WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

南越谷阿波踊り2018の屋台や前夜祭は?駐車場や交通規制の情報も紹介

毎年、埼玉の南越谷市で8月の最後の金・土・日に行われる南越谷阿波踊り

関東でも阿波踊りが楽しめるとして人気のイベントで、例年多くの人で賑わいます。

今回はそんな南越谷阿波踊りの前夜祭や屋台情報、駐車場などを紹介していきます。

南越谷阿波踊りとは?


引用:https://www.jalan.net/

阿波踊りといえば徳島県が有名ですよね。

そもそも、なぜ関東に阿波踊りが?と不思議な方もいると思います。

この南越谷阿波踊りの始まりは昭和58年(1983年)のことでした。

当時、越谷市に本社を置いていた事業家の中内俊三さんという人物が始まりのルーツと呼ばれています。

中内さんの出身地である徳島県の阿波踊りを越谷の文化としていきたいという思いから南越谷阿波踊りは始まったそうです。

それから徐々に人々の共感を呼び、現在では日本三大阿波踊りの一つとして有名になりました。

1人の事業家の熱い想いからここまで発展するのはすごいですよね。

そんな南越谷阿波踊りを見たことがないという方はこちらの動画をご覧ください。

踊りには、「流し踊り」、「舞台踊り」、「組踊り」、「輪踊り」があります。

それぞれ違ったパフォーマンスが見れるので必見ですよ。

南越谷阿波踊り2018の屋台は?


引用:https://y-ad.net/

お祭りと言えば屋台ですよね。

南越谷阿波踊りでは、例年約250もの出店が立ち並んでいます

その出店場所については以下に紹介しておきます。

場所 地図
南越谷駅周辺
イオン南越谷店周辺

出ていたら行くべし!!埼玉のB級グルメ

屋台の定番と言えば、綿菓子やかき氷、イカ焼きなどですよね。

しかし、どうせならその土地のグルメを食べたいという思いの方もいるのではないでしょうか?

そこで屋台で出ていたら行くべきB級グルメを紹介したいと思います

見つけたら、すぐ買いに行くことをオススメします。

 

春日部やきそば

春日部名物として知られている、春日部やきそば。

藤をイメージした「しそふりかけ」とやきそばにかけられた「あん」が独特で美味しいと有名です。

スタミナラーメン

さいたま市民のソウルフードとしても知られている、スタミナラーメン。

ピリ辛の餡かけラーメンで、埼玉には店舗もたくさんあります。

県外の方は特に食べてみることをオススメします。

 

春日部大凧焼

こちらも春日部で有名なB級グルメである、春日部大凧焼

四角い形のお好み焼きで、「大凧」と書かれているのが特徴です。

中はふわっとした食感で、非常に美味しいです。

南越谷阿波踊り2018の前夜祭は?


引用:https://ganref.jp/

本祭は8月25・26日に行われますが、24日に開催される前夜祭も南越谷阿波踊りには欠かせません。

開催は19時から21時までと短いですが、屋台もあり踊りもありで本祭前日から盛り上がりはじめます。

これもまた、前夜祭の楽しみなところですよね。

ただし、当日は流し踊りはなく舞台踊りと組踊りのみの開催となります。

詳細は以下の通りです。

日程 2018年8月24日(金)
時間 19:00〜21:00
場所 ・舞台踊り→越谷コミュニティーセンター
・組踊り→越谷コミュニティーセンター前ショッピング広場

その他の見どころ

南越谷阿波踊りの見どころは、やはり様々な種類の踊りですよね。

そこで、南越谷阿波踊りの種類と見どころについて紹介していきたいと思います。

流し踊り


引用:https://www.pref.saitama.lg.jp/

阿波踊りといえば、有名なのが流し踊りです。

南越谷阿波踊りでは、4つの会場で行われます。

女踊り、子ども踊り、男踊りなど様々な踊りを披露してくれます。

特に、踊り手や鳴り物衆が手に届く位置で見れることが見どころです。

流し踊りに踊りについては以下の動画をご覧下さい。

 

 

舞台踊り


引用:https://www.jalan.net/

観客席で見れる踊り、それが舞台踊りです。

スポットライトに当てられることで、また違った味を出します。

それぞれの連の踊りを座りながら堪能することができ、洗礼された構成は圧巻です。

2つの会場で行われますので、是非チェックしておくことをオススメします。

舞台踊りについては以下をご覧下さい。

 

 

組踊り


引用:http://s.webry.info/

各団体の連によって個性的で独特のフォーメーションが見られるところが見どころの組踊り。

前からだけでなく、後方から左右、さらには上から見ることもでき360度楽しめます。

角度を変えることで違った風景が広がるのではないでしょうか?

