WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

三条祭り2018の見どころは大名行列&舞い込み!交通規制も紹介

金物のまちとして知られる新潟県三条市で毎年恒例の「三条祭り」が今年も開催されます。

三条祭りは三条八幡宮の春季例大祭として行われているお祭りです。
約400人で構成された大名行列や子供の無病息災を願って行う舞い込みなどのイベントが2日間にわたって行われます。

今回はそんな三条祭りの大名行列や舞い込みの見どころやアクセス方法、交通規制などについてご紹介します。

三条祭り2018

引用:にいがた観光ナビ

三条祭りは、三条八幡宮の春季例大祭で、三条市の文化財指定を受けている歴史のあるお祭りです。
1822年に越後村上藩の6代目藩主だった内藤信敦が京都所司代に任命されました。
そのお祝いとして、10万石格式の行列を模して神輿渡御を行ったのがその始まりと言われています。

大名行列の後には子供の成長を祈り、子供を肩車して八幡宮社殿を3周し、拝殿に入る舞い込みが行われます。

日程

1873年までは旧暦の3月15日に行っていましたが、現在では5月15日の開催となっています。
以下に詳細な日程を記載します。

日時 2018年5月15日(月)、16日(火)
場所 三条八幡宮
住所 〒955-0073 新潟県三条市八幡町12-18
電話番号 0256-33-1278
アクセス JR弥彦線「北三条駅」から徒歩で10分
北陸自動車道「三条燕IC」から車で15分
地図

スケジュール

2日間にわたって行われる三条祭りのスケジュールをまとめてみました。

1日目:5月15日

1日目の5月15日は19:00頃から宵宮が行われます。
神事が執り行われ、拝殿前では、賑やかなお囃子が披露されます。

2日目:5月16日

2日目は朝から活気溢れる行事が目白押しです。

9:30 受付開始
11:00 出陣式
11:30 鬨の声
12:15 八幡宮拝殿前集合
12:45 大名行列
15:00 神明宮着
16:00 諏訪神社着・出発
17:00 舞い込み・揉み合い

三条祭り2018の見どころ

三条祭りの見どころ3選をご紹介します。

大名行列


三条祭りの大名行列は先供、導祖神が行列を先導し、そのあとに色々な旗や道具を持った人たちが続きます。
その後に囃子方の祭り囃子が続き、八幡宮前から諏訪神社までの約3㎞の距離を往復します。

導祖神(天狗)

Twitter @jironsmt さん(@jironsmt)がシェアした投稿

導祖神は天照大神の孫に当たる瓊々杵尊(ニニギノミコト)が、高天原から地上に降りてきたときに道先案内人をした猿田彦命(サルタヒコノミコト)が由来となっています。

その姿が目はほおずきのように輝き、鼻が非常に長く、天狗の姿をしています。
天狗というと鞍馬天狗のような妖怪とイメージされる方が多いのではないでしょうか。
しかし、猿田彦命は道先案内人兼ガードマンをした神様のため、「導祖神」と言われています。



導祖神会は、頭をなでてもらえば健康に育つといったいわれがあります。
神様を演じる由緒ある役割を担うため、2週間前から精進潔斎をして初めて行列に参加するそうです。

導祖神は約60センチある一本歯の高下駄を履き、練り歩きます。
猿田彦命になりきって進む姿は、とても凛々しく威厳が漂います。

万一、導祖神がバランスを崩したり、転倒したりすると、災いが起こるという口承が脈々と残されています。
一歩一歩力強く踏みしめながら進む姿をぜひ一緒に見守り、臨場感を体感してください。

先供


行列の先頭の鉄棒、露払いに続く先供は、様々な道具を持っています。

途中、これらの道具を空中に高く振り上げたり、相手方の先供に放り投げる技も披露されます。
道具の投げ方や歩き方の技術を昔ながらのやり方で維持していて、全国的にかなり珍しいそうです。
昔ながらの伝統の技の迫力をぜひ間近で味わってください。

注意事項

大名行列の前は通過してはいけません。
また、家の2階など神輿より高い場所から見下ろすことは好ましくないとされています。
そのため、大名行列の途中にある昭栄大橋からの大名行列見物は三条市が禁止されています

10万石の格式の大名行列が通過するのを、当時のように待つようにしましょう。

大名行列・神輿の担手募集

引用:にいがた観光ナビ

三条市外の方でも、大名行列・神輿の担手を募集しているそうです。
三条の伝統を担ぎたい、守りたい、自身の無病息災を願いたい、お祭りが大好きな男性は、こちらのページから申し込み・問い合わせしてみて下さい。

