WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「寂しい」と「淋しい」「さびしい」と「さみしい」の違いや正しい使い方を解説!

「寂しい」と「淋しい」という言葉。

どちらも「心細いとき」に使う言葉というのはわかりますが、どちらをどのように使うのが適切なのでしょうか。

「寂しい」と「淋しい」の違いや使い方についてまとめました。
また「さびしい」と「さみしい」の違いについても解説をしていきます。




寂しい 淋しいの違い

「寂しい」と「淋しい」の違いについて、まずは理解しておきましょう。


意味

「寂しい」も「淋しい」も実は意味はどちらも同じで「心細い」「心が満たされない」「ひっそりしている」という意味を持つ言葉です。

ただ、ニュアンスが若干違いうので使い分けることによって、より気持ちを伝えることが出来る言葉です。

《 寂しい 》

「寂しい」には

・本来あるものが失われ、満たされない気持ちである様子
・物足りない、人がいなくて心細い
・人の気配がなくひっそりしている様子

という意味(ニュアンス的なもの)があります。

いるはずの人が突然、居なくなったとした場合のさびしいは「寂しい」が当てはまります。

《 淋しい 》

「淋しい」には本来は上記の「寂しい」のような意味はありませんでした。

・水が絶え間なく滴る様子
・水を注ぐ様子

などが語源となっている言葉です。

しかし現在では、より一層「寂しい」ということを伝える時に使われることが多いです。

寂しいを通り越して

・悲しい
・泣けるほど寂しい

という事を表す時に「淋しい」と使われます。


常用漢字では「寂しい」

内閣によって発行され、公的な文書に使用される常用漢字では「寂しい」が使われています。

「淋しい」は常用漢字ではないので、日常生活で使用するのは「寂しい」の方が良いと言えます。

ただし、「淋しい」が間違いということでも無いので注意が必要です。


「さみしい」と「さびしい」はどちらが正しい読み方なのか

「さびしい」と「さみしい」のどちらが正しい読み方なのか。

「寂しい」と「淋しい」の違いがわかっても、新たな問題が出てきます。

「さびしい」と「さみしい」の違いについて解説いたします。


読み方はどちらも間違いではない

「寂しい」と「淋しい」は、どちらも「さびしい」と「さみしい」と読むことが可能です。

『「さびしい」が間違いだ』
『「さみしい」が正解だ』
ということはなく、どちらも間違いではありません。

ですので、読み方としては「さびしい」と「さみしい」はどちらを使用しても問題ありません。


しいて言うのであれば「さびしい」

「さびしい」と「さみしい」の読み方はどちらを使用しても全く問題はありません。

ただ、あえてどちらかというのを決めるのであれば「さびしい」の方が良いでしょう。

なぜなら、常用漢字で「寂しい」という書き方がされていると上述しましたが、その「寂しい」の読み仮名が「さびしい」となっているためです。

特に使い分けるべき理由がないのであれば「寂しい」と書いて「さびしい」と読むのが日常生活では無難でしょう。


寂しい 淋しいの使い方

理由がなければ「寂しい」と書いて「さびしい」と読むのを使えば問題ありません。

でも、より一層、魅力のある人になるには、ことば使いひとつでも変わります。

「寂しい」と「淋しい」の具体的な使い方についてまとめました。


「寂しい」

「寂しい」は使う場面を基本的には選びません。
日常的にも使いやすい表現です。

たとえば

・◯◯くんに会えなくて寂しい
・引っ越したばかりで部屋が寂しい

のように使います。


「淋しい」

「淋しい」は「寂しい」という感情をより表したい時や切実な時に使うと良いでしょう。

たとえば

・おばあちゃんが亡くなって淋しい
・逢いたくて逢いたくて震えるほど淋しい

のように、感情や気持ちをより伝えるための書き方だと考えてください。

口頭であれば感情で伝えることができますが、文章で伝えたいときに最適です。




まとめ

・「寂しい」と「淋しい」の意味の違い
・「さびしい」と「さみしい」の読み方の違い
について解説しました。

どちらも意味は変わらないので「寂しい(さびしい)」を使うのが無難ですが、文面で気持ちや感情を表したいときには「淋しい」を使うのも良いです。

どちらも日常的に使っても間違いということはないので、使い慣れている方を使うのもありです。

毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?