村上大祭2018 おしゃぎり屋台のルートや無料駐車場などの情報まとめ

新潟県村上市で毎年7月に開催される祭り「村上大祭

2018年の1月に国の重要無形民俗文化財に認定されたこともあり、その注目度は一層増すこととなりました。

そんな村上大祭の日程や巡行ルートなどの詳細情報を見ていきましょう。

村上大祭とは

村上大祭引用:https://www.sake3.com/

村上大祭は寛永10(西暦1633)年から続く日本の伝統行事とも言えるお祭りの1つです。

村上大祭は、羽黒町にある西奈彌羽黒神社(せなみはぐろじんじゃ)の例大祭として行われているお祭りで、巨大な19台の屋台(通称おしゃぎり)が町内を練り歩くことで有名です。

町内総出で催すお祭りでもあり、村上市出身の人はお祭りのためにお休みをもらえる会社もあるのだとか。

昔は旧暦の6月6〜7日に行われていましたが明治時代以降は毎年7月6日に宵祭、7日に本祭が行われます。

村上大祭の始まりは当時の村上藩主がお城から西奈彌羽黒神社を見下ろすのは、失礼だと考えて臥牛山(村上市街地東端にある山)の中腹にあったお城を現在の場所に移転したことを祝うお祭りとして行われる様になりました。

それでは約400年の歴史がある村上大祭の2018年の日程を見ていきましょう。

村上大祭2018年の日程

引用:https://yuu-goannai.com/

日程 イベント 会場
7月6日(金):宵祭り おしゃぎり巡行 15:00〜 各町内
7月7日(土):本祭り 1:00頃〜 おしゃぎり羽黒神社前集合
8:00頃〜 おしゃぎり巡行
18:00頃〜 おしゃぎり提灯点灯
西奈彌羽黒神社、町内
7月8日(日):後祭り 露天のみ 村上市役所付近

6日の宵祭りでは拡張が屋台を引いて自町内を中心に巡行し、7日の本祭りでは、早朝から各町の屋台や荒馬が羽黒神社前に集まり、旧城下を巡行します。

何より2日目の本祭りでは先太鼓、14騎の荒馬、御神霊を乗せた3基のお神輿らに先導されながら「おしゃぎり」が巡行します。

祭り囃子の音が響き渡る中、巨大なおしゃぎりが練り歩く姿はまさに圧巻です!

時間が合う方は是非2日目の本祭りに訪れてみてください。

またお祭り3日目の後祭は露天のみの運営になりますが、1日目から3日目まで約300店舗の露天が出店されるのでお祭りの雰囲気はいつでも味わえます。

2日目:本祭の巡行時間とルートの詳細は下記の図を御覧ください。
(※2017年のものを掲載していますが、更新され次第2018年のものに差し替えます。)

引用:https://www.sake3.com/
クリックすると拡大します。

1日目の屋台巡行の時刻表はこちら

村上大祭へのアクセスと無料駐車場について

村上大祭が開催される「西奈弥羽黒神社」及び「村上市役所周辺」は最寄駅の村上駅から徒歩20分ほどかかります。

ここでは「西奈弥羽黒神社」までの車でのアクセスを紹介していきます。

車でのアクセス

東京方面から 「調布IC」→中央自動車道→
「八王子JCT」→圏央道→
「鶴ヶ島JCT」→関越自動車道→
「長岡JCT」→北陸自動車道→
「新潟中央JCT」→日本海東北自動車(新潟区間)→
「村上瀬波温泉IC」→県道531号線経由→
「西奈彌羽黒神社」(4〜5時間)
東北方面から 「仙台南IC」→東北自動車道→
「村田JCT」→山形自動車道→
「山形蔵王PA」→国道286号線、13号線、113号線経由→
「荒川胎内IC」→日本海東北自動車道(新潟区間)→
「村上瀬波温泉IC」→日本海東北自動車→
県道531号線経由→「西奈彌羽黒神社」(約3時間)
北陸方面から 「金沢東IC」→北陸自動車道→
「新潟中央JCT」→日本海東北自動車(新潟区間)→
「村上瀬波温泉IC」→県道531号線経由→
「西奈彌羽黒神社」(約4時間)

村上大祭の交通規制

村上大祭では巨大な屋台のおしゃぎりが練り歩くため、交通規制も儲けられます。

日程でも紹介した地図のピンク色になっている部分の時間帯と斜線がかかっている部分は交通規制があるのでしっかりと確認しておきましょう。

引用:https://www.sake3.com/
クリックすると拡大します。

庄内町 09:00~14:00
21:00~23:00
小町、大町、上町 08:00~11:00
20:00~22:30
長井町 05:00~09:40
20:00~22:30
羽黒町 05:00~09:40
片町、上片町 09:20~12:00
久保田町 11:30~13:30
加賀町 13:20~15:15
塩町 14:00~16:20
寺町、安良町、小国町 14:30~22:30
鍛治町、肴町 15:30~22:30

おしゃぎりとは?

おしゃぎり引用:http://khiwfn.blog.fc2.com/

おしゃぎりとは村上大祭で使われる山車(屋台)のことです。

5m以上の高さを誇り、約2mの車輪がついた2階構造の山車で、1階にはシャギリのスペース、2階は乗せものを飾るスペースになっています。

またおしゃぎりは村上市にある19の町に一つずつ、合計19台の屋台があり、その種類は「しゃぎり屋台」「囃子屋台」「仁輪加屋台」の3つに分けられます。

その中の1つ「仁輪加屋台」は高さはほぼ同じですが、車輪の大きさが「しゃぎり屋台」「囃子屋台」と比べて小さいサイズになっています。

おしゃぎり引用:http://www.okuechigo.com/

番号 町名 おしゃぎり種類 建造年数
一番 久保多町 囃子屋台 1812年建造
二番 大町 しゃぎり屋台 1874年建造
三番 寺町 しゃぎり屋台 1789年建造
四番 大工町 しゃぎり屋台 1796年建造
五番 小町 しゃぎり屋台 1805年建造
六番 塩町 しゃぎり屋台 1772年建造
七番 上町 しゃぎり屋台 1850年建造
八番 細工町 囃子屋台 1924年建造
九番 安良町 囃子屋台 1856年建造
十番 小国町 しゃぎり屋台 1774年建造
十一番 鍛治町 囃子屋台 1792年建造
十二番 肴町 しゃぎり屋台 1760年建造
十三番 長井町 しゃぎり屋台 1869年建造
十四番 羽黒町 しゃぎり屋台 1998年建造
十五番 庄内町 しゃぎり屋台 1995年建造
十六番 片町 囃子屋台 1933年建造
十七番 上片町 囃子屋台 1934年建造
十八番 加賀町 仁輪加屋台 1988年建造
十九番 泉町 仁輪加屋台 1992年建造

2018年に重要無形民俗文化財に認定!

重要無形民俗文化財引用:https://www.sake3.com/

2018年1月19日、村上大祭が国指定重要無形民俗文化財に認定されました。

重要無形民俗文化財は風俗慣習、民俗芸能、民俗技術など、人々が日常生活の中で生み出し継承してきた無形の民俗文化財の中でも、特に重要なものとして国が指定したものの証です。

国指定の名称は「村上祭の屋台行事(むらかみまつりのやたいぎょうじ)」になるそうですが、2018年以降の村上大祭は更に注目されるお祭りの1つになりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

毎年多くの観光客が訪れていましたが2018年からは重要文化財にもなり、更に多くの方々が訪れることも予想されます。

交通面などをしっかり確認した上で新潟を代表するお祭りの1つ村上大祭を楽しみましょう!