WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

美川おかえり祭り2018の日程やアクセスは?歴史や駐車場情報も紹介

美川おかえりまつりは石川県白山市美川の藤塚神社とその周辺で行われる春祭りです。

江戸時代中期から約700年も続く、歴史ある厄除けの神事でもあります。

きらびやかな台車に、紋付き袴姿のラッパ衆。

10年に一度まわってくる、おかえり筋とは?

本記事では2018年の美川おかえり祭りの魅力や日程、アクセス情報、歴史などを紹介していきます。

美川おかえり祭り2018の日程とアクセス

引用:うらら白山人

美川おかえり祭りは毎年5月の第3土曜日、日曜日の開催で、2018年は5月19日(土)・20日(日)の開催です。

祭りの1日目と2日目で、それぞれ違った楽しみを味わえます。

1日目は早朝に「招集ラッパ」が鳴り響き、豪華絢爛な神輿が13台の台車、獅子舞やラッパ隊と共に町内を練り歩きます。

早朝に本殿である藤塚神社を出発した神輿は、23時頃に高浜御旅所に到着します。

2日目の夜19時頃に神輿は再び担がれ、御旅所から10年に1度まわってくる「おかえり筋」になった町の町筋を通り真夜中に再び藤塚神社へ帰ってきます。

2018年のお帰り筋は北町です。

 

開催日 2018年5月19日(土)・20日(日)
場所 石川県白山市美川近郊と藤塚神社
お問合わせ 白山市観光課
TEL 076-274-9544
アクセス JR美川駅から徒歩で10分
北陸道美川ICから車で5分藤塚神社周辺
マップ

 

美川おかえり祭りの歴史

引用:日本の祭り

美川おかえり祭りの歴史を知ると、お祭り当日をより楽しめるでしょう。

美川おかえり祭りは江戸時代中期ごろから現在まで続くお祭りで、美川周辺は「この祭りの為に1年を過ごす」という方もいるくらい、地域に根ざしたお祭りです。

現在と同じ様な形で祭りが行われるようになったのは文化文政年間(1804~1830)頃からと言われています。

担がれるお神輿には沢山の扉が付いていて、願掛けの意味も持っています。

美川の地とそこに住んでいる人すべてへ向けた罪穢れなどを清める厄除けのお祭りです。

 

八面四扉の御神輿は四方八方すべての方角に御神威高まりますようにと

町中を厄祓いして巡る…

おかえり祭りは諸々の禍事罪穢れを祓い清める厄除けのお祭りです。

引用:藤塚神社

 

美川の地はかつて廻船業「北前船」で大きく発展した歴史を持っています。

幕末から明治時代初期にかけてはこの「北前船」が大きく繁栄しました。

おかえり祭りはこの時代の町衆文化を現代まで受け継いでいる貴重な祭事です。

その貴重性もあり、平成12年に石川県無形民俗文化財に指定されました。

 

美川おかえり祭りの見どころは?

美川おかえり祭りには、様々な見どころがあります。

江戸時代に花咲いた町衆文化を垣間見ることも出来ますし、ここでしか味わえない美味しい屋台料理も。

本当にたくさんの魅力が詰まっています。

そこで、当日のお祭りを余すことなく楽しむために、見どころを1つ1つ解説していきます。

屋台

引用:i北陸

お祭りといったら欠かせないのはやはり屋台ですよね。

おかえり祭りにも様々な屋台が出店しています。

かなりの数の屋台があり、お子さん連れでも楽しめるようになっています。

 

引用:かわしま屋

また美川地域の名物には「ふぐの卵巣の糠漬け」があります。

他では滅多に味わえない珍味として有名です。

美川を訪れる楽しみの1つにもなっている程の逸品に、おかえり祭りの出店で出会えるかもしれません。

 

台車

ラッパ衆と共に神輿を先導する1台の台車(だいぐるま)もこの祭りを彩る見どころの1つです。

13台それぞれ、違った装飾が施されていて、観ていて飽きません。

台車や神輿は紋付袴を着た男衆たちが引くのですが、それらも相まって迫力満点です。

 

