WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

那覇ハーリー2018の日程。見所や花火の時間・穴場、駐車場情報

沖縄で行われるハーリー行事の中でも最大規模を誇る「那覇ハーリー」。

ゴールデンウィークに開かれるこのこのお祭りではハーリー競漕の他にも打ち上げ花火やお笑いステージ、ライブなど様々なイベントが開催されます。

今記事では2018年の那覇ハーリーの魅力や各イベント日程、アクセス情報など徹底解説していきます。

ハーリーの無料体験情報なども押さえていますので是非ご一読ください。

2018年那覇ハーリーの日程

那覇ハーリー 2018 ポスター
引用元:http://www.naha-navi.or.jp/

毎年ゴールデンウィークと同日の5月3日、4日、5日に開催される那覇ハーリー。

その来場者数は3日間で23万人以上を誇るのだとか。

早速それぞれのイベント日程を見ていきましょう。

開催日程 2018年5月3日(木・祝)~5月5日(土・祝) 10:00~21:00
5月3日(木)
  • 中学生の部、ハーリー(爬龍船)競漕 10:00〜17:45
  • 各種イベント
  • 音と光のファンタジー(花火)
5月4日(金)
  • ハーリー無料一般乗船体験 11:00〜16:00
  • 各種イベント
  • 音と光のファンタジー(花火)
5月5日(土)
  • 一般の部ハーリー(爬龍船)競漕 11:00〜16:40
  • 御願(うがん)バーリー・本バーリー 16:40〜17:10
  • 各種イベント
  • 音と光のファンタジー(花火)

その他、2018年那覇ハーリーの詳細スケジュールはこちら。

那覇ハーリー 2018 スケジュール引用:http://www.naha-navi.or.jp/
画像をクリックすると拡大します。


ここまでで日程を押さえてきましたが、そもそも那覇ハーリーとは何を祝う祭りなのか、その歴史や由来について見ていきましょう。


那覇ハーリーとは

ハーリー
引用元:http://www.naha-navi.or.jp/

ハーリーとは、豊漁や海の安全を願って行う祭りです。

その中でも那覇ハーリーとは沖縄県で行われるハーリー行事の中でも最大規模のハーリーになります。

ハーリー競漕は沖縄各地で行われ、その殆どは旧暦の5月4日(ユッカヌヒー:新暦だと2018年6月17日)に行われます。

しかし、那覇ハーリーは一般の観光客にも楽しんでもらいたいという意図からゴールデンウィークと重なる新暦の5月3日〜5日の3日間で行われます。

そして那覇ハーリーの最大の特徴は爬龍船と呼ばれる舟にあります。

まずは那覇以外各地域のハーリー舟のスペックを見てみましょう。
一般的な爬竜船
引用元:http://okinawaclip.com/

大きさ 全長:8.05メートル
幅:1.3メートル
乗組員 漕ぎ手:10名
舵取り:1名
計11名

次に那覇ハーリー専用爬竜船です。
ハーリー
引用元:http://www.naha-navi.or.jp/

大きさ 全長:14.5メートル
幅:2.1メートル
乗組員 漕ぎ手:32名
舵取り:2名
鐘打ち:2名
旗持ち:6名
計42名

いかがでしょうか。

その重さは2.5トンにも達し、一般的な爬竜船とは規模が違うことが一目瞭然ですね。

また那覇ハーリー用の爬竜船には舳先(舟の先頭)に竜の頭、艫(舟の尾)に竜尾の彫り物が飾ってあるなど、その特別感が見て取れます。

専用の爬竜船を使うこともまた、那覇ハーリーの大きな特徴の一つでしょう。

そもそもですが豊漁や海の安全を願って行う祭りハーリーは、どのような歴史があって始まったことなのかも見てきましょう。

那覇ハーリーの歴史

爬竜船 絵巻
引用元:https://ja.wikipedia.org/

今では一大イベントともなっている那覇ハーリーですが、実は一度廃止されたお祭りでも有りました。

その始まりは14世紀に中国から帰化した久米三十六姓が伝えたという説や、長浜太夫という人が南京で爬龍船を見て、帰国後にまねて造り、那覇港で競漕したという説など諸説あります。

