WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

酒粕の優れた効果。美容・ダイエットに効く効能とは?食べ方も紹介

酒粕は、栄養豊富で美肌・健康効果が高いです。
しかし実際にどのような効果・効能があるのか、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

酒粕の効果や食べ方を紹介します。


酒粕とは

酒粕とは
酒粕は、日本酒を創り出す途中でうまれる副産物です。
酒を仕込んだ際に出来る「もろみ」を絞った後に残る搾り粕が「酒粕」なのです。

酒米を醸造すると、重量比の25%ほどの酒粕が取り出されます。
それだけの量が取れるものですが、日本酒を作る以外では必要ないものだと認識され、捨てられることも多かったのです。

しかし実は栄養価が非常に高いことが分かっています。

酒粕はそのまま食料として食べることもできますし、料理の材料としても使用することができます。
乳製品との相性がいいので、ぜひ好きな食べ方をみつけて酒粕の効果・効能を取り入れてみてはいかがでしょうか

酒粕の栄養価

酒粕の特徴といったらその栄養価の高さです。
しかし本当に栄養価は高いのでしょうか?

白米ご飯と玄米ご飯との栄養価を比べてみました。

100gあたりの栄養価 エネルギー たんぱく質 食物繊維 ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 ナイアシン 葉酸
酒粕 227kcal 14.9g 5.2g 0.03mg 0.26mg 0.94mg 2.0mg 170μg
白米 168kcal 2.5g 0.3g 0.02mg 0.01mg 0.02mg 0.2mg 3μg
玄米 165kcal 2.8g 1.4g 0.16mg 0.02mg 0.21mg 2.9mg 10μg

ビタミンB1とナイアシンは玄米より低いですが、他の数値は何倍、何十倍も栄養価が高いです。
その分エネルギーも高いので、取り過ぎには気をつけましょう。

ちなみにアルコールは100gで8.2g含まれています。



それぞれの栄養の働きには、このようなものがあります。

たんぱく質 人間の体を作ってくれる栄養素です。代謝を促進する働きもあるので、抵抗力を高めてくれます。
食物繊維 便秘解消、血糖値・コレステロール・血圧を正常に保つ働きがあります。
ビタミンB1 糖質をエネルギーに変えてくれる、代謝に関わる栄養素です。精神状態を安定させる働きもります。
ビタミンB2 ダメージを受けた細胞の再生を助けてくれます。また疲労回復を早める働きもあります。
ビタミンB6 核酸(細胞の働きを正常に保つ)の働きを促進する作用があります。
ナイアシン エネルギーを産生する酵素を補助する役割があります。
葉酸 奇形リスクが減少するので妊婦さんは積極的に取りたい栄養素です。

アミノ酸の含有量が米の500倍以上!

増加
酒粕は米から出来ていますが、発酵過程で働く酵母菌がアミノ酸を爆発的に増やします
その数は米の583倍にもなり、人が食物で摂取するしか無い必須アミノ酸が9種類、全て含まれているのです。

必須アミノ酸をサプリで取られている人は、酒粕を摂取するようにしたら食物で取れるので健康にもいいでしょう。

注目成分「レジスタントプロテイン」


酒粕で現在注目されている健康成分があります。
それがレジスタントプロテインです。

たんぱく質なのですが、普通のものとは違う特性をもっています。
どちらかというと食物繊維に近い働きを持っているのです。

酒は製造過程で発酵されますが、その影響で酒粕に含まれるレジスタントプロテインはとても凝縮されています。
結果、米よりも凝縮して含まれることで、胃で消化されにくく、腸まで届くようになるのです。
そして腸の食品の油や脂質を吸収し、便として排泄されます。

