WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

栓抜きの代用になる日用品7選!瓶やワインを簡単に開ける方法を紹介!

海外のビールは、瓶ビールが多いです。

栓抜きがないのにうっかり買ってしまったことはありませんか?

「BBQやキャンプで栓抜きを忘れてしまった!」

ということも多いです。

栓抜きの代わりに身近なもので代用できます。

栓抜きなしで瓶ビールやワインのコルクを開ける方法をご紹介します。

一番簡単!瓶の栓抜き代用品は「割り箸」

栓抜きを使わずに「割り箸」で瓶が開けられます。

一番簡単な方法です。

BBQやキャンプ時には必ず割り箸は持っていきますよね。

お家の中でも簡単に開けられます。

開け方をご紹介します。

①閉じたままの割り箸を用意します。

引用:youtube埋め込み動画

②割り箸の太い方を蓋の下に入れます。

引用:youtube埋め込み動画

瓶を机に置いて、しっかりと手で支えてください。

蓋の真下で瓶を支えます。

③瓶を持つ親指を視点に、テコの原理を使って上に持ち上げます。

引用:youtube埋め込み動画

蓋が飛んでいくので気を付けてください。

④簡単に開きます。

引用:youtube埋め込み動画

女性でも簡単に力をかけずに開けることができます。

同様なやり方で、ライターやスマホを使って開ける方法もあります。

しかし、ライターやスマホが欠けてしまうのでお勧めできません。

栓抜きがないときの代用品は「スプーン」

スプーンを使って瓶を開けます。

野外ではないことが多いかもしれません。

しかし、とても簡単に開けることができます

①金属製のスプーンを用意します。

引用:youtube埋め込み動画

②スプーンを蓋の下に入れます。

引用:youtube埋め込み動画

瓶を蓋の下で支えてください。

③スプーンは上向きに持ちます。

引用:youtube埋め込み動画

④親指を支点に、テコの原理で押し上げます。

引用:youtube埋め込み動画

⑤簡単に開きます。

引用:youtube埋め込み動画

蓋が飛んでいくので、注意してください。

こちらも女性でも簡単に開けることができます。

スプーンが曲がらないように、上の方を持ってください

アルミ製の柔らかいスプーンの場合、曲がってしまう恐れがあります。

栓抜きがないときの代用品は「10円玉」

少々難しいやり方です。

10円玉の代わりに100円玉や500円玉でも代用できます。

机が傷つかないように、硬貨を使用します。

蓋の下が10円玉に当たるように、瓶を下に振り落としていきます。

①10円玉を少し手前に出して、机に置きます。

引用:youtube埋め込み動画

②蓋の下を10円玉に当てるように、瓶を振り落とします。

引用:youtube埋め込み動画

このとき、親指でしっかりと10円玉を押さえておかないと、ずり落ちてしまいます。

③何度か繰り返します。

引用:youtube埋め込み動画

④テコの原理で蓋が開きます。

引用:youtube埋め込み動画

引用:youtube埋め込み動画

すこし、難易度が高いやり方です。

10円玉が滑りおちて、何度か繰り返さなければ開きません。

女性には、難しいやり方かもしれません。

栓抜きがないときの代用品は「マイナスドライバー」

マイナスドライバーは、お家にある方も多いです。

外出先では、車に常備している方もいるかもしれません。

こちらも、テコの原理で簡単に開けることができます。

作用点となる部分が小さいので、少し力がいります。

①マイナスドライバーを蓋の下に入れます。

引用:youtube埋め込み動画

瓶を支えながら行ってください。

②ドライバーを蓋の下にねじ込みます。

引用:youtube埋め込み動画

③瓶を少しずつ回転させて、ドライバーをひねります。

引用:youtube埋め込み動画

④少しずつ蓋が開きます。

引用:youtube埋め込み動画

蓋が飛んでいくことは、あまりなさそうです。

力がいるので、女性は男性にお任せしましょう。

栓抜きがないときの代用品は「1枚の紙」

コピー用紙などの紙でも開けることができます。

A4サイズほどの大きさがあると、栓抜き効果が高いです。

チラシでも代用できます。

①いらない紙を1枚用意します。

引用:youtube埋め込み動画

②紙を6回、半分に折ります。

引用:youtube埋め込み動画

1回目。

引用:youtube埋め込み動画

2回目。

引用:youtube埋め込み動画

3回目。

引用:youtube埋め込み動画

4回目。

 

引用:youtube埋め込み動画

5回目は縦に折ります。

 

引用:youtube埋め込み動画

6回目。

③栓抜き代用品完成です。

引用:youtube埋め込み動画

④折り目側を蓋の下に入れます。

引用:youtube埋め込み動画

瓶の蓋の下を支えます。

⑤親指を支点に、テコの原理で押し上げます。

引用:youtube埋め込み動画

⑥簡単に蓋が開きます。

引用:youtube埋め込み動画

力をかけずに蓋が開けられます。

栓抜き代わりに身近なものを傷つけたくない場合に使用してみてください。

コルク抜きがないときの代用品は「靴」

続いては、ワインのコルク抜きの代用品です。

通常は、ワインオープナーと言われる栓抜きが必要です。

うっかりコルクタイプのワインを買ってしまうことは多いです。

①靴を使用します。

引用:youtube埋め込み動画

厚底の靴の方がやりやすいです。

今回は、革靴を使用しています。

②靴の底にワインを入れます。

引用:youtube埋め込み動画

靴が使用できない場合は、厚手のタオル、パーカーなどでもOK。

 

③木や壁に、靴底を数十回力強く叩きつけます。

引用:youtube埋め込み動画

家の中の場合、騒音に気を付けてください。

④ワインの圧で、コルクが出てきました。

引用:youtube埋め込み動画

引用:youtube埋め込み動画

かなりの力を入れてください。

⑤10回でコルクが抜けました。

引用:youtube埋め込み動画

今回は、10回でワインが開きました。

勢いよく叩きつけると、ワインがこぼれます

こぼれないためには、ゆっくりと少しずつ叩きましょう。

コルク抜きがないときの代用品は「タオル&ペン」

コルクを瓶の中に押し込むやり方です。

割り箸でもOKです。

コルクより直径が小さく、棒状のものなら代用できます。

ワインが吹き出して飛び散るので、注意してください。

 

①吹きこぼれ防止に、タオルをひきます。

引用youtube埋め込み動画

②太めのペンを用意します。

引用youtube埋め込み動画

③コルクを押し込みます。

引用youtube埋め込み動画

ワインは手で支えてください。

素手で押し込んでも大丈夫です。

ハンマーや、石など硬いもので押し込むと簡単です。

 

④コルクが沈んできます。

引用youtube埋め込み動画

⑤だんだんとワインがこぼれてきます。

引用youtube埋め込み動画

服や周りに飛び散る可能性があります。

⑥コルクが完全に沈んで、ワインが開きました。

引用youtube埋め込み動画

ワインがこぼれてしまいますが、騒音も気にならない簡単なやり方です。

勢いがよすぎると、服にまでワインが飛び散るので注意してください

栓抜きがないときの代用品まとめ

栓抜きがなくても、身近なもので代用できます

大事なものを傷つけないように、洗えたり捨てれるものを使ってみてください。

瓶を開けるには、「割り箸」が一番簡単です。

コルクを開ける場合は、「」か「ペン」を使用してみてください。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!