WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

食費節約にセールはNG!真似るべき誰でもできる安く買う方法4選

食費の節約は多くの人が取り組んでいるんじゃないでしょうか?

だけどなかなか額が少なくならない!?

そう感じている人も多いはず…

この記事でわかること

準備するもの

レジ袋
買うものリスト


方法

衝動買いしない

買い物に行くとついつい衝動買いしちゃいますよね…。

安売りだったのにいつもと購入金額が変わらない!?なんてこともあるはず(T_T)

ちょっとしたことを意識するだけでも、実は節約ってできちゃうんです♪

①買い物は1、2店舗の決まったスーパーで

買い物は決まったスーパーでする

いろいろなお店のセールを活用したほうが安くなると考えていませんでした?

だけど、慣れないお店に行くと食材を探し回らないといけないので、その分衝動買い率が高くなることに…。

慣れているお店では「あれはそこ」「これはあっち」と場所を覚えているので必要なものだけをぱぱっと買えます。

1つの単価はセールの方が安いですが、それが節約に繋がらないことって多いんですよ…!

②1週間分の予算を決める

1週間の食費予算

節約するといってもなんとなく〜では結局変わらないことが多いもの。

どれくらい無駄な出費があるのか、どのくらい安くしたいのか、それらを出した上で1週間の食費の額を決めましょう!

お金は1週間ごとに封筒で保管しておけば、次の月の額も決めやすいですよ^^

余ったお金はそのまま貯めてしまいましょう♪

③買う食材は決めてから行く

買うものリスト

事前に「買うものリスト」を作ってからスーパーに行きましょう。

そうすれば余計なものは買わないですし、家にある食材と同じものを買ってしまう心配もなくなります。

また、買い物で必ず買う食材を決めておくのも◎

多くの料理に活用できるものを毎回買うようにしておくと、冷蔵庫の中身をみて考えていなかった品を作ることも可能になりますよ♪

④空腹時には買い物に行かない

空腹時には食材は買わない

お腹が空いているときは、なんでも美味しく見えてしまうもの。

そこでついつい予定になかった食材に手が伸びて…なんてことになりやすいです!

満腹で行けとは言いませんが(笑)お腹が空く前に買い物を済ませてしまいましょう。


言われてみると当たり前のことですが「確かに!」と思えたこともあったと思います。

大幅な節約はイライラにも繋がるので、徐々に食費にかける金額を少なくしていきましょう〜!

あと…重たいものはネットスーパーで買うと楽◎
[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!