WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

女性は要注意!氷食症の原因は「貧血」?原因と治し方をご紹介します。

氷を食べるのをやめられない・・・

そんな症状が1ヶ月以上続いている方は、「氷食症」かもしれません。

女性に多い症状だと言われています。

原因は貧血だった・・・!?

氷食症の原因と治し方をご紹介します。

氷食症とは?

氷食症とは、強迫的に氷や凍らせたものを食べる異食症の一つです。

「氷を食べたくて仕方ない」「製氷皿の氷を1皿食べてしまう」などの症状がでます。

冷蔵庫が普及したころから浸透した現代病とも言われています。

しかし、現在の医学では氷食症の明確な原因は解明されていません

最も多くの原因として考えられているのが、「鉄欠乏性貧血」です。

脳神経に血液が上手く運ばれなくなるためと考えられています。

氷食症が悪化すると、重度の貧血になるおそれがあります

氷食症はどんな症状がでるのか?

氷食症の定義ははっきりと定められていません。

1~2ヶ月間で製氷皿1皿分以上の氷を毎日食べている場合は、病院で氷食症と判断されます。

氷食症診断&セルフチェック

  • 1ヶ月以上氷が食べたくて仕方ない
  • 製氷皿1皿以上の氷を毎日食べる
  • ドリンクバーで氷だけを食べてしまう
  • 口の中が熱く感じる

このような症状がある方は、氷食症の疑いがあります。

氷食症の原因は貧血!?

明確な原因は未だ解明されていません。

主な原因は「鉄欠乏性貧血」だと考えられています。

これは、鉄分が不足するタイプの貧血です。

女性に多い貧血だと言われています。

過度なダイエットをしている方は要注意

男性の場合、胃腸から出血して貧血を起こしている可能性があります。

しかし、鉄欠乏性貧血の人が必ず氷食症になるわけではありません。

 

貧血になると脳にまで酸素が十分に運ばれません。

脳は全身の神経に指令を送れなくなります。

すると、口内の神経が正常に働かなくなります

口の中が熱く感じたり味覚が異常を起こします

そのため氷を無性に食べたくなるのです。

貧血セルフチェック

貧血の疑いがある方は以下のような症状が出ます。

貧血であっても必ずしも氷食症が発症するわけではありません

重症化する前に対策をしましょう

  • めまい、立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 集中力・記憶力がない
  • 眠れない、起きれない
  • 息切れ、動機
  • 爪が反り返る

精神病の可能性もある!?

強迫神経症の方は、まれに氷食症を発症することがあります。

「強迫神経症」とはあることをせずにはいられなくなる精神疾患です。

以下のようなことが不安でたまらなくなります。

  • 何度も手を洗わないと気がすまない
  • 鍵をかけたか何度も不安になる

元々完全主義や潔癖症の方が多いです。

うつ病や統合失調症の初期段階の可能性もあります。

周りの協力のもと、精神科を受診しましょう。

妊娠中は氷食症になりやすい!

妊娠期、授乳期、思春期は一時的に氷食症になりやすいと言われています。

これは通常よりも体が鉄分を必要とするためです。

中学生くらいの思春期は、月経によって体内の鉄分が消費されます。

妊娠中は、赤ちゃんに血液を送るために鉄分を多く必要とします。

授乳期は、母乳として大量の血液が毎日消費されます。

 

私も妊娠中のときに、コップに残った氷をボリボリと食べていました。

周りから見ると異様な光景だったようです。

一時的なことが多いので、そこまで心配する必要はありません

これらの時期の女性は、食事での鉄分の摂取を心がけましょう。

氷食症の治し方

氷食症の治し方をご案内します。

まずは、氷食症の原因を突き詰める必要があります。

一番は病院で診察をし治療をすることです。

貧血が原因ではない場合もあるので、医師による診察を行ってもらいましょう。

何科を受診すべき?

氷食症の疑いがある方は、内科を受診しましょう。

採血で貧血と鉄欠乏の有無を検査できます

鉄剤を処方してもえます。

整理の量が異常に多い場合は、産婦人科を受診しましょう。

また、精神疾患の可能性がある方は精神科を受診しましょう。

氷食症の予防方法は「食事」

氷食症の一番の原因であるのは鉄分不足です。

女性の約3分の1が慢性的な貧血と言われています。

ダイエットによる偏った食生活も見直さなければなりません。

では、どのような食生活を送ればいいのでしょうか?

鉄分が豊富な食べ物

鉄分が豊富な食品は以下を参考にしてください。

  • 赤身肉
  • (かつお、まぐろ、いわし、あじ、さけ)
  • 貝類(牡蠣、しじみ、あさり、赤貝)
  • レバー
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • プルーン
  • 納豆

野菜よりも肉や魚などに含まれる”ヘム鉄”という鉄分の方が体に吸収されやすいです。

レバーの場合、1日串1本。

納豆の場合、1日1パック。

肉と魚を中心に毎日意識的に摂取するようにしましょう。

まとめ

氷食症の原因の多くは、鉄欠乏性貧血です。

特に女性はなりやすいです

普段の食生活に鉄分を取り入れて見直しましょう。

気になる方は一度内科を受診してください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!