琉球王国では国家的行事として行われていましたが、1879年、廃藩置県で琉球王国がなくなったことにより廃止されてしまいます。

その後、地域の行事として一時期は復帰を遂げるも、1928年を最後に競技は途絶えてしまいます。

そして1975年、本土の復帰記念事業として開催された沖縄海洋博を機に復活をとげ、その後は沖縄を代表する一大行事として返り咲いたのです。

今でこそ一大行事ですが、過去に2度も終わりを迎えていたんですね。

そんな複雑な歴史のある那覇ハーリー、今ではどんな魅力があるのか見ていきましょう。


那覇ハーリーの見どころ

那覇ハーリー
引用元:http://www.okinavita.jp

那覇ハーリーの見どころはなんと行っても競漕でしょう。

しかし、競漕以外にも多くの見所があるのでお祭りの細部まで楽しみたい方は各種見どころを御覧ください。

中学生の部、男女別学校対抗戦ハーリー競漕

中学生 那覇ハーリー
引用元:http://www.naha-navi.or.jp/
お祭りの1日目に行われるメインイベントの一つ、学校別対抗のハーリー競漕。

那覇市内の中学生に夜男女別学校対抗戦です。

ハーリー競漕は3隻の爬竜船で行われ、スタートの合図から往復400メートルを漕ぎ切るタイムを競います。

この日のために練習してきた各中学校の生徒による競技は学校関係者だけでなく地域の方々も見守る中、白熱のレースが行われ、毎年ドラマが生まれることは必須です。

那覇市内の中学生たちの勇姿にご期待下さい。

一般競漕・御願バーリー・本バーリー

@tadano_nogi_otaがシェアした投稿

最終日に行われる大人たちによる競漕。

一般職域の部では企業団体や青年会などのグループを結成し、名誉をかけた真剣対決が行われます。

中には軍に所属するアメリカ人チーム対決なども行われ、沖縄の中でのインターナショナルな交友も楽しむことができます。

そして、最後を飾るのは御願バーリーと本バーリー。

御願バーリーは古式ハーリーの衣装をまとい、ハーリーウタ歌を歌いながらゆっくりと構内を回遊する儀式です。

この儀式で神に捧げ豊穣を願います。

この儀式ののち、大本命とも言える本バーリーの始まりです。

那覇・久米・泊の3地域によって繰り広げられる真剣勝負。

往復600メートルの海上コースを競争しその都市の覇者を決定します。

那覇ハーリー最大の競漕を是非お楽しみください。

ハーリー一般体験乗船

ハーリー乗船体験
引用元:http://www.naha-navi.or.jp/

ハーリーでイベントを盛り上げるのは地元民たちだけではありません。

観光客の方々も中日のハーリー一般体験乗船で無料でハーリーに乗ることができます。

地元の子どもや大人がどんな思いで爬竜船を漕いでいるのか体験してみましょう。

イベントステージ

那覇ハーリーの見どころは海上ステージだけではありません。

メインステージとサブステージで行われる各種のイベントもその魅力の一つです。

地元沖縄の人気芸能人による音楽ライブ、お笑いステージ、沖縄角力(かくりき。琉球相撲のこと)の試合などイベントが盛りだくさんです。

イベントスケジュールの詳細が上がり次第こちらにもアップしていくのでお楽しみに。

出店ブース

那覇ハーリー 出店
引用元:http://pocoda.ti-da.net/

那覇ハーリーで出店される屋台の中には焼きそばやフランクフルトなどのオーソドックスなものはもちろん、沖縄ならではの料理もたくさん販売しています。

泡盛やオリオンビールを片手に、うちなんちゅと同じ飲み食いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