舞い込み


舞い込みは、諏訪神社から帰還した導祖神、神輿2基、囃子太鼓が、本殿に入る前に始まります。

子どもの無病息災を願い、子供を肩車しながら1周約150mの八幡宮の周りを3周します。
子供を肩車しながら450m走るのは、体力勝負です。
参加される親御さんは準備運動をしっかりして頑張って下さい。

その後、拝殿に入り、導祖神や神職に頭を撫でてもらうことで、丈夫な子に育つと言われているそうです。

舞い込みの参加方法

舞い込みは当日飛び入り参加することができます。
ご自身や周りの方へケガをさせてしまわないよう、以下のルールを守るようにしましょう。

  • 舞い込みへの参加は、白足袋の着用が必須条件です
  • おんぶや抱っこにての参加はできません
  • 首のすわっていないお子さんも危険ですのでご遠慮ください
  • 最後に拝殿に入る際には、お子さんが拝殿の梁(はり)にぶつからないように頭上に注意して拝殿に入ってください


当日境内入口付近の若衆会テントにて白足袋を販売しているそうです。
また、15日14~16時まで無料でお子様の祭化粧を若衆会テント前にて行います。
参加される方は記念に祭化粧までしてもらってはいかがでしょうか。

屋台

引用:http://www.kenoh.com/2015/05/14_matsuri.html

境内や八幡小路には、200軒以上もの露店が出店します。
お祭り定番のポッポ焼きや射的や輪投げ、ダーツから、トルコアイスやミルク揚げパンなどのお店が出るようです。

また、露店には珍しいお化け屋敷といったお店まで様々楽しむことができます。
所狭しと並んだ露店をのんびり巡って、お祭りを満喫するものいいかもしれません。

三条祭り2018へのアクセス方法

三条祭り2018のアクセス方法と駐車場情報についてまとめました。

アクセス方法

三条祭りの会場となる三条八幡宮へのアクセス方法をご紹介します。

電車で来場する場合

  • 関東方面から
  • 「東京駅」(JR新幹線 新潟行・約1時間50分)→「燕三条駅」(JR弥彦線 東三条行・約5分)→「北三条駅」(徒歩約5分)→「三条八幡宮」

  • 仙台方面から
  • 「仙台駅」(JR新幹線 東京行・約1時間5分)→「大宮駅」(JR新幹線 新潟行・約1時間20分)→「長岡駅」(JR特急 新潟行・約15分)→「東三条駅」(JR弥彦線 吉田行・約3分)→「北三条駅」(徒歩約5分)→「三条八幡宮」

  • 関西方面から
  • 「新大阪駅」(JR新幹線 東京行・約2時間30分)→「東京駅」(JR新幹線 新潟行・約1時間50分)→「燕三条駅」(JR弥彦線 東三条行・約5分)→「北三条駅」(徒歩約5分)→「三条八幡宮」

    車で来場する場合

  • 関東方面から
  • 「厚木IC」→圏央道専用連絡路(約1分)→「海老名JCT 連絡路」→圏央道(約50分)→「鶴ヶ島JCT」→関越自動車道(約2時間30分)→「長岡JCT」→北陸自動車道(約15分)→「三条燕IC」

  • 仙台方面から
  • 「仙台宮城IC」→東北自動車道(約1時間15分)→「郡山JCT」→磐越自動車道(約2時間)→「新潟中央JCT」→北陸自動車道(約20分)→「三条燕IC」

  • 関西方面から
  • 「門真IC」→近畿自動車道(約10分)→「「吹田IC」→名神高速道路(約1時間20分)→「米原JCT」→北陸自動車道(約5時間)→「三条燕IC」

    駐車場


    三条祭り当日は、会場付近に臨時の無料駐車場が設けられます。
    ただし、駐車場・周辺道路は大変混雑しますので、早めに行動するようにご注意ください。

    以下に臨時駐車場をまとめたので、参考にしてください。

    三条防災ステーション

    営業時間 10時00分~22時00分
    住所 新潟県三条市上須頃167-1
    地図

    中央市場駐車場

    営業時間 10時00分~22時00分
    住所 新潟県三条市元町
    地図

    三条鍛冶道場駐車場

    営業時間 10時00分~22時00分
    住所 新潟県三条市元町11-53
    地図

    三条祭り2018に交通規制はある?

