WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

歴代プリウスの全長や全幅はいくつ?燃費や乗員数も解説!

プリウスは1997年に販売開始された初代まで遡ると3回のフルモデルチェンジをしています。

20年間、4代に渡って販売されているプリウスは、今となっては世界でもっとも売れているハイブリッドカーと言っても過言ではありません。

しかし、現行型の4代目は2015年にフルモデルチェンジをしていますが市場では3代目プリウスの比率がまだ多く、古いものもたくさん見かけます。
この3代目プリウスを今、新しく買い換えようとしている人が非常に増えてきています。

市場には3代目プリウスが溢れており、それと同時に買い換えを考えている人が多いのに理由があります。
ひとつが一気に進化を遂げて販売された3代目プリウスが2009年5月に販売開始され、ほとんどの3代目プリウスがちょうど10年目が目前であること。
ふたつ目は2009年には「エコカー減税」が開始され、3代目プリウスが一気に市場に出回ったためです。

ですので今回は「プリウスを新しいものに買い替えたい」と考えている人に向けて、歴代プリウスとの違いについて解説をしていきます。

プリウスの全長、全幅、全高

画像 名前
引用:https://gazoo.com/

プリウスは今まで3回、大規模なリニューアルして4代に渡って販売されています。

買い替え時に気になるプリウスの全長、全幅、全高、ホイールベースについて説明します。
※全長=長さ、全幅=横幅、全高=高さ、ホイールベース=タイヤ軸間の距離

初代プリウス(1997年12月〜)

画像 名前
引用:https://gazoo.com/

全長 4275mm
全幅 1695mm
全高 1490mm
ホイールベース 2550mm

2代目プリウス(2003年9月〜)

画像 名前
引用:https://gazoo.com/

全長 4445mm
全幅 1725mm
全高 1490mm
ホイールベース 2700mm

3代目プリウス(2009年5月〜)

画像 名前
引用:https://gazoo.com/

全長 4460mm
全幅 1745mm
全高 1490mm
ホイールベース 2700mm

4代目プリウス(2015年12月〜/現行型)

画像 名前
引用:https://gazoo.com/

全長 4510mm
全幅 1760mm
全高 1470mm
ホイールベース 2700mm

プリウスの乗員数、燃費

車の購入を考えている方は乗り心地なども気になるものです。
でも、乗り心地が良くても車に乗れる人数や燃費を把握して置かなければ本末転倒です。

プリウスの乗員数や燃費について解説します。

乗員数

プリウスは4代に渡って販売されていますが、どれも乗員数は5人です。

運転席に1人、助手席に1人、後部座席に3人の乗ることが可能です。

燃費

画像 名前
引用:https://carnny.jp/

3代目まではFF(2WD)のみの販売でしたが、現行型以降は四駆(4WD)のプリウスも販売されているので、燃費は駆動方式(2WD/4WD)によって若干異なります。

また、4代に渡って販売されていますが燃費は新しいものになるほど向上しています。

燃費は車を維持するうえで重要な指標にもなるので、今回はもっとも市場に多いFF(2WD)を基準に燃費について解説します。

世代 カタログ燃費(10・15モード、JC08モード) 実燃費 グレード
初代 28〜31km/L 19.18km/L
2代目 30〜33.5km/L 20.64km/L
3代目 35.5〜38km/L 23.89km/L
4代目 40.8km/L 26.52km/L E

カタログ燃費では初代から比べると「28km/L(初代)〜40.8km/L(4代目、現行型)」と12.8km/Lもの差があります。
実燃費も比べてみると「19.18km/L(初代)〜26.52km/L(4代目、現行型)」と7.34km/Lもの差があります。

フルモデルチェンジが行われるたびに10%近く燃費が向上し、実燃費では7.34km/Lも向上しています。

新しい世代になるほど燃費は向上しているので、それを踏まえたうえで現在の車の使用頻度や普段の走行距離を考えておく必要があります。

現行型プリウスへの買い替えを考える前に

もしかすると「今の車が古くなってきたし、これに買い換えようかな〜」と思っていませんか。

長年乗っている車は税金が上がったりメンテナンス費用がかさんだりと、コスパ面を考えると新車を購入してしまったほうが安上がりだったりすることもあります。

でも、今の車の処分費用や処分の仕方がなかなか難しいですよね。

そんな時には「ユーカーパック」で車を査定してみてはいかがでしょうか?

ユーカーパックなら5分もかからずに車を査定することができます。
売却してしまうわけではなく、査定だけなので今の自分の車がいくらで売ることができ、新車の足しにすることができるのか調べることが可能です。

気軽に車を査定できる「ユーカーパック」は下記からどうぞ!

>>「ユーカーパック」で5分で車を査定してみる

まとめ

今回は世界的車メーカーであるトヨタが販売しているプリウスについて紹介しました。

一般的な車と同じで、燃費は新しくなっていくほど改善されていますが、毎回10%近く向上していくので流石は世界のトヨタといった感じです。

車体の大きさはモデルチェンジしてもあまり大差ないため、古いプリウスから新しいプリウスに買い換えても車幅の感覚のズレに悩まされることも少なそうです。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!