WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

鹿沼さつき祭り2018の花火大会はいつ?穴場スポット4選も紹介

栃木県鹿沼市のさつき祭りは、300ものさつきが展示され沢山のさつき愛好者が訪れるお祭りです。

初日には、12000もの花火が大空に打ち上げられる花火大会も開催されます。
見事なさつきと素敵な花火を堪能できるお祭りになっているのです。

そんな鹿沼さつき祭りの日程や花火大会についてご紹介していきます。

鹿沼さつき祭り2018

鹿沼さつき祭り引用:Instagram

鹿沼さつき祭りは、さつきの産地として知られている栃木県鹿沼市で開催される日本最大のさつきのイベントです。

2018年の鹿沼さつき祭りの日程は、5月26日(土)~6月4日(月)
時間は9:00〜17:00です。

「さつき大展示会」では全国のさつきの愛好家が丹精込めて育てた「さつき」が、300点も展示されています。

また展示以外にも

  • 一万本のさつきの展示即売や特産品の販売
  • さつきの講習会
  • さつきの苗木の配布
  • 観光物産展

など様々な「さつき」に関するイベントが盛大に行われます。

色とりどりに鮮やかに咲き誇るさつきを堪能できる、歴史あるお祭りなのです。

メイン会場へのアクセス方法

メイン会場は、鹿沼花木センターです。
アクセス方法はこちらを参考にしてください。

住所栃木県鹿沼市茂呂20861電話番号0289-76-2310

場所 鹿沼花木センター
アクセス 【電車バス】JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅から期間中無料送迎バス運行
【車】東北自動車道鹿沼インターから3㎞
駐車場 収容1000台
地図

サブ会場へのアクセス方法

サブ会場である「JAかみつが鹿沼花木センター」へのアクセス方法を紹介します。

場所 JAかみつが鹿沼花木センター
住所 栃木県鹿沼市奈佐原町584-1
電話番号 0289-75-4987
アクセス 【電車・バス】JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅から期間中無料送迎バス運行
【車】東北自動車道鹿沼インターから7㎞
駐車場 収容200台
地図

鹿沼さつき祭り花火大会2018

鹿沼さつき祭り引用:Instagram

鹿沼市で開催される鹿沼さつき祭りの花火大会は、夏の訪れを告げる花火大会と言われています。

そして鹿沼さつき祭りの初日に行われますので、鹿沼さつき祭りの開幕を告げる花火大会ともいわれています。

鹿沼さつき祭り花火大会の日程は?

日時 2018年5月26日(土)午後7時から午後8時半まで
時間 19:00〜20:30
会場 栃木県鹿沼市黒川河畔 (朝日橋周辺)
アクセス JR鹿沼駅から徒歩10分東武新鹿沼駅から徒歩10分
地図

鹿沼さつき祭りの花火大会の見どころ

鹿沼さつき祭りの花火大会では、12000発の花火が打ち上げられます。
来場者は、毎年10万人にものぼります。

小規模な花火大会ではあります。
しかし遮るものがない河川敷での開催なので、花火が堪能できると人気が高いのです。

鹿沼さつき祭りの花火大会は、仕掛け花火が堪能できる花火大会です。

鹿沼さつき祭り引用:Instagram

スターマインを中心に仕掛け花火など色鮮やかな花火を見ることができます。
全長100メートルのナイアガラは必見です。

鹿沼さつき祭り引用:Instagram

またメッセージ花火もあります。
花火でメッセージを伝えるわけではなく、メッセージがアナウンスされてから花火が打ち上がるようですね。

一般の方からメッセージを募集しています。
メッセージ内容は毎年、様々なものがあるといいます。
プロポーズのメッセ―ジや感謝のメッセージなど、普段言えないことを伝える人が多いのだそうです。

花火を打ち上げる前に、それらのメッセージがアナウンスされます。
ぜひ願いが込められたメッセージに耳を傾けてみてください。

花火を見るだけでなく、露店も楽しみの1つでしょう。

花火大会の会場には600もの露店が出ています。
屋台の食べ物を歩きながら、花火を楽しむのも良いですね。

花火大会の穴場スポット

鹿沼さつき祭りの花火大会を綺麗に見える穴場スポットをここでご紹介したいと思います。

鹿沼市文化活動交流館

場所 鹿沼市文化活動交流館
地図

鹿沼駅から13分ほど歩くと鹿沼市文化活動交流館があります。
打ち上げ場所を超える場所にありますので、ここまではあまり人が来ません。

打ち上げ場所には近いのですが、多くの人は打ち上げ周辺に集まります。
なので、落ち着いて花火を見ることができる穴場スポットになっているのです。

朝日橋周辺

場所 朝日橋周辺
地図

メインの観覧席は土手になっているのですが、打ち上げ場所は朝日橋で行われます。

そのため朝日橋ふもとや朝日橋周辺の場所に行くと、大迫力の花火を見ることができます。

しかし17時より交通規制が行われますので、ご注意ください。
また打ち上げる人の邪魔にならないように、近づき過ぎには気をつけましょう。

本部隣りのテント

土手には花火の運営本部のテントがあります。
その横辺りが穴場スポットだといわれています。

本部は花火の打ち上げ状況を確認しなければいけません。
そのためベストな状態で花火をキレイに見られる場所に運営本部を構えているのです。

千手山公園

場所 千手山公園
地図

会場からは車で10分程かかるので、間近でみることはできません。
しかし観覧車があり、花火の全体を楽しむことが出来ます。

花火大会当日は通常の営業時間より遅くまで観覧車が動いています。
いつもと違う鹿沼市を一望してみては、いかがでしょうか。

また千手山公園は花火大会の駐車場と離れているので、帰りに渋滞に巻き込まれる心配もありません。

まとめ

うだるような夏本番前の涼しく過ごしやすい5月に行われる、鹿沼さつき祭り花火大会。

鹿沼さつき祭りで、さつきの魅力に触れるのもいいでしょう。
また美しい花火や美味しい屋台に舌鼓を打つのもおすすめです。

ぜひ、一足早い素敵な夏を感じてみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?