WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

妊娠中のカフェインは流産に!?妊婦&胎児への影響や摂取目安を紹介

妊娠中や授乳中はカフェインの摂取量に気を付けなければなりません。

過剰摂取は、体調を崩したり、流産、赤ちゃんの成長を止めてしまう恐れがあります。

だからと言って、大好きなコーヒーを我慢するのはツラい・・・・

コーヒーならば1日2~3杯まではOKとされています。

お茶やチョコレートなどにもカフェインが含まれています。

1日の摂取量が超えてしまわないようにしましょう。

 

妊娠中のカフェイン摂取の影響について詳しくご紹介していきます。

カフェインとは?

カフェインは、主にコーヒーなどに含まれる物質です。

世界で最も使われる精神刺激薬と言われています。

カフェインには、覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用があります。

カフェインにはメリット・デメリットがあります。

妊娠中ではない人も、過剰摂取には気を付けた方がいいでしょう。

お茶紅茶ココアコーラエナジードリンクチョコレート抹茶・・・

コーヒー以外にも身近なものにカフェインが入っています。

カフェインのメリット

カフェインの効果は、眠気覚ましが有名です。

医薬品としても使用されているほど、さまざまなメリットもあります。

食後やデザートと一緒に飲むコーヒーは至福のひと時ですよね。

カフェインのメリットをご紹介します。

  • 眠気をなくす
  • 集中力や記憶力UP
  • リラックス・リフレッシュ効果
  • 脂肪燃焼
  • 脳卒中のリスク減少

カフェインのデメリット

コーヒーを飲むとトイレが近くなります。

カフェインが多く含む飲み物からはほとんど水分は摂取できません

むしろ、体内の水分はどんどん排出され水分不足になってしまいます。

また、コーヒーを飲みすぎて気持ち悪くなった経験はないでしょうか?

カフェインの過剰摂取はデメリットも多くあるので注意しましょう。

  • 偏頭痛
  • 胃腸や内臓が弱る
  • 自律神経が乱れる
  • カルシウムの排泄
  • 水分不足
  • 鉄分の吸収を妨げる
  • 不眠症
  • 冷え性

妊婦、胎児にカフェインが与える影響

妊娠中はカフェインの摂取を控えるように言われます。

世界中でカフェインが妊婦と胎児に与える影響を研究しています。

まだ正式な規制は発表されていません

アルコールやたばこに比べると害は少ないことがわかります。

カフェインの及ぼす影響をしっかりと知って、健康な赤ちゃんを育てましょう。

カフェイン摂取の正式な規制はない?

産婦人科でもらう資料には、1日200~300㎎までと記載されています。

しかし、日本ではカフェイン摂取量の取り決めはありません

母子手帳にも正確な記載はされていません。

また、世界でもカフェインの1日摂取許容量は設定されていません。

妊婦や胎児に及ぼす影響も完全には明らかになっていないのです。

 

では、なぜ妊婦はカフェインの摂取が制限されているのでしょうか?

WHO(世界保健機関)欧州食品安全機関では、妊婦と胎児に悪影響があるという研究結果があるからです。

日本の医学研究でも同様の研究結果が出ています。

正式な規制はないものの、悪影響が出ることは正しいようです。

近い将来には、正式なカフェイン制限が出るかもしれませんね。

妊婦と胎児への影響を詳しくご紹介します

妊婦への影響

妊娠中のカフェインの摂取は、このようなリスクがあります。

  • 不眠
  • めまい
  • 精神不安定
  • 心拍数の増加
  • 血圧の上昇
  • 下痢
  • 吐き気

妊娠4か月までのいわゆる妊娠初期は、特に注意が必要です。

一般的に、つわりがピークに達する時期なので一番体調が不安定になります。

妊婦の健康のためにも、過剰摂取を控えましょう。

実際妊娠初期に、コーヒー1~2杯で気分が悪くなったことがあります。

過剰摂取ではなくても体調が悪くなるケースもあるので、気を付けましょう。

胎児への影響

妊娠中のカフェインの過剰摂取には、このようなリスクがあります。

  • 早産
  • 流産
  • 発育が遅くなる
  • 低体重児

ある研究では、1日200㎎を超えるカフェインの摂取で胎盤の血流25%が低下することがわかりました。

赤ちゃんへの酸素や栄養は母体の胎盤を通して行われます。

早産や低体重で生まれてしまうと、脳や体の機能がしっかりと発達していない可能性があります。

障害を抱えてしまったり、誕生後も入院が必要になってしまうケースも少なくありません。

過剰摂取は避けましょう。

カフェインで鉄分が吸収されにくくなる?