    三条祭りの会場周辺では、大名行列に合わせて交通規制がかかります。
    今年の詳細情報はまだ発表されていませんが、詳しい場所はこちらをご覧ください。
    2017年の交通規制

  • 臨時露店市場開設
  • 規制時間 1日目9:30~3日目12:00
    規制種別 車両通行止め(緊急車両を除く)
    規制場所 市道八幡小路線、市道五ノ町一ノ木戸線、市道森下通り線
  • 大名行列
  • 規制時間 2日目 12:30~17:00
    規制種別 車両通行止め(緊急車両を除く)
    規制場所 本町六丁目交差点~一ノ門交差点
    規制時間 2日目 14:30~17:00
    規制種別 車両通行止め(緊急車両を除く)
    規制場所 一ノ門交差点~田島交差点
  • 通行規制区間
  • 規制時間 1,2日目 9:30~22:00
    規制種別 一方通行
    規制場所 JR弥彦線高架下道路

    2018年も交通規制が予想されるので車でお越しの方は注意が必要です。

    また、2日目の12:30~17:00の間は、周辺を通行してるバスも交通規制に伴い、迂回します。
    詳細につきましては、各バス会社にお問い合わせください。

    8月には三条夏祭りも!


    三条市では、「凧と凧ばやし踊りパレード」、「市民民謡踊り流し」に始まり、「大花火大会」など、楽しいイベントが盛りだくさんの3三条夏祭りが開催されます。

    日時 2018年8月10日~8月12日
    場所 三条市須頃地内(花火大会)
    市街地本町通り、各商店街ほか
    アクセス JR弥彦線北三条駅より徒歩10~20分
    地図

    詳細なスケジュールは発表されていませんが、主なイベントを以下にまとめてみました。

    8月10日

    18:00~18:15 開会宣言・オープニング演奏
    会場:中央商店街本部前路上
    一ノ木戸小学校児童によるオープニング演奏と演舞
    18:15~19:30 凧ばやし踊りパレード
    会場:一ノ木戸商店街~中央商店街の間
    子供達の元気一杯な凧ばやし踊りパレードと、凧合戦を思わせる勇壮な凧パレードを行います
    19:30~20:50 市民民謡踊り流し
    会場:中央商店街通り
    商店街通りを輪踊りで結びます

    踊りは自由参加となっていて、参加すると「ウチワ」「手拭」が貰えるようです。

    踊りの教習用DVDがあり、踊りに参加希望の企業・団体に配布されます。
    団体で参加を予定されている方は、ぜひ皆さんで練習して参加してみてはいかがでしょうか。

    8月11日


    2日目の19:30~21:30には、花火大会が開催されます。
    六ノ町河川緑地、三条防災ステーションの土手の一部で観覧することができます。
    打ち上げ場所と観覧場所が近いので、花火は目の前に落ちてくるような臨場感を味わうことができます。

    市民の花火・ナイアガラをはじめ、県下に誇る超大型スターマイン多数打ち上げられます。
    また尺玉の連続打上げは壮観です。

    8月12日

    16:30~17:00 三条夏神輿
    会場:本寺小路周辺
    和太鼓演奏と書道パフォーマンスを実施し、総踊りのオープニングイベントとして熱く盛り上げます
    17:00~17:15 オープニングパフォーマンス
    会場:ステージえんがわ及び周辺
    三条地域を中心とした演舞チームによる、よさこい、HIPHOPなどのデモンストレーション演舞の後、観客も巻き込んでの総踊りで三条夏まつりのフィナーレを締めくくります
    19:00~21:00 三条踊り
    会場:ステージえんがわ及び周辺
    ハッピ姿の若い衆が神輿を担ぎ、夏まつりを盛り上げます

    交通規制

    お祭りの開催期間中には、会場周辺は交通規制により通行止めとなる場所があります。
    詳細な場所・時間等については、まだ公表されていませんが、こちらをご参照ください。
    2017年の交通規制情報

    会場周辺は例年どおり混雑が予想されますので、時間にゆとりをもって移動するようにしてください。

    駐車場

    会場周辺には例年無料臨時駐車場が2か所設置されます。

  • 競馬場駐車場
  • 三条燕総合グラウンド

  • 200台の駐車スペースがありますが、すぐに満車になってしまう可能性がありますので、早めに会場入りすることをお勧めします。

    まとめ

    伝統の歴史を誇る三条祭りはいかがでしたでしょうか。
    小さいお子様がいらっしゃる方は、お子様の健康を祈って参加してみてください。

    毎月借金返済するほど損!?国が認めた借金減額方法とは?