WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!

「日本一の紅葉」とまで言われている栗駒山の紅葉。

奥羽山脈という朝晩の寒暖差が激しい環境で育つ紅葉の木々は、東北に冬の訪れを知らせるかのように赤や黄色で綺麗になります。

栗駒山は標高は1,626mと富士山の半分ほどの大きさで、山脈が宮城県、秋田県、岩手県の3県にまたがっているため起伏が少ないです。
そのため、広々とした高原のような環境で、紅葉と同じ目線で見ることが出来るのが魅力です。

二百名山のひとつにも選ばれている栗駒山の紅葉について紹介します。




栗駒山の紅葉の見頃の時期はいつまで?

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:http://www.rurubu.com/

栗駒山で紅葉が見ることが出来る時期は場所によって若干異なります。
また、その年の気温によっても前後するため一概に◯月◯日から◯日までと断言することは出来ません。

ただし、これまでの統計で考えると栗駒山での紅葉の見頃は

  • 山頂付近:9月中旬〜下旬
  • いわかがみ平付近:9月下旬〜10月上旬
  • ハイルザーム栗駒付近:10月中旬〜下旬
  • 温湯・浅布渓谷付近:10月下旬

となっています。

紅葉は天候や気温によって左右されるので、栗駒山の紅葉の情報はこまめにチェックしておくと良いでしょう。

栗駒山の紅葉が見れるおすすめドライブコース

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:https://4travel.jp/

栗駒山には色々なドライブ向きのコースがあります。

その中でも紅葉の時期に最もおすすめなコースは、栗駒山を一周できる「国道342号線〜秋田県道242号線〜国道398号線」を通るルートです。

通常時で4時間半ほどかかるロングドライブのコースですが、色々な角度から栗駒山の紅葉を見ることができます。
紅葉の時期には若干、交通量が増えるそうです。
車で行く際には交代の運転手がいたりすると運転が楽になりますし、紅葉もゆっくり見ることが出来ると思います。

他にも牧場や栗駒湖(栗駒ダム)を見ることができる、宮城県道42号線などもドライブコースとしておすすめです。




栗駒山で登山やハイキングはできるの?初心者向けコースは?

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:http://mtkurikoma.main.jp/

栗駒山では冬〜春以外を除いて、登山やハイキングが可能です。

登山コースの種類も豊富で、初心者向けから上級者向けまで9種類の登山コースがあります。
元々は11種類の登山コースがあったそうですが、2008年に発生した岩手・宮城内陸地震によってが通行止めになっているそうです。

どれも栗駒山を満喫できるコースになっているので、自分のレベルにぴったりなコースを探して無理なく安全に登山をしましょう。
登山のコースは下記の通りです。

登山道 レベル 距離
中央 初心者、初級者 2.9km
東栗駒 初級者、中級者 3.7km
表掛(御沢) 中級者、上級者 7.3km
裏掛(新湯) 中級者 5.4km
大地森(世界谷地) 中級者 9.0km
湯浜 中級者 8.8km
須川 初心者、初級者 3.7km
自然観察路 初心者、初級者 – km
天馬尾根(秣岳) 初級者、中級者 5.8km

紅葉の時期の栗駒山の混雑状況

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:http://www.ichitabi.jp/

栗駒山の紅葉の時期は、栗駒山の周辺のいくつかの道路が若干の渋滞になりがちです。

そして毎年、必ず渋滞になる道路が一箇所あり「大湯温泉〜須川温泉〜真湯温泉」の間はかなり渋滞します。
特に上記の区間の「須川温泉〜真湯温泉」では、岩手県側の上りで所要時間が最大4時間、距離で5kmという大渋滞が発生します。

渋滞を避けるための迂回ルートもあるため、渋滞時が予想されている時には迂回ルートを通るほうが無難です。
迂回ルートは下記の通りです。
※スタート場所は「長者原SA」となっています。また、所要時間には各施設での観覧している時間は含まれていません。

