WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

車買い替えの手続きを紹介!保険・車庫証明・自動車税はどうする?

今乗っている車から新しい車に買い替える時の手続きをわかりやすく解説します。

手続きは面倒ですが、順を追って進めていくことでスムーズに新しい車に買い替えることができますよ。

車の買い替え手続きの流れ

車 買い替え 手続き
いざ新しい車に買い替えたいと思っても、買い替えの手順や手続き、保険や自動車税などを確認しておく必要があります。

車を買い替えるまでの手順は大きく分けて4つに分かれます。

↑自動車購入前


↓自動車購入後



ここからはそれぞれを順を追って確認していきましょう。
上の手順をそれぞれクリックすることで該当部分へジャンプします。

購入の準備

車 買い替え 手続き
まず、車を買い替えるための準備から始めましょう。

準備と言っても、難しい書類を何枚も用意する必要はありません。

ほとんどの方が自動車メーカー直営のディーラーやその他の自動車販売店で車を購入すると思います。

その際、販売店に登録を代行してもらうための委任状や車庫証明書は販売店側が用意をしてくれます。

(オークションや個人売買で車を購入し、自分で手続きをする場合は各種書類が必要です。)

ですから、それらの書類の提出に必要なものを準備するだけで大丈夫です。

  • 印鑑証明書(軽自動車以外の場合)
  • 住民票(軽自動車の場合)
  • 実印
  • 自動車納税証明書(必須では無いが求められる場合がある)


また、印鑑証明書は場合によって複数枚必要な場合があります。

必要な印鑑証明書の枚数と、該当する人をわかりやすく表にまとめました。

下記の表を見てあなたが何通の印鑑証明書が必要か確認してみましょう。

1枚 ディーラーや販売店で車を購入する人
2枚 ディーラーや販売店で車を購入し、なおかつ下取りをする人

または、ディーラーや販売店で車を購入し、なおかつ自動車税の払い戻しがある人
3枚 ディーラーや販売店で車を購入し、下取りをして、自動車税の払い戻しがある人


過去に車を購入したことのある方はわかると思いますが、印鑑証明書は市役所・区役所などで簡単に発行が可能です。

自動車税について

自動車税は未納でないかこの時点で確認しておきましょう。

自動車税が未納だと、名義変更が不可能ということであり車を売却することができません。

毎年4月1日時点で車を所有していた場合は自動車税の支払い義務があるので注意です。

ローンについて

今持っている車をローンで購入している場合はローンの残高確認をしておきましょう。

もちろんローンが残っていても乗り換えをすることは可能です。

しかし、下取りや買い取りを利用した際に買い取り金額からローンを差し引くことが出来るので、購入前や下取り・買い取り前に確認しておくことが大切です。

もしも下取りや買い取りの価格でローンを完済できない時でも大丈夫です。

  • 不足分を現金で支払う
  • 不足分をそのままローン返済する
  • 新しく購入する車のローンにまとめてもらう

などの方法があります。

購入時に二度手間になってしまわないよう、購入の契約をする時までに確実に確認しておきましょう。

乗っている車の下取り・買取り

車 買い替え 手続き
購入の準備ができたら、次は今乗っている車の処分方法を決めていきます。

今乗っている車の処分方法は大きく分けて3パターンあります。

  • 下取りしてもらう
  • 買い取り業者に売却する
  • 廃車にする


この3つの中でどれを選ぶべきかは人によって違います。

下取りや買い取りの場合はかなり大きな金額で売れることもあるので、購入前にいくらぐらいで売れるのかを確認しておくと良いでしょう。

最も一般的なのがディーラーへの下取りですが、下取り額(買い取り額)で言えば最も良いのは買い取り業者への売却です。

買い取り業者の場合は買い取り後に中古車のオークションにかけられることが多く、ディーラーとは違った流通経路を辿ることになるため買い取り額が高くなる傾向にあります。

車種や業者によってはディーラーの下取りと比べて買い取り額が50万円以上差が付きます。

更に、いきなりディーラーで下取り額を伝えられてもそれが妥当な金額か判断できないことが多いので、事前に買い取り業者の査定を受けておくことは大切なことなのです。

「面倒くさいから安くても手軽な方法が良い」という方は下取り。

「とにかく高く売れたら嬉しい」という方は買い取り。

「車が古いなど理由があって値がつかない」という方は廃車。

というように考えるとあなたに最も合った車の処分方法がわかります。

下取り メリット:
販売店で全て済むので楽
デメリット:
下取り価格は買い取り業者に比べ安い
買い取り メリット:
最高額で売却できる
デメリット:
販売店とは別に買い取り業者を探す必要がある
廃車 メリット:
しいて言えば税金が還付される可能性がある
デメリット:
廃車手数料を取られる場合がある

