WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

家にあるもので作る簡単影絵で子供が進んで寝室に♪寝付ける時にも◎

夜、子供に「そろそろ寝る時間だね、ベッドに行こうか!」なんて声をかけると、「まだ寝ない!」なんて言って、かえって遊び始めたりしてなかなか寝室へ向かってくれない・・・

子供あるあるでしょうか?( ;∀;)

そんな時は目先を変えて、オリジナル影絵を作って子供を寝室に誘ってみませんか?

この記事でわかること

材料

・ビニール袋
・懐中電灯(スマホのライトでもOK)
・油性ペン
・ハサミ


手順

影絵セット

1.好きな絵をかきましょう

絵を描く

あまり細かく書かない方が後で綺麗に映るような気がします。

2.絵ごとに縦にカットします

カットする

ジッパーの部分を残しておくと後で持ちやすいです(*´ω`*)

3.必要なら棒状の物に貼り付けてもOK

持ちやすく工夫

ラップの芯や、つっぱり棒にテープで貼り付けると、後で扱いやすいかもしれないです。

4.寝室を暗くして影絵のお話始めま~す♪

光を当てる

絵の裏からライトを当てて・・・

「可愛いお化けのお話始まるよ~、ベッド行こう♪」

なんてお子さんを誘って楽しく寝室に向かいます( *´艸`)

5.こんな感じで壁に映します

影絵を映す

これは写真用に小さめに映していますが、実際はもっと大きく映して遊びます(*^^*)

絵を動かして色々とオリジナルなお話が出来ますので、子供がとっても喜びました。

「フワフワ可愛いお化けがやってきて。。。」
「もういたずらしないよぉ。。と帰って行きました」

とか。。。

「また影絵して!」なんて楽しく寝室に向かってくれちゃいますよ( *´艸`)


スーパーでもらうような、薄いビニール袋でもOKですが、このようなジッパー付きの袋の方が、厚みもあるので絵が描きやすく透明感があるので、絵がくっきりと壁に映ります。

部屋を真っ暗にして強い光を当てると影絵がハッキリします。
スマホの懐中電灯は光が強いので使えますよ(^^♪

寝かしつける時にも使えるのでおすすめです〜!

始め影を大きく壁に映してわざとぼやけさせ、だんだん絵をハッキリさせていって「これ、な~んだ?」なんてクイズ形式にも出来たりして楽しいです。楽しくなりすぎて、今度は寝てくれない( ;∀;)という場合の対処方はまた別記事で。。。



mi-yuka さん

育ち盛りの娘を持つ専業主婦です。
日々の生活をより楽に、より楽しくをモットーに過ごしております♪

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!