カフェインの摂取によって、尿から大量にカルシウムが排出され、鉄分の吸収を妨げます

”鉄分”は、赤血球を作る大事な栄養素です。

赤ちゃんの成長には欠かせません。

ただでさえ、20~40代の女性の4分の1は鉄分が不足していると言われています。

そして、妊娠中は貧血になりやすいので多くの鉄分を必要とします。

せっかく鉄分をたくさん摂取していても、吸収されなければ意味がありません。

授乳中の赤ちゃんへの影響

授乳中のカフェインの摂取は、母乳にもわずかに影響を及ぼすと言われています。

妊娠中だけではなく、授乳期にも気を付けなければなりません。

WHO(世界保健機関)の研究によると、妊娠中は通常よりも血液からカフェインが消える時間が遅くなるようです。

ですが、カフェインが母乳に移行する量はたった1%です。

さほど影響はないですが、大量に摂取すると赤ちゃんにはこのような影響が及びます。

  • 興奮して落ち着きがなくなる
  • 不眠になる

赤ちゃんはただでさえ睡眠時間がバラバラです。

安眠のためにもカフェインの摂取量には気を付けましょう。

カフェインの分解までの時間

新生児は成人に比べ、カフェインを分解するまでに時間がかかります。

新生児 100時間
生後3~5か月 14時間
成人 5時間

母乳内のカフェイン濃度は、摂取してから15分~2時間がピークです。

その後は5時間程度で分解されます。

カフェインの摂取は母乳後」にしておくことを心がけましょう。

妊活中の影響

カフェインの過剰摂取は、妊娠率を下げると言われています。

妊娠を希望している間も、カフェインの過剰摂取は控えた方がいいです。

カフェインには利尿作用があり体を冷やします。

子宮周りの血行が悪くなることで、妊娠率が下がると言われているのです。

妊娠を希望している女性は、1日コーヒー1~2杯程度にしておくことをおすすめします。

また、男性はカフェインの影響を及ぼすことはないそうです。

妊婦はいつからカフェインを控えるべき?

カフェインは、「妊娠が分かったらすぐに」控えるべきです。

妊娠発覚後から授乳終了時までの約1年半は気を付けてください。

妊娠初期は、流産の危険が最も高くなる時期なので安心はできません。

控えると言ってもコーヒー1日2~3杯、ペットボトル2lのお茶1日1本くらいは大丈夫です。

妊娠前からよっぽど過剰に摂取していない限り、さほどの制限はなさそうです。

ストレスを溜めないためにも、気にしすぎる必要はありません

 

また、妊娠を希望している場合は妊娠前から控えましょう。

カフェインが含まれているもの

カフェインが含まれているものは、意外と多くあります。

  • コーヒー
  • 抹茶
  • 玉露
  • ウーロン茶
  • ほうじ茶
  • 煎茶
  • 紅茶
  • ココア
  • コーラ
  • チョコレート

有名なのはコーヒーです。

日本人がよく飲むお茶もまたカフェインが含まれます。

コーヒーよりは少ないですが、ほとんどの種類のお茶はカフェインが入っています。

高級茶と言われる玉露は、湯呑1杯で1日のカフェイン摂取量に達してしまいます。

 

「飲むものがない!」と感じる必要はありません。

カフェインは入っていますが、飲める量は案外多いのです。

コーヒーは1日2~3杯までOKです。

お茶の場合は2lペットボトル1本までです。

あまり神経質になりすぎず、カフェイン商品を楽しみましょう。

カフェイン以外に注意すべき飲み物

早産や流産の可能性があるので、注意をしましょう。

ハトムギ茶×

通常は、イボやニキビがなくなりやすくなる美肌効果がある飲み物です。

妊婦には、体内の異物が大きくなるのを防ぐ抗腫瘍作用が危険となります。

赤ちゃんを異物として認識してしまうと、発育を妨げてしまう恐れがあります。

  • 爽健美茶
  • ブレンド茶

ハーブティー×

通常は、美肌効果や便秘解消など美容健康効果が高い飲み物です。

普段はさほど効果を気にせずに飲んでいるかもしれません。

しかし、成分によっては子宮緊縮作用があります。

子宮が縮むことで、胎児の発育を妨げる可能性があるのです。

これらのハーブが入っているものは控えましょう。

  • カモミール
  • フェヌグリーク
  • セージ
  • セントジョーズワート

飲んでもいいハーブティー◎

一方で、飲んでも大丈夫なハーブティーもあります。

外出時は、これらのハーブでリフレッシュしましょう。

  • ルイボス
  • ローズヒップ
  • ハイビスカス
  • ラズベリーリーフ

1日に摂取できるカフェイン量

1日にどれくらいカフェインを摂取してもいいのでしょうか?