体に必要な栄養は摂取でき、脂質などは排泄できるので、ダイエットにも効果的だと言われています。

また油分を吸着し便に混ざることで、便通が改善された人もいるそうです。
悪玉コレステロール値を下げる研究データも発表されています。

このように様々ないい効果あるレジスタントプロテインが、酒粕には含まれているのです。

酒粕の健康効果

健康効果
酒粕は栄養価が高いだけではなく、健康効果も期待できるものなのです。
様々な病気予防に役立つと言われています。

がん抑制効果・予防効果

日本人の死亡原因の1位は、がんです。
最近では若い人ががんで亡くなることも少なくなく、若いからと安心できるものではなくなりました。

酒粕にはリンパ球のがん細胞を殺す作用を強める、NK細胞の活性促進物質があるという研究結果が発表されています。
がん細胞を殺す作用が強まるので、がんを抑制する効果が期待されています。

またα−ハイドロオキシ酸と呼ばれる成分も含まれており、リンパの働きを活性化させる、がんを予防する効果があることがわかったそうです。
予防と抑制どちらの効果も期待できると言われています。

糖尿病予防と改善

糖尿病は偏った食生活が原因で起こる病気です。
太っている人がなると思っている人もいますが、痩せているからと安心できるものではありません。
乱れた食事をしている人は、誰でも糖尿病になる可能性があるのです。
偏った食事

糖尿病は膵臓の働きが低下するために、インスリンが必要量作れなくなることにより起こります。

インスリンの働きにより、臓器は血糖を取り込んでエネルギーとして利用したり、蓄えたり、たんぱく質の合成や増殖を促したりするのです。

酒粕には、インスリンと似た効果が期待出来ると言われています。
そのため糖尿病予防や改善に役立つと注目されているのです。



また糖尿病以外の生活習慣病の心筋梗塞・動脈硬化・高血圧・脳梗塞の予防効果も期待されています

これは酒粕に含まれるレジスタントプロテインが、悪玉コレステロール値を下げる効果があると言われているからです。
悪玉コレステロール値を下げられれば、上記の心筋梗塞などがいい方向に向かうと考えられているのです。

アレルギー体質の改善

アレルギー
アレルギーをどうしかしたいと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
酒粕はアレルギーにも効果を発揮するようです。

アレルギーやアトピー、花粉症の原因は、カテプシンBという酵素により作られる「免疫グロブリン」だと言われています。
ペプチド物質はそのカテプシンBの働きを阻害すると発表されています。

酒粕にはそのペプチド物質が含まれているので、アレルギー体質の改善が期待されています。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症
カテプシンLは歳をとると出て来る物質なのですが、骨を壊す働きがあります。
酒粕にはこのカテプシンLの働きを阻止する物質が含まれているのです。

ダイエット効果!体の中から脂肪を燃焼

ダイエット
酒粕に含まれるレジスタントプロテインは、余分な脂肪の排泄を抑えてくれます。
そのため余分な脂肪が蓄積されることを防ぎ、ダイエットに繋がります。

また食物繊維の効果により、便の排泄を促し代謝をアップさせてくれますし、血糖値の上昇も抑えてくれます。
代謝がアップすることで基礎代謝が高まり、痩せやすい体を作ることができます。

ほかにもビタミンB群は内臓脂肪の燃焼も助けてくれるので、体の内側から健康的に痩せることができるのです。



カロリーの高い酒粕ですが、そこで太るかもしれないと心配する必要はありません。
酒粕の糖質は吸収されにくいのです。
白米と同じ量を摂取したとしても、カロリーは高くても白米よりも太りにくい食材といえます。

しかしいくら太りにくくダイエット効果があるとしても、酒粕は大量に食べればダイエット効果が高まるわけではありません。
ダイエット効果を期待するのなら、1度に大量に食べるよりも、毎日少量ずつを継続して摂取していきましょう

