WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

十六夜2018の意味と読み方を紹介。月待ち講とはどんな行事?

日本には、月の満ち欠けを元に表現した言葉がいくつもあります。
十六夜もその1つです。

十五夜や十三夜と似ていますが、意味も似ているのでしょうか。

ここでは十六夜の意味や読み方、お月見との関係などを紹介していきます。

十六夜とは?意味や読み方

十六夜
十六夜の意味や読み方はどんなものでしょうか。
実は意外な事実がありました。


十六夜の読み方は、実は2通りあるのです。
「いざよい」か「じゅうろくや」です。

「じゅうろくや」は、新月から数えて16日目の夜という意味があります。
なので、十五夜の次の日にあたります。



対して「いざよい」は、躊躇うという意味の動詞「いざよう」を名詞にした形です。

しかし、そもそもなぜ「いざよう」が語源になったのでしょうか。
それは月の出る時間が関係しています。

月の出る時間は、実は毎日50分ほど遅くなっていくと言われています。
つまり十五夜の月よりも、遅く現れるということです。

その様が、出ることを躊躇って現れるというように捉えられ、十六夜の月となったのでした。

「十六夜」2018年は何月何日?

日にち
十六夜がさす夜・月も2つあります。

一般的には、十五夜の次の日である陰暦(旧暦)8月16日の夜かその夜の月のことを言います。
その場合、2018年は9月25日(火)が十六夜です。

ただ、十五夜が満月の夜を表していたように、十六夜も陰暦(旧暦)の16日の夜かその夜の月のことを表すこともあります。
つまりこちらで考えると、毎月十六夜の月があるのです。

その場合、2018年の毎月の十六夜はこのようになります。

1月3日 2月2日 3月4日 4月2日
5月2日、31日 6月30日 7月29日 8月27日
9月25日 10月25日 11月23日 12月23日

このように十六夜も毎月ありますが、十五夜のようにその中でも1番綺麗な月を称して十六夜ということが多いです。
なので、通常は「中秋の名月」の翌日、2018年の場合は9月25日が十六夜と考えていいでしょう。

もし十五夜である24日にお月見ができなかったら、十六夜に眺めてもいいかもしれません。
2018年は十六夜である9月25日が満月ですし、綺麗な月が拝めるかもしれませんよ。


十五夜の詳しい説明はこちら。

十六夜のお月見のやり方

十六夜の月見
十六夜のお月見の方法は、一般的に思い浮かべるお月見とは少し異なっています。
お供え物をしてお月見を眺めるだけではないのです。



「月待ち講」という風慣をご存知でしょうか。
「月待ち」は、民間信仰の1つで、これが十六夜のお月見にあたります。

特定の月齢の日に家族や仲間と集まり、食べ飲みをしながら付月が出るのを待つのです。
そして月が出たらお経を唱えて月を拝み、悪霊を追い払う行事だと言われています。

月待ちを行う月齢は、地域によって違います。
だいたいは、十三夜、十五夜、今ではあまり馴染みのない十七夜や十九夜、二十三夜などに行われていました。

これらは毎月あるものなので毎月行われる地域もあれば、決まった月のみに行う地域もあったようです。


食事
月待ち講の”講”とは、宗教行事を行う結社のことを表現しています。
つまり月待ちを一緒に行う仲間とは、月待ち信仰の仲間というわけです。

お経を唱えるのが昔からの方法ですが、集まる仲間によって行う内容も異なると言われています。
子供がいればお菓子も出したり、大人だけの場合はお酒を飲むこともあるそうですよ。


一般的に思い浮かべるお月見に関してはこちら。
十五夜や十三夜で行う方法です。



同じ月を眺める行事でも、ここまで違うのは面白いですね。

十六夜は秋の季語

秋
十五夜が毎年日にちが違うように、十六夜も毎年変わります。
なので一般的に十六夜と呼ばれる日は、9月半ば〜10月上旬になるのです。

そのことから分かるように、十六夜とは秋の季語になります。
ただ俳句などで使用する時は「いざよい」と詠んでいることがほとんです。

このような形で俳句が詠まれています。


やすやすと 出てきていざよふ 月の雲(芭蕉)

【意味】
十六夜の月だと言うからなかなか出てこないと思っていたら、やすやすと出てきた。
出たと思ったらあっさりと雲の中に隠れて、今度は十六夜らしくなかなか出てこない十六夜の月だこと。


いさよひも まだ更科の 郡かな(芭蕉)

【意味】
昨夜の十五夜は更科の里で見た。
十六夜の強もまだ去り難く、更科の郡に留まっている。


月を見て今感じている思いを詩にして詠むなんて、現在はなかなかないでしょう。
昔の人はやはりロマンチックですね。

十六夜まとめ

十六夜
いかがでしたか。

昔は時計もなかったので、月の満ち欠けで日にちなどを把握していたのです。
そのため、十六夜もとても大事な言葉だったのだと思います。

また月がなかなか出ない様を十六夜と表し、俳句を詠むとか風流があっていいですよね。
現在では、月を眺めながら何かを考えるということもしませんし、いい習慣だったのではないでしょうか。

月の名称には他にも、十三夜や十日夜などもあります。
それらの意味も考えながら、2018年は月に思いを馳せる年にしてみてはいかがでしょうか。

十三夜についてはこちら。


[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!