長者原SA〜築館IC〜花山湖〜須川温泉

ふらっと花山湖によりつつ、渋滞を迂回するルートです。
走行距離:75km
所要時間:2時間16分

長者原SA〜築館IC〜花山湖〜小安峡〜須川温泉

花山湖や小安峡を楽しむことが出来るルートです。
走行距離:94km
所要時間:2時間54分

長者原SA〜水沢IC〜胆沢ダム〜R342交差点〜須川温泉

焼石岳の紅葉や胆沢ダムも楽しむことができるルートです。
走行距離:156km
所要時間:3時間44分

長者原SA〜平泉前沢IC〜中尊寺〜毛越寺〜達谷窟〜骨寺村荘園遺跡〜須川温泉

世界遺産に登録されている「平泉」と歴史ある仏閣を巡るルートです。
走行距離:101km
所要時間:2時間13分

紅葉を見ながら栗駒山へ行けるバス「紅葉号」

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:https://4travel.jp/

ミヤコーバス(宮城交通)では毎年、栗駒山に紅葉が広がる季節になると臨時バスとして「紅葉号」が運行されています。

紅葉号であればマイカーを使わずに登山に行くこともできます。
登山後に運転する必要がないので疲れを気にせず、全力で栗駒山の紅葉と登山を満喫できるようになります。

紅葉号は下記の2つのルートと日程で運行されています。
紅葉号は予約不要ですが完全自由席かつ先着順なので、少し早めに行くように心がけましょう。

栗駒山紅葉号

ルート:石越駅~くりこま高原駅~いわかがみ平
運行日:平成30年9月16日(日)、17日(月)、22日(土)~24日(月)、29日(土)、30日(日)、10月6日(土)~8日(月)、13日(土)、14日(日)※土日祝のみ運行。
運賃:石越駅~いわかがみ平で片道最大1600円
乗車時間:1時間35分

往路と復路の間の時間帯に「いわかがみ平」~「くりこま荘」間での区間運行も実施されているので、登山後に温泉を楽しむこともできます。

鳴子峡・中山平紅葉号

ルート:鳴子温泉駅~鳴子峡~中山平温泉駅
運行日:平成30年10月13日(土)~11月5日(月)までの期間中毎日運行
運賃:鳴子温泉駅~中山平温泉駅で片道最大440円
乗車時間:18分




栗駒山の付近の駐車場

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!
引用:http://bluesky.rash.jp/

栗駒山へ紅葉を見に行く際に注意すべきなのは駐車場です。

山の中なのでコインパーキングなどの駐車場はありません。
登山口には基本的には駐車場がありますが、駐車可能な台数は非常に少ないです。

一番人気な「いわかがみ平」でも100台ほどしか停められず、紅葉の時期にはすぐに満車になります。
満車になると臨時駐車場も準備されますが、こちらもすぐに満車になりがちです。

車で登山に行く場合は駐車場のことを考え早めに出発するようにしましょう。
また、宿泊施設の予約をとっている場合は、登山前にチェックイン可能か確認し、車を停められるのであれば宿泊施設の駐車場を利用するという方法もあります。

路上駐車は渋滞や事故の元になるので絶対にやめましょう。

栗駒山へ紅葉を見に行くときの服装

2018年の栗駒山の紅葉の見頃時期は?ドライブや登山のコースも紹介!

栗駒山へ一度でも行ったことがある方は温度感がなんとなくわかるかもしれませんが、初めて行く方は気温が気になるところです。

紅葉が見頃の時期の栗駒山の気温は10月時点で

  • 最高気温17.6℃
  • 最低気温11.7℃

となっています。

最低気温はかなり寒くなるので防寒対策はしっかり行いましょう。

登山をする場合は動きやすく暖かい服装、気温に合わせて脱ぎ着できるような服装だと良いでしょう。
ただ紅葉を見に行くのであれば、普通の秋の服装よりも気持ち厚めぐらいがちょうど良いです。

当日の天気予報で気温をチェックして、合わせた服装で行けるとベストです。




まとめ

今回は栗駒山で紅葉を満喫するために必要な情報をまとめました。

栗駒山の紅葉は日本一と言われているほど、絨毯のように広がる美しく景色があります。

人気な紅葉スポットなので人も多く、車だと混雑するところもあります。
栗駒山へ向かう際には渋滞情報などをこまめにチェックするようにしましょう。

また、気温も低めで寒いので防寒対策は必ず行い、登山をする際には遭難しないように注意が必要です。

栗駒山の紅葉は一度は見ておくべき紅葉スポットなので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!