組踊りについては以下をご覧下さい。

 

輪踊り


引用:http://ebisu-awaodori.com/

第30回に踊り手の強い要望で開催されるようになった輪踊り。

こちらは、流し踊りや舞台踊りにない自由なパフォーマンスが見られるのが見どころです。

駅前通りの交差点と東武スカイツリーラインの高架下で行われるようなので、見に行くことをオススメします。

輪踊りについては以下をご覧下さい。

 

南越谷阿波踊り2018の駐車場は?

当日は、駐車場の用意はされていません。

開催地に向かう際は、出来るだけ電車などの公共交通機関を利用することをオススメします。

しかし、遠方から来られる方は車が必須になると思います。

そこで、いくつか有料駐車場を紹介します。

ナビパーク コアーズビル駐車場

住所 埼玉県越谷市南越谷2丁目2
収容台数 30台
料金 60分 300円(08:00〜21:00)
60分 100円(21:00~08:00)
最大料金 夜間 800円
24時間(日・祝のみ) 1,000円
地図

GSパーク 南越谷第二駐車場

住所 埼玉県越谷市南越谷1-4-73
収容台数 31台
料金 60分 100円
最大料金 24時間 600円
地図

NPC24H新越谷西口第2パーキング

住所 埼玉県越谷市南越谷4丁目1-5
収容台数 16台
料金 30分 200円(08:00~22:00)
60分 200円(22:00~08:00)
最大料金 4時間 800円
12時間毎 1200円
地図

ナビパーク瓦曽根第1 駐車場

住所 埼玉県越谷市瓦曽根3丁目5-30
収容台数 10台
料金 30分 200円(08:00~22:00)
60分 100円(22:00~08:00)
最大料金 24時間(平日) 1,300円
地図

南越谷阿波踊り2018の交通規制は?

当日は17時から越谷コミュニティセンター前、新越谷駅周辺は交通規制が行われます。

交通規制の時間や場所については以下をご覧ください。

時間 17:00〜21:30
地図

赤い線については交通規制エリアとなります。

また、黄色い線は一部進入禁止エリアとなります。

4丁目に向かって出ることは可能ですが、進入はできないようになっていますので注意しましょう。

 

南越谷阿波踊り2018の日程やアクセス

南越谷阿波踊り2018の日程とアクセス、スケジュールは以下の通りとなっています。

日程とアクセス

日時 2018年8月24日(金)〜26日(日)
会場 越谷コミュニティセンター前、新越谷駅周辺
住所 埼玉県越谷市南越谷1丁目
地図
アクセス ・電車の場合→東武鉄道「新越谷駅」、JR「南越谷駅」、それぞれ徒歩すぐ
・車の場合→草加ICから車で約30分

スケジュール

日程 イベント 時間 場所
8月24日(金) 前夜祭 19:00〜21:00 越谷コミュニティーセンター
越谷コミュニティーセンター前ショッピング広場
8月25日(土)、26日(日)
舞台踊り 14:00〜20:45 越谷コミュニティセンター大ホール・小ホール
組踊り 16:20〜20:45 越谷コミュニティーセンター
越谷コミュニティーセンター前ショッピング広場
流し踊り 17:10〜21:00 東口南通り演舞場
西口南通り演舞場
西口駅前通り演舞場
南越谷中央通り演舞場

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は、南越谷阿波踊りの日程や前夜祭、屋台などについて紹介していきました。

日本三大阿波踊りとなり、毎年60万人以上の人が訪れる大規模な祭りです。

本場の阿波踊りに負けないくらいの躍動感ある踊りは盛り上がること間違いありません。

また、阿波踊り教室もあるそうなので初心者の方でも楽しめると思います。

是非、遠方から来られる方も参加してみてはどうでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!