日本では、1日200~300㎎までを目安としています。

コーヒーやお茶、コーラ、チョコレートすべて含有量が違います。

家で飲むのと外出で飲むのとでは量が変わります。

ですので、1日の合計摂取量を正確に計算するのは困難です。

カフェインの含有量1日の摂取量の目安を分かりやすくお伝えします。

国によって摂取量の目安は違う?

世界の国々で摂取量目安は多少変わります。

日本では明確な基準はありません。

世界各国の1日のカフェイン摂取量目安

イギリス 200㎎まで
WHO 300㎎まで
カナダ 300㎎まで
オーストラリア 300㎎まで
韓国 300㎎まで

 

イギリスのみ基準は厳しくなっているようです。

日本では、1日200~300㎎までが目安と言われています。

飲み物・食べ物別の1日のカフェイン摂取量目安

身近な飲食物のカフェインはどのくらい含まれているのでしょうか?

コーヒーだけではなく、お茶や紅茶、抹茶にもカフェインが含まれています。

1日のカフェインは念のため、200㎎を超えないようにしましょう。

飲み物

品物 150mlあたりの含有量 1日の可能摂取量
インスタントコーヒー 60㎎ 3杯
ドリップコーヒー 100㎎ 2杯
緑茶 30㎎ 500mlペットボトル2本
ウーロン茶 30㎎ 500mlペットボトル2本
煎茶 30㎎ 500mlペットボトル2本
ほうじ茶 30㎎ 500mlペットボトル2本
玄米茶 15㎎ 2lペットボトル2本
ジャスミンティー 15㎎ 2lペットボトル2本
紅茶 30㎎ 500mlペットボトル2本
抹茶 48㎎ 湯呑5杯
玉露 240㎎ 湯呑1杯
コーラ 15㎎ 2lペットボトル1本
ココア 15㎎ 6杯
エナジードリンク 75㎎ 2本

 

カフェインの摂取量だけで言うと、コーラは1日2lまで摂取可能です。

しかし、人工甘味料や添加物が多く含まれているのでなるべく避けたい飲み物です。

1日500mlのコーラを1本までにしておきましょう。

エナジードリンクも同様に、1日1本までにしておきましょう。

ココアも砂糖が多く含まれているので、1日1~2杯にとどめるべきです。

これらの甘い飲み物は、毎日飲むのは避けた方がいいでしょう。

食べもの

ミルクチョコレート1枚あたり 10㎎
ダークチョコレート1枚あたり 30㎎
抹茶アイス1個あたり 60㎎

 

チョコレートや抹茶アイスには多少のカフェインが入っています。

飲み物と組み合わせて、1日のカフェイン摂取量を超えないようにしましょう。

カフェインは多くないものの、砂糖が多く入っているので食べすぎは注意です。

妊婦におすすめノンカフェインの飲み物

コンビニや飲食店でノンカフェインの飲み物が増えています。

「デカフェ」「カフェインレス」「カフェインレス」もまた同様の意味です。

カフェインはゼロではないものも含みますが、ほとんど気にする量は入っていません。

お家では、ノンカフェインコーヒーを常備しておくとよさそうです。

 

ネスカフェ 97%カフェインカットコーヒー

引用:https://nestle.jp

人気No.1 のカフェインレスコーヒーです。

スーパーやコンビニで一番よく目にします。

1本800~1000円の間で購入可能です。

入手のしやすさ、価格、味と申し分ありません。

味は普通のコーヒーとさほど変わずおいしいです。

飲み始めは少し薄いと感じましたが、慣れれば問題なく飲めます。

生茶 デカフェ

引用:http://www.kirin.co.jp

新しく発売された生茶のノンカフェイン商品です。

緑茶はおいしいですが、カフェイン量からガブガブ飲めるものではありませんでした。

妊婦にはうれしい画期的な商品です。

味は苦味がなく、すっきりとしています。

甘さがあるので、子供も飲める商品だと思います。

コンビニやスーパーの出荷量はまだ少ないようです。

生茶デカフェを探してみてください。

 

カフェインゼロの飲み物

カフェインが全く入っていない飲み物があります。

カフェインの計算が面倒な場合は、こちらの飲み物を選ぶようにしましょう。

  • 麦茶
  • そば茶
  • ルイボスティ
  • タンポポ茶
  • タンポポコーヒー
  • 黒豆茶
  • コーン茶

まとめ

カフェインについて詳しくなったでしょうか?

妊娠中は神経質になりがちです。

意外と1日に摂取してもいいカフェインの量は多いです。

カフェインレス商品も多くあるので、妊婦生活を楽しく乗り越えましょう。

 

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?