WEBサイトを高速で表示することができる機能です。

ちょいプラの記事を読み込む時間が大幅に短縮されて、快適に記事を読むことができます。

白河だるま市2018の駐車場はどこ?どんど焼きの時間や出店も紹介

福々しい縁起物である白河だるま。
このだるまが出店に大量に並ぶのが、福島県で行われる白河だるま市です。

春を告げるこの行事には、例年15万人もの人が訪れます。
そんな白河だるま市2018の駐車場情報や時間、見どころをご紹介します。





白河だるま市2018の臨時駐車場

毎年建国記念日に福島県で行われる、伝統行事「白河だるま市」
例年多くの人で賑わい、近隣の人もいれば遠方から来る人も多いです。

車の場合は、臨時無料駐車場がいくつかの場所で用意されているので利用してみてください。

  • 市役所
  • 市民体育館
  • 白河駅北側駐車場
  • 市立図書館駐車場
  • 白河総合運動公園
  • 白河中央中学校校庭
  • 白河病院駐車場
  • などなど。


白河病院は結構距離がありますが、シャトルバスを利用すればそんなに不便ではありませんよ。

シャトルバスの区間は、JR白河駅から白河病院前バス停。
時間は8:45〜20:00間、約15〜30分間隔で運行予定です。

近場の駐車場は混んでいますので、時間によっては遠目の駐車場を選んだほうがスムーズに停められると思いますよ。

また当日2月11日は、8時〜21時の間は交通規制が敷かれますので、注意が必要です。
規制場所はこちらから確認してみてください。
白河だるま市会場の交通規制案内

白河だるま市2018の日程

2018年の白河だるま市の詳しい日程などはこちらをご覧ください。

日程 2018年2月11日(祝)
時間 9:00〜19:30
場所 目抜き通り
住所 〒961-0954
福島県白河市天神町・中町・本町
内容 白河駅前で開催される行事です。300年以上もの歴史をもち、約700軒もの出店が並びます。
問い合わせ 0248-22-1147
白河観光物産協会

会場
JR白河駅からすぐの場所で、約1.5kmの長さで開催される大イベントです。

こちらの白河駅は、当日人で賑わいます。

JR白河駅引用:https://ja.wikipedia.org

見どころ3点

白河だるま市には、様々な見どころがあります。
名前通り、あっちこっちでだるまを見ることができますが、それだけではないのです。

そんな3つ見どころをご紹介します。

白河だるま市の様子は、こちらを御覧ください。

どんと焼き

どんど焼き引用:http://rakuras.cocolog-nifty.com

白河だるま市の見どころの1つは、どんど焼きでしょう。

2018年の日程はまだ発表されていませんが、2017年のものを載せておきますので参考にしてみてください。

天神町どんど焼き 8:00〜17:00
本町どんど焼き 8:00〜15:00

2箇所に設置されたどんど焼き会場では、だるまや正月飾りなどのお焚きあげをしています。
天神町の会場まで行く際は雪道を通ることになるので、天気や履物、足の疲れ具合などと相談してください。

燃やされているのを見るとちょっと寂しい気持ちになりますが、感謝の気持ちで送り出しましょう。

どんど焼き引用:http://rakuras.cocolog-nifty.com

出店

白河だるま市の出店引用:http://rakuras.cocolog-nifty.com

白河だるま市の出店は約700軒も並びます。

だるまの直売所はもちろん、縁起物や造花の販売や食べ物系、射的などの遊戯系、木工品や刃物なども買うことができますよ。

【白河だるま】

白河だるま市引用:http://rakuras.cocolog-nifty.com

まず目を引くのは、赤いテントで売っている大小様々なだるまです。
手のひらに乗るサイズから、1m近いものまで様々あります。

だるまの顔も1つ1つ微妙に違うんですよ。
相性がいいものはさらに運気が上がってくると言われていますので、「これだ!」と思えるものを直感で選ぶといいでしょう。

また一般的な赤色だけではなく、黄色や青、黒など色も多様にあり、色によって開運用途が違うようです。
欲しい色を選んで購入してみてください。

魔除け・大願成就の意味。健康と仕事に効き、勝負運アップ
招福の意味。1から始める時にいいもの
金運・夢の実現の意味。元気で明るい、幸せな気持ちになれる
結構・安全・疲れを癒やす意味。交通安全に健康運・家庭運アップ
ピンク 豊かな人間関係を育む意味。恋愛運・結婚運・愛情運アップ
周りの空気を浄化、向上心の後押し。トップを目指す人の味方
冷静な判断力を持てる。学業・才能アップ
商売繁盛・事業繁栄
金運向上・仕事運アップ
自己実現・安産吉祥

また、だるまの後ろに文字を入れてもらうことも可能なのです。
「家内安全」や「商売繁盛」など、願いごとを4文字で入れてもらう人が多いようですよ。

そして、だるまは「値切れば値切るほど縁起がいい」と言われています。
お店の人も値切られるのが当たり前だと考えていますので、頑張って値切ってみてください。




【食べ物系】
飲食系の出店も多くあります。
焼きそばやお好み焼き、三笠焼きなどの定番ものから、ちょっと変わった聞いたことのないものまで様々です。

ちなみに、三笠焼きは野村屋さんのが有名ですよ。
例年、結構な行列ができるほどなんだとか。

野村屋引用:http://d.hatena.ne.jp

そんないろいろある出店の中でも、白河ラーメンはぜひ食べてほしい一品です。

白河だるま引用:Instagram

開運を願うなら白河バーガーがおすすめです。(画像右下)
食べた人が開運になるよう、白河市南湖公園で開運祈祷した焼印が押してあるだるまのバンズが印象的なバーガーです。

