WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

「◯◯させて頂く」が誤りである理由とは?正しい使い方と間違えない対策まとめ

「拝見させて頂きます」や「お邪魔させて頂きます」
と何気なく使うことってありませんか?

その「させて頂く」という言葉使いが実は間違いかもしれません。

なぜ「させて頂く」が間違いになることがあるのかということについてまとめました。




「させて頂く」が良くない理由

「させて頂く」という表現そのものが誤りということではありません。
しかし「させて頂く」はある条件を守らずに使ってしまったり、言葉選びを間違えてしまうと誤った表現になってしまいます。

「させて頂く」が誤りとなってしまう条件やタイミングについて考えてみましょう。


「頂く」ではなく「いただく」が良い

「いただく」という漢字には「頂く」と「戴く」の2種類があります。

・「いただきます(戴きます)」「いただきました(戴きました)」の「いただく」
この場合の「いただく」は「もらう」「頂戴する」という意味の謙譲語なので「戴く」です。

・「〇〇していただく(頂く)」「〇〇させていただく(頂く)」の「いただく」
一方、こちらの「いただく」は補助動詞(行動をする、もしくは促すもの)なので、文化庁の推奨では「ひらがなで書く」のがオススメとされています。


本来は「相手のOK」に対して使うべき言葉

「させていただく」という言葉の本来使うべきタイミングは「基本的に他者の許可を得た上で、自分が行うことについて、その恩恵を受けることに対して敬意を払っている場合」に使うのが正しいとされています。(文化庁より)

ですので
・相手の許可を受ける時
・自分が許可をもらうことに感謝している

という2点の条件が一致している場合に使う言葉です。

たとえば会社を休むとなった場合、上司に休んでもいいよと言われたタイミングで「本日は仕事をお休みさせていただきます」のように使います。
「休んでもいいよ」と許可を受けていて「休むことの許可に感謝する」という式が成り立ちます。

こうして考えると、日頃聞く「させていただく」という言葉の使い方には誤りが多いことが分かります。


二重敬語になりやすい

「させていただく」という言葉は、この「させていただく」の前につく言葉選びを間違えると二重敬語になりがちです。

たとえば「拝見させていただきます」という表現がビジネスシーンでは多く使われています。
しかし「拝見させていただきます」というのは拝見が謙譲語であるため誤った表現になります。

このように「謙譲語+いただきます」という文は二重敬語となるので誤りです。

ちなみに、正しい表現は「拝見します」で問題ありません。

何気なく使って間違いに気づきにくいのが「させていただく」という言葉の二重敬語です。


「させていただく」を正しく表現するために

「させていただく」を正しく表現する方法について解説します。


類語へ言い換える

「させていただく」を誤った使い方を防ぐには「させていただく」をいう表現を使わないことです。

しかし、全く使わずに会話を成立させるのは無理があります。
そこで「させていただく」に変わる表現方法として「致します(ました)」に言い換える方法があります。

「させていただく」を「致します」に変えるだけで、二重敬語になることも防ぎやすくなるうえに「許可がどうこう」というタイミングについて考える必要もなくなります。

たとえば
・検討させていただきます=検討致します
と多くのことが「致します」に置き換えても通用します。

「させていただく」が正しいのか考えるときには、まずは「致します」に変えてみると良いでしょう。

ただし「拝見(謙譲語)+致します(謙譲語)」のように前につく動詞が謙譲語の場合は「致します」は二重敬語になるため使用することはできません。




まとめ

「させて頂く」が誤りになる原因や正しい使い方についてまとめました。

誤った使い方で広がってしまった日本語のひとつですが、言葉使いを気にする人は思っている以上にいるものです。

「させていただく」という言葉の使い方について、この機会に考え直してみてはいかがでしょうか?

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!