買い取りの場合、高く買ってくれる買い取り業者を探すのが面倒ですが、一括査定サイトを使うことで大幅に手間を減らすことができます。

車種名などを選んで送信するだけで、買い取りの場合にいくらで売れるのかがわかります。

買い取り業者によっても買い取り額は大きく違うことがあります。

そのため、ユーカーパックなどの一括査定サイトを利用することで複数社の査定を受けることができ、最も高く売れる買い取り業者がわかりますよ。

なお、下取り・買い取りの場合は「自動車納税証明書」が必要になることがあるため、用意しておくと手続きがスムーズです。

新しい車を購入

車 買い替え 手続き
下取りや買い取りなどが済んだら車の購入に進みます。

購入費がかなり浮く可能性もあるので、下取り額や買い取り業者への売却額は購入前に確認しておくと良いでしょう。

手続きや書類の準備はほとんどの場合ディーラーや販売店側で代行してくれますが、「印鑑証明書」(軽自動車の場合は住民票)「実印」が必要なので忘れないようにしましょう。

自動車保険などの手続き

車 買い替え 手続き
新しい車の購入後は自動車保険の「車両入替手続き」をしていきます。

車両入替手続きとは、自動車保険に登録されている車両を古い車から新しい車へ変更するための手続きです。

例えば、自動車保険に入っている状態で事故を起こしてしまった場合、保険の内容に準ずる形で保証を受けることができます。

しかし、車両入替の手続きをしていない状態、つまり古い車乗っていることになっている状態で事故を起こしてしまうと補償を受けられない場合があるのです。

「自動担保特約」という制度があるため、新しい車の取得後30日以内に車両入替手続きをすれば買い替え前の車に適用されていた車の補償は受けることができます。

とはいえ、出来るだけ早い段階で手続きを行ったほうが良いので納車日が決まったら早めに車両入替手続きをしておきましょう。

車両入替の手続きには新しい車の車検証(控え)が必要です。

車検証の控えを持っていない場合はディーラーや販売店に問い合わせておきましょう。

車両入替手続きの手順
1.ディーラーや販売店から車検証or控えをもらう
2.保険会社のサイト・電話から、また直接申し込む
3.保険会社の指定した書類と車検証を提出する
4.買い替え前の車と新しい車の保険料の差分を精算する

新しい車の購入費を抑える2つの方法

車 買い替え 手続き

せっかく買い替え・乗り換えをするならできるだけ安い価格で車を買いたいですよね。

普通に新車購入をしようとしているあなた、大きく損をしている可能性があります。

最高70万以上車を安く買うことができる裏技をご紹介します。

1.出来るだけ早く買うこと

車の買うタイミングなんて関係が無いように感じますが、それは間違いです。

現在発売されている車の多くはエコカー減税とグリーン化特例の対象車なので、その適用期間中は税金が非常に安くなります。

しかし、エコカー減税とグリーン化特例は期間が決まっており、現段階では平成31年(2019年)3月31日までに新車登録された方のみの減税措置です。

減税されるのとされないのでは20万円以上の差がついてしまいます。

20万円あれば新車購入の時にオプションを3.4個つけてもお釣りがきます。

2019年の3月31日までに新車登録出来るように出来るだけ早く購入しましょう。

2.下取りに出さないこと

ディーラーで車を購入する際には「下取り」という制度があります。

ディーラーに車を買取ってもらう代わりに、新車を安く購入するという制度です。

しかし、この下取りに出すよりも、専門の買い取りをしてもらったほうが圧倒的に高く売れることがあります。

それは買い取り後の流通経路の問題なのですが、多くて50万円以上の差額がつくこともあります。

つまり、車を買ってもらってその分安く購入するという点は同じなのに、下取りを選択するだけで大きな損をしてしまう可能性があるんです。

査定価格は買取業者によっても大きく違うため(10〜20万円)出来るだけ高い所で買い取ってもらうことをオススメします。

「ユーカーパック」というサイトでは査定額が最も高い買取業者をたった3分で探す事ができます。

あとになって損をしていたと気付き後悔しないように、複数の買取業者に査定の申し込みをしてみましょう。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?