WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「ますでしょうか」は間違い?正しい代替え語や二重敬語、直し方を解説!

ビジネスシーンでの会話やメールのやり取りの中で使われている「ますでしょうか」という言葉。

普段、何気なく使っている方は多いですが、実は「ますでしょうか」は間違いであることをご存知でしょうか?

なぜ「ますでしょうか」が正しい日本語ではないのか。
本当はどのように表現するのか良いのかと「ますでしょうか」に関することをまとめました。




「ますでしょうか」は間違い

「ますでしょうか」という言葉が間違いであることを指摘されても、なぜ間違いであるのかということを理解できなければ、恐らくこれからもふとした時に使ってしまいます。

なぜ間違いなのかということを確認してみましょう。

【あわせて読みたい】
ビジネスシーンでの間違えて使われがちな、印象を悪くしてしまう言葉


「ご自愛ください」の意味や使い方、使ってはいけないタイミングを解説


二重敬語だからおかしい

よく間違えられる敬語の表現方法のひとつで「二重敬語」というものがあります。

「二重敬語」とは、敬語をふたつ重ねて表現することで正しい敬語ではありません。

たとえば「~ますでしょうか」の中には
・「〜ます」の部分の「ます」
・「でしょうか」の部分の「です」
の2つの丁寧語が入っています。
このように、ふたつの敬語(丁寧語や謙譲語など)が重なってしまった場合に「二重敬語」となります。

二重敬語は普段の会話やメールのやり取りの中でしてしまうものです。
しかも、使っている本人は「それが良くないものである」ということに気づいていません。

ですが、二重敬語のことを知っている周りからすると恥ずかしくて仕方がありません。

本人は気づかずに使っていて直しようがないので、気付いたときに優しく指摘してあげると良いでしょう。


ないでしょうか

「〜ないでしょうか」も話題に上がりやすい表現のひとつです。

「間違いはないでしょうか?」
「問題はないでしょうか?」
目上の人に対する確認に使われることが多い言葉ですが、表現方法としては全く問題ありません。

ただ、さらに丁寧な言葉にするのであれば
「間違いはございませんか?」
「問題はございませんか?」
のように「ございます/せん」の方が丁寧な言葉使いになります。


ませんでしょうか

「〜ませんでしょうか」は「〜ますでしょうか」は意味も使い方もほぼ同じです。

違いとしては
「〜ませんでしょうか」は肯定形
「〜ますでしょうか」は疑問形

という点があります。

どちらも二重敬語なので誤りといえば誤りですが、仮に使うとした場合は場面によって使い分けることで好ましいです。

「ます」(疑問形)の方がYESを取りやすくなりますし、相手に与える印象も変わります。
もし、相手に質問の回答を答えるか判断を委ねるのであれば「〜ませんでしょうか」がベストです。


相手に対する配慮、尊敬のつもりでも間違い

そもそもの二重敬語は帝(天皇)に対して使われる表現でした。
帝といっても、1000年以上前の平安時代に使われていたものであり、現代では敬語の過剰な表現としてとして誤りとされています。

また、二重敬語は日本人の文化が「相手を敬う」、「相手へ配慮する」という文化が非常に強いため、常に相手のことを考えて「丁寧に、丁寧に」と意識するためにしてしまう表現です。

いかに相手のことを配慮していても、二重敬語は誤りですので避けるべき表現といえます。


上から目線で受け取られてしまうことも

二重敬語でなくとも「〜でしょうか」という表現は言葉選びを間違えてしまうと、相手に与える印象が悪くなってしまう場合もあります。

例えば「可能でしょうか?」という表現は「可能」という言葉があるため、受け取り手によっては強めで上から目線に捉えられることもあります。

「お願いをしてるくせに上からくるなぁ」と思われてしまわないように、使うタイミングや場面は注意が必要です。


文法的に考える

直感的に考えにくい方は、文法的に考えてみるのもひとつの方法です。

「ますでしょうか」か誤りと言われるのは
《 「~ます」(丁寧語)+「でしょうか」(丁寧語) 》
のように『丁寧語+丁寧語』の文法になってしまうためです。

文法的に考えると二重敬語の間違いはわかりやすいです。

他にも
・謙譲語+謙譲語
・尊敬語+尊敬語
も二重敬語とされています。

たとえば、「ご拝見致します」が誤りである理由は
《 「拝見」(謙譲語)+「ご~致します」(謙譲語) 》

「申し上げさせて頂きます」が誤りである理由は
《 「申し上げる」(謙譲語)」+「させて頂きます」(謙譲語) 》
となります。

実は間違いかも、言葉の意味や言い間違えについての記事はこちら

「私事」の正しい意味や読み方とは?使う場面や2種類の違いも解説!


正しい「ますでしょうか」の表現方法

「ますでしょうか」が誤りであることを理解しても、正しい表現を理解しなければ言葉選びを直すことが出来ません。

「まずでしょうか」の正しい表現方法や二重敬語の直し方について考えてみましょう。


「です」か「ます」のどちらかを消す

「~ませんでしょうか」は「ます」と「です」の2つの敬語(丁寧語)が混在しています。
これを簡単に二重敬語ではなくする方法として、「です」か「ます」のどちらかを消してしまいます。

たとえば
「です」を削除すると「〜ませんか」になり
「ます」を削除すると「〜でしょうか」
となります。

「です」か「ます」を消すことによって、日本語的に正しい表現にしつつ、言葉そのものの印象も変えることが出来ます。


いただく/いただけますか

「〜ますでしょうか」でも行動を促す時の確認の際に使用されます。

「こちらの書類にサインをいただけますでしょうか?」のように使う機会が多いと思います。
この文章は「いただけますか?」に置き換えることによって「こちらの書類にサインをいただけますか?」と変換することが出来ます。

また、この場合の「いただけますか?」は「です」か「ます」の「です」を取り除いた言葉になります。


ありませんか/ございませんか

「〜ますでしょうか」でもはっきりと答えを出す時の確認の際に使用されます。

「変更して問題ございませんでしょうか」のように使われることが多いです。
この文章は「ありませんか?」「ございませんか?」に置き換えることができます。

「変更して問題ありませんか?」と「変更して問題ございませんか?」のどちらも「です」を取り除いた言葉ですが、若干意味合いも違います。

「ございませんか?」の方が物腰が柔らかく丁寧に聞こえます。

場面ごとに使い分けるのが良いでしょう。


文法的に考える

すでに上述してありますが、文法的に考えることも可能です。

二重敬語は
・丁寧語+丁寧語
・謙譲語+謙譲語
・尊敬語+尊敬語
のように、敬語が続くことによって起きる問題です。

丁寧語や謙譲語、尊敬語の違いを理解していれば、意識の中で簡単に二重敬語は直すことができるはずです。




まとめ

「ますでしょうか」の使い方についてまとめました。

ビジネスシーンでの二重敬語は仕事の結果にも関わってきます。

何気に使っていると誤りにも気付かないかもしれませんが、この機会に見直してみてはいかがでしょうか?


実は間違いかも、言葉の意味や言い間違えについての記事はこちら

「私事」の正しい意味や読み方とは?使う場面や2種類の違いも解説!

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?