それだけでなく、風水で金運がアップすると言われるカレー味に仕立ててあり、験かつぎの定番のカツ、恋愛運&運気アップで知られるトマトを使うなど、運気アップを狙った仕上がりになっています。

またお土産にするなら、白河だるま市に行ったとわかる「だるま最中」はいかがでしょうか。

白河だるま引用:Instagram

他にもこんな形にこだわった一品も、お土産には面白いかもしれませんね。
ダルライザー焼き&しらかわん焼きです。

白河だるま引用:Instagram

白河のご当地キャラの形をしています。
食べるのがもったいないと思えてしまいますが、子どもが遠慮なく頭からかぶりついていることもあるみたいですね。




【フェイクスイーツ】
フェイクスイーツ
食べられそうだけど食べられない、本物のスイーツに見えるフェイクスイーツ。
ここでも白河だるま市ならではのものが見れました。

「ねこだるま」がスイーツに乗っかっていて可愛いですね。
女子ウケしそうな感じです。

見ても楽しめる出店も多いので、いろいろのぞいてみてください。

ご当地キャラ

会場では、ご当地キャラもふらふら歩いています。
ぜひ探してみてください。

【ダルライザー】

白河だるま引用:Instagram

白河市を守るヒーローを目指すただの人間の「ダルライザー」
名前の由来は、だるまが起きる(ライズ)からきているそうです。
決め台詞は「努力と工夫で何度でも立ち上がれ!」

ちなみに悪役のダイズも会場を歩いているようですね。




【小峰シロ】

白河だるま引用:Instagram

2011年に誕生した公認キャラクターです。
ご当地萌えキャラで、変身できるヒロインなのです。

等身大の萌えキャラってどんな感じなのでしょうか?
ちょっと気になりますね。




【しらかわん】

白河だるま市引用:Instagram

2013年に誕生したキャラクター。
眉毛は白河だるまの鶴がイメージされており、胸元には市の花である梅が書かれています。

キャッチフレーズは「しらかわいいし、しらかわん」
この白いもこもこが歩いていたら、とても可愛いでしょうね。
会場でぜひ見つけてみてください。




【山田るま】

山田るま引用:https://ameblo.jp

ゆるキャラには珍しい、顔出ししている『山田るま』
運がよければ、実況している場面に出くわすこともありますよ。




2018年の混雑予想

白河だるま市のピークは、12時〜17時と1度人が増えるとなかなか減りません。
12時過ぎはこのように人だらけになっています。

白河だるま市引用:https://ameblo.jp

今年2018年も同じくらいの混雑が予想されます。

白河だるま市は、近隣の人だけでなく遠方から来る人も多いです。
そのため、だるまを買いに来る人は例年およそ15万人にのぼります。

毎年、開始時間の9時〜11時は落ち着いているのですが、12時すぎからどんどん人が多くなっていきます。
歩くだけで、人と触れ合うくらいの混雑具合になっています。

人にまみれながらもお祭り感があるので、いいかもしれません。
ただ、スムーズに買い物したい。小さいお子さんと一緒に行く。そんな人は、朝のうちに出かけるのがおすすめです。

閉店間際も人は少なめですが、閉まってしまう出店もあるので満喫するならやはり朝ですね。

アクセス方法

会場は白河駅前なので、白河駅に着けたら大丈夫です。
アクセス方法についてみてみましょう。

東京から新幹線 東北新幹線「東京駅」から1時間30分「新白河」下車
東京から車 東北自動車道「浦和IC」から1時間40分「白河IC」
新白河駅から白河駅まで 徒歩で約40分
タクシーで約10分
JR東北本線で1駅3分

白河だるまの歴史・特徴

白河だるま市

歴史

白河だるまは、300年ほどの歴史があります。
その時代、時の白河城主・松平定信楽翁公が城下の繁栄を願い、だるまを作らせ旧正月14日を縁日として、大手門前に「だるま市」を貼らせたことが始まりと言われています。

白河だるまの特徴でもあるデザインは、楽萄公時代の画匠・谷文晃の考によるものです。
縁起物感が満載なので、人気が出て市では白河だるまが中心に売られるようになりました。

特徴

白河だるま引用:http://www.geocities.jp

まゆは鶴、ひげは亀、あごひげは松。びんびげは梅。顔の下には竹。
これらをぞれぞれ模様化し、全体に福々しい感じがするのが特徴です。

品がよいだるまと言われ、その良さは日本一だと称されるほどなのです。

飾り方

だるまは縁起物の1つですが、縁起物は昔から南向きに飾るのがいいとされています。

まただるまの目の入れ方ですが、左目から入れましょう
これは陰陽五行からきており、東より物事が生まれ、西でなくなると言われることから左目から入れるのだと言われています。

願掛けをするのなら、日の良い日(大安・友引・先勝)にだるまの左目、つまりは向かって右に墨を入れて祈願しましょう。
そして願いがかなったら、右目を入れます。
1年たっても願い事が叶わなかった際も、1年ご苦労様と感謝する意味から右目をいれます。

特に祈願しないのでしたら、両目を入れて飾ってください。
家内安全などの意味で飾るのなら、両目を入れて飾るといいですよ。




白河だるまに願掛けを

様々な魅力のある白河だるま市。
2018年は福々しい「白河だるま」に願掛けしてみてはいかがでしょうか。

まだ寒さの残る2月ですが、人も多く歩いているうちに温かく感じてくると思います。
しかし雪が残っている可能性もありますので、風邪を引かないように防寒対策はしっかり行なってくださいね。

ピンとくるだるまと出会って、今年は幸せを手に入れちゃいましょう。

[2018年]スマホ料金は月3000円以下が当たり前!!
月額料金がぐーーんと安くなる節約術を紹介!