14−1
収容台数 52台
マップ

 

蒲原祭り2018のお化け屋敷とは?


引用:よつばと新潟

蒲原祭りの見どころには、必ずと言っていいほどお化け屋敷の名前が挙がります。

地元民の方からすると、蒲原祭りの風物詩といっても過言ではなく、幼い頃に誰でも1度は入ったことがあるほどだとか。

毎年、神原神社のすぐ横で開催されていて、祭りに訪れる人々の待ち合わせ場所になるほど目立ちます。

おどろおどろしい外観のとおり、中もかなりのクオリティで、時たま来場者さんの悲鳴が響くほど。

家族連れ、カップルの方は、思い出の1つにお化け屋敷に入られてみてはいかがですか?

その他の見どころ

蒲原祭りには、屋台やお化け屋敷以外にも様々な見どころがあります。

どれも実際に足を運んで体験していただきたいものばかりなので、その他の魅力を余すことなくまとめてみました。

 

蒲原神社の「御託宣(おたくせん)


引用:蒲原祭り

縁日の数が日本一多いと言われ有名な蒲原祭りですが、それだけではありません。

830年続く神事を、今もなお受け継いでいる歴史あるお祭りとして知られていることをご存知ですか?

古くは平安朝の頃から続く神原神社では、蒲原祭り期間中の6月30日に、その年の農作物の豊凶を占う「御託宣(おたくせん)」を行います。

かつては深夜に執り行う神事でしたが、子どもたち世代にも見てもらい、後世に伝えたいとの想いから、近年は19時から行うようになりました。

蒲原祭りは近代日本の文化と、古来よりの伝統文化が上手く溶け合った貴重な行事でもあるのです。

足をお運びの際は、ぜひ御覧ください。

ぽっぽ焼き(蒸気パン)


引用:新潟お出かけマップ

蒲原祭りに外せないのが、新潟県名物の「ぽっぽ焼き」です。

他の地域でお目にかかることはあまりないかもしれませんが、新潟のお祭りでは欠かすことはできないおやつです。

見た目は長細く、ふ菓子と勘違いされがちですが、黒砂糖を練り込んでいてほんのり甘く、かりん糖とパンの間のような味がします。

新潟県民のソウルフードと言っても過言ではないぽっぽ焼き。

蒲原祭りの屋台でもたくさん出店していますので、ぜひ食べてみてください。

 

蒲原祭り2018の屋台は?

蒲原祭りには、実に様々な屋台が出店していて、誰もが懐かしい気持ちになれ、子供時代にタイムスリップ出来ます。

それと同時に、近年では他地域ではあまり見かけられない新しい出展物や食べ物も増え、SNSで話題に登る事も多いです。

そこで、2018年の蒲原祭りのおすすめの屋台の出店物を新旧問わずご紹介致します。

 

射的、クイズ迷路


引用:着物大好きこぶたのブログ

こちらは誰もが昔懐かしい気持になれること間違いなし。

大人の方も、射的とクイズ迷路で童心に帰ってみてはいかがでしょうか。

こちらは蒲原祭りの中でもお化け屋敷と並んで、子どもたちが楽しみにしている物の1つです。

クイズ迷路は、3~4個のクイズに答え出口までたどり着くゲームです。

射的は風船を割って景品を狙うタイプのものもあります。

今では昔ながらの射的も少なくなってしまいましたし、大人でも楽しめそうです。

タイラーメン


引用:蒲原祭りの日程や屋台の出店時間

実は、神原祭りの隠れた逸品なのが、こちらのタイラーメンです。

SNS美味しいと話題になり、人気となっています。

醤油味のフォーにひき肉や干しエビが入っています。

蒲原祭りの一押しに挙げる人も多いそうです。

 

坊っちゃん笹だんご


引用:Wikipedia

有名な夏目漱石の著書「坊っちゃん」の主人公「俺(おれ)」のモデルが新潟県中央区生まれの実在の人物をモデルにしているそうです。

文中でも「越後の笹飴が食べたい…」とつぶやく場面も。

坊っちゃんにちなんで、蒲原祭りでも坊っちゃん笹だんご坊っちゃんちまきを販売しているようです。

坊っちゃんの名を冠して地元を盛り上げようという動きもあるようで、2018年の蒲原祭りでは、坊っちゃん笹だんごの屋台を見ることができるかもしれません。

笹団子も新潟県を代表する名物ですし、蒲原祭りで見かけたら食べることをお薦めします。

最後に

昨年は20万人もの人が訪れた蒲原祭り。

2018年も大盛り上がりをみせそうです。

絶対に外せないのはぽっぽ焼きと830年続く神事の卸託宣でしょう。

カップルやお子様連れでしたらお化け屋敷も見逃せません。

古くから伝わる伝統行事と、現代の文化がここまで上手く共存しているお祭りは、そうそうあるものではないかもしれません。

6月末から7月あたまの新潟は気候的にも過ごしやすく、蒲原祭りは本当にお薦めの行事です。

ぜひこの機会に、1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!