過去の台車の写真

 

引用:i北陸

引用:i北陸

 

紋付袴とラッパ衆

出典:日本の祭り

13台の台車と共に神輿を先導するのは、紋付袴を着た男衆たちと、威勢の良い進軍ラッパを鳴り響かせるラッパ衆の若者達です。

お祭りの正装といえば法被(はっぴ)姿を思い浮かべると思いますが、おかえり祭りでは紋付袴に白襷が正装になります。

これは全国的に観ても珍しく、安政4年(1857年)に京都仁和寺から菊花紋章入りの神輿の日覆(日除け)を下賜された事に敬意を表した事が始まりと言われています。

おかえりラッパと呼ばれる曲を演奏しながら神輿を先導したり、献酒をされた時の威勢良く「ありがとう!」と舞う姿は、観ていてとても気持のいいものです。

 

お帰り筋

引用:http://www.geocities.jp/okaerikun/

祭りの2日目は、夜19時頃から深夜にかけて、神輿は高松御旅所から「おかえり筋」を通り藤塚神社へ帰ります。

お帰り筋とは神輿や台車をもてなす通りで、おかえり筋にあたった町の家々は親戚一同を招いて盛大に宴を催すそうです。

厄除けのご祈祷をしてもらい、それを盛大にもてなす。

古き良き時代の日本の姿を観ることができる、貴重な時間と言えるでしょう。

おかえり筋は旧美川町であった10の地域に順々と巡ってくることから、10年に1度の一大行事になります。

おかえり筋に当たる町筋は第へんな盛り上がりをみせます。

2018年のお帰り筋は美川町北町です。

混雑情報と対策

引用:うらら白山人

2018年の美川おかえり祭りを観光する際の混雑状況や、お薦めの交通機関と対策をまとめました。

混雑はするようですが、例年そこまで酷く混むほどでは無いそうです。

町内の公共施設が無料駐車場として開放されますが、駐車待ちの渋滞が出来るようなこともなく、車での来場も可能です。

電車で向かわれる場合も、車で向かわれる場合もどちらでも問題なさそうです。

美川町内は、徒歩で充分周り切れるほどの広さで至るところで屋台や演舞が繰り広げられているので、のんびりと楽しめそうです。

屋台なども多いお祭りのメインとなる通りが本町通り、休憩所や地元の名産などを買い求めやすいのが大正通りとなっているようです。

駐車場はどこ?

祭りの期間中は町内の公共施設が無料駐車場として一般開放されています。

今年も無料開放されるであろう4箇所の駐車場と有料駐車場1箇所をまとめました。

 

無料駐車場

 

・白山市美川図書館

所在地 石川県白山市美川浜町ヨ103
収容台数 30~40台
マップ

 

・美川体育館

所在地 石川県白山市美川中町イ126
収容台数 40~50台
マップ

・美川中学校

所在地 石川県 白山市美川浜町タ−5
収容台数 20~30台
マップ

 

・美川臨海公園(海側で少し遠め)

所在地 石川県白山市美川永代町甲
収容台数 30~40台
マップ

 

例年、この無料駐車場でもあまり待たずに駐車できるようです。

 

有料駐車場

もし万が一、無料駐車場に停車できなかった場合はこちらを利用するのが良さそうです。

 

美川駅日本海広場駐車場

所在地 石川県白山市美川中町ロ221-6
収容台数 30台
利用料金 1回200円
マップ

最後に

美川おかえり祭りは、現在では少なくなってしまった、昔の日本の名残りを肌で感じることの出来る貴重なお祭りです。

現地の方々は1年をかけて祭りの準備をし、この日を迎えます。

地元の人も大いに盛り上がり、かつ観光客も優しく迎え入れてくれる、そんな温かさがあります。

紹介したように老若男女問わず、様々な人が楽しめる祭りです。

屋台なども充実していて、お子様連れにもお薦めです。

古き良き日本に触れたい方や休日をのんびり楽しみたい方は、ぜひ美川おかえり祭りに足を運んでみてください。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?