美肌効果も期待できる

美肌効果
酒粕は女性には嬉しい、美白効果やアンチエイジングにも効果があるようです。
肌トラブルを抱えている人は、ぜひ摂取してみてください。

肌荒れを改善

肌荒れ
ニキビや吹き出物など、肌荒れに悩んでいる人は多いです。
これらの原因はいくつか考えられますが、その1つに長く続いている便秘があります。

肌荒れと便秘に関係があることを意外に思うかもしれませんが、便とは体から排泄されるべきものです。
それがずっと体の中にあると発酵してしまい、有毒なガスが発生してしまいます。
そのガスを腸から吸収してしまうと、内蔵の働きを弱める結果に繋がります。



また肌は排泄器官ですから、体内にある有毒なガスが肌から出ることもあります。
そのため肌荒れがなかなか治らなかったり、治ってはすぐに肌荒れしてしまうことに繋がります。

なかなか治らない肌荒れは、便秘を解消することで改善されることも多いです。
酒粕には食物繊維が含まれているので、腸にたまった便の排泄を助けてくれます。

またビタミンBは肌の代謝を高める働きがあるので、ターンオーバーとともに肌トラブルが改善されやすくなります。

シミ・そばかすを改善して美肌に

シミ
シミやそばかすの原因はメラニン色素だと言われています。
酒粕にはメラニン色素の働きを抑えてくれる成分があるので、シミやそばかすができるのを防ぐ効果が期待できます。

酒粕を飲んだり食べたりして体内に取り込むのもいいですし、パックを行い肌に直接塗るのもいいでしょう。
酒粕なら、内側・外側どちらからの美白ケアも行なうことができます。

乾燥肌を改善

乾燥
肌が乾燥するとバリア機能が衰えますし、肌トラブルが頻繁に怒ることも珍しくありません。
乾燥はお肌の天敵です。

保湿効果に優れている酒粕は、乾燥肌の改善も期待できると言われています。
また保湿効果だけでなく、血流を改善する働きも期待できます。
その結果、肌の血流も改善され肌にも十分な栄養が届きやすくなるのです。

肌から酒粕効果を取り入れる!酒粕パック

パック
食べても酒粕効果が期待できますが、美肌効果を期待するのなら直接肌に塗ってみましょう

簡単に作れる「酒粕パック」を紹介します。
1日ずつ作るのは手間になってしまい続かないので、数日分をまとめて作るのがおすすめです。

【材料(1週間分)】

  • 酒粕:100g
  • 精製水:120〜150ml


【作り方】

  1. 板状・カス状の酒粕の場合は水に溶けにくいので、少量の水で溶き電子レンジで温めて滑らかにします。
  2. 精製水を入れて、肌に塗って伸ばしやすいように滑らかにします。
  3. 清潔な瓶に入れて、冷蔵庫で保管します。

※保存料が何も入っていないので、1週間で使い切りましょう。
1週間経ったら、残っていても使わずに新しく作るようにしてください。

【パック方法】

  1. 酒粕パックを適量手に取り出します。
  2. 顔全体に伸ばしていきます。
  3. 10〜15分放置します。
  4. よく洗い流して、普段通りのスキンケアを行います。

普通パックは毎日行なうと逆に肌に悪影響を及ぼすことが多いです。
しかしこの酒粕パックは、毎日1日回行なっても問題ありません

ただ肌に合わない人もいるかもしれないので、パックする前にパッチテストは行なってみましょう。

パックをするおすすめ時間帯は夜です。
半身浴しながら行えば、血行も良くなりいい効果が期待できます。

酒粕の食べ方は?

酒粕は生でも加熱しても食べれるものです。
しかし、あのかたまりを見てどのように食べればいいのか、悩んだ人も多いのではないでしょうか。

それぞれの食べ方を紹介していきます。
生で食べるのと加熱して食べるのとでは、いい面と悪い面どちらもあるので、好きなほうや目的に合わせて調理方法を変えるといいでしょう。

