WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

フリーターの貯金額はいくら?どんどんお金が溜まる、効率的な貯金方法2つも紹介!

フリーターの人って、どれくらい貯金できてるんだろう?と思ったことはありませんか?

気になるフリーターの平均貯金額を調査してみました。

フリーターの平均貯金額は?

求人サイト「an」が全国の15歳〜34歳のフリーターにアンケートを行いました。

Q.現在の貯金額はいくらですか?

A.

50万円未満 67.4%
50万円〜99万円 9.5%
100万円〜149万円 8.0%

社会人と比べて年収が低いと言われるフリーターの人でも、生活費を節約してしっかりと貯金している人が多いことが分かります。

社会人の平均貯金額は?

一般企業で働く、社会人(サラリーマン)の平均貯金額はいくらなのでしょうか。

平成27年に金融広報委員会が「年代別の平均貯金額」を調べました。

年代別 平均貯金額
20代 189万円
30代 494万円
40代 594万円
50代 1,325万円
60代 1,664万円
70代 1,618万円

これを見ると、かなり貯金をしているのが分かります。

「自分はちゃんと貯金できてるほうだ」と思っていたフリーターの人でも、これを見ると少し焦りますよね。

フリーターでも大丈夫!今から効率よく貯金する方法2つ

フリーターの中でも、効率的に貯金できている人たちもいます。彼らはどういった方法で貯金をしているのでしょうか。

今回は貯金が多くある人がやっている、2つの方法を紹介します。

 

1. 銀行のお金を全部おろして管理する

銀行に預けているお金を全部おろして、現金にして管理する方法です。

1. 給料が振り込まれたら全部、お金をおろす

2. 家賃・光熱費・食費・貯金 など、お金を入れる封筒を用意する

3. それぞれの封筒に必要な金額のお金を入れていく

4. 全部の必要なお金を入れ終わってから、余ったお金で遊んだり物を買ったりする。

この方法で貯金をすることができます。

貯金をできない人はどんぶり勘定で、口座のお金を使ってしまいます。何にどれくらいのお金が必要で、今月はどれくらいのお金を使って良いのか、をあまり考えられていません。だから貯金しないといけないのに、知らない間に貯金するべきお金を遊びに使ったりしてしまうのです。

あらかじめ、貯金しなきゃいけないお金を封筒に入れて保管しておけば、知らない間に使ってしまうこともありません。

2. 給料の高い仕事を探す

今よりも給料の高い仕事に就ければ、貯金はどんどん溜まっていきます。これは当たり前の話ですよね。

しかし、就職するとなれば履歴書を書いて、面接を受けて、とかなりハードルは高いです。それに何も考えずに就職先を選んでしまうと「自分がやりたいことと違った、自分には合わない」と、就職したあとに後悔してしまいます。

どうせ働くなら、自分の性格に合って、才能を最大限に活かせる職場を選びましょう。

そのためには、まず自分はどんなことが得意で、どんな性格なのかをしっかりと理解すること。みんな自分のことを意外に理解できてない人が多いので、そんな時は診断テストを利用しましょう。

リクナビNEXT「グッドポイント診断」はこちら

3分ほどで無料会員登録をすれば、自分の長所・強みを教えてくれて、その能力を最大限に活かせる職種を教えてくれます。

会員登録のときに、希望の職種は?など色々な質問をされますが、会員登録の後でも変更ができますので、深く考える必要はありません。

就職活動をなかなか始められない人は、まずは小さいことから少しずつ始めるのがおすすめですよ。焦ってもなにもいい結果は出ませんからね。

リクナビNEXT「グッドポイント診断」はこちら

 

まとめ

いかがでしたか。

フリーターの人でも、ちゃんと考えれば効率よく貯金ができるようになりますよ。

あなたの参考になれば嬉しいです。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!