那覇ハーリーの花火日程・時間帯

那覇ハーリー 花火
引用元:http://sango5460.info/

那覇ハーリーの開催期間、毎晩20時40分から行われる「音と光のファンタジー」。

那覇ハーリーの会場で見てももちろんキレイですが、いかんせん多くの観光客で賑わいものすごい人混みになります。

ここからは花火もキレイに見えてそこまで人混みにならない花火の穴場スポットを紹介していきましょう。

花火の穴場スポット1:泊大橋

夕日のスポットでもある泊大橋からは海上までの風景が一望できます。

しかし車で行くと渋滞している可能性が非常に高いのでここから見るのであれば歩きで行くことをおすすめします。

花火の穴場スポット2:波の上ビーチ

那覇市内にある人工のビーチ。

那覇市唯一の海水浴場で沖縄に来た観光客の「最後の観光地」とも呼ばれています。

目の前を道路が走っていますが砂浜から見ることができる花火はやはり趣があります。

花火の穴場スポット3:若狭公園

沖縄 若狭海浜公園
引用元:https://ja.wikipedia.org/

泊大橋の近くにある海浜公園で海沿い側から海と花火を見ることができます。

目の前には泊大橋が見えますが花火が見えないわけでもなく、人混みになる可能性もかなり低いまさに穴場スポットです。


那覇ハーリーまでのアクセス

那覇ハーリー会場情報

住所 沖縄県那覇市港町1丁目 那覇港新港ふ頭
地図

公共の交通機関を使う場合

公共の交通機関で訪れる場合、路線バスを使うのがおすすめです。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」の旭橋駅で下車し、那覇バスターミナルに向かいます。


那覇バスターミナルより下記のバスに乗車し、泊高橋にて下車、そこから徒歩10分で会場に到着します。

バス会社名 系統番号 電話番号
琉球バス 20、23、24、28、29、63、110、120 098-852-2530
沖縄バス 20、28、29、77、120 098-861-0385


車で行く場合:有料駐車場

車で行く場合、会場に駐車場はないので注意しましょう。

近くの有料駐車場に止めてから徒歩10分前後で会場に到着します。

また会場付近は大変な混雑が予想されます。

下記記載の有料駐車場を使われる際も朝一でないと満車の可能性も非常に高いので注意しましょう。

祭り当日は警察も多くレッカーされることもあるので路駐は絶対にやめましょう。

NPC24H那覇新都心パーキング 640台 (〒900-0011 沖縄県那覇市上之屋1丁目3−32)
  • 営業時間:24時間
  • 料金:100円/時間・24時間毎500円(土日祝 24時間毎 400円)
  • 収容台数:640台

 

NPC24H新都心公園駐車場 138台 (沖縄県那覇市おもろ町3丁目2)
  • 営業時間:24時間
  • 料金:100円/時間・24時間毎500円
  • 収容台数:138台

 

リパーク那覇市おもろまち3丁目 25台 (那覇市おもろまち3丁目6-3)
  • 営業時間:24時間
  • 料金:100円/時間・24時間毎500円(土日祝 24時間毎 400円)
  • 収容台数:25台

【その他、有料駐車場】
那覇市おもろまち4丁目パーキング 8台 (那覇市おもろまち4丁目10)
那覇市おもろまち4丁目第2 34台 (那覇市おもろまち4丁目3-9)
那覇市おもろまち4丁目第3 15台 (那覇市おもろまち4-19-3)
那覇市おもろまち4丁目第4パーキング 8台 (那覇市おもろまち4丁目8-2)
那覇市おもろまち4丁目第5パーキング 15台 (那覇市おもろまち4丁目9)
那覇市おもろまち4丁目第6 15台 (那覇市おもろまち4丁目9)
那覇市おもろまち4丁目第7 16台 (那覇市おもろまち4丁目7-8)
那覇市おもろまち4丁目第8 14台 (那覇市おもろまち4丁目9-19)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

沖縄県最大のハーリー「那覇ハーリー」では競漕はもちろん、イベントや花火など、見どころが盛り沢山です。

今年のゴールデンウィークは皆さんで沖縄の文化を体感してみてはいかがでしょうか?

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?