生と加熱したものの違いはこちらです。

生の状態 熱に弱い栄養素も摂取ができるので、栄養価は高いです。
酒蔵から直接販売されている生タイプやペーストタイプのものなら、酒粕の栄養を効率よく摂取できます。
しかし酒粕特有の風味やアルコールが含まれているので、好みが分かれます。
加熱した状態 熱に弱い酵母菌やビタミン類はなくなっている場合が多いです。
食物繊維やミネラルなど熱に強い栄養素は摂取することができます。
市販の板状やブロック状の酒粕は入手しやすいですが、安価なものは加熱処理されている場合が多いので確認して購入しましょう。

生で食べる方法

まず生での食べ方を紹介します。

酒粕はお酒の風味、酒粕特有の風味のするものです。
またアルコール分も入っているので少量のアルコールも苦手な人は、そのまま食べるのはおすすめしません。

自分に合った食べ方を見つけていきましょう。

そのまま生で

生の酒粕
実は酒粕はそのまま食べることもできるのです。
酒粕自体が少し甘みのあるものなので、そのまま食べる人もいれば、少し砂糖をかけて甘みをプラスして食べる人もいます。

日本酒の製造過程でできるものなので、お酒が好きな人にはたまらない芳醇な味わいなのです。
風味は日本酒だと思えるものもあれば、チーズのような風味のものもあります。

デザート感覚でも食べれますし、クラッカーなどと合わせておつまみとして食べても美味しいです。

酒粕ペースト

酒粕ペースト引用:https://hakkoushoku.jp


板状の酒粕は、水かお湯につけて20〜30分おくと柔らかくなります。
柔らかくしてすり鉢でするか、ミキサーなどで撹拌するとペースト状にすることができます。
または、最初から柔らかくペースト状になって販売されているものもあります。

ペースト状にした酒粕はいろいろなものと一緒に食べることができて便利です。

  • ヨーグルトに混ぜて。
  • アイスに混ぜて。
  • 豆乳と合わせて飲む。
  • スムージーに入れて。

などなど、普段の食生活に手軽にプラスすることができます。

注意点としては加熱していない酒粕を摂取したいのなら、加熱する料理には入れないことです。
そのまま食べる物に混ぜたり、合わせて食べるようにしてみてください。

漬物に使う

漬物
これはそのまま酒粕を食べるわけではないですが、酒粕の栄養素を効率よく摂取することができます。
生の酒粕をぬか床として使うのです。

冷蔵庫で保存すれば何度も使うことができますし、漬けたあとの酒粕も味噌汁などに再利用できるので無駄がありません。

【材料】

  • 酒粕:1.5kg
  • 焼酎:30cc
  • みりん:30cc
  • 砂糖:300g


【作り方】

    1. 酒粕に砂糖を入れて混ぜ、焼酎とみりんを入れて柔らかくしていきます。

※味噌も入れるとまた変わった風味が楽しめます。

  1. 野菜や魚を入れて、3〜4時間ほど漬けると完成です。

酒粕の白和え

白和え
豆腐は木綿だと食感が少し残り楽しめます。
絹だとクリーミーな白和えになるので、好みのほうを使ってみてください。

写真は、木綿を使っています。

【材料】

  • 酒粕:小さじ1
  • 豆腐:1/2丁
  • こんにゃく:1/4枚
  • ほうれん草:1/2束
  • 白ごま:大さじ1
  • 醤油:大さじ1


【作り方】

  1. 木綿豆腐は水に少々を入れて茹でて、しっかり水切りをして手で崩しておきます。
  2. こんにゃくはアク抜きをして、小さめの短冊切りにします。
  3. ほうれん草は茹でて水気をしっかり絞り、3センチくらいの長さに切ります。
  4. 1〜3の材料と酒粕を合わせて、すった白ごまと醤油も入れて合わせて完成です。

加熱して食べる方法

酒粕を加熱調理するレシピを紹介します。
加熱すると壊れてしまう栄養素もありますが、酒粕特有の風味はなくなるので食べやすくなります。

焼く

焼いた酒粕引用:http://jolijoli.blog.jp

板状の酒粕をちぎるかバラ粕をひとまとめにして、フライパンかグリルで焼き目が付くまでこんがり焼きます。
好みによって、砂糖を付けたり醤油を付けて食べても美味しいです。

焼くことによって少しアルコールが飛びますが、完全に飛ぶわけではなく風味やアルコールも楽しめます。

酒粕甘酒

甘酒
酒粕といったら甘酒を思い浮かべる人も多いでしょう。
きな粉や豆乳を入れたりとアレンジできるので、いろいろな味で楽しんでみてください。

【材料】

  • 酒粕:100g
  • 砂糖かハチミツ
  • 生姜:すりおろし


【作り方】

  1. 鍋にお湯400ccと酒粕100gを入れて、酒粕が溶けるのを待ちます。
  2. 砂糖かハチミツを入れて甘みをつけます。
    ※味見をしてお好みの甘さに仕上げてください。
  3. しょうがを入れて、火にかけ一煮立ちしたら完成です。

酒粕味噌汁

酒粕味噌汁
普段の味噌汁に酒粕を入れるだけで完成です。

2人分の味噌汁で、酒粕を大さじ2〜3入れてください。
これくらい量を入れると、少しとろみがつくようになります。

同じような要領でシチューやカレーなど、汁系の料理でしたらだいたい調理過程で入れられます。
普段の料理にちょっとプラスして、酒粕を使ってみてください。

酒粕摂取の注意点

注意点
栄養豊富で健康にも美肌にも効果が期待できそうな酒粕。
しかし摂取する時にいくつかの注意点があります。

賞味期限を守って

酒粕はアルコール成分が含まれているので、菌が繁殖しにくいものです。
賞味期限は数ヶ月後で設定されています。

しかし菌が繁殖しにくくても、菌が全くいないわけではないので、時間の経過とともに熟成が進みます。
時間が経ちすぎると酸っぱい臭がしたり、糸を引いたりするようになります。
ここまでいってしまったら無理やり使うことはしないで、勿体無いですが破棄しましょう。

酒粕の賞味期限は保存状態にもよりますが、だいたい3ヶ月〜6ヶ月程度です。
正しい保存方法で賞味期限内に使い切るようにしましょう。

妊娠中や授乳中は控えよう

妊娠
酒粕にはアルコールが含まれているので妊娠中に摂取すると、胎児にアルコール成分が送られてしまいます。
その結果、「胎児性アルコール症候群」という症状を引き起こす可能性があります。
知的障害や先天性疾患を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性があるので、摂取は控えるようにしましょう。

また授乳中も飲酒と同様の悪影響を及ぼす可能性があります。
アルコールは女性ホルモンの働きを抑制してしまうために、母乳の出が悪くなることもあるので、摂取は控えましょう。

誤って摂取してしまった時は母乳をできるだけ搾乳して、1日赤ちゃんへの母乳は休むようにするといいですね。

1日の摂取目安を守って食べる

酒粕は高カロリーでお酒が含まれていることが、多く摂取した時に心配になる点です。

酒粕は100gで227kcalで、300g食べれば成人女性の1食分のカロリーに相当してしまいます。
白米などよりは脂肪になりにくいとはいっても食べ過ぎは、カロリー過多を招く原因となります。

1日の摂取量の目安は50gです。
毎日継続して摂取するなら、取りやすい量かもしれません。

いろいろな料理に入れることもできますし、甘酒にすることもできます。
今日から1日50gを目指してみてはいかがでしょうか。



他の食品・調理法の効果を知りたい方はこちら。

シリコンスチーマーで温野菜
シリコンスチーマー温野菜で賢くダイエット!生・茹で野菜との栄養の違いも紹介

酒粕効果で健康と美肌を!

いかがでしたか。
酒粕には体にいい効果がたくさんありました。
ぜひ摂取していきたい食材ですね。

賞味期限は守らないといけませんが、数ヶ月持つものなので使い切るのは難しくないと思います。

毎日酒粕を摂取して、健康面も美容面も